読書メーターあなたの読書量を記録・管理

7月の読書メーターまとめ

桜花
読んだ本
13
読んだページ
3038ページ
感想・レビュー
13
ナイス
28ナイス

7月に読んだ本
13

7月のトップ感想・レビュー!

桜花
裕福な家のお嬢様と母親が違う弟が苦しみながらも紆余曲折の経験をしながらも50年以上お互いを想う話です。現在と過去が織り混ざって書かれていましたが違和感なく読めました。有吉さんの本は初めて読みましたが美しく直接書かなくてもその情景が浮かぶ文章には感嘆しました。主人公は古き良き奥ゆかしさのある理想的な女性ですね。今もこういうタイプが好きな男性はいるのではないでしょうか。お互い「愛している」とは言わないけれど確実にお互いを思い合っているのはわかります。それが逆に哀しいなぁ…。
が「ナイス!」と言っています。

7月の感想・レビュー一覧
13

桜花
父親の大事にしている三徳包丁を取り戻すために火事の中に飛び込んだアスタ。死にかけた瞬間に異世界に移動?しておりそこで助けられた女主人と食べられなくなった老人を助ける料理見習いの話。異世界転生ものにはあまり興味はなかったのだけれど料理ということで読めた。多分、初めてのなろうサイトからの小説だからなのか少々文体に困惑したのものの結構楽しめた。今回はハンバーグと肉と野菜スープなのかな?食べたくなった♪食事に重きを置かない世界でアスタはどのような生き方を見つけて家族を失い傷ついている者同士のアイ=ファとどうなるん
桜花
ハワイの食べ物や娯楽、ショッピングまで網羅している一冊です。 海外旅行に持っていきたい一冊です。 海外旅行にあこがれているのでこの本を読んだだけでも行った気になれました。 が同時にもっと行きたくなりました。 ハワイでゆったりまったり過ごしたいなー。 特にコーヒーで有名なコナに行ってみたいです。
桜花
今時のカフェではなく昔ながらにあり町中に溶け込んでいるおしゃれな喫茶店を紹介しています。 関西にあるので大阪に住んでいる私でも行けそうです。 なんばによく行くから純喫茶が一番行きやすいかも。 でも純喫茶って常連じゃなきゃ入りづらい雰囲気。 だからこういう写真を見るのは楽しいのだけれど実際はなかなか足を踏み入れられないんですよねー。
が「ナイス!」と言っています。
桜花
無印良品の家モニターに当選した人の本です。 四季折々とシーンに合わせた暮らし方を写真やイラストつきで書かれています。 猛烈にというわけではないのだけれど無印良品のファンの私も楽しめました。 同じ家でも四季によってこういう暮らし方があるんだなー、って。 すっごく羨ましい!
が「ナイス!」と言っています。
桜花
貧困にあえぐ人たちのインタビュー集です。 一歩間違えれば私もこうなるのではないか、と身につまされる思いで読みました。 金銭感覚は普通だと思うのだけれど人間関係で人に馴染みにくく努力が必要なのでそれをどうしようもないほど苦に思い始めたらこうなっちゃうかも…。 でも自業自得も多くありました。 金銭感覚がおかしかったりお金をかける比重を間違えていたり見栄のためにとか…。 つまらんプライドのためだったり好きとはいえ趣味のために貧乏なんてしたくないです。
が「ナイス!」と言っています。
桜花
どんなものかと思えば初心者用というかネットで調べればすぐ出てきそうなことばかり。 特別ワザ的なことはないかな。 拍子抜け。
桜花
電車に関係する短編集なのだけどどうにもスッキリしませんでした。 表題にあるような車掌さんの恋はよくわかんなかったなぁ。 でもよく言われる「元カノは別れても自分に未練があるのではないのか」という心情はこんな感じなのかな、とは思いましたわ。 キセル姫は好きです。 自分をわかってくれている味方は心強いですよね。
が「ナイス!」と言っています。
桜花
若く未熟な者にありがちな判断ミスと中途半端な助けかたの連続の話でした。経験値が少ないからしょうがないのかも。そして敵は男も女にも多くいてキツイですね。特にスネルセトは女ってだけでみくびっていそう。ハレムは大奥みたいなものなのかな?ソテス怖すぎだしこれからも敵で出てきそう。センムトの恋心はわからなかったけれどまた出てきてほしい! 好きなキャラだし。
が「ナイス!」と言っています。
桜花
業平が「呪われている!」と騒ぎ解決する話。その後、道真が業平が主催する塩焼きの宴に招待するも喧嘩し仲違い。仲違いしたまま百鬼夜行を解決?そして白梅の元同僚の皐月が使えている盲目の僧侶にしか聞こえない笛の音の招待を暴く。そして最後は夢見の悪さに悩まされる善男の頼みを解決するために業平が頭を下げて頼み道真が解決し、仲違いも解消。人間関係を極力避けようとする道真が「人と関わらないなんてできない」と言うのは何だか面白かった。白梅も皐月も主人思いのいい人だなぁ。道真のツンデレ具合も可愛かった!大の大人に頭下げられて
が「ナイス!」と言っています。
桜花
裕福な家のお嬢様と母親が違う弟が苦しみながらも紆余曲折の経験をしながらも50年以上お互いを想う話です。現在と過去が織り混ざって書かれていましたが違和感なく読めました。有吉さんの本は初めて読みましたが美しく直接書かなくてもその情景が浮かぶ文章には感嘆しました。主人公は古き良き奥ゆかしさのある理想的な女性ですね。今もこういうタイプが好きな男性はいるのではないでしょうか。お互い「愛している」とは言わないけれど確実にお互いを思い合っているのはわかります。それが逆に哀しいなぁ…。
が「ナイス!」と言っています。
桜花
小さいころから身近にあり続けているのがローソンがあったことから一筋の私。そのローソンは健康路線、時に美味しさや地域貢献を貫いている。店内を見渡してもそれがわかる。それが何だか安心して通い続けられる理由なのかも。ブームのきっかけになったコンビニコーヒー。なぜセルフにしないのか、と疑問に思っていた。美味しいけれど混んでいるときは頼みにくいのに、と。でも意味がきちんとあるということがわかって安心。少し前にも移動販売を強化するとニュースがあったのを覚えている。今もこの本に書かれているようなことが貫かれていていい。
桜花
この本を読む前に樹木医の小説を読んだからなんだか植物の縁を感じます。 図書館で何げなく手に取っただけなんだけれどなぁ。 庭いじりが好きな大家が運営するそれぞれの弱みを抱えて住んでいる下宿屋の話です。 やわらかい雰囲気のある話でした。 私は主人公の親にさえ黙っていた理由は共感できるし理解できます。 この何とも言えない違和感や不快感。自分だけが「家族」という形に溶け込めない異質感。 わからない人もいると思います。
が「ナイス!」と言っています。
桜花
ご都合主義とか現実的じゃないとか考える人はいるかもしれませんが私は好きです。人にも植物にも魔法がかかったみたいにゆったりしているから。お仕事小説という側面もあるのかもしれませんがそれよりも「植物を介した人のやさしさ」を重要視した小説なのかもしれません。私は植物を育てた経験というものが小学校時代のアサガオくらいしかありません。それは宿題だからやれたけれどプライベートで根気よく自信がありません。でも緑は嫌いじゃないしそういう生活は素敵だな、と思います。簡単なものになるけれど育てたい気持ちになりました。
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2012/04/06(1964日経過)
記録初日
2012/06/11(1898日経過)
読んだ本
325冊(1日平均0.17冊)
読んだページ
74323ページ(1日平均39ページ)
感想・レビュー
312件(投稿率96.0%)
本棚
752棚
性別
年齢
28歳
血液型
A型
現住所
大阪府
外部サイト
URL/ブログ
http://mi--ma.blog.so-net.ne.jp/
自己紹介

読書好きの23歳です♪
ちなみに腐った女子^^

漫画もエッセイも小説もとにかく何でも読みます。
興味のあるものがコロコロ変わります。

最近は食エッセイ(漫画含む)やごはんを扱った漫画がブームです。