読書メーターあなたの読書量を記録・管理

9月の読書メーターまとめ

Hisao Chugun
読んだ本
4
読んだページ
905ページ
感想・レビュー
3
ナイス
5ナイス

9月に読んだ本
4

9月のトップ感想・レビュー!

Hisao Chugun
名著、『日本仏教史―思想史としてのアプローチ』 https://amzn.to/2QTXkUm の著者である末木文美士氏が、仏教史ではなく「宗教史」全体像を描くことに挑戦したもの。仏教、神道、儒教、キリスト教の関連が俯瞰できる。新書ですべてを書き尽くすのは無理があるが、それでもこれだけコンパクトにまとめてあるのは素晴らしいと思う。この本で全体像をつかみ、参考文献の中から興味にあわせて読み進めれば深いが深まると思われる。 https://amzn.to/2xAPYgB
が「ナイス!」と言っています。

9月の感想・レビュー一覧
3

Hisao Chugun
名著、『日本仏教史―思想史としてのアプローチ』 https://amzn.to/2QTXkUm の著者である末木文美士氏が、仏教史ではなく「宗教史」全体像を描くことに挑戦したもの。仏教、神道、儒教、キリスト教の関連が俯瞰できる。新書ですべてを書き尽くすのは無理があるが、それでもこれだけコンパクトにまとめてあるのは素晴らしいと思う。この本で全体像をつかみ、参考文献の中から興味にあわせて読み進めれば深いが深まると思われる。 https://amzn.to/2xAPYgB
が「ナイス!」と言っています。
Hisao Chugun
ビジネスによる〝まちづくり〟とはよく言われるけれど、なかなか成功事例を探すのは難しい。それにそれぞれの街の置かれた環境が違うので、成功事例を真似してもうまくいくとは限らない。だから、形を真似しても仕方がない。施策ではなく、精神を学ぶべきなんだろうと思う。自分たちがまず動く。小さくてもいいから一手、打ってみる。そこで起きる波紋が街を変えるきっかけになるのだと感じた。 https://amzn.to/2MWJltR
が「ナイス!」と言っています。
Hisao Chugun
世代差、性別差もあってか、強く違和感を感じながら読み始めた。ただ、目次を見て、ある時点までくれば、共感ポイントがあるだろうと予測はしていた。それは「商品ではなく、私を売る」という点。僕も「商品は自分だ」と考えているので、同じだと思ったのである。そこから先は、「そういうやり方もあるのか」と新鮮な驚きを感じることも多かった。性差もあるので全部は真似できないが、実践してみようと思うことはたくさんあった。https://amzn.to/2OaPbcl

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2012/03/01(2424日経過)
記録初日
2010/04/29(3096日経過)
読んだ本
317冊(1日平均0.10冊)
読んだページ
74345ページ(1日平均24ページ)
感想・レビュー
153件(投稿率48.3%)
本棚
1棚
性別
外部サイト
URL/ブログ
http://hchugun.com/
読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう