読書メーターあなたの読書量を記録・管理

12月の読書メーターまとめ

rokubrain
読んだ本
6
読んだページ
2127ページ
感想・レビュー
6
ナイス
97ナイス

12月に読んだ本
6

12月のトップ感想・レビュー!

rokubrain
サラバ! このコトバに主人公の僕、いや恐らく西さん彼女の生き方の指針が詰まっている。 「あなたが信じるものを、誰かに決めさせてはいけない」 自分の廻りにあるものばかりを信じ、自分を信じてこずに37歳となっていた僕は、 エジプトの小学生時代に親(心)友のヤコブとの友情から出来たこのコトバに再び邂逅し、遂に自分のコトバとして昇華した。 出会いがあって、別れがあり、別れがあって、出会いがある。 それ以上に実は様々な意味を包含しているのであるが。自分なりの。 マッサラーマ → マッサラーバ → サラバ!
が「ナイス!」と言っています。

12月の感想・レビュー一覧
6

rokubrain
インドのヨーガの思想、哲学の体系を俯瞰して見せてくれる構成。先生自身の近辺の学問分野も含めた研究を通じて。 そもそもヨーガは実践であり、理論ではないのだが、そこはインドが理論的な思考やことば(なんと逆説的!)を特徴とするので、実はインドの伝統的な宗教が宗教性を見出せる根底には公約数的にヨーガがあるようだ。ヒンドゥー教であれ、もうインドでは消滅した仏教であれ。汎インド宗教的なもの。述語は、とっつきにくいのだけど、それは全体の内容把握には、それほど支障がないと思った。記号だからね。
が「ナイス!」と言っています。
rokubrain
サラバ! このコトバに主人公の僕、いや恐らく西さん彼女の生き方の指針が詰まっている。 「あなたが信じるものを、誰かに決めさせてはいけない」 自分の廻りにあるものばかりを信じ、自分を信じてこずに37歳となっていた僕は、 エジプトの小学生時代に親(心)友のヤコブとの友情から出来たこのコトバに再び邂逅し、遂に自分のコトバとして昇華した。 出会いがあって、別れがあり、別れがあって、出会いがある。 それ以上に実は様々な意味を包含しているのであるが。自分なりの。 マッサラーマ → マッサラーバ → サラバ!
が「ナイス!」と言っています。
rokubrain
物語には姉はじめ、魅力的な人たちがギョウサン出てくるのであるが、矢田のおばちゃんもその一人。 自らの影響力は消しているが、「サトラコヲモンサマ」の教祖サマである。 物語では、生活圏の中で出会うイスラム教、コプト教、ユダヤ教など既存の宗教の信者たちが多く出てくるが、 主人公の僕にとっては全て等距離にある素材。 つまり、神がいる、いないが問題なのではなくて、自分(だけ)が信じるものは何か、が問題であり、それが生きる芯だと。 この辺は遠藤周作を彷彿とさせてきたが、やはり西さんのお気に入りの作家のようですね。
が「ナイス!」と言っています。
rokubrain
幼少の頃、廻りの世界をどう見ていたか? 親、兄弟、親戚、近所の中での世界、外では友達たちとの関係をどう感じ、どう思い、自分はどう振舞っていたか? 物語ではそれらが左足からこの世に登場した瞬間から克明に回想されている。 当時は今よりも実は哲学的!にものを考えていたような気がしてきた。 しっかり自分を見つめる時間があって、意味は分からずとも「生きる」ということの根元を考えていたんじゃないか。 きっと動物園のサル山と同じで、相互の力関係を値踏みしながら、自分の立ち位置を探していたんじゃないかと。
が「ナイス!」と言っています。
rokubrain
仕事に対する考え、哲学をどう持つか? 大量消費されるマンガ作家の才能と生き残るための実態は? 薬物依存の更生施設で、親切や やさしさにどういう意味があるのか?そこで現れた謎の女子高生と薬物依存者たち。彼の周辺で起こる、いや時に起こす出来事が次第に一つの流れがあることを発見する。 背後で糸を引く暴力団や自己開発セミナー、新興宗教、マネーロンダリングの病院など負の社会問題があぶりだされてきた。 好奇心をぐいぐい引っ張っていく筆力と作家の想像力がすばらしい。 それが実感できる作品でした。
が「ナイス!」と言っています。
rokubrain
渋谷を舞台にした小説を探していたら本作に行き当たった。大沢さんは「新宿鮫」シリーズでハマって以来3年ぶり。 やはりクオリティ高いですね。 心、重いけど、心、動かされます(笑)。実は当作品はシリーズものの最終回だったようで主人公、佐久間公の来し方の話があるらしい。順番が逆になってしまった。
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2012/05/07(2446日経過)
記録初日
2012/05/04(2449日経過)
読んだ本
311冊(1日平均0.13冊)
読んだページ
104719ページ(1日平均42ページ)
感想・レビュー
310件(投稿率99.7%)
本棚
0棚
性別
血液型
O型
職業
営業・企画系
現住所
神奈川県
URL/ブログ
http://blog.livedoor.jp/rokubrain/
自己紹介

「本は心の旅路」。
有隣堂の昔からあるコピーですが、
いま、まさにそんな風に思っています。

その時々の気分で本を選んでいますが、
読メの皆さまの感想に依るところも大きいです。
また、何かしらテーマを持って
読んでいきたいと思っています。

・明治もの
・江戸もの
・技術潮流もの
・思潮もの
・世界観もの
・タイムトラベルもの
・古典的なもの
(こんなカテゴリーが増えたらいいな)

一部、感想が途中なものは、
続きがブログにあります。
よろしければ、そちらも。
http://blog.livedoor.jp/rokubrain/

読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう