読書メーターあなたの読書量を記録・管理

2021年11月の読書メーターまとめ

しょうご
読んだ本
21
読んだページ
4376ページ
感想・レビュー
21
ナイス
335ナイス

2021年11月に読んだ本
21

2021年11月のお気に入られ登録
2

  • ののこいちご
  • しみー

2021年11月にナイスが最も多かった感想・レビュー

しょうご
事実と真実には大きな隔たりがあります。聞いたことや知ったことが全てとは限りません。 誰かを大切に思う気持ちを「愛」の一文字で片付けてしまうのはなんだか淋しく思えてきました。
が「ナイス!」と言っています。

2021年11月の感想・レビュー一覧
21

しょうご
北海道新聞に書評が載っていたのをきっかけに購入しました。 「できること」を突き詰めていった先に自分にしかできないことがあり、それが誰かを助ける仕事になればいいのだと勇気づけられる感じがありました。
が「ナイス!」と言っています。
しょうご
いわた書店の一万円選書のご縁で手にしました。 たとえ学校に行けなくても、どこかに居場所があればそれで良いと思いました。 そのためにときにかばってくれるように支えてくれる人がいることも大切ですね。 素敵なお話でした。
が「ナイス!」と言っています。
しょうご
以前は全くと言っていいほど星占いを信じていなかったのですが、星をゆるく取り入れてみると生きやすくなった感があります。 大きなものを身を委ねる感覚で取り入れてみるのもおすすめです。
が「ナイス!」と言っています。
しょうご
精神科医の斎藤環さんの視点から坂口恭平さんの活動について質問とその回答の往復書簡です。 鬱は「心のエネルギーの枯渇」ではなく、エネルギーの使いどころを間違い始めた時に作動するアラームのようなもの、というのが印象的でした。
が「ナイス!」と言っています。
しょうご
いわた書店の一万円選書のご縁で手にすることが出来ました。 引きこもりだった青年が米作りを通して成長していく物語です。 誰でもひとりでは生きていくことはできないし、自然の恵みがなければ食べていくこともできません。 人同士はもちろんのこと、自然や生き物とも支え合って生きていることを忘れずに大切にしたいです。
が「ナイス!」と言っています。
しょうご
バックナンバーをお借りして読みました。 読書を楽しむ人の数だけ本の楽しみ方があるのだと感じました。 参考にしながら自分なりの読書の楽しみ方を追求していきます。
が「ナイス!」と言っています。
しょうご
いわた書店の一万円選書のご縁で手に取りました。 EU離脱で揺れ動く英国の労働者階級のおっさんたちを中心に描いたエッセイです。 お国事情というのは内側から見ないとわからないことも多いのだと感じました。
が「ナイス!」と言っています。
しょうご
頂いた本です。 特定の宗教を信仰しているわけではありませんが、教典というものは根底が共通しているのかなと思います。 キリスト教の教えをわかりやすく触れることができました。
が「ナイス!」と言っています。
しょうご
テレビを運ぶ謎の男たちである「TVピープル」。それが自分だけしか知らない世の中の不思議な真理だったらどうでしょうか? 自分しか知らないので他の人に話しても通じないです。誰にも共有できない秘密のようなものに出合ったらどうするのだろうと考えました。
が「ナイス!」と言っています。
しょうご
多くの書評を手掛ける印南さんの読書術です。ストックするのではなく、流れるように読む「フロー・リーディング」を薦めています。 わたしの本の読み方に通ずるところがありました。 本のある生活のほうが、ない生活より良いものになりそうです。
が「ナイス!」と言っています。
しょうご
双極症の当事者としてとても参考になりました。 さくら先生が精神科医の立場でありながら患者ということもあり、双方の視点から書かれているのもよかったです。 患者本人はもちろん身近にいる方に手に取ってもらいたい一冊です。 気分の点数の付け方をこの本を参考に変えてみようと思います。
が「ナイス!」と言っています。
しょうご
金融投資は投資の一部でしかありません。これからの未来について行動をすることが投資です。 ということを考えると最大の投資先は自分自身でありたいです。 「職業 自分」というところまで高めていくことができればこわいものなしですね。
が「ナイス!」と言っています。
しょうご
りんごをこよなく愛する谷村志穂さんのりんご紀行です。 産地をめぐったり、小説に出てくるりんごを想いを馳せたりしています。 読めばりんごを食べたくなること間違いなしの一冊です。
が「ナイス!」と言っています。
しょうご
令和の時代にあたしンちが帰ってきました。 コロナ禍を反映した作品もありました。 変わらぬタチバナ家とその周りの人たちの様子を久しぶりに垣間見る感じがしておもしろかったです。 みかんの前でしかいいことを言えないしみちゃんがお気に入りです。
が「ナイス!」と言っています。
しょうご
SNS時代の文章術について書かれています。 大切なことは「伝える」ことです。 フォロワーさんをむやみに増やそうとするよりも良い情報をしっかりと伝えていこうというマインド面も学ぶことができてよかったです。
が「ナイス!」と言っています。
しょうご
読友さんの紹介で読みました。 読書をすると教養の幅と深さが増すということを齋藤先生自身がまさしく体現している感じがします。 読書離れを危惧しつつ、メリットや本の楽しみ方を丁寧に解説されています。
が「ナイス!」と言っています。
しょうご
わたしもきっと休み方が上手ではないのかなと思っています。 自分自身をしっかりと労わり休ませることの大事さを再認識しました。 いい意味で「適当」に過ごしていきます。
が「ナイス!」と言っています。
しょうご
事実と真実には大きな隔たりがあります。聞いたことや知ったことが全てとは限りません。 誰かを大切に思う気持ちを「愛」の一文字で片付けてしまうのはなんだか淋しく思えてきました。
が「ナイス!」と言っています。
しょうご
辛口な読書論です。 スパッとした切り口なので意見は分かれるところかもしれません。 本を読めるのに読まなかったり、読めない環境をつくってしまうことがもったいないと感じました。 「超」並列読書はその解決策のひとつになりそうです。
が「ナイス!」と言っています。
しょうご
お借りして読みました。 糸井重里さんとの対談が特に印象的でした。 良い答えというのは良い問いから生まれます。 自問自答ができるのもひとつの力なのかなと思いました。
が「ナイス!」と言っています。
しょうご
学校で周りとうまく馴染めない生活と、船の乗組員として海淵を目指す物語が並行して進んでいきます。 精神疾患の妄想にはリアリティを感じます。妙な現実感を覚えました。 そういう世界の理解の一助にもなりそうです。
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2012/02/22(3576日経過)
記録初日
2012/02/19(3579日経過)
読んだ本
1547冊(1日平均0.43冊)
読んだページ
389807ページ(1日平均108ページ)
感想・レビュー
1276件(投稿率82.5%)
本棚
1棚
性別
年齢
29歳
職業
サービス業
現住所
北海道
外部サイト
URL/ブログ
https://sapporozerodokushokai.com
自己紹介

札幌で読書会を月に2〜3回開催しています。
読書会の名前は「札幌ゼロ読書会」です。

本を読むときのモットーは「一冊の本からひとつの気づきと行動を」です。読んだ本を血と肉とすることを意識しています。

興味を持った本は手にとって読む乱読派です。
よろしくお願いします。

読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう