読書メーターあなたの読書量を記録・管理

1月の読書メーターまとめ

ぴっころ
読んだ本
65
読んだページ
11264ページ
感想・レビュー
65
ナイス
230ナイス

1月に読んだ本
65

1月のトップ感想・レビュー!

ぴっころ
鬼滅の刃最終巻。吾峠先生お疲れさまでした。近年の引き延ばしジャンプにあって、良い作品を良い作品のまま終わらせられるって素晴らしいですね。連載中ジャンプで読んでいた時は思わなかったけど単行本で改めて読み返すと伊之助のシーンで涙ぐんでしまう。無残と戦う場面や炭治郎を止める所など。そして最後の10ページは単行本だけの書下ろしかな?めちゃくちゃ良いですね。この10ページがあってやっと鬼滅の刃完!という感じです。作者のあとがきも良かったなぁ。また鬼滅の刃の映画見に行こう。今度は4DXで。素晴らしい作品に感謝です!
が「ナイス!」と言っています。

1月の感想・レビュー一覧
65

ぴっころ
キリオンは人間なのか?魔法使いでも人間でもどっちでもいいんだけど何かそのへん引っ張ってるし本筋の話と関わる事なのかな
が「ナイス!」と言っています。
ぴっころ
カイマンの中に何人いるんだ。会川になったりボスになったり死ぬたびに入れ替わるのか?記憶は共有してるんだね
が「ナイス!」と言っています。
ぴっころ
会川がカイマンの時にニカイドウや夏木に向かってお前たちを殺してしまうかもしれないからナイフを持つのが怖いって言っていたのはこういう事だったのか
が「ナイス!」と言っています。
ぴっころ
書店で見かけたとき、これは読んでおいた方が良いだろうなと思い購入。この本で書かれてるような人たち程スマホ依存にはなっていないけれど、それでもスマホが無い生活なんてもうできない時点でスマホとの適切な距離の取り方は知っておいた方がいいと思いました。本書とは関係ないけどスマホが普及してから一番の弊害といえば、ぱっと見痩せている人なのに顔が二重あごってパターンが増えていることだと個人的な感想
が「ナイス!」と言っています。
ぴっころ
タチアナが可哀そうすぎて辛い。風子のビリーに対しての発言が沁みる
が「ナイス!」と言っています。
ぴっころ
十字目のボスにやっと会えた?自分を手術して煙の魔法を手に入れたっていうやり方がやっぱりアイっぽいけど壊っていうのは?アイ→会川→カイマン→壊って事?
が「ナイス!」と言っています。
ぴっころ
祝ドラマ化!残念ながら見てないですアニメ化が良かった。それは置いといて労働のあと作中の「頑張って働いたお金は暇つぶしの為に消費されるだけ」という文言にギクっとしました。あとは姫と泥棒の女の子は前後編やっても尚悪の道から中々抜け出せないのもなんだか簡単じゃないんだなって思わせてくれます
が「ナイス!」と言っています。
ぴっころ
精子探偵って何なんだ?精子の撃ち合いって何やってんだ?これもうシートンと一緒で絶対地上波放送できないやつじゃん
が「ナイス!」と言っています。
ぴっころ
さわやかな友情のお話でした。やっぱり弱虫ペダルは1年目のメンバーが好きだなぁ
が「ナイス!」と言っています。
ぴっころ
「自害しろ」が作風に合わず中々エグイ。まあやったりやられたりの世界ですもんね
が「ナイス!」と言っています。
ぴっころ
士道はもっともっとイカれたキャラクターだと思ってたけど普通にチームプレーとかもできるのね。バロウに比べればかなりマシな部類だった
が「ナイス!」と言っています。
ぴっころ
呂不韋の最後がなんとも物悲しいな・・・と・・・あ、そういう・・落ちか。そして楚VS秦と魏。合従軍の時と立場は逆転だけど楚が巨大すぎて余裕は感じませんね
が「ナイス!」と言っています。
ぴっころ
モロが完全体セルみたいな姿になって最後はパワーアップ悟空で〆るという結局定番パターンなのか
が「ナイス!」と言っています。
ぴっころ
釈迦のデザインや雰囲気が好き
が「ナイス!」と言っています。
ぴっころ
孫堅の筋肉美が素晴らしい
が「ナイス!」と言っています。
ぴっころ
何が凄いって戦闘シーンで何が起こってるのか全く分からない!
が「ナイス!」と言っています。
ぴっころ
いよいよ次が最終巻か?ところでキサキはどうやってタイムリープするんだ
が「ナイス!」と言っています。
ぴっころ
ニカイドウがどんどん無残な姿になっていく。そうまでして使いたくない時間の魔法ってどんなリスクがあるんだろう?
が「ナイス!」と言っています。
ぴっころ
カイマンの正体は十字目のボス?でアイ?で栗鼠を殺した犯人?まだまだ分からないことだらけで楽しい
が「ナイス!」と言っています。
ぴっころ
悪魔になってもちゃんと魔法使いに戻れるって知ってホッとした。シーン的には力を奪われて絶望って感じだけど、見た目的に普通の人間の方が絶体良い
が「ナイス!」と言っています。
ぴっころ
栗鼠は何に気づいたんだろう?気になる。ぱっと見毒蛾が一番主人公っぽいな
が「ナイス!」と言っています。
ぴっころ
いよいよアニメ以降の話に入りました。心達に守ってもらうって心強いけど十字目の雑魚敵がなんか強い
が「ナイス!」と言っています。
ぴっころ
アニメではここらへんで終わったけど漫画ではまだ序盤も序盤だったんですね。先が知りたくてもう生殺し状態でした
が「ナイス!」と言っています。
ぴっころ
ニカイドウ捕獲される。ここら辺はアニメで見たまんまだな
が「ナイス!」と言っています。
ぴっころ
ボクシングとか野球などちょいちょいストーリーの箸休め的なイベント挟んでくれるから飽きないですね
が「ナイス!」と言っています。
ぴっころ
栗鼠がボス?にしては若すぎるか・・・。いやでも博士を若返らせる魔法もあるしどうなんだろう
が「ナイス!」と言っています。
ぴっころ
ボクシングの話はアニメでカットされてたのか。ちゃんと1巻から読んでて良かった
が「ナイス!」と言っています。
ぴっころ
映像化不可能と言われた監獄学園のアニメを作り上げた男たちのプロジェクトⅩ
が「ナイス!」と言っています。
ぴっころ
アニメから入って2期が待ちきれず漫画に手を出す。キャラデザインはこっちの方がニカイドウが可愛くて良いな。
が「ナイス!」と言っています。
ぴっころ
2巻から戦いの描写が増えてきましたね。魔王を倒した勇者一行の魔法使いと魔王の残党対決。楽しみです
が「ナイス!」と言っています。
ぴっころ
話題になっていたので読んでみました。異世界ファンタジーもの自体は苦手なのですが魔王を倒した後の世界という設定と、かつて一緒に冒険した仲間の思い出を巡る旅という心あったまる話でほんわかしていて読後感が良いですね
が「ナイス!」と言っています。
ぴっころ
じわじわくる面白さ。ズボンの中に上着を入れるハイウエストは見た瞬間笑う
が「ナイス!」と言っています。
ぴっころ
ストーリー性が強くなってきたというか幽遊白書がバトル漫画になる前の感じ?ちょっと違うか
が「ナイス!」と言っています。
ぴっころ
なんだ、結局良い人だったんだ。からの展開が怖い。結局人が一番怖い
が「ナイス!」と言っています。
ぴっころ
幽霊より猫の悪霊っぽいのに取りつかれている代理の教師の方が怖い。スキンヘッドタトゥーの兄ちゃんはなんであんな姿になったんだろ
が「ナイス!」と言っています。
ぴっころ
ホラーギャグ漫画。主人公の可愛らしさと期待を裏切らない展開が良いですね。一番最後の話がいきなりの感動路線でした
が「ナイス!」と言っています。
ぴっころ
絵に慣れてくると色物キャラが多いのが楽しくなってきた
が「ナイス!」と言っています。
ぴっころ
能力バトルものにクエスト要素があって面白くなりそう
が「ナイス!」と言っています。
ぴっころ
結婚をゴールにハッピーエンドで終わった話が、続編として離婚スタートで始まる。面白いですね、こういうのもっと増えるといいな。前作はマンガじゃなくて稲盛いずみさん主演のドラマで見ていましたがあれはあれで面白かったけど、原作のカヨ子はもっとアクが強くて笑えます
が「ナイス!」と言っています。
ぴっころ
ジャンプ連載漫画でどんどん読んでないのが増えてきたからちょっとずつ評判良いのは読んでいこうと思ってのアンデッドアンラック。能力バトルものと言っちゃえばそれまでなんだけど1巻の感想はまぁまぁでした
が「ナイス!」と言っています。
ぴっころ
書店でコーナーができるくらい人気ある漫画だそうでアニメ化決定だとか。基本カップルがいちゃついた最後に彼女のキメ顔で終わるという方式。1巻でおなか一杯になりました
が「ナイス!」と言っています。
ぴっころ
凄い平和なギャグ漫画だなぁ。次が出たら絶対読もう
が「ナイス!」と言っています。
ぴっころ
皆が様々な思いでバレンタインを過ごす中、大量のチョコ菓子を購入し自らそれを食っている藤原書記がツボだった
が「ナイス!」と言っています。
ぴっころ
面白い!てかめっちゃいいところで終わるじゃないですか、引きが強すぎる。ジャンプ+で連載開始したのは知ってたのに面白そうだなーとは思っていたのに全く読んでいなかったのが悔やまれる・・・。早く2巻来い!
が「ナイス!」と言っています。
ぴっころ
6巻の格言「おっぱいは装備できる」。そのうち五条くんのトラウマの元になったのんちゃんも成長して登場するのでしょうか?
が「ナイス!」と言っています。
ぴっころ
鬼滅の刃最終巻。吾峠先生お疲れさまでした。近年の引き延ばしジャンプにあって、良い作品を良い作品のまま終わらせられるって素晴らしいですね。連載中ジャンプで読んでいた時は思わなかったけど単行本で改めて読み返すと伊之助のシーンで涙ぐんでしまう。無残と戦う場面や炭治郎を止める所など。そして最後の10ページは単行本だけの書下ろしかな?めちゃくちゃ良いですね。この10ページがあってやっと鬼滅の刃完!という感じです。作者のあとがきも良かったなぁ。また鬼滅の刃の映画見に行こう。今度は4DXで。素晴らしい作品に感謝です!
が「ナイス!」と言っています。
ぴっころ
「終わった」っていう感じのない終わり方でした。打ち切りっぽいという意味ではなくてこの関係性を変える必要や終わらせる必要が無いんだなぁと。どういう結末を迎えるのが気になる作品でしたが良かったです
が「ナイス!」と言っています。
ぴっころ
まさかの武田カンリュウ。これアオシが来たら相当揉めそう。そして世界を見てきたっていう左之助がカッコいい!ただ5年世界を見てきたんならもうちょい強くなっていて欲しかったかも。あとこーん旭が可愛い
が「ナイス!」と言っています。
ぴっころ
雷天?風天?なんか知らないのが出てきていきなり消滅しちゃって前巻読み飛ばしちゃったかな?と思ったらちゃんと読んでいた。記憶力がやばい
が「ナイス!」と言っています。
ぴっころ
きっかけは「俺より、終わってそうな奴が見たい。」とかいう中々なクズ発想だったけど物語自体はゆったりしていて良い雰囲気ですね。絵も好きです
が「ナイス!」と言っています。
ぴっころ
家が火事フラグ?火の始末はちゃんとしないとね
が「ナイス!」と言っています。
ぴっころ
てんぷるやってる枠でぐらんぶる番外編とかやってくれないかなー
が「ナイス!」と言っています。
ぴっころ
きみが心に棲みついた作者さんの読み切り短編集ですね。というか短編全部それぞれ話が繋がっていますが。心に棲みついた程ではないけど適度にドロドロしていて良い感じに嫌な気分(?)になれました。傷ついたら40の主人公がその後どうなったか知りたかった
が「ナイス!」と言っています。
ぴっころ
誰を応援していいいのか分からない。とにかく真実が知りたい。あと連載と同時に読んでるから支障ないとはいえ3巻飛ばしてしまった
が「ナイス!」と言っています。
ぴっころ
英雄の末路。何事も調子に乗りすぎるのはよくないね
が「ナイス!」と言っています。
ぴっころ
たかが茶器のために命をかけるとか。また作ればいいじゃん
が「ナイス!」と言っています。
ぴっころ
20万人の生き埋めはエグイ
が「ナイス!」と言っています。
ぴっころ
くだらなすぎて過去最高に面白い。fateネタが2回も入ってきて作者さん好きなのかな?
が「ナイス!」と言っています。
ぴっころ
この作者さん面白くて好きだわ。どんなに殺したいほど憎い相手でも結局人は皆死ぬんだなって理解しました
が「ナイス!」と言っています。
ぴっころ
野球のユニフォーム着ている眼鏡君が侍に切られて横たわってる姿がシュールだ
が「ナイス!」と言っています。
ぴっころ
もっと早く弓を弾いてれば・・・っていうより最初二人で出向いたときに話し合いで終わらせられたような
が「ナイス!」と言っています。
ぴっころ
スポーツ少年たちが創意工夫で戦っていくのかと思いきや主戦力が最初からいきなり強い卓球少年ていうのがちょっと面白い
が「ナイス!」と言っています。
ぴっころ
卓球少年が強すぎる。でも割とバトル漫画には必ずいるタイプのキャラよね
が「ナイス!」と言っています。
ぴっころ
転生(タイムトラベル?)ものでもそれなりに戦える能力があるスポーツエリート校の生徒による転生ものっていうのが面白いですね。場所も戦国時代っていうのが良い
が「ナイス!」と言っています。
ぴっころ
とうとう読めた。面白かったー!こんなに面白くて人気作家さんの本なのにあまり置いている所なくて結局アマゾンで購入。この営繕かるかや怪奇譚、前作もだけどホント物語の雰囲気から怪談と心温まる話のかけ合わせが素晴らしいです。せめて年一冊のペースで出してほしいなぁ・・・十二国記みたく文庫で。っていうのは無理ですね💦3作目も楽しみにしてます。また1作目も読みたくなってきた
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2012/10/26(3046日経過)
記録初日
2012/10/13(3059日経過)
読んだ本
3001冊(1日平均0.98冊)
読んだページ
569453ページ(1日平均186ページ)
感想・レビュー
3001件(投稿率100.0%)
本棚
3棚
性別
職業
ガテン系
現住所
岐阜県
自己紹介

小説、マンガ、ライトノベル、気になるものは何でも読みます。
(マンガの比率が99%です)

ただ歴史小説だけはどうしても苦手・・・歴史物のマンガなら全然読めるんですが。

最近は近所にTSUTAYAができたおかげでもっぱらレンタルコミックの日々。その2階にはブックオフと、休日の移動距離が極端に減ってしまいました笑


読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう