読書メーターあなたの読書量を記録・管理

2月の読書メーターまとめ

がくちゃびん
読んだ本
3
読んだページ
805ページ
感想・レビュー
3
ナイス
52ナイス

2月に読んだ本
3

2月のトップ感想・レビュー!

がくちゃびん
もうあからさまにあの国やこの国の外交、国内政治、防衛やマスコミ論をあげつらい、徹底的に風刺した寓話。自分は日頃から百田尚樹氏の持論に大きく賛成する派なので違和感なく読めたが、これほどの話題作をマスコミがひたすら無視し続け、まったく取り上げないどころか作者自身を誹謗している節すら感じられることが、本書を読んでみてようやく理解できた。これほど強くマスコミの在り方を批判されれば、確かに彼らにすれば都合が悪いだろう。小説として面白かったかはともかく、色々な人に読んで欲しいと思える本でした。
が「ナイス!」と言っています。

2月の感想・レビュー一覧
3

がくちゃびん
前書きにある通り、力学についてエッセンスをを取り出し、相対論や量子力学を学ぶための最低限の力学知識を紹介した本。可逆とはどのような体系を指すのかといったような、知識として知っていても実際に理解は曖昧だった部分の解説は有用だったし、ラグランジアンやハミルトニアンがどのように役立つのか、といった部分もふんわり解説されてる。これらの威力を本当に知りたければ量子力学を勉強すべきだと思うので、これからすぐに量子力学編へ進みます!
が「ナイス!」と言っています。
がくちゃびん
もうあからさまにあの国やこの国の外交、国内政治、防衛やマスコミ論をあげつらい、徹底的に風刺した寓話。自分は日頃から百田尚樹氏の持論に大きく賛成する派なので違和感なく読めたが、これほどの話題作をマスコミがひたすら無視し続け、まったく取り上げないどころか作者自身を誹謗している節すら感じられることが、本書を読んでみてようやく理解できた。これほど強くマスコミの在り方を批判されれば、確かに彼らにすれば都合が悪いだろう。小説として面白かったかはともかく、色々な人に読んで欲しいと思える本でした。
が「ナイス!」と言っています。
がくちゃびん
1000年近い歴史を俯瞰しながら、それぞれの国や大陸の形状から、どのような事情で紛争が発生したか、戦略的な見識を交えながら現代史を詳らかにしていく。池上彰氏の著作も分かりやすいけど、さらに歴史的にも思想的にも深く踏み込んだ主張をしていて、池上彰氏に感じる胡散臭さがないのも好感度が高い。誰にもお勧めできる著書でした。
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2009年06月27日(2833日経過)
記録初日
2007年12月27日(3381日経過)
読んだ本
891冊(1日平均0.26冊)
読んだページ
268556ページ(1日平均79ページ)
感想・レビュー
284件(投稿率31.9%)
本棚
9棚
性別
年齢
37歳
外部サイト
自己紹介

ラノベを読んだり文芸(?)を読んだり数学の本を読んだりとその場その時その瞬間で気になった本を読み続けて早幾年。
とりあえず年100冊を目標にしているもののこのペースだとてんで目標にたどり着けないことに最近気がついた。遅いな。
とりあえず今年も頑張って生きていこうと思う。