読書メーターあなたの読書量を記録・管理

3月の読書メーターまとめ

ぶんぶん
読んだ本
15
読んだページ
3951ページ
感想・レビュー
15
ナイス
1313ナイス

3月に読んだ本
15

3月のトップ感想・レビュー!

ぶんぶん
【図書館】待ちに待った「ツバキ文具店」の続刊。 かなり前にリクエストして、やっと読めました。 鳩子は守景さんのお嫁さんになった、もちろん、はるなちゃんも一緒だ。 住居の問題、お店の新規開店、いろいろな問題をこなしつつ、代書屋としての顧客の扱いを描く。 いろいろな人のいろいろな人生に向き合う時、おのれの力量が試される。 鳩子の人生は始まったばかり、いろいろな人と歩いて行く、そこで、物語が生まれる。 いろんなつまずきもあるだろう、飛び上るほど嬉しい事もあるだろう。 是非、「ツバキ文具店」からお読みください。
が「ナイス!」と言っています。

3月のトップつぶやき!

ぶんぶん

やっぱり、桜は綺麗ですね~

やっぱり、桜は綺麗ですね~
エッちゃん
2018/03/28 16:25

ぶんぶんさん、こんにちは~♪ 桜がもう満開ですね。綺麗です(*^_^*)

ぶんぶん
2018/03/28 17:41

エッちゃん、近寄ってみるのも良いですね~

が「ナイス!」と言っています。

3月の感想・レビュー一覧
15

ぶんぶん
久々に手に取った観音様の官能本。 単なるエロでは無く女の情念というか、しがらみを描き切った作品。 初期の作品も交じり描き方が統一していない。 いろいろな女性の性の悩みが出てくるが、明日に希望があるのが救いである。 出てくる男性が情けない男ばかり、女性の心の判る逞しい男性像の登場を望む。 性の表現が上手い、観音様独自の書き方が素敵である。 続けて読もうとは思わないが、又いつの日か手にする事だろう。
が「ナイス!」と言っています。
ぶんぶん
久々の佐伯作品、他のシリーズは読む気にならないのだが、このシリーズは、手に取ってしまう。 相変わらずの鎌倉河岸の面々、事件に遊山に忙しそうだ。 マンネリを恐れず続けて行けることが長続きの秘訣だろう。 一篇に事件を3つ詰め込むのが最近の佐伯流みたいだ。 まあ、ぼちぼちと執筆して下さい。
が「ナイス!」と言っています。
ぶんぶん
続けて第3巻を読む。 浦沢の世界にどっぷりと浸かる。 ついに、宿命のライバル・探偵チャリー・チャップマン現る。チャップリンとバスター・キートンのもじりだろうが、これで益々面白くなる。 今回はサスペンスというよりは、ほのぼのしたストーリーが多い様に感じた。 取り敢えず古本屋では、この巻で終了でした。 また探そうっと!
が「ナイス!」と言っています。
ぶんぶん
キートン・完全版、第二弾! 今回もなるほどと唸るお話を12話収録。 クールで時に熱くなるキートンの人柄が良いですね。 「レッドムーン」と「シルバームーン」は人狼伝説を思い出させるが、凄まじいウィルスのせいだと推測に行きつく。 キートンがちょっとしたことから突き止めていく過程が良いですね。 刑事コロンボの手法と似ている様な感じもします。 脚本が上手いのでしょうね、知識的な事を上手くストーリーに乗せている。 親爺さんや娘さんの遣い方もベストです。
が「ナイス!」と言っています。
ぶんぶん
古本屋で目に止まったので購入。 あの頃は夢中になって読んでいた。 キートンの自由気儘さと考古学の知識の深さに舌を巻いていた。 再読と言っても、かなり前に読んだので初読と同じ感じ。 キートンの世界観は好きですね、考古学と講師と保険会社の調査員、まとまらないところが良いですね。 どうせ再読ならばと【完全版】を選んだ、コミックは画の大きさが重要です。 さあ、じっくりと読もうか・・・
が「ナイス!」と言っています。
ぶんぶん
須藤真澄の自選集、独特の雰囲気を持つ作家さんだと思う。 「ゆず」の頃、何となく遠くで見ていたような気がする。 古本屋で手にして、何となく絵柄が気に入って購入した。 読んで見ると、老人と若い娘の対比がじんわりと沁みる話だ。 老人は想い出を若人はこれからを、共に夢見るポエムがある。 若いのか歳を召しているのか判らない感性がある、ちょっと不思議な雰囲気の作家さんである。 一点鎖線で描く世界は優しい世界に誘ってくれる、良いなぁ・・・ 自選短編集「萌葱」も出ているみたい、古本屋で探して見ようと思います。
が「ナイス!」と言っています。
ぶんぶん
三島屋変調百物語の三巻目。 今回も怪異話が六話収録している。 だいぶ「おちか」も経験を積んで堂に入って来た感じ、しかし、表題作「鳴き童子」の語り手は別だった。 どうにも抗らえない時にも、もっと違う生き方があったのでは・・・ やるせない話でした。 読み進めていって「節気顔」に至った時、偶然の恐ろしさを感じました。 なんと、季節も同じ、時期も同じの「春分の日」に読む事になるとは・・・不思議な巡り合わせを感じます。 怖いだけでは無い、不可思議なお話に酔って下さい。 語り部・宮部の想いの詰まった一級品です。
が「ナイス!」と言っています。
ぶんぶん
本当は文庫本ですが、登録していないのでこちらで・・・ずいぶん前に親本(この本)を読んで、たまたま古本屋で文庫本を見つけ、嬉しくなり購入。 坊ちゃんの時代のシリーズ3巻目、石川啄木のエピソード。 浪費癖で借金まみれ、本当にどうしようも無い男・啄木。 小説家の道を諦めて短歌をに逃れてる啄木を描く。 谷口ジローの画が良い、本当にこの時代にマッチしている。 文庫本だから仕方が無いのだが、谷口ジローの画はもっと大きいサイズが良い。 細かすぎるので折角の細密画がキツイ。 やっぱ親本サイズがお奨めです。
が「ナイス!」と言っています。
ぶんぶん
【図書館】待ちに待った「ツバキ文具店」の続刊。 かなり前にリクエストして、やっと読めました。 鳩子は守景さんのお嫁さんになった、もちろん、はるなちゃんも一緒だ。 住居の問題、お店の新規開店、いろいろな問題をこなしつつ、代書屋としての顧客の扱いを描く。 いろいろな人のいろいろな人生に向き合う時、おのれの力量が試される。 鳩子の人生は始まったばかり、いろいろな人と歩いて行く、そこで、物語が生まれる。 いろんなつまずきもあるだろう、飛び上るほど嬉しい事もあるだろう。 是非、「ツバキ文具店」からお読みください。
が「ナイス!」と言っています。
ぶんぶん
「ダ・ヴンチ」に記事が掲載されていて初めて気が付く。 思わず本屋に走り購入した。 最近はコミックは古本屋でという習慣だったが、これだけは今欲しくなった。 遺稿集という側面もあるが、晩年の谷口ジローの考え方を読んで見たかった。 いろいろ考え方はあるだろうが、日本の文豪の小説のコミック化を目指していたという。読んで見たかったなぁ夏目漱石、芥川龍之介・・・本当に画の旨い作家がいなくなってしまった。最近の漫画はストーリーに添って書きなぐっている作品ばかり、一枚の絵に、一本の線に、感情のある画は有るのだろうか・・・
が「ナイス!」と言っています。
ぶんぶん
望月三起也の新選組シリーズ最終巻。 「ダンダラ新選組」を併録。 望月三起也の画は良い、スクリーン・トーンを使わず模様も描きこんでいる。 そこに暖か味を感じる、そして迫力も。 見開きの迫力は、最高! 少年キングの一年の連載はこれにて終結、しかし、この後の「函館戦争」まで描いて土方の生涯を終わらせるとの希望は叶えられなかった。 しかし、残った資料やキャラデザインを見ると病床でも、やる気満々だったんだなぁと思う。 望月三起也は「ワイルド7」だけでは無いなぁと改めて思う。 合掌
が「ナイス!」と言っています。
ぶんぶん
【再読】 ダブって買ってしまいました。 しかし、単なる食べ物エッセイとは一線をかくすショートショート仕立て。 たった100円(古本のため)で杉浦ワールドに遊べる贅沢、この位の出費は止む無し(笑) でも、そろそろ備忘録を用意しなければならないだろうな。 この本持っているか、少々不安になって来た。 でも、杉浦日向子で100円位、ダブっても良いくらい価値あるものだと思う。 まだまだ、日向子を求める旅は続く。 しかし、午後4時のアンニュイな感じと、そこに有る食べ物の状況が、とても良いんだなぁ。
が「ナイス!」と言っています。
ぶんぶん
デビュー作「通言室之梅」を含む初期短編集。 杉浦日向子を探して古本屋を巡る旅も永くなった。 また、一冊見つけた。 この頃の日向子は、若い力がみなぎっている、あれもこれもと皆ぶち込んでいる。 その描きこみも日向子らしい、時折見せるセンスが只者では無い片鱗が、この時期にもう出ている。 江戸情緒に遊ぶという感覚はまだなく、勢いで描いている瑞々しさがある。 これが、杉浦日向子の出発点だったのだなぁ・・・杉浦ワールドの原点を観ました。
甲斐
2018/03/07 10:43

私も、1.2冊読みました。素敵な作家さん、テレビにも出ていらっしゃいましたね。

ぶんぶん
2018/03/07 11:01

甲斐さん、NHKの「お江戸でござる」の解説で毎週、お姿を見せていましたね。 今となっては懐かしい。

が「ナイス!」と言っています。
ぶんぶん
相変わらず良い味を出している。 木戸番小屋シリーズも早五作目、笑兵衛、お捨の人となりもすっかり頭に入った。 日常で生きていくのが嫌になる、そんな日もあるよね。 そこにすっと寄り添う笑兵衛夫妻、出来る事と出来ない事がある、出来るだけ穏やかに・・・そんな日常も、ありだなぁと思う。 北原亜以子、深く思いやりのある女性かと思う。 そんな北原さんが亡くなっているのを、やっと気が付いた。 ああ、もういなかったんだ、惜別の念が心によぎる。 良い話をもう少し書いて欲しかったな。 一話、一話が心に沁みる連作短編集です。
が「ナイス!」と言っています。
ぶんぶん
久々の新刊に、思わず手に取った。 相変わらず、中央アジアの生活が描かれている。 事件という事件が起こらず、淡々としている。 いろいろな修行を積んで大人になっていくカルル、そっと寄り添うアミル。 二人の成長譚と見るのが楽しい。 作者は中央アジアの、いろいろを描くのが楽しいんだろうな。 相変わらず書き込みが凄い、イヌワシの辺りは尋常では無い。 久々に、アミルの世界に遊びました。
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2012/02/06(2267日経過)
記録初日
2012/02/02(2271日経過)
読んだ本
1411冊(1日平均0.62冊)
読んだページ
384797ページ(1日平均169ページ)
感想・レビュー
1390件(投稿率98.5%)
本棚
87棚
性別
年齢
66歳
血液型
AB型
職業
その他
現住所
埼玉県
URL/ブログ
http://iroribata.cocolog-nifty.com/blog/
自己紹介

毎日、本を読むようにしています。
とにかく乱読、時代物からミステリー、ファンタジーやらSFも。
おまけに、コミックも守備範囲・・・
いつも手元に文庫本。

読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう