読書メーターあなたの読書量を記録・管理

11月の読書メーターまとめ

Hisao Chugun
読んだ本
2
読んだページ
610ページ
感想・レビュー
2
ナイス
10ナイス

11月に読んだ本
2

11月のトップ感想・レビュー!

Hisao Chugun
「クローズアップ現代」のキャスターだった国谷裕子さんが、23年の番組を振り返った書かれた本。僕はそれほど熱心な視聴者ではなかったので実際の国谷さんをわかっているわけではないが、書かれていることは、現在失われつつあるジャーナリストの本質をついていると思う。どこも読みごたえがあるが、まずは第7章「インタビューという仕事」は熟読要。「聞く」と「聴く」の違いを意識してそれを両立する。聞くべきことは聞く。我々も、より本質に迫るために、時にはここに書かれたような覚悟をしてインタビューをする必要があると思った。
が「ナイス!」と言っています。

11月の感想・レビュー一覧
2

Hisao Chugun
「クローズアップ現代」のキャスターだった国谷裕子さんが、23年の番組を振り返った書かれた本。僕はそれほど熱心な視聴者ではなかったので実際の国谷さんをわかっているわけではないが、書かれていることは、現在失われつつあるジャーナリストの本質をついていると思う。どこも読みごたえがあるが、まずは第7章「インタビューという仕事」は熟読要。「聞く」と「聴く」の違いを意識してそれを両立する。聞くべきことは聞く。我々も、より本質に迫るために、時にはここに書かれたような覚悟をしてインタビューをする必要があると思った。
が「ナイス!」と言っています。
Hisao Chugun
時系列に並んでいるわけなく、連想ゲームの各章がつながっていて、コラージュのようになっている。誰の視点で語られているのかを確認しないと話が分からなくなる可能性が大。また、近代日本政治史と1960年代以降の日本のミュージックシーンをわかっていないと、知らない名前が頻出して読みにくいかもしれない。立ち止まって、どんな人か調べながら読んだほうがいいだろう。幸い個人的には、ほとんど知っている名前なのでスラスラ読めた。日本近現代史を、事実に依拠しながらデティールは捜索して見せた小説だと思うとこんなに面白い本はない。
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2012/03/01(2114日経過)
記録初日
2010/04/29(2786日経過)
読んだ本
271冊(1日平均0.10冊)
読んだページ
63614ページ(1日平均22ページ)
感想・レビュー
118件(投稿率43.5%)
本棚
1棚
性別
外部サイト
URL/ブログ
http://hchugun.com/
読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう