読書メーターあなたの読書量を記録・管理

6月の読書メーターまとめ

松本佳彦
読んだ本
1
読んだページ
524ページ
感想・レビュー
1
ナイス
32ナイス

6月に読んだ本
1

6月のトップ感想・レビュー!

松本佳彦
エッセイを除いて初めての森博嗣作品。シリーズあと9作、きっと読むだろう。しばらく、1996年当時の読者もおそらくそうであったように「ミステリーとしてその手はあり?」という気分になったが、でも可能であることはずっと明かされているものね……。納得してきた。新しいとはこういうことである。 表紙カバーにはワトソン役の萌絵のセリフ「先生……、現実って何でしょう?」が印刷されている。本文ではこれに続いて「自由とは何か」も問題となる。この小説は根本的にはこの自由についての話なのだろうと思う。
が「ナイス!」と言っています。

6月の感想・レビュー一覧
1

松本佳彦
エッセイを除いて初めての森博嗣作品。シリーズあと9作、きっと読むだろう。しばらく、1996年当時の読者もおそらくそうであったように「ミステリーとしてその手はあり?」という気分になったが、でも可能であることはずっと明かされているものね……。納得してきた。新しいとはこういうことである。 表紙カバーにはワトソン役の萌絵のセリフ「先生……、現実って何でしょう?」が印刷されている。本文ではこれに続いて「自由とは何か」も問題となる。この小説は根本的にはこの自由についての話なのだろうと思う。
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2012/08/04(2178日経過)
記録初日
2012/12/16(2044日経過)
読んだ本
419冊(1日平均0.20冊)
読んだページ
103629ページ(1日平均50ページ)
感想・レビュー
27件(投稿率6.4%)
本棚
0棚
性別
職業
専門職
現住所
海外
外部サイト
URL/ブログ
http://ymatz.net/?lang=ja
読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう