読書メーターあなたの読書量を記録・管理

12月の読書メーターまとめ

アクア
読んだ本
56
読んだページ
3618ページ
感想・レビュー
49
ナイス
1616ナイス

12月に読んだ本
56

12月のお気に入り登録
1

  • TrueColors

12月のお気に入られ登録
4

  • ひぽや
  • TrueColors
  • ゆみみみ
  • 新紫彗星

12月のトップ感想・レビュー!

アクア
朝から雨のしとしと降る日曜日に読了。我が家のワンコさんは毛布にくるまっております(寒いようです。毛のうすい犬種らしい)。犬も傘も大好きな私にはたまらない本でした。また読み返します。手元にほしいなあ……。
が「ナイス!」と言っています。

12月のトップつぶやき!

アクア

One Stormy Night (Red Fox picture books) >> Ruth Brownさんの未読本がいつの間にかOpen Libraryに追加されていたので、今月2度目のブログ更新をしました。この本も早めに追加しないと。読めなくなっている本もたまにあるので、本当は定期的なチェックが必要なのですが、今年は更新自体ほとんどできませんでした。今年も残りわずか。がんばろう。

が「ナイス!」と言っています。

12月の感想・レビュー一覧
49

アクア
2018年のラストはこの本でした。2019年も展覧会に行ったり、アートの本を読んだり、自分で何か作ったりできればいいなと思います。
が「ナイス!」と言っています。
アクア
ネタバレ【Open Library】邦題『パディントンのかいすいよく』。久しぶりの勘違いネタ。"Punch and Judy"の内容にも触れています。こういう本で日本の子どもたちも"Punch and Judy"のことを知っていくのでしょうね。
が「ナイス!」と言っています。
アクア
読み比べのために再読(四度目)。最近家も職場も植物の手入れができていないので、来年はぼちぼち一年をとおして手入れを続けていければと思っています。まずは1月末のバラの剪定から。
が「ナイス!」と言っています。
アクア
【Open Library】邦題『パディントンロンドンとうへ』。楽しい観光案内になっています。それにしてもパディントン持参のサンドイッチの量には驚きです。あれがあのスーツケースに入るとは!
が「ナイス!」と言っています。
アクア
【Open Library】邦題『パディントンサーカスへ』。絵はフレッド・バンベリーさん。少し古めかしい絵柄がサーカスのお話にぴったりでした。現行版『パディントンのサーカス』はR.W.アリーさんが絵を描かれているようです。パディントンシリーズも長く書かれているので世の中の変化に合わせ、絵本も変わっているのでしょうね……。
が「ナイス!」と言っています。
アクア
【Open Library】絵はR.W.アリーさん。フレッド・バンベリーやジョン・ロバンが絵を描いた「庭」絵本とは途中から異なる内容です。ジョン・ロバン絵のものはたまたま持っていたので、今回3冊を読み比べできました。イラストの違いも楽しめますし、マイケル・ボンドさんの創作態度が垣間見えるようで面白かったです。
が「ナイス!」と言っています。
アクア
【Open Library】この季節にぴったりの絵本。Open Libraryで読めるGoffsteinさんの本がいつの間にか増えているのは実に嬉しい。なにせほとんどの本が新刊で買えない、かつ値段が高い……。新刊チェックをしつつゆっくり集めていきたいです。
が「ナイス!」と言っています。
アクア
【Open Library】観光案内兼英語の学習本(単語)としても読めるお得絵本。Bで始まる単語をたくさん覚えられます。こういう字数の多いものを読むとパディントンシリーズはやはり絵本もチェックしなければ!と思います。novels版と絵本版で少々の矛盾があろうが気にしない気にしない……。
が「ナイス!」と言っています。
アクア
ネタバレ表紙とタイトルから「ほのぼのペットもの」かと一瞬思ったものの、ピアス作品(しかも長編)ではやはりあり得ませんでした。密度の濃い「家族もの」。特に母親(子どもが三人。再婚している)の描き方が見事です。今でいう「毒親」と言われそうな行動ばかり取ってしまう女性ですが(特に前半)、亡くなっただんなさんのことを思い出す場面や今のだんなさんとの二人のシーンなどで複雑な心情を見せてくれます。家族というものの在り方を考えさせられる本でした。
が「ナイス!」と言っています。
アクア
ネタバレイベントに向けて再読。妙に現実的な状況(新鮮な魚をもらえないため、大好きなおばあさんを置いてねこが家出する!)から、ファンタジックなもの(おばあさん空をとぶ)へとお話が移っていくのが面白い。ねこのおかげで誰も経験したことのない「旅」をしたおばあさん(雲の上をふわふわ歩く)。急展開のラストもその旅あってこそだと思います。
が「ナイス!」と言っています。
アクア
Audible版で全編聞き終えました。調べたところ対象年齢は8 - 12 years。ほとんどが子どもを主人公とした短編で、日常のちょっとした出来事が書かれています。Brainboxのような動物が出てくるお話では、ナレーターの方の朗読が面白く、Audible版ならではの楽しみ方ができました。ある程度の意味は取れたと思います。amazon echoやスマートフォンなどを使いしつこく聞いたのがよかったようです。
アクア
2018/12/29 23:25

イベント「祝・生誕100年―フィリパ・ピアスとローズマリ・サトクリフを読む(2019-2020)」の詳細はこちら→https://bookmeter.com/events/5894

が「ナイス!」と言っています。
アクア
Audible版に引き続き紙の本でも読了。読んでいる際頭の中で「音」が聞こえてなかなか進まないのは困りものでしたが、耳で聞いていただけでは気づかなかったところが数か所あり、内容を復習できたのもよかったです。
が「ナイス!」と言っています。
アクア
【Open Library】パディントンの一日を描いた絵本。ほぼ食べてばっかりのような……。いいですけれどね。英語絵本らしく韻を踏んだ文章になっています。
が「ナイス!」と言っています。
アクア
【Open Library】パディントンの写真絵本。パディントンの日常生活のスナップショットという感じです。
が「ナイス!」と言っています。
アクア
【Open Library】Biscuitに可愛いお友達ができました。ずっと仲良しでいられるといいなと思います。
が「ナイス!」と言っています。
アクア
【Open Library】今回はOpen Libraryのもので再読。うちのワンコもそろそろお風呂に入ってもらわないと……。冬場はかわいそうかなとつい思ってしまうのですけれど。
が「ナイス!」と言っています。
アクア
【Open Library】Biscuitシリーズもいつの間にかたくさん読めるようになっていました。犬好きな方にはもちろん、多読初心者にも向いている絵本です。
が「ナイス!」と言っています。
アクア
【Open Library】邦題『パディントンのにわつくり』、絵はフレッド・バンベリーさん。こういう庭づくりなら小さい子でも楽しめそう。パディントンのようにお金をあまりかけずにというのもよいかもしれません。パディントンと庭のお話は別に2種類の絵本が出ているようなので、読み比べてみようと思います。
が「ナイス!」と言っています。
アクア
【Open Library】フィリパ・ピアスのリトールド版『美女と野獣』。登場人物たちの心の動きはあまり書き込まれていませんが、読みやすくまとめられています。
アクア
2018/12/27 22:27

イベント「祝・生誕100年―フィリパ・ピアスとローズマリ・サトクリフを読む(2019-2020)」の詳細はこちら→https://bookmeter.com/events/5894

が「ナイス!」と言っています。
アクア
【Open Library】著者名にPhilippa Pearceと書いてあるサイトがいくつかあるのに、作中ではお名前を発見できませんでした。この本のうさぎたちの元ネタはRoyal DoultonのBunnykins(バニキンズ)だそうです。
が「ナイス!」と言っています。
アクア
【Open Library】フレッド・バンベリーさんがイラストを描いた絵本シリーズの1冊目。novels版よりお話がずいぶんシンプルになっています。昨年の展覧会(「くまのパディントン展」)ではバンベリーさんの絵がたくさん並んでいたのを懐かしく思い出しました。
が「ナイス!」と言っています。
アクア
【Open Library】「きよしこの夜」の英語詩にSusan Jeffersさんが絵をつけたもの。聖夜にふさわしい絵本です。
が「ナイス!」と言っています。
アクア
イベントに向けて再読。子どもの心の動きと共に、夜という不思議な時間についても書かれています。
アクア
2018/12/24 23:23

イベント「祝・生誕100年―フィリパ・ピアスとローズマリ・サトクリフを読む(2019-2020)」の詳細はこちら→https://bookmeter.com/events/5894

が「ナイス!」と言っています。
アクア
【Open Library】再読。クリスマス・イヴから始まる素敵な物語。うちのワンコが今夜McDuffのように吠えていたら、私も外をのぞいてみようと思います。
アクア
2018/12/24 21:04

オンラインで読めるMcDuffシリーズをまとめています。http://blog.livedoor.jp/aqualona/archives/cat_129911.html

が「ナイス!」と言っています。
アクア
【Open Library】ジャック・ケント版との読み比べと思って読んだものの、内容にはずいぶん違いがありました。ねことねずみの関係が面白かったです。最後はそうこなくては。
が「ナイス!」と言っています。
アクア
【Open Library】こちらは邦訳を先に読んでいました。英語版はテンポがよい。すらすら読めます。邦題『ふとっちょねこ』
アクア
2018/12/24 20:27

オンラインで読めるジャック・ケントさんの本を少しずつまとめています。http://blog.livedoor.jp/aqualona/archives/27461322.html

が「ナイス!」と言っています。
アクア
【Open Library】久しぶりのパディントン絵本。Open Libraryを検索してみたところ、読めるものが増えていました。少しずつブログにまとめていこうと思っています。こちらはD.マッキー絵『パディントンのてんらんかい』(アリス館)と同じ内容かと思いますが、やや記憶があやしいです。理論社さん、そろそろこちらも翻訳出版してください。
が「ナイス!」と言っています。
アクア
サトクリフ作品は読むと(臨場感があり過ぎて)どっと疲れるので、まずは読みやすそうなこの絵本から(こちらもイベントに向けて)。翼のある竜が飛び立たないのはどうしてなのかとつい深読みしてしまいました(首輪についても)。とはいえ、自分の本来生きるはずではない場所で過ごすことになったとしても、彼らが幸福なのは本当ですので、それはそれでよいのかなとも思います。
アクア
2018/12/23 20:56

イベント「祝・生誕100年―フィリパ・ピアスとローズマリ・サトクリフを読む(2019-2020)」の詳細はこちら→https://bookmeter.com/events/5894

が「ナイス!」と言っています。
アクア
来年から始まるイベントのために少しずつ読んでいます(主催者ですので少しは読んでおかねば)。もともと好きな作家さんということもあり、どっぷりと作品世界にひたることができました。作品の舞台はピアスの愛した自然豊かな故郷。スマートフォンが小さいころから身近にあり、田舎に住んでいてもすぐさま世界中につながるような世界でも、手の届く範囲は子どもたちにとって今も昔もそれほど変わらないはず。共感を持って読んでもらえるのでは思います。
アクア
2018/12/23 20:39

イベント「祝・生誕100年―フィリパ・ピアスとローズマリ・サトクリフを読む(2019-2020)」の詳細はこちら→https://bookmeter.com/events/5894

が「ナイス!」と言っています。
アクア
ネタバレ【Open Library】文章はジェームズ・ヘリオット(ドクター・ヘリオット)、絵はルース・ブラウン。お気に入りのルース・ブラウンさんの絵をたっぷり楽しむことができました。どこにでも生き物を大事にしない人はいるのですよね。最後がハッピーエンドで本当によかった。犬好きな方には特におすすめです。
が「ナイス!」と言っています。
アクア
【Open Library】三つのお話の舞台はデンマーク、主人公はすべてfoolsih fellow。ジャック・ケントさんののんびりとした絵柄にぴったり合っています。
アクア
2018/12/23 15:20

ジャック・ケントさんのオンラインで読める絵本(無料)もまとめ中です。http://blog.livedoor.jp/aqualona/archives/cat_382186.html

が「ナイス!」と言っています。
アクア
ネタバレ【Open Library】ユーモアたっぷりのお話でした。クリスマス絵本としても楽しめます。
が「ナイス!」と言っています。
アクア
【Open Library】今の季節に読むのにぴったりの絵本。Corduroyがとても大事なことを教えてくれます。
が「ナイス!」と言っています。
アクア
【Open Library】いつかは手元にほしいお気に入りの1冊です。金の指輪はいくつもらってもいいのね!と突っ込みつつ読了しました。毎回楽しめます。男女逆転バージョンがあっても面白そうです。
アクア
2018/12/20 22:45
が「ナイス!」と言っています。
アクア
ちょっと無理があるかなと思うものもあったが、見開きページの中で幾つか知っている単語があればその2ページの他の単語へと応用するコツが掴めたように思います。個人的には「語源メモ」に時々あった意味の広がっていく流れをもっと書いてほしかったです。
が「ナイス!」と言っています。
アクア
【Open Library】Ruth Brownさんの犬が主人公の絵本。ある程度実話に基づいたお話のようです。こちらも訳本がありません。日本人好みのお話だと思うのですが……。Open Libraryには他にもいくつかこのグレーフライアーズ・ボビーのお話があるので読み比べてみます。
が「ナイス!」と言っています。
アクア
Audibleで最初に聞き終わったのがこの本というのが、私の最近の精神状態をそのまま表しているようで苦笑するしかありません。行きつ戻りつ2回ほど聞いたあとでは、自分の置かれた状況の中でもいろいろと新しいことをやっていけるのかなという気にはなっています。とりあえず、美術関連方面に仕事を持っていきたいです。
が「ナイス!」と言っています。
アクア
地下になぜにんじんが?などと考えず、ワイスガードの可愛らしい絵を素直に楽しんだ方がよさそう。イースターエッグとぼうしのページが特にいいです。原著は1950年発行、G&D Vintage版が最近出されたようです。昔のロシア絵本の趣あり。
が「ナイス!」と言っています。
アクア
【Open Library】Don Freemanさんのキャラクターに基づいた絵本。英語絵本にはこういうものが多い気がします。オリジナルの絵とはずいぶん違っているけれど(かなり可愛らしい)、読者は気にならないのかな…。
アクア
2018/12/17 23:37

くまのCorduroyシリーズもブログでまとめ中です。http://blog.livedoor.jp/aqualona/archives/23819269.html

が「ナイス!」と言っています。
アクア
朝から雨のしとしと降る日曜日に読了。我が家のワンコさんは毛布にくるまっております(寒いようです。毛のうすい犬種らしい)。犬も傘も大好きな私にはたまらない本でした。また読み返します。手元にほしいなあ……。
が「ナイス!」と言っています。
アクア
学校での効果的な実践方法を中心にまとめられています。この本にもあるように、中途半端に学校現場に採用されると「大失敗」が起きそうです。本嫌いを増やさないためにもうまく取り入れていく必要がありますね。先生たち同士のものを最初に生徒に見せるというのは本当に面白そう。興味を持ってもらえると思います。
が「ナイス!」と言っています。
アクア
【Open Library】四か国語対応のアルファベットブック。なぜこれが?という絵が多く面白かったです。少々怖い絵もあり(S、X)。H、K、P、V、W、Yは今まで見たことがないものでした。
が「ナイス!」と言っています。
アクア
ネタバレ【Open library】始まりは『A dark, dark tale』を思い出させます。どうなるかと読んでいくと、やはりオチがありました。こちらもくすりと笑えます。
が「ナイス!」と言っています。
アクア
【Open Library】お話よりもどちらかというと絵を楽しむための絵本のようです。この方の絵本にはよく猫が出てきますが、一匹一匹の特徴がよく描けています。Flossieは口元に特徴があるでしょうか。猫好きの方におすすめです。
が「ナイス!」と言っています。
アクア
【Open Library】実際に読んだのは『Our Puppy's Vacation』ですが、内容は同じだと思います(holidayがvacationになっているかもしれません)。動物はもちろんですが、岩や木の描き方がとても好みです(この本にもカエルが登場)。内容は楽しいのにどこか暗さを感じる絵に惹かれます。
が「ナイス!」と言っています。
アクア
【Open Library】なぜこんなに邦訳が少ないのか実に不思議なルース・ブラウンさんの絵本。スキャンの仕方がまずかったのか真ん中が切れているので、いつか紙の本でも読みたいです。ペーパーバック版で1冊1000円以下で買えるのなら、少しずつ揃えるのですが……。amazonでは新刊で買えるものが少なく、値段が高くなっています。
が「ナイス!」と言っています。
アクア
【Open Library】"The Twelve Days of Christmas”のバリエーション。犬好きな方に。
が「ナイス!」と言っています。
アクア
open libraryに「Lion at School」の単行本があったのでそちらで読了(後でAudibleでも聞きました)。この作者の作品にしては読みやすいと思います。英語多読初心者にもおすすめです。
アクア
2018/12/11 23:48

Lion at Schoolは以下のサイトで読めます(登録が必要です。無料)。→https://openlibrary.org/books/OL24624930M/Lion_at_school

アクア
2018/12/11 23:51

フィリパ・ピアスさんのイベントを来年から再来年にかけて開催します。イベント詳細はこちら→https://bookmeter.com/events/5894

が「ナイス!」と言っています。
アクア
【Open Library】このシリーズも人気が出なかったためか、Carl Goes Shopping しか邦訳されていないようです(邦題『カール デパートへ行く』)。子育て世代にとっては夢のようなスーパー・ナニー犬カールのお話。シリーズのほとんどはほぼ文字なし絵本なのですが、この本はめずらしく字数が多いです。
アクア
2018/12/16 10:20

無料で読めるシリーズ本の紹介はこちら。拙ブログ「(ほぼ)無料で多読生活♪」へ→http://blog.livedoor.jp/aqualona/archives/2286469.html

が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2009/08/16(3443日経過)
記録初日
2000/01/16(6943日経過)
読んだ本
10252冊(1日平均1.48冊)
読んだページ
1528450ページ(1日平均220ページ)
感想・レビュー
5998件(投稿率58.5%)
本棚
97棚
性別
外部サイト
URL/ブログ
http://blog.livedoor.jp/aqualona/
自己紹介

2019-2020イベント「祝・生誕100年―フィリパ・ピアスとローズマリ・サトクリフを読む」 https://bookmeter.com/events/5894
2021イベント「P.G. ウッドハウスを読む 祝・生誕140年」(予定)

★「長生きしたくない…」とつぶやいた同い年のいとこに、「私は読みたい本がたくさんあるのでできるだけ長生きしたい!」と言ったら、感心されました……。皆様、いかがですか?(苦笑)
以下は全作読破したい著者リスト
 ベアトリクス・ポター(手紙類以外はほぼ読んでいるはず)
 ローズマリ・サトクリフ(臨場感あふれる文章のため、まとめ読みできません。読むのによい意味でつかれます。大切に読んでいきたい作家さんです。

 P・G・ウッドハウス(この作家さんの英語がすらすら読める日がいつか来るのかな……)

読破したいシリーズ
マイケル・ボンド「くまのパディントン」シリーズ、「パンプルムース氏」シリーズ

いつか全巻揃えたい作家さん、シリーズ
Ruth Brown
Rosemary WellsのMcDuffシリーズ
Robert M. QuackenbusのHenry the Duckシリーズ
 
★今年と来年の目標(大きく変更)
 多言語学習

★英語(将来は多言語)学習のために「超越文法メール講座」(無料)受講中。有料版も受講しています。どちらも面白いです!無料の「超越文法メール講座」はこちら→http://www.mizoe.jp/cend/lp/?vid=5587

★好きな作家の未訳本を楽しめるようになりたいので、英語の本をがんばって読んでいます。以下はおすすめサイト。
・Oxford Owl(http://www.oxfordowl.co.uk/
たくさんの英語の本が無料で読めます(YL0のものから少し難しめの本まで)。登録が必要。
・Open Library(https://openlibrary.org/
オンラインや本を借りる形で、たくさんの本を読めます。YL1~2の本が特に充実。アカウントの作り方はこちら→http://bookmeter.com/c/332225/t/9297 参考までに私のアカウントで作っているリストを載せておきます。https://openlibrary.org/people/aqualona/lists

ブログで多読初期にかかる本代を抑える方法をご紹介しています。
よろしければご覧ください。
http://blog.livedoor.jp/aqualona/

★過去の主催イベント★
■第52回 海外作品読書会 (12月11&12日)
http://bookmeter.com/event/event_show.php?id=2649

■ピーターラビットの生みの親『ビアトリクス・ポター』生誕150周年記念読書会
http://bookmeter.com/event/event_show.php?id=2873

■「瀬田貞二」生誕100周年記念読書会
http://bookmeter.com/event/event_show.php?id=3211

■第2回 読メ本棚で仮想本屋を!
http://bookmeter.com/event/event_show.php?id=2722

■第1回 日本の古典を読む(2017年1月)※こちらは全12回。
https://bookmeter.com/events/3901

■追悼 マイケル・ボンドさん 「くまのパディントン」シリーズを読む
https://bookmeter.com/events/4917

■第1回 江戸時代を知る(2018年1月)※こちらは全12回。
https://bookmeter.com/events/4887

読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう