読書メーターあなたの読書量を記録・管理

4月の読書メーターまとめ

黒鷺
読んだ本
7
読んだページ
1170ページ
感想・レビュー
6
ナイス
45ナイス

4月に読んだ本
7

4月のトップ感想・レビュー!

黒鷺
現段階では生に絡みついている出産・恋愛・性行為・死をそれぞれ外注できた時、社会倫理がどう変わるかを想像した短編。多様性を受け入れるということは自分が理解できない思考を許すということであり、想像より困難なのだろうと思った。作品にはどこか諦念が漂うが、それは絶望ではなく、絶対的な正義に疑いをかけ、”そこ”でどう生きるかこそが問われるべきなのだとする作者の哲学によるものだろうと思った。少なくとも氏は小説を書いているのだから。
が「ナイス!」と言っています。

4月の感想・レビュー一覧
6

黒鷺
えっ…ネグレクト入ってんの? こわい
が「ナイス!」と言っています。
黒鷺
俺は今までサウナを体験したことはなかったのかもしれないな……。知ってると思っていたものの奥深さを教えてくれる作品は面白いな。
が「ナイス!」と言っています。
黒鷺
ドレミとソレミあたりから笑いのテンポやオチの付け方が作風として安定してきてるなと思った。「心が読める」「誘拐」など以後のモチーフとも思える要素が見えた。年表に短編集の発売時期が載っていなかったのが残念。
が「ナイス!」と言っています。
黒鷺
過剰にフィクションめいた女の子たちに露悪的な性的搾取が色んな形で襲いかかる。ふみふみこの4頭身と丸い絵柄で新井英樹や山本直樹みたいな理不尽が描かれるのでミスマッチで気分悪い。緩和されてこれなのかもしれない。軸となっている悪の組織の存在がわかりにくく、もっと緩急ハッキリしていればよかったかも。委員長の性癖が「女の豚」を思い出した。
が「ナイス!」と言っています。
黒鷺
二部構成で、前半はサイコパスっぽい筆者が新卒からメキメキ頭角を現し手数料を稼ぎまくる話で、動く金の額と倫理観の欠落っぷりがエンタメとして面白い。盛り上がったひとつの時代があったのだなと知らない世界を覗く感覚が得られた。自分が理解できないシステムに金を投げてはいけないね。後半は途中から撒かれていた伏線が説明され、筆者が如何にして有罪判決に陥れられたかが彼が集めた証拠によって説明される。犯罪が高度化すると検事や判事も大変だな。そのせいで冤罪が増えてはたまったものではないが。全面録画されてくれ。
が「ナイス!」と言っています。
黒鷺
現段階では生に絡みついている出産・恋愛・性行為・死をそれぞれ外注できた時、社会倫理がどう変わるかを想像した短編。多様性を受け入れるということは自分が理解できない思考を許すということであり、想像より困難なのだろうと思った。作品にはどこか諦念が漂うが、それは絶望ではなく、絶対的な正義に疑いをかけ、”そこ”でどう生きるかこそが問われるべきなのだとする作者の哲学によるものだろうと思った。少なくとも氏は小説を書いているのだから。
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2012年12月05日(1609日経過)
記録初日
2012年12月06日(1608日経過)
読んだ本
2181冊(1日平均1.36冊)
読んだページ
399226ページ(1日平均248ページ)
感想・レビュー
1492件(投稿率68.4%)
本棚
3棚
性別
年齢
104歳
職業
クリエイター系
外部サイト
自己紹介

レビューの練習をしています