読書メーターあなたの読書量を記録・管理

11月の読書メーターまとめ

ライクロフト
読んだ本
12
読んだページ
2950ページ
感想・レビュー
12
ナイス
63ナイス

11月に読んだ本
12

11月のお気に入られ登録
1

  • 林田力『東急不動産だまし売り裁判』

11月のトップ感想・レビュー!

ライクロフト
有名な小説なので読み始める前に結末を知ってしまっていたが、楽しく読めた。これは舞台を現代に置き換えても、ちょっと手を入れるだけで違和感なく読めそう。
が「ナイス!」と言っています。

11月の感想・レビュー一覧
12

ライクロフト
事前の予備知識まったくない状態で読み始めてすぐに引き込まれた。世界史の授業で習っただけの無機的な歴史知識の一部が鮮やかに肉付けされていく感覚。そして、ネットで有名なネタ画像をいくつか発見して驚いた。この作品が出典だったのか!
が「ナイス!」と言っています。
ライクロフト
技術書典が注目され、技術書を書いてみたい人も増えているようだ。本書では文字どおり手取り足取りといった感じで、技術書作成のノウハウが解説される。私は職業として技術書ライティングをしているけど、仕事を始めた当初にこの本があればよかったのに、と思うことしきり。本書に書いてあることを知っているのと知らないのとでは、できあがってくる本の品質も大きく違ってくると思う。
が「ナイス!」と言っています。
ライクロフト
初の一田和樹作品。サイバーミステリ小説としてよりもラノベ的恋愛小説要素が楽しかった。少しばかり技術を知っていると、そんな都合良くいかないよ!と言いたくもなるけど、そういうツッコミを入れながら読むのもまた良いもので。この著者の他の作品も読んでみたい。
が「ナイス!」と言っています。
ライクロフト
これは水彩絵の具を使ったアナログな技法の本だけど、デジタルな作画にも十分適用できる。少なくとも自分にはとても、とても参考になった。SAIとKritaで水彩っぽく描くのに挑戦中。
が「ナイス!」と言っています。
ライクロフト
有名な小説なので読み始める前に結末を知ってしまっていたが、楽しく読めた。これは舞台を現代に置き換えても、ちょっと手を入れるだけで違和感なく読めそう。
が「ナイス!」と言っています。
ライクロフト
仲正先生のドラッカー、とくれば見逃すわけにはいかない。"思想家"としてのドラッカーを再考する著作。ドラッカーはどうしても経営方面で取り上げられることが多いが、私はむしろそれ以外の側面の方が興味あるので、こういう本は貴重だ。本書では、ドラッカーの生い立ちからはじまり、社会生態学者(と私も見てる)ドラッカーの思想を取り上げる。とりわけ、ドラッカーの初期論文やシュタールのくだりは知らなかったことばかりだった。
が「ナイス!」と言っています。
ライクロフト
アウトサイダーを巡る物語は、最後にラーマクリシュナとグルジェフという、神秘思想に親しんだ人間にとってはとてもなじみ深い場所にたどり着く。これをどう捉えるか。とりあえず本書で取り上げられた未読の作品(けっこう読んでない)を読んでから、本書を再読することにする。ところで、巻末の内田先生の解説、「態度が悪くてすみません」だったかに書かれてたエピソードと微妙に異なる(笑)。やや省略されていたのね…。
が「ナイス!」と言っています。
ライクロフト
藤井太洋氏の近未来小説は楽しく爽快だ。技術でもって世界を新しく切り開いていくところが爽やかな読後感を生み出すのだろう。「巨像の肩に乗って」だけは、待ちきれずに「小説現代」で読んだ。小説に出てくるマストドン、著者自らもインスタンスを運営されているだけあって(なんか私フォローされてる)、とてもリアリティがある。技術をよく知っているほど楽しめる小説だと思う。
が「ナイス!」と言っています。
ライクロフト
ロボット、というよりはアンドロイドという言葉の方が近い。100年近くも前、よくこれだけのものを書けたな、と思う。いろんな作品の元ネタはこれだったのか感。そういえば「原形質」もつい最近のSF作品で使われてた。AIのシンギュラリティを不安視する人たちと、この作品内でロボットを拒絶する人たちとが重なって見える。
が「ナイス!」と言っています。
ライクロフト
再読。この短編集の中では「真贋の森」が圧倒的に面白い。学術界における復讐譚であり、贋作画家を養成していく過程が、二次創作をやってきた身としてはとても興味深い。一次創作ではパッとしない人が二次創作だと抜群のセンスを発揮するとかあるものなあ…。
が「ナイス!」と言っています。
ライクロフト
見開きで、左ページには音楽家のプロフィール、右ページには肖像画という構成。肖像画の残ってない音楽家は当然、取り上げられていない(ゼレンカとか)。今ならネットですぐ調べられるけど、ネットがなかった頃には重宝した。以前読んだときには気に掛けなかったのに、それ以降に興味を抱いてファンになった音楽家もあるなー、としみじみ(セイシャスとか)。
が「ナイス!」と言っています。
ライクロフト
前半は硫黄島に取り残されたハグロ・アシガラ中心のサイドストーリー、後半は横須賀組の外伝。公式二次創作という感じ。期待した以上にしっかりSFしてた。本当にこの作品世界はおもしろい。
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2012/10/08(2257日経過)
記録初日
2013/12/12(1827日経過)
読んだ本
391冊(1日平均0.21冊)
読んだページ
105900ページ(1日平均57ページ)
感想・レビュー
378件(投稿率96.7%)
本棚
0棚
血液型
A型
職業
専門職
現住所
神奈川県
外部サイト
URL/ブログ
https://ryecroft21.info/
自己紹介

文章を書いて生きてます。あまりにも本を読んでこなかったことを後悔している。今さらながらではあるけど、小説、ノンフィクション、人文/社会科学/自然科学系バランスよく読んでいきたい。セキセイ2羽とオカメインコ1羽のお世話係。

参加コミュニティ1

読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう