読書メーターあなたの読書量を記録・管理

2022年12月の読書メーターまとめ

Ebi@漫画用
読んだ本
49
読んだページ
7825ページ
感想・レビュー
49
ナイス
205ナイス

2022年12月に読んだ本
49

2022年12月にナイスが最も多かった感想・レビュー

Ebi@漫画用
ネタバレ100の半分でついに完結。試合の行方も恋の行方も良かった。太一は一番近くにいた人間だからやっぱりどうしても感情移入してしまっていたからなあ。菫もしっかりかるた部の人間になっていて微笑ましい。よい作品だった。
が「ナイス!」と言っています。

2022年12月の感想・レビュー一覧
49

Ebi@漫画用
相変わらず複数視点でじわじわ進んでいく。色々と面白いことは起きているのだが全体としては歩みがゆっくりなのでヤキモキするところ。巻の最後に驚くようなシーンが来たところで気になる引きで終わり。
が「ナイス!」と言っています。
Ebi@漫画用
ネタバレ権威に毒を吐き流行りに毒を吐き。「自分の頭で考えない」ことについて痛烈な批判。ラーメンの”暖簾分け”というのも変にカッコつけている部分があるのもわかる。新興の文化だったからこそ、権威付けのために仰々しい言葉を使っていたんだろうなあ。一方でそれに救われた過去も描かれるのがにくい。面白かった。
が「ナイス!」と言っています。
Ebi@漫画用
ネタバレ緋村の恋路の話も面白いし、本筋もかなり危ないところへ踏み入れてはじめて面白い。
が「ナイス!」と言っています。
Ebi@漫画用
ネタバレ鷹臣がまるで主人公のように動き回る。むしろ主役でないからこそか。鷹臣周りに限らず、きな臭さがすごいなー。
が「ナイス!」と言っています。
Ebi@漫画用
ネタバレ以前にもほのめかされたが、いよいよ政治家も絡んできた。そりゃまあダイヤの密造などあったらそのくらい動くのも当然か。読む前に「質屋と宝石の話」と聞いて想像していたのとは思いもよらない方向に面白くなってきたなあ。
が「ナイス!」と言っています。
Ebi@漫画用
ネタバレ鷹臣ってこれまでも結構行動を起こすタイプだったが、今回は随分思い切ったことをしたなあ。怪我でバレるみたいな展開もあるかと思ったがとりあえずなさそうか。
が「ナイス!」と言っています。
Ebi@漫画用
ネタバレ人物の関係はほぼ一通り明らかになった。ちょっとしたことから銀一側に波紋が起きていて、思わぬ形で表に出てきそう。
が「ナイス!」と言っています。
Ebi@漫画用
ネタバレついに黒幕が見えてきたか?でもどうやって彼にたどり着くのか。菖蒲とのつながりができた虎徹がキーマンになるのかなあ。
が「ナイス!」と言っています。
Ebi@漫画用
ネタバレクリスマス、年末商戦の慌ただしい話の合間で、一気にキャラクターの人間関係が明らかになっていく。とは言え意図などは全く見えないので、まだまだ謎が多く引き込まれる。
が「ナイス!」と言っています。
Ebi@漫画用
ネタバレフリマアプリの話が出てきたかと思えば、ディープな本筋の謎解きモードにもなったりと振れ幅が楽しい巻だった。そしてまさかちょっとしたギャグだと思ってた大学教授が、本編に絡んでくるとは。
が「ナイス!」と言っています。
Ebi@漫画用
ネタバレ敵の裏をかいた綱渡りの戦いが続く。ラストもまさにクリフハンガーというような場面で終わって、どうやって乗り越えるのかすごく気になる。
が「ナイス!」と言っています。
Ebi@漫画用
ネタバレ大会編。勝負事の話だと見どころがはっきりしててわかりやすい面白さがある。選手もそれぞれ個性的で面白かった。
が「ナイス!」と言っています。
Ebi@漫画用
スポーツ漫画というよりコーチング漫画だよなあと改めて思った。いのりの吸収力もすごいが、司のコーチとしての右往左往が面白い。
が「ナイス!」と言っています。
Ebi@漫画用
ネタバレ今までトラブル起こり過ぎだよなあと思っていたけど、起きないと起きないで静かに流れる仕事を眺めていることになっちゃうな。などと考えていたらかなり厳しそうな事故のシーンで終わり。火事だと機材への影響が出てまたトラブルのもとになりそう。
が「ナイス!」と言っています。
Ebi@漫画用
ネタバレ大事になってきたが、真相が遠いな。キーマンにたどり着けばもうちょっと視界が晴れそうなのだが。
が「ナイス!」と言っています。
Ebi@漫画用
ネタバレ噂の虎徹がついに出てきたり、顕定の過去の話も少し広がり始めて、じわじわと世界が広がって読むのが楽しい期間だ。
が「ナイス!」と言っています。
Ebi@漫画用
ネタバレちょっと重めの気持ちの入った話が多かった。本筋も相変わらず謎めいているな。
が「ナイス!」と言っています。
Ebi@漫画用
ネタバレ乃和がまた出てきたらいいな、なんて前の感想に書いたが、本筋にも絡んできそうだな。これはこれで楽しみ。
が「ナイス!」と言っています。
Ebi@漫画用
ネタバレ乃和のかっこよさが印象的。まだこの人の抱えるものが綺麗に、軽くなっていないので今後も出てくるのかな。だとしたら嬉しいが。
が「ナイス!」と言っています。
Ebi@漫画用
ネタバレそれぞれいろんな思惑を持った人がワラワラと出てきて面白い。質屋に宝石店という舞台柄、どうにもいろんなものを心に抱えた人が多いが。その中に本筋に絡むような思惑を持った人も紛れ込んでたが、顕定が求めてるものはなんなのやら。
が「ナイス!」と言っています。
Ebi@漫画用
ネタバレ追ったり追われたりで終始スピード感がある巻だった。カーズ絡みっぽいセリフも出たが、2部も多少なりとも絡んでくるのだろうか。吸血鬼という要素があると作中の時間的なスパンを気にしなくていいから都合がいいな。
が「ナイス!」と言っています。
Ebi@漫画用
シリアスな話がベースだから何してもいいだろというような振り切れ方。色々とめちゃくちゃだったがバカバカしくて面白かった。
が「ナイス!」と言っています。
Ebi@漫画用
質屋漫画としても面白いし、根っこにある顕定の秘密を抱えた赤い石探しも謎めいていて面白い。
が「ナイス!」と言っています。
Ebi@漫画用
ネタバレ初っ端に新能力。ランダムでアイテムの効果の成否が決まってしまうようになったというのは、漫画としては都合がいいよな。肝心なときに使えなくてピンチにできそう。本筋の方は、これまでほとんど発見されなかったと言う割にサクサクと新しいユニークモンスターに出会うなあ。明らかにクトゥルフモチーフだが、どういう戦いになるかな。
が「ナイス!」と言っています。
Ebi@漫画用
ネタバレ宮廷ものらしい言葉と知と感情の殴り合いが始まった。悪役としてこれまでのソフィアよりももう少ししたたかで、もう少し感情より政治寄りの相手が出てきた。ただここで新たなサポート役として王妃が出てきたので、きっと色々と新しい見方を授けられるのだろう。段階を経て悪役もより厄介になっていっているな。
が「ナイス!」と言っています。
Ebi@漫画用
ネタバレ基本的には出しゃばらずに聞き役になっている事が多いけど、決めるところではちゃんと決めるのでエリアーナがちゃんと主人公してるなあ。
が「ナイス!」と言っています。
Ebi@漫画用
ネタバレこのあたりの連載追っかけてるときは、なんで彼らは戦っててどんな危機が迫ってるんだっけ、と忘れがちだったがまとめ読みするとちゃんと面白い。ボッジが強すぎるがゆえにあんまり活躍できなくなってメインステージから離れたところにいることが多いのは、ワンパンマンとも共通するなあ。
が「ナイス!」と言っています。
Ebi@漫画用
ネタバレいちげきに引き続き歴史物を描くことが多くなったなあ。幕末、明治にかけての幕府歩兵隊の男の戦いざまを描いたひとつなぎの作品集。相変わらず、世の中への期待がなく擦れている人間を描くのが上手い。それだけに最後の展開は悲しさが増す。
が「ナイス!」と言っています。
Ebi@漫画用
ネタバレプロローグが終わったというか、事態が動き始めたような感覚。ライトニングもスーパーマンからバットマン的な「弱い」存在に。ついでにパニッシャーみたいな復讐心も根が生えて面白いキャラになった気がする。
が「ナイス!」と言っています。
Ebi@漫画用
世界設定に関わる部分のエピソードが連なる、ガッツリSFだった。可愛い顔してるけどとても歯ごたえのあるものを感じる作品だよなあ。
が「ナイス!」と言っています。
Ebi@漫画用
ネタバレ100の半分でついに完結。試合の行方も恋の行方も良かった。太一は一番近くにいた人間だからやっぱりどうしても感情移入してしまっていたからなあ。菫もしっかりかるた部の人間になっていて微笑ましい。よい作品だった。
が「ナイス!」と言っています。
Ebi@漫画用
ネタバレソフィアの「嫌がらせ」もじわじわ大掛かりになってきて、結構大事になってきた。とはいえまだかわいい嫉妬の範疇か。より悪意に満ちた大物の悪役女性キャラは出てくるだろうか。
が「ナイス!」と言っています。
Ebi@漫画用
ネタバレ女性同士の牽制や、以前のエリアーナの提案の影響など、だんだんとエリアーナが事態の中心に引っ張り込まれるようなことが増え始めて面白くなってきた。
が「ナイス!」と言っています。
Ebi@漫画用
ネタバレ激しい戦場が続く。突飛な策略などが物語上の目玉になるのではなく、ひたすら戦いの趨勢を描いていくのがまた面白い。いよいよ王都奪還に向けた戦いが始まり、ここで複数勢力が戦い合うのはもちろんのこと、また別の存在が暗躍していることで展開が読みづらくなるスパイスが効いていて面白い。
が「ナイス!」と言っています。
Ebi@漫画用
お互いに相当惚れ込んでて、見ていて恥ずかしくなるくらいイチャイチャしてる。初恋を貫徹したクリストファーもまあすごい。
が「ナイス!」と言っています。
Ebi@漫画用
ネタバレクリストファーがエリアーナに入れ込んでいる理由が回想の形で語られた。直接言ってあげればいいのにと思うも、子供の頃の片思いを地位でどうにかしたという気恥ずかしさもあるんだろうな。本編ではロマが出たがそのままの名前なんだな。こういった偏見を持たれている集団らの知識・力を主人公らに貸してもらう、と言うのはファンタジーの定番なんで、今後どういうった展開にになるのか楽しみではある。
が「ナイス!」と言っています。
Ebi@漫画用
本の虫の物静かなご令嬢が主人公。王子様に見初められていくという話ではなく、最初からすでに婚約済みと言うのは面白い。じゃあドラマがないかというとそういうわけでもなく、というのがこの巻の流れか。
が「ナイス!」と言っています。
Ebi@漫画用
ネタバレ前日譚として切り分けずにもう本編として始まってる気がする。高家が助手になった経緯も、本編で感じられる雰囲気以上に重いもので驚いた。
Ebi@漫画用
1巻まるまる使っての長編エピソードで、映画的・ドラマ的で面白かった。
が「ナイス!」と言っています。
Ebi@漫画用
テュポーン狩り。台風の名に恥じないスケール感。
が「ナイス!」と言っています。
Ebi@漫画用
夏合宿へ向けて、心身も含めて様々な準備。準備の時間は楽しいよなー。
が「ナイス!」と言っています。
Ebi@漫画用
なんか見たことあるな、とおもったら以前twitterで見た姦姦蛇螺の漫画だった。ちょっと設定を変えて商業連載してたのか。ガッツリとヘビーな設定が下敷きにありながら、肝が据わった子どもたちに振り回される妖怪とのバカバカしい日常風景。妖怪側に昭和~平成くらいの現代知識はある上に常識人でツッコミ役、と言うのはちょっとめずらしい。
が「ナイス!」と言っています。
Ebi@漫画用
ネタバレ最後は主人公の過去を振り返る形か。医療どうこうというよりも大きな事件の中での人間ドラマだったなあ。短いが面白い作品だった。
が「ナイス!」と言っています。
Ebi@漫画用
ネタバレいかにもカルトっぽい集団の事件だった。キノコって人に影響を与える部分もそうだけど、そうでないものも面白いよなあ。
が「ナイス!」と言っています。
Ebi@漫画用
ネタバレいきなり、医療をテーマにした作品とは思えない派手な絵面が出てきて驚いた。派手な始まりに負けず、企業や研究者の思惑が絡む面白い事件だった。
が「ナイス!」と言っています。
Ebi@漫画用
ネタバレ非合法な手段に片足突っ込みながら問題解決、という探偵もののお約束みたいな展開が2本続いて面白かった。穿った意味ではなく、普通にサスペンスとして面白い。
が「ナイス!」と言っています。
Ebi@漫画用
ネタバレ原作に繋がるエピソードがもりだくさんで楽しかった。メドローアの原理も出てきたが、コントロールされてないとこんなめちゃめちゃな威力なのか。
が「ナイス!」と言っています。
Ebi@漫画用
相変わらずとんでもないウルトラCで問題解決していくなあ。そしてまた新たな問題。トラブル遭遇時のデルウハが優秀すぎるから、このくらい想定外が怒らないとピンチにならないとはいえ、ほんとにまあいろいろ災難が降りかかる。
が「ナイス!」と言っています。
Ebi@漫画用
ネタバレ現代に復活した天然痘を題材にしたサスペンスの漫画かとおもったら、医療ミステリー漫画の1エピソードだった。非常に贅沢なエピソード。面白い。
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2012/10/03(3772日経過)
記録初日
2012/04/11(3947日経過)
読んだ本
7511冊(1日平均1.90冊)
読んだページ
1320102ページ(1日平均334ページ)
感想・レビュー
5070件(投稿率67.5%)
本棚
44棚
性別
外部サイト
自己紹介

漫画登録用アカウントです。
一般書籍は別のアカウントにまとめています。
Ebi
https://bookmeter.com/users/269041

面白い漫画をいつも探しています。
何かしらと「戦う」作品が好き。

読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう