読書メーターあなたの読書量を記録・管理

3月の読書メーターまとめ

圭都
読んだ本
2
読んだページ
1069ページ
感想・レビュー
2
ナイス
22ナイス

3月に読んだ本
2

3月のトップ感想・レビュー!

圭都
ネタバレ何回読んでも涙が止まらない。いつも狐塚孝太と『i』(木村浅葱と呼ぶべき?)との対話でやるせない気持ちになる。おい嘘だろ。こんなことがあってたまるかよ。結末も知っているのにそう思う。そしてエピローグを読んで私たちはみな、木村浅葱と『浅葱』、そして石澤恭司に惚れ直す。「石澤恭司はとても優しくていい男なんだ」と『恭司』は言う。「『浅葱』は絶対に不幸じゃなかった」とも言う。「君が生きているというそれだけで、人生を投げずに、生きることに手を抜かずに済む人間が、この世の中のどこかにいるんだよ。不幸にならないで」
が「ナイス!」と言っています。

3月の感想・レビュー一覧
2

圭都
ネタバレ何回読んでも涙が止まらない。いつも狐塚孝太と『i』(木村浅葱と呼ぶべき?)との対話でやるせない気持ちになる。おい嘘だろ。こんなことがあってたまるかよ。結末も知っているのにそう思う。そしてエピローグを読んで私たちはみな、木村浅葱と『浅葱』、そして石澤恭司に惚れ直す。「石澤恭司はとても優しくていい男なんだ」と『恭司』は言う。「『浅葱』は絶対に不幸じゃなかった」とも言う。「君が生きているというそれだけで、人生を投げずに、生きることに手を抜かずに済む人間が、この世の中のどこかにいるんだよ。不幸にならないで」
が「ナイス!」と言っています。
圭都
月子も狐塚も恭司も浅葱も、とても魅力的な人間だ。月子は可愛らしくてある種とんでもなく強いし、狐塚は嫌味のない優等生タイプ。恭司はちゃらついているけど嫌いになれないし、この本の主人公とも言える浅葱は、天才で不安定で、ひどくうつくしい。情景も文章も綺麗な話。特に月子と浅葱の出会う場面なんて息が詰まるくらいうつくしい。I。哀。藍。たったひとりの兄に恋にも似た執着を持つ美形の男をこんなにうつくしく書けるのって辻村さんだけだよね、とこの小説が好きすぎる私は思った。
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2012/05/06(2182日経過)
記録初日
2012/05/04(2184日経過)
読んだ本
219冊(1日平均0.10冊)
読んだページ
72969ページ(1日平均33ページ)
感想・レビュー
146件(投稿率66.7%)
本棚
9棚
職業
小/中/高校生
外部サイト
自己紹介

高校生。

好きな作家は以下の通り。
朝井リョウ/伊坂幸太郎/辻村深月/三浦しをん
漫画もそれなりに読むけど登録はしない。

Twitterはたまに浮上。

読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう