読書メーターあなたの読書量を記録・管理

7月の読書メーターまとめ

桜花
読んだ本
14
読んだページ
3506ページ
感想・レビュー
14
ナイス
76ナイス

7月に読んだ本
14

7月のお気に入り登録
1

  • ねねこ

7月のトップ感想・レビュー!

桜花
食事の描写がうまくてお腹がすきました。地元、大阪もあって嬉しかったです。深夜の「見守り業」をしている祥子。様々なワケアリや内情を持った家を行き来する過程で、教えてもらったり教えたりします。惹かれ始めた男性と交際期間がほとんどないまま、結婚、出産。子どもも可愛いし(元)主人もその母親も悪い人ではないけれど離婚。裕福な夫側のほうが何不自由なく暮らせるだろうと親権も譲ってしまう。子供がそばにいない虚無感と罪悪感に苛まれる、そしてそんな人生をそのままにしているのではなく祥子なりに消化していっているのがいい。
Fe
2018/07/19 05:38

桜花様 ご覧になっていなければ、どうぞ。 小説丸 著者インタビュー 第113回 原田ひ香さん 『ランチ酒』 『きらら』2018年1月号 今月のPickUP 文・取材 瀧井朝世 http://www.shosetsu-maru.com/interviews/113

が「ナイス!」と言っています。

7月の感想・レビュー一覧
14

桜花
神社を参拝する作法を図解を交えながら教えてくれます。 また、東京と京都を中心に全国の神社の由来とご利益も書かれています。 私は大阪出身なので和歌山や京都などの日帰り圏なんなら参拝できそう。 御朱印には興味ないのだけれど建物や歴史、雰囲気は好きなので行ってみたいです。 この本で行ったことがある地主神社は確かにすごい人でした。 男女問わずいてよほど有名なんだな、と実感しました。 恋のおみくじもあってやってみたかったけれど修学旅行中で時間がなかったのが残念。
桜花
表紙の絵がキレイでつい手に取ってしまいました。 とあるトラブルで責任を感じて会社をやめた主人公。 ブラブラしながら兄の喫茶店を通じて印刷依頼を受けて行動していくうちに自分の心も癒されていく話です。 原因のトラブルはよくないことだけれど元々主人公は情熱的で印刷が好きなんですね。 私は業界に詳しくありませんが紙の質感や印刷物は好きです。
が「ナイス!」と言っています。
桜花
どういうラストになるのかとハラハラしましたが収まるべきところに収まったという感じでほっ。 シャールもちゃんと自分で決断できてよかったです。 本当に終わらせたくない関係ってあるけれどお互いにそう思えていられれば場所とか時間とか関係なくなっちゃうんですよね。 その関係が始まって培った場所がなくなっても自然と集まれる。 そういう未来が思い描けるキャラクター同士の関係も好きな漫画です。
桜花
お弁当が主題なのでただの人情物語になるのかと思っていた1作目。 そうとは思えない栄養バランスと美味しそうな内容に好きになり買っちゃいました。 登場人物それぞれに味があり経験しそうなことで日こまれます。 私は占い師さんの話が切なくて好きです。 ユウさんと千春の恋も進展してくれてよかったです♪ ユウさんは態度が見え隠れして気持ちがどっちなのかわからなかったのでドキドキして読めました。
が「ナイス!」と言っています。
桜花
前巻よりもより深刻になり同居人同士の距離が空いた気がします。 シャールの立場が公になった分、危険がせまったせいかも。 今までが若者らしいドンチャン騒ぎの冒険談って感じで面白かっただけに寂しい・・・。 シャールと翼、どうなっちゃうんだろう。
桜花
段々物語の本質が動き出しました。 それぞれが別の選択を迫られるようで別れが近い予感がビンビンします。 それぞれが「友情」を感じ合っているからこそ別れが不安。 だからなるべく遠ざけたい。 それまで縁遠い感情と「友達」という存在だったからこそシャールは敏感になっているのでしょう。 永遠になっていて欲しい時間と存在と場所だからこそ儚くなくなってしまうのが人生です。
桜花
食事の描写がうまくてお腹がすきました。地元、大阪もあって嬉しかったです。深夜の「見守り業」をしている祥子。様々なワケアリや内情を持った家を行き来する過程で、教えてもらったり教えたりします。惹かれ始めた男性と交際期間がほとんどないまま、結婚、出産。子どもも可愛いし(元)主人もその母親も悪い人ではないけれど離婚。裕福な夫側のほうが何不自由なく暮らせるだろうと親権も譲ってしまう。子供がそばにいない虚無感と罪悪感に苛まれる、そしてそんな人生をそのままにしているのではなく祥子なりに消化していっているのがいい。
Fe
2018/07/19 05:38

桜花様 ご覧になっていなければ、どうぞ。 小説丸 著者インタビュー 第113回 原田ひ香さん 『ランチ酒』 『きらら』2018年1月号 今月のPickUP 文・取材 瀧井朝世 http://www.shosetsu-maru.com/interviews/113

が「ナイス!」と言っています。
桜花
応天の門、面白かったです。 いつかティファニーで朝食は気になっていた漫画ではありました。 朝食だけがテーマかと思っていたら意外と深い。
桜花
食べ物小説に惹かれて読みました。 北海道は行ったことはありませんが本州とは違う味や料理がありそうなイメージです。 でも牡蠣が美味しいのは知りませんでした。 私、牡蠣が好きだから食べてみたいです! それに人のことを本当に考えて作ってくれる表紙にあるような鮭かま弁当、欲しいなぁ。 誰でも悩みはあるもの。 それでもほんの一瞬だとしても癒してくれるそんなお弁当。
八谷響@エルス
2018/07/12 20:19

牡蠣は高級品なので滅多に食べられませんが、やはり厚岸産ですね。

が「ナイス!」と言っています。
桜花
今回はシャールの回でした。 幼少時から誰かに利用されたらいまわしにされたことからずっと影になり続けるしかないのか。 そんな思いから反発してみんなから離れていく話です。 まるで家出している子どもみたいでした。 でもわかります。 なにもかも終わってから気づくことってあるんですよね。 シャールはこの巻で終了するのかと思ったけれどまだでてくれそう♪
桜花
翼の過去の一端が見えた気がした巻でした。 親や友達と何があったかわからないけれどやっぱり何か抱えてるんですね。 過去の翼が今とは真逆だし。 段々シャールと距離が縮まっていくのがほほえましかったです。 それに平成生まれの私から見れば当時のファッションや発言、風景描写が新鮮でした。
桜花
唯一の方法という言葉と月5万のリアルさに惹かれて読みました。 でもこの方法、まずくない? 書いている本人も認めているようなものだし・・・。 何よりも時間の無駄。 こんなことやるくらいなら良質な記事を一つでも二つでも増やすほうがまし。
桜花
箱根に京都に川越とどれもひとり旅を満喫しているようで楽しめました♪ 観光地も食事も両方楽しんでいる主人公が好きです。 それにそれぞれの地でちゃんと縁を結んで大事にしている。 仕事にも活かしている。 私もそんな人になれたらいいなぁ。 寝台列車にも憧れます! 物心ついたころには新幹線もあり飛行機もある時代にいる私。 とっても乗ってみたいです。 きっと優雅にゆっくりと旅を楽しめそうでワクワクします♪ 続きがあったら大阪にこないかなぁ。
が「ナイス!」と言っています。
桜花
対立するスン家がいる族長会議に食事を出すために出席したアスタ。 スン家、奇々怪々すぎて怖い・・・!! 本家は腐りきってるしやられことに対しての処置も寛大すぎて涙が出ました。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2012/04/06(2328日経過)
記録初日
2012/06/11(2262日経過)
読んだ本
457冊(1日平均0.20冊)
読んだページ
109977ページ(1日平均48ページ)
感想・レビュー
443件(投稿率96.9%)
本棚
865棚
性別
年齢
29歳
血液型
A型
現住所
大阪府
外部サイト
URL/ブログ
http://mi--ma.blog.so-net.ne.jp/
自己紹介

読書好きの23歳です♪
ちなみに腐った女子^^

漫画もエッセイも小説もとにかく何でも読みます。
興味のあるものがコロコロ変わります。

最近は食エッセイ(漫画含む)やごはんを扱った漫画がブームです。

読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう