読書メーターあなたの読書量を記録・管理

11月の読書メーターまとめ

178
読んだ本
5
読んだページ
1754ページ
感想・レビュー
5
ナイス
123ナイス

11月に読んだ本
5

11月のトップ感想・レビュー!

178
ネタバレ匿名電話から女性の遺体が発見される。さらに、その犯人がコルテシア東京のカウントダウン・マスカレード・パーティーに現れるとの密告状がきたため、新田は再びホテルマンとしてコルテシアに潜入する。地道な捜査によって、数年前の類似事件に気づいた能瀬さん、コンシェルジュとして宿泊客の要望に応える山岸尚美が素晴らしい。殺人犯が事前に女装してホテルに泊まってたとか、不倫カップルとその家族の恐喝とか、日下部さんが実はホテルのスカウトマンだったとか、全然気づかなかった。尚美がロス勤務になるので、このシリーズも終わりかなぁ。
が「ナイス!」と言っています。

11月の感想・レビュー一覧
5

178
ネタバレ匿名電話から女性の遺体が発見される。さらに、その犯人がコルテシア東京のカウントダウン・マスカレード・パーティーに現れるとの密告状がきたため、新田は再びホテルマンとしてコルテシアに潜入する。地道な捜査によって、数年前の類似事件に気づいた能瀬さん、コンシェルジュとして宿泊客の要望に応える山岸尚美が素晴らしい。殺人犯が事前に女装してホテルに泊まってたとか、不倫カップルとその家族の恐喝とか、日下部さんが実はホテルのスカウトマンだったとか、全然気づかなかった。尚美がロス勤務になるので、このシリーズも終わりかなぁ。
が「ナイス!」と言っています。
178
ネタバレあたしは月のように死んで生まれ変わる。3人の男と1人の少女の、30余年におよぶ人生の物語。1日で読了。瑠璃という女性が何度も転生する話(今のるりは4代目)。2回目の瑠璃の父親(小山内堅)が主人公。初代瑠璃が夫と離れて、大学生の三角の元へ向かう途中で亡くなったから、未練が強くて何度も転生したのか? 三角の登場シーンが少ないけど、彼は転生を受け入れてる様子。小山内が実家に帰って知り合った母娘の娘が、亡妻の転生かも?と考えだすと止まらない。舌を出して笑う癖、記憶残ったままの転生怖いわ。
が「ナイス!」と言っています。
178
ネタバレ飲食チェーンの情報漏洩、事務ミスからマネーロンダリング発覚、大分への臨店に産業中央銀行との合併発表、手抜き工事のリーク、亡くなった女性の口座の不思議な動き、そして東東デンキの不適切会計。東京第一銀行の審査が緩いせいか、続々と問題が起きる。私欲のために動く行員も多いし、ため息が出る。半沢直樹は良いところで登場するな〜(笑) 企画部特命担当の昇仙峡玲子さん、続編があるなら登場しそうな人物。その上司の紀本平八部長は「銀翼のイカロス」にも登場しているらしい。既読だけど記憶にないので、もう一度読んでみようと思う。
が「ナイス!」と言っています。
178
ネタバレタイの海中に石像を探し、インド最高の聖者を訪ね、廃墟チェルノブイリに彷徨い、澁澤龍彦の足跡を辿り、謎の古代遺跡に呪われ、アフリカの呪術師と対峙し、南米のUFO村で人々の優しさに触れる…そこには世にも奇妙な世界、「奇界」が広がっていた。「奇界遺産」と続けて読了。重複する部分が多少あるけど、取材旅行のエッセイは読みやすく面白かった。こんな旅ばかりの生活を続けている佐藤さん自身がどんな人なのか気になった。
が「ナイス!」と言っています。
178
ネタバレフォトグラファー・佐藤健寿が過去5年に渡って世界を股にかけ、撮影・取材した世界の奇妙な人・物・場所。中国の洞窟村から東南アジアの新興宗教、アメリカのUFO基地・エリア51、ギリシャのオーパーツ、南米ボリビアの忍者学、太平洋の呪われた遺跡、チベットのイエティ、インドのサイババ、あるいは何故か中国・三国志の子孫まで。訪問国40を超える壮絶な現地取材を敢行。世界の奇妙なモノをただひたすら撮影、集成した強烈な写真集。以前から気になっていたもので、やっと読めた。この本で「プリミティブ」という単語を覚えた。
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2009/07/30(3059日経過)
記録初日
2007/03/23(3919日経過)
読んだ本
2627冊(1日平均0.67冊)
読んだページ
532028ページ(1日平均135ページ)
感想・レビュー
1359件(投稿率51.7%)
本棚
5棚
性別
血液型
AB型
現住所
岡山県
自己紹介

小説もマンガも大切な人生のお供です。

読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう