読書メーターあなたの読書量を記録・管理

6月の読書メーターまとめ

はるまき
読んだ本
4
読んだページ
1123ページ
感想・レビュー
3
ナイス
20ナイス

6月に読んだ本
4

6月のトップ感想・レビュー!

はるまき
☆☆☆:南房総の民宿<房総グランオテル>に集った3組の泊まり客の悲喜こもごもを、宿名通りグランドホテル形式で綴った群像劇。サスペンス風味のアヴァンタイトルや人称の変わる語り口など、テクニカルな面での新たな試みが新鮮。ただ、群像劇ゆえやむなしとはいえ、主人公(?)の夏美のキャラが薄まってしまっているのは、キャラの魅力で引っ張る著者の持ち味がスポイルされてしまっているのが残念。あと、いかに長年放置された中華コピーのマカロフ(59式)とはいえ、ああいう形の暴発はまず無いと思うだけに蛇足に感じた。
が「ナイス!」と言っています。

6月の感想・レビュー一覧
3

はるまき
☆☆☆:南房総の民宿<房総グランオテル>に集った3組の泊まり客の悲喜こもごもを、宿名通りグランドホテル形式で綴った群像劇。サスペンス風味のアヴァンタイトルや人称の変わる語り口など、テクニカルな面での新たな試みが新鮮。ただ、群像劇ゆえやむなしとはいえ、主人公(?)の夏美のキャラが薄まってしまっているのは、キャラの魅力で引っ張る著者の持ち味がスポイルされてしまっているのが残念。あと、いかに長年放置された中華コピーのマカロフ(59式)とはいえ、ああいう形の暴発はまず無いと思うだけに蛇足に感じた。
が「ナイス!」と言っています。
はるまき
☆☆:ポリティカルスリラーを軸とした、かつてリーチャーに逮捕されたことで恨みを抱いている凄腕スナイパーとリーチャーの息詰まるタイマン対決…という流れを期待して読み進めると、スナイパー側の描写が全く無いこともあって薄味だし正直???な展開。リーチャーが巻き込まれた陰謀のカラクリは、意外性はあるけど強引な印象が否めない。
が「ナイス!」と言っています。
はるまき
☆☆:ブラックホールの基本的な仕組みは分かっているつもりだったけど、図解がある分、これまで読んだブラックホール解説ではピンと来ていなかった点もイメージしやすく、格段に分かりやすかった。
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2009/06/05(3331日経過)
記録初日
2009/06/01(3335日経過)
読んだ本
422冊(1日平均0.13冊)
読んだページ
159957ページ(1日平均47ページ)
感想・レビュー
380件(投稿率90.0%)
本棚
110棚
読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう