読書メーターあなたの読書量を記録・管理

3月の読書メーターまとめ

星野流人(ほしの)
読んだ本
19
読んだページ
4010ページ
感想・レビュー
10
ナイス
173ナイス

3月に読んだ本
19

3月のトップ感想・レビュー!

星野流人(ほしの)
ビブリアシリーズ完結編。栞子さんやその母親智恵子をめぐる因縁の物語が、かの有名なシェイクスピアの古書を中心に収束していきます。完結編なだけあってクライマックスは緊張感があり、おもしろかったです……!
が「ナイス!」と言っています。

3月の感想・レビュー一覧
10

星野流人(ほしの)
ストーリーとしては一段落、土橋さんによる新企画も鋭意進行中ということで……このシリーズはここで完結、ということになるのかしら? SAを持ち込む発想はおもしろかったですね
が「ナイス!」と言っています。
星野流人(ほしの)
清一と古都子が何で未だに付き合ってないのか、この巻で散々触れられていたにも関わらずまったくもって分からないんだぜ……。古都子ルート一択以外もはやどこにも道は無いのでは……。着物で絡み酒の才谷、とか非常にマニアックで良かったです。
が「ナイス!」と言っています。
星野流人(ほしの)
原作小説の1巻の後半部分のコミカライズ。そういえば1巻はこんな話だったなー今となっては院長すっかりでてこないなーと懐かしみ。鷹央といい鴻ノ池といい女性陣の表情がとにかく豊かで可愛い。幕間の蛇足カルテも病院の裏事情が知れて面白いですね
が「ナイス!」と言っています。
星野流人(ほしの)
ビブリアシリーズ完結編。栞子さんやその母親智恵子をめぐる因縁の物語が、かの有名なシェイクスピアの古書を中心に収束していきます。完結編なだけあってクライマックスは緊張感があり、おもしろかったです……!
が「ナイス!」と言っています。
星野流人(ほしの)
今巻最大の難敵は、神の声を聴くという預言者を名乗る男。この男によって預言されたことで娘の白血病治療を拒否する母親を説得するのが今回のお話。健太くんとの過去も含めて、鷹央がまた一層成長できたようで良かったです
が「ナイス!」と言っています。
星野流人(ほしの)
取引先との仕事を取り付けるため体を張る女主任の話。読み始めていきなり見開きで半裸の見栄子……でした。最初女子社員・岸見栄子だったのに、わずか4ページで女主任に昇格してて笑ってしまいました。エロがメインでありながらギャグ的な小ネタも豊富で飽きさせない。
が「ナイス!」と言っています。
星野流人(ほしの)
書店でこの表紙を見ただけでびびっと来たよね。眼鏡! ちょっと気の抜けた表情! ぼさぼさ髪! 適度な胸! リクスー! ほたるさん不在のだがしかし新章の幕開けは、しかし彼女の存在によって成功を納めたといっていいだろう! ……駄菓子ネタも健在でおもしろ。 伏線がバッサバッサ撒かれているので、その辺りがどう回収されるか、見ものですね!
が「ナイス!」と言っています。
星野流人(ほしの)
母親同伴の冒険譚、という発想の時点である程度勝ったようなものなんでしょうけど……。あくまでゲームだという背景のせいか全体的に今ひとつ緊迫感が無かったかも。あと、母親モノで普通にワイズが可愛いってどゆこと?
が「ナイス!」と言っています。
星野流人(ほしの)
様々な冥王星Oたちの、様々な物語。今までの冥王星Oとは一線を画すスタイルの、特殊な設定による短編集みたいなテイスト。冥王星Oというシリーズ中にあって、これだけ違ったフレーバーの作品を描けるのはすごいと思うよ。
が「ナイス!」と言っています。
星野流人(ほしの)
とある飛空士シリーズの犬村さんの新作……でしたが、積んでる間に普通に続刊も出てしまってたり。飛空士に引き続いて今回もファンタジーな世界観で、かつスラム出身の主人公となかなかにハードな設定とストーリー。今回も期待大のシリーズです。
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2009年07月23日(2835日経過)
記録初日
2009年07月20日(2838日経過)
読んだ本
2067冊(1日平均0.73冊)
読んだページ
477094ページ(1日平均168ページ)
感想・レビュー
1991件(投稿率96.3%)
本棚
187棚
性別
職業
技術系
外部サイト
URL/ブログ
http://book.geocities.jp/hoshino396/
自己紹介

サブカルチャー(オタク趣味)が大好きです。 漫画、ライトノベルを多く読みますが、一般小説も読みます。ツイッターでは「meteoricswarm」の名前でやっていますので、気軽に声かけてください。

金欠なのにバイトもしてないものぐさなので、古本屋(BOOK・OFF)を溺愛中。
いつかアニメイトやゲーマーズで豪遊できる金ができたら、絶交してやると思いつつも、今日も週二ペースでBOOK・OFFに足を運ぶ。誰か、もっと100円コーナーとラノべコーナーが充実しているBOOK・OFFを教えてください。

キリ番
100冊目、となり町戦争
200冊目、夏目友人帳 6
300冊目、遠まわりする雛
400冊目、僕は友達が少ない5
500冊目、終末のフール
600冊目、武士道セブンティーン
700冊目、蟲と眼球とテディベア
800冊目、死者のための音楽
900冊目、クロノ×セクス×コンプレックス1
1000冊目、僕の妹は漢字が読める

星野流人の100冊(推薦小説100作品)
http://book.akahoshitakuya.com/category/239958