読書メーターあなたの読書量を記録・管理

5月の読書メーターまとめ

黒鷺
読んだ本
18
読んだページ
3304ページ
感想・レビュー
13
ナイス
53ナイス

5月に読んだ本
18

5月のトップ感想・レビュー!

黒鷺
読者を惹きつける新情報を次々投げ込みつつ、シリアスギャグやら百合やらで味付けしながらここまで世界設定を説明しきったことにビビる。謎としては一通り回収されてしまったように思えるが、これから一体どうするんやろう。
が「ナイス!」と言っています。

5月の感想・レビュー一覧
13

黒鷺
CDの黄金時代からSpotfyの隆盛に至るまで、つまり音楽がタダになるまでを、mp3の発明者、CD工場の盗人、音楽エグゼクティブの3人を軸に追いかける。効率的な発明が海賊版の存在を可能にし、海賊版の普及がmp3プレーヤーを人気にし、ビットトレントの発明が……と連鎖的に現実が変革されていく様子は読んでいて非常に面白い。また、音楽海賊(シーン)の連中が、金銭的動機に動かされていたわけではなく、むしろ政治的信条から自分の正義を信じていたことも興味深い。では漫画はどうなるんだろうか。
黒鷺
2017/05/31 14:25

ピンクパレスがハリポタを敵に回した途端に逮捕されてしまったこと、youtubeの発展により音楽自体ではなく広告を介して金を集めるようになったこと、犯罪者は少数であり、そこを摘発し、消費者がアクセスできるシステムを整備すれば違法ダウンロード自体は無くなること、ただし、主犯たちでさえ大した罰は与えられなかったこと、CDが買われなくなった分ライブ人気が高まってきたこと、が面白かった。イヤホンが挿せる音楽と画面が必要な漫画とは質が違うか。顧客が金を払う時、一体何に金を払っているのか、考える必要がある。

が「ナイス!」と言っています。
黒鷺
STAP細胞は…どうなんやろな。笑ったけど。メタ的なヒーロー論と陰謀が絡まりながら主人公が巻き込まれていく展開と、ディナイアルの台詞回しが面白い。ただ、犯罪特区の仕組みは分かりにくい印象。
黒鷺
主人公はある種の非リア充の象徴としてキャラの説明が省略されているように思う。ヒロインも同様。もう少し固有の魅力があればなお良かった。ギャグと不穏な魔法との演出使い分けが好き。
黒鷺
トラウマによる嗜好の歪みや親(に代表される世間)との軋轢という題材自体に珍しいところはないが、作家の演出力と表情の魅力が作品の強度を一段高めているように思う。暗さを暗示するラストも上手い。
が「ナイス!」と言っています。
黒鷺
エンタメに振った演出力と台詞の流麗さが魅力。まだ物語全体の構造が見えないので、大きく跳ねることに期待。
黒鷺
ちょっと面白すぎるな…。各短編はすごく短いのにストーリーへの没入感と共感の具合、食べ物という小道具の扱い方がめっちゃ上手い。
黒鷺
かわいい。その中に単純な名詞で形容しがたい感情が、台詞やエピソードとして表現される。
黒鷺
むっつりかわいい 江戸にオタク文化を混入させてしれっとしてるのええな
が「ナイス!」と言っています。
黒鷺
言葉と思索が肉体を置いていく感覚…これが恋か
黒鷺
キャラの配置が読み切りっぽい。謎を残した状態の不穏な一枚絵の演出や、主人公の表情、パリの料理人という題材は良いと思うが、話の運び方がやや不器用に思える。
黒鷺
ドイツ人が書いたと聞かなければ多分買わなかったことは確かだけど、面白かったので後悔はしない。絵やシチュエーションはエロくて勃起するのに設定や展開がギャグ漫画としても面白いので笑ってしまう。時を止める話や田舎のふたなり村の話、エロマンガ家密着24時がよかった。
黒鷺
読者を惹きつける新情報を次々投げ込みつつ、シリアスギャグやら百合やらで味付けしながらここまで世界設定を説明しきったことにビビる。謎としては一通り回収されてしまったように思えるが、これから一体どうするんやろう。
が「ナイス!」と言っています。
黒鷺
役者の空気感や凄みとマンガ表現のバランスが良いと思う。社会人演劇という題材も珍しい。主人公の感情の高ぶりに期待。
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2012/12/05(1663日経過)
記録初日
2012/12/06(1662日経過)
読んだ本
2208冊(1日平均1.33冊)
読んだページ
403436ページ(1日平均242ページ)
感想・レビュー
1512件(投稿率68.5%)
本棚
3棚
性別
年齢
104歳
職業
クリエイター系
外部サイト
自己紹介

レビューの練習をしています