読書メーターあなたの読書量を記録・管理

7月の読書メーターまとめ

nawade
読んだ本
84
読んだページ
18266ページ
感想・レビュー
78
ナイス
764ナイス

7月に読んだ本
84

7月のお気に入られ登録
2

  • あーさん
  • しもも

7月のトップ感想・レビュー!

nawade
ネタバレ★★★★☆千尋の母親・棗は「なつ」と「めぐ」のどちらだろうと登場時に一瞬疑問に思ったが、まさかこんなオチが待っていたとは。読者がはて?と思うところまで計算に入れて、あのエピソードを考えたのだろうか?前巻で妹であることをぶち撒けた千尋。もう我慢はいらないとばかりに妹大戦勃発かと思うくらい独占欲を発揮。撫子にまで突っかかるとは大人げない。春斗は相変わらず格好良い。相生さんがここで脱落なのは勿体無い。でも、千尋の様子があれれ?しかし、千尋の暴露があんな展開を招くとは予想できなかった。千尋特製カレー食べてみたい。
が「ナイス!」と言っています。

7月のトップつぶやき!

nawade

大雨で電車が止まって、5時間半以上かけて帰ってきました。つ、疲れた~。

エディ
2018/07/06 20:36

お疲れ様。

nawade
2018/07/06 21:00

ありがとうございます。時間よりも雨と風がきつかったです。

が「ナイス!」と言っています。

7月の感想・レビュー一覧
78

nawade
★★★☆☆ 戦慄のビッチエリート家族・胡桃沢家への家庭訪問+αを描いた第2巻。あとがきが酷すぎて笑いが抑えきれない。あとがきだけでも読む価値あり。序盤からコミュ障ロケットおっぱいドM眼鏡少女がぶっ飛ばしてくれるが、胡桃沢家の面々はそれを凌ぐ。祖母・父・娘の三代、そして、それ以前の祖先から引き継がれる卓越した性技は、魔法と見分けがつかない。その父親の口から語られるビッチの性癖を活かした進路というのが斜め上だった。けど、納得。スポーツで友情を深めるような爽やかな会話をしながら、何しとんじゃい、己等は!?
nawade
2018/07/31 22:41

朝日の転校をめぐり胡桃沢一家と対決することになるが、家族愛を求める姉妹対決は感動的なシーン、手に持っているのがアレでなければ。血に飢えた性具「将棋」とか白鳥先生に刺されそう。生徒のために捨て身でここまでぶち当たれるなんて主人公は金◯先生を超える教師の鏡だ!帯に全シーン絵がついてと書いてあるが、2箇所程大事なシーンが抜けているような。

が「ナイス!」と言っています。
nawade
ネタバレ★★★☆☆ 第23回春スニーカー大賞特別賞受賞作。厨二設定が日常に反映されてしまった世界を神大戦で勝利し再編すべくポンコツ和女神・伊耶那美と共に創造神に挑むことになった稗田亜麗の戦いを描く異世界クリエイトバトルコメディ。その妄想力を見込まれてスカウトされただけに主人公が曲者過ぎますね。後半の主人公が痛い目を見るざまぁぶりが爽快!普段は暴力系ヒロイン嫌いな自分もいいぞ、もっと殴れ!と幼なじみヒロインを応援したくなりました。いや、ホント可愛いよ、麻美。にしても、スカウトしにきたにしては扱いが酷すぎませんかね?
が「ナイス!」と言っています。
nawade
試し読み感想。厨二設定が日常に反映されてしまった世界を神大戦で勝利し再編すべくポンコツ和女神・伊耶那美と共に創造神に挑むことになった稗田亜麗の戦いを描く異世界クリエイトバトルコメディ。その妄想力を見込まれてスカウトされただけに主人公が曲者過ぎますね。普段は暴力系ヒロイン嫌いな自分もいいぞ、もっと殴れ!と幼なじみヒロインを応援したくなりました。それにしても、スカウトしにきたにしては扱いが酷すぎませんかね?序盤設定は盛り込み過ぎなので却ってわかりにくくなっていたので、もう少し整理した方が良かったかも。
nawade
2018/07/31 18:07

なんで稗田阿礼の写真があるんだよ!って誰もツッコミしないの?

が「ナイス!」と言っています。
nawade
試し読み感想。散々やり込んだバグまみれのゲームによく似た異世界へ転移した主人公がバグが排除した世界でわざわざバグを再現する力を用いて、ハーレム王を目指す物語。バグを利用するというある意味本当のチート能力で下剋上する主人公であるが、バグを利用して無双するのは後付けで幾らでもできるけど、猫耳猫で訓練された読者としては、バグ利用も読者にとってフェアであってほしいと願う。バグの効果的な利用を読者が推理できる材料をきちんと提示できていることで面白さが増すのだ。真価が問われるのはここから先だ。
が「ナイス!」と言っています。
nawade
同時召喚された人間が邪神と契約して勇者と戦うことになると水樹が言っているのを見ると年月を感じますね。今じゃ、勇者とは別行動で悠々自適か無双してるのがパターンですから。Web版から書籍版になったときもフェルメニアのヒロイン度が強化されていましたが、このコミカライズの際にも更にヒロイン度が強化されていました。ついでにポンコツ度も上がっていましたが。あざといくらい可愛いじゃないか!
が「ナイス!」と言っています。
nawade
試し読み感想。なろう作品の方は読んだことはあったが全て切っていたので多分合わないだろうなと思っていたが、現代ラブコメになってもやっぱり合わなかった。まず、回りくどい地の文にイライラする。そして、やはり主人公の思考と言動が気持ち悪い。偶々有能が部員が集まったが、エキスパート達を求めると言いながら部員募集をする際にそのことに触れていないことにも違和感があった。同人ゲームは詳しくないので疑問なのだが、恋愛ノベルゲームでシナリオライターや原画家でなく、企画者が若き天才クリエイターともてはやされることってあるのか?
が「ナイス!」と言っています。
nawade
ネタバレレイが中央にスタンバってメチャクチャ格好良い表紙なんだけど、ケモミミが。なんだこれ!?新装備ブレイズメタルスケイルコートがカッコイイ。この巻の見どころはガルドランダとの激闘なんだが、新能力がそれにしても、UBMにしてはレベル低いと思っていたが、そんな秘められた能力があったとは驚きだ。それ以上に驚いたのはお前、雌だったんかい!?テレジア姫可愛いクマー。相変わらずルークが壊れた強運、それでいて頭もキレる、頼もしい相棒です。街中を歩いていると美人が目について困る。エルフだから美人なのは当たり前なんだけど。
が「ナイス!」と言っています。
nawade
円満完結。どうせなら切りよく50話で終わればいいのにと思ったが、内容に関しては個人的願望はともかく文句なしの素晴らしい展開でした。表紙の師匠が意味深でしたが、なるほど、こんな展開が待っていたとは!この巻ではラブコメのコメの部分がありませんでしたが、修羅場ではなく、女の子の意地と覚悟が丁寧に表現されていて、随所で見られるヒロイン達の切なげな表情が堪りませんでした。アンチ愛姫の自分もヘタレ愛姫が可愛いのは認めざるを得ない。両先生、お疲れ様でした。最後まで楽しませていただきました。
が「ナイス!」と言っています。
nawade
★★★☆☆ 第12回小学館ライトノベル大賞・審査員特別賞受賞作。人造の豊穣神の反乱により人類が地上から追放された世界で、小型ヘリ・静かなる女王号を操るヤブサメとモズが、東京湾海上都市で空を駆り樹竜を狩る近未来SF。曲者揃いのキャラクター。美人で苦労性で立派な軍人に思えたセキレイが徐々に黒いところを見せ始め、主人公の弱みにつけ込むキャラにまでなっていくのが面白かった。その主人公も教科書コレクターで、その凄ぇマニアックぶりに爆笑。この個性的な面々を中心とした樹竜を相手とした珍しいヘリアクションが圧巻だった。
が「ナイス!」と言っています。
nawade
試し読み感想。ラノベの世界には鈍感系主人公という者がいて、普段はそうでもないのだが、女子からの好意等、ある事に対してのみ鈍感になる主人公がいるが、本作の主人公はそれに留まらない愚鈍系主人公と言った方が良いのか、基本的な判断が脳筋な上に理解力・説明力が欠けている。そのせいなのかくどい会話が繰り返され、なかなか話が進まずストレスを感じてしまう。気になるところで終わりという体験版としてはある意味理想的な終わり方をしているのであるが、それまでの展開が遅かったので、ようやく話が動き始めたところなのに!という気分。
が「ナイス!」と言っています。
nawade
★★★☆☆Web版未読。長い闘病生活を経て退院した日に交通事故で死亡、異世界転生した琢磨の『生きているだけで丸儲け』という恩恵を受けた異世界満喫ライフ。闘病生活を経験した故の普通に生きていけるだけでいいという琢磨の謙虚な願いを敢えて曲解した創造神が与えたチートスキルで無双する話で、チートものの王道ストーリーではあるが、主人公の過去の経験が謙虚さと他人に対するいたわりの心に表れており、共感しやすい。ファーストキスはゲロの味とか微妙に王道から外してくる部分も面白いと思う。異世界転生テンプレ好きなら楽しめそう。
が「ナイス!」と言っています。
nawade
★★★☆☆王女暗殺を防ぐため刺客達を尋問しまくった前巻と違い嫉妬深い第三王女と実妹が登場するも平穏な日常、されど尋問は終わらない。既に登場人物たちの感覚がおかしくなっているのか、プレイの一種として定着しているのか、なんでもかんでも尋問すんなや!な第2巻。シスコンのマリアンヌもドン引きな性癖を持ったブラコンを拗らせたローザ、登場時はお尻ペンペン一発で陥落寸前になったローザが強靭な精神力を持っているとは片腹痛いとさえ思ったがアレンの責めも彼女にとってはご褒美にしかならない。そんな彼女にアレンがとった方策とは?
nawade
2018/07/26 08:51

妹であろうとブレずに責めまくるアレンがステキ。鼻水まで垂らすって酷い扱いガブリエラであるが、レギュラー定着が嬉しい。度重なるアレンとエルフィリアの責めに露出癖に目覚めてしまったのかと思ったが単なるポンコツさんで安心した。パジャマパーティと言いながら下着で寝る派が多くてパジャマ率が少ないのが残念というか嬉しいというか。

が「ナイス!」と言っています。
nawade
★★★☆☆ Web版未読。三次元女子への忌諱感から全生徒憧れの生徒会長からの告白を断った主人公が会長に付きまとわれるストーカー系ラブコメ。口絵を見た時、ストーカーに留まらず変態じゃねぇか!?と思ったが、本文の方では只のストーカーであった。気合の入りまくったイラストレーターの暴走で色々な液体を垂れ流したりアヘ顔を決めまくっているが、只の熱烈であけっぴろげなストーカーのレベルに留まっているので安心してほしい(ここ大事!)。
nawade
2018/07/25 21:54

生徒会メンバーはストーカー生徒会長の他に、女王様副生徒会長、毒舌ロリ書記、そして、唯一の心の癒やしどころである女神な眼鏡書記と個性豊かすぎる面々揃い。更にもう一人の軽ストーカーも惹き寄せる主人公はまっとうな恋愛を享受できるのだろうか?生徒会メンバーの悪癖に振り回され苦労しているものの、どこか生き生きとしている主人公は、心の奥底で過去の黒歴史を精算したいと思っているのかもしれない。雫だけはずっとそのままの君でいてほしい。

nawade
2018/07/25 21:54

Web版の順番で話が並んでいるので、会長の強烈なインパクトで始まったものの、大人しいエピソードで終わっており、文庫一冊としてみると物足りなさを感じる一面がある。後半にクライマックスを持ってこれるように話の順番を入れ替えた方が良かったかも。

が「ナイス!」と言っています。
nawade
銀鳳騎士団本格始動!国立機操開発研究工房と競合したお披露目を実施する人馬の騎士編を収録。数々の新型機が登場。この巻で新登場した幻晶騎士はこの後改修され更に改良された新型機へ変遷するため、活躍する期間は短いのであるが、エルが半ば趣味で開発したこれらは流れ星のごとくインパクトを残した幻晶騎士ばかりでした。中でも、エルが開発した幻晶騎士の中でも最も傾いた機体と言っても良い半人半馬の騎士・ツェンドルグのインパクトが凄かった。お披露目の場での幻晶騎士の集団戦は見応えある出来栄えでした。
が「ナイス!」と言っています。
nawade
どの食べ物が一番合うのか?という料理談義をはじめとした皆でわいがやなネタを集めた第3巻。常連同士でも、見知らぬ中同士でも、そして、犬猿の仲であってもおいしい料理を楽しむ気持ちは同じ。こだわりを持った者同士だから熱くなりがちで、語りだしたら止まらない気持ちはわかる。そんな賑やかな喧騒こそ店主にとっては何事にも勝る喜びなのだろう。漫画版はアレッタの元気一杯感が溢れていますね。
が「ナイス!」と言っています。
nawade
試し読み感想。口絵を見た時、ストーカーに留まらず変態じゃねぇか!?と思ったが、本文の方では今のところ、只のストーカーである。只の熱烈であけっぴろげなストーカーのレベルに留まっている。このまま気合の入りまくったイラストレーターの暴走で只のストーカーであってほしいなぁ。只のストーカーであってくれ!いや、頼むから只のストーカーのままでいてください!今のところ雫が癒やしなのだが、この娘も裏がないといいなぁ。目次を見る限りセーフなのだが。
が「ナイス!」と言っています。
nawade
ネタバレ試し読み感想。おそらく参考にしたであろう失格紋でさえ、出オチで後は頭の悪いテンプレ展開が続くだけなので、ましてや、設定が劣化コピーの本作では言わずもがなである。どの属性にも適性がないはずの劣等眼が魔術を使った時点で何故おかしいと疑問を持たないのだろう?肉体年齢10歳くらいの主人公がいきなり女を抱いたと目にした時はさすがにドン引きした。
が「ナイス!」と言っています。
nawade
ネタバレ六王剣、最初の敵は、納村にとって因縁の相手・鋼鞭剣ウルミの使い手・千鳥。しかし、意外とあっさり決着がついてしまった。これは月夜の指導力の賜物か?このまま虎春・月夜姉妹の代理戦争に突入してしまうのか?月夜の『自分にガッカリです。』は良かった。メアリvs聖愛の戦いは白熱。天下五剣の意地を見せて是非とも勝利してほしいところ。
が「ナイス!」と言っています。
nawade
ネタバレ美少女の涙は尊いものであるが、大安売りしてしまっては、その価値も大暴落してしまう。Twitterの人気イラストシリーズの小説化で十組の兄妹の姿をオムニバス形式でまとめたゲーム開発妹ラブコメであるが、これは構成ミス。シチュエーションは異なるもののデスマーチ>妹泣く>冷静になり問題解決と似たような展開を繰り返すため、飽きてしまうし、玲衣を代表として、そんなつまんないことで電話かけてくんなや!という気分になる。一、二組に絞り、お兄ちゃんも仕事頑張ってるからと溜めに溜めて決壊するところにこそ、尊さがあるのでは?
が「ナイス!」と言っています。
nawade
日蓮書状に描かれた対馬の惨劇がここに再現。描写の甘さに助けられた感あり。安徳天皇がキーパーソンとして登場したが、その真実は如何に?朽井迅三郎の過去も徐々に明かされてきたが、輝日姫が転ぶの早すぎない?
が「ナイス!」と言っています。
nawade
ネタバレ積読だったがアニメが面白かったので崩してみた。歴史の一大イベントのはずなのに蒙古襲来を詳細に描いた作品は少なく、自分も本作が初めてである。最初は戦知らずで平和ボケした対馬兵が弱兵かと思えたが、予想外に強かった。しかし、火薬の登場により形勢逆転。文永の役でも九州上陸までされるので、この先は暗い見通しとなるが、対馬で知り合った人々の運命は如何に?大多数は悲惨な目に遭うんだろうなぁ。敵が義経流を使うということは義経=チンギス・ハン説にのっとったストーリーなのか?
が「ナイス!」と言っています。
nawade
★★★☆☆ イピロス奪取編突入!いよいよ亮真が雌伏の時を終えて動き出す前の溜めの回。戦いとか大きなイベントはないんだけど、今後の展開を睨んだ伏線が色々と仕込まれていて地味に面白い。おそらく加筆・修正は過去最大級で新作気分で読めた。書籍版でピックアップされているクリスというキャラが今後、亮真とどう絡んでいくのか楽しみ。お爺ちゃんを起点として徐々に明らかになる組織の全貌。組織がオルトメア帝国の建国に尽力したのにしては裏大地の人間を見下しているのは、それほど上手く偽装しているから?
が「ナイス!」と言っています。
nawade
ネタバレ★★★★☆ セリカが表紙に登場ということで否が応でも期待が膨らむ12巻。極寒のスノリア旅行でセリカの秘密の一端が明らかになる大事な巻でした。雪合戦でノリノリで魔王化して大人げなく大暴れしたり、何時にも増してハイテンションで暴走気味なセリカの前ではグレンが真人間に見える不思議。魔力容量が制限され最盛期の実力を発揮できないクソ師匠と彼女を支えるバカ弟子のタッグが熱い。二人を支援する教え子たちの成長も素晴らしい。セリカのラスボスフラグが着々と立っているかに見えるが、グレンらしく、そんなお約束はぶっ潰してほしい。
が「ナイス!」と言っています。
nawade
★★★☆☆ 校内一陽キャラな女子・陽奈から告白された陰キャラ・静紀が戸惑い流されながら交際する異文化コミュニケーションラブコメ。こういう美少女から影キャラが告白される物語って、なんで好きになったのか?という納得できる理由が大事だと思う。その辺を気にせず、周囲へのガードも緩い静紀は影キャラとしてどうなの?と導入部の不自然さが目立った。ただ、陽キャラのくせに空気を読まずグイグイ攻めてくる陽奈の振る舞いや、陽キャラの意識と陰キャラの意識のすれ違いを描いていた点は面白かった。
nawade
2018/07/21 11:40

陽奈が静紀を好きになった理由は後半明かされるが、それだけの理由で静紀 を好きになり、静紀のこともよく知らないのに結婚まで考えているのはやはりおかしい。 むしろ、アダルトグッズ事業を手伝う話をメインで書いた方が面白いんじゃないか? スイパラって常に流行を意識してファッションを選んでいる女性が客層な店だったっけ?

が「ナイス!」と言っています。
nawade
ネタバレ★★★☆☆ 「生徒会の一存」シリーズ10周年を記念して発売されたBD購入特典、店舗特典やファンタジア騎士団キャンペーン等入手難易度が高い超レア短編と書き下ろしをまとめた外伝第9弾。色々なエピソードが詰め込まれていますが、とにかくこのノリが懐かしい。そんな中でもヤンデレ火神vs幼馴染にして自称正妻・飛鳥の絡みがヤバかった。ゲーマーズ!とのコラボレーションも期待していたが、すれ違っただけだった。それでも話として成立しているから凄いといえば凄い。
が「ナイス!」と言っています。
nawade
★★★☆☆ Web版未読。ファザコンの姉、反抗期の妹、そして、アラサーの父との親子ラブコメ。オンボロ女子寮の管理人をすることになった親子三人の日常を淡々と描いた物語であるが、飲ん兵衛のFカップエロマンガ先生をはじめとして個性派揃いのキャラが揃っているので何かと騒がしい。 主人公たる父親は自分は常識人たるふるまいをしているつもりだけど、アンタも大概おかしいからね!読み口の軽さを意識したのか一文を短く区切っており、白さが目立つサクッとした読み心地。書き下ろしで身体測定エピソードを追加している模様。
nawade
2018/07/21 08:20

”胸の谷間に挟まった酒瓶の飲み口がヒドく卑猥”との文章があったが、読んでいる時はピンとこなかったが、イラストになると確かに大層なインパクトがあった。

が「ナイス!」と言っています。
nawade
★★★☆☆ 11人の候補達が1つの玉座をかけて競い合う中に異分子たる凜太朗が飛び込むところから始まる現代に蘇る新たなるアーサー王伝説。アーサー王伝説の原点に触れ刺激を受けた作者が羊太郎としての王道・ ロクでなしと、理想の王の歩む道という2つの王道を追求した新シリーズ。最弱の王と評価される瑠奈だが、サブタイが表す通り最弱というよりも最クズ。しかし、一見クズな言動の影に大器の片鱗を伺わせるキャラ、そんな彼女の王としての資質に唯我独尊な凜太朗がツンデレしちゃうところにニヤニヤ。最弱ヘタレ騎士ケイ卿が不憫可愛い。
nawade
2018/07/21 01:14

モルガンの正体が意外でびっくりした。

が「ナイス!」と言っています。
nawade
美樹登場編完結。原作の海坊主の美樹への想いの吐露から始まる名シーンが沙織のドジにより台無しになるも、更なる名シーンとして蘇った。このシーンを変更することは作者にとっても恐れがあったと思うが原作の良さを消化して、見事に昇華していると思った。次なるエピソードは人の心が読める沙羅が登場。正体バレを恐れる沙織だが最後まで隠し通せるか?それにしても、沙織が段々と美少女になっていってるように見えるけど気のせいか?
が「ナイス!」と言っています。
nawade
アラフォー女性が電車事故に出会い、高校生まで若返りシティハンターの世界に転生する話。どこかで見たようなキャラがゲスト登場する麻雀漫画・3年B組一八先生で話題の作者が執筆。シティハンターの大ファンである女性が主人公、更に漫画の内容を覚えているということは未来がわかるということで、彼女の介入により微妙に変化しつつ進行する少しだけ違ったシティハンターの世界、原作の雰囲気は再現されているので違和感なく楽しめる。しかし、当然、エンジェル・ハートも知っているだろうに意識しないのはパラレルワールドと割り切っているのか?
nawade
2018/07/20 07:04

インタビュー記事で「香も当時の少年読者からは全く不人気だったと言われています」との記載があったが、やっぱりそうだったんだ。自分も嫌いでした。この漫画では美化?されている香にちょっと違和感。

が「ナイス!」と言っています。
nawade
試し読み感想。ロクでなしの作者が描く新シリーズ。11人のアーサー王候補達が1つの玉座をかけて競い合う中に異分子たる主人公が飛び込むところから始まる現代に蘇る新たなるアーサー王伝説。最弱の王と評価される瑠奈だが、所感としては最弱というよりも最クズ。大物なのか大馬鹿者なのか判断に苦慮するところではあるが、両方を兼ね備えた人物というところが正解なのかもしれない。故になおさら質が悪い。そんな最弱陣営にあえて与しようとする凜太朗の正体が何なのか気になるところ。
が「ナイス!」と言っています。
nawade
★★★☆☆あるエロゲーのプレイヤーが大量失踪する事件が発生、事件解決のためにゲームの世界に侵入する本当の意味でエロゲーの世界へようこそな第3巻。エロゲーに侵入という時点で想像がつくだろうが、エロに関しては過去最大の量と質。普段つれない態度を取る女性陣からの甘い誘惑、こんなの我慢できんでしょう!濡れそぼるような容貌とエロい身体を持つお嬢様キャラ・小日向先輩も登場。男性恐怖症と圧迫教育により心の檻に囚われたお嬢様を助け出せ!と書くと格好良いが実態は。。。女王様資質を開花しつつある彼女の今後の活躍が楽しみです。
が「ナイス!」と言っています。
nawade
ネタバレ★★★★☆千尋の母親・棗は「なつ」と「めぐ」のどちらだろうと登場時に一瞬疑問に思ったが、まさかこんなオチが待っていたとは。読者がはて?と思うところまで計算に入れて、あのエピソードを考えたのだろうか?前巻で妹であることをぶち撒けた千尋。もう我慢はいらないとばかりに妹大戦勃発かと思うくらい独占欲を発揮。撫子にまで突っかかるとは大人げない。春斗は相変わらず格好良い。相生さんがここで脱落なのは勿体無い。でも、千尋の様子があれれ?しかし、千尋の暴露があんな展開を招くとは予想できなかった。千尋特製カレー食べてみたい。
が「ナイス!」と言っています。
nawade
試し読み感想。人造の豊穣神・ユグドラシルの反乱により人類が地上から追放された世界で、小型ヘリ・静かなる女王号を操るヤブサメとモズが、東京湾海上都市で空を駆り樹竜を狩る近未来SF。曲者ぞろいのキャラクター。美人で苦労性で立派な軍人に思えたセキレイが徐々に黒いところを見せ始め、主人公の弱みにつけ込むキャラにまでなっていくのが面白かった。その主人公も教科書コレクターで、その凄ぇマニアックぶりに爆笑してしまう。この個性的な面々が挑む調査作戦でどのような展開が待っているか楽しみである。
が「ナイス!」と言っています。
nawade
これから魔王モードが加速していくかと思っていたが、有言実行してる。魔王モードって、綾乃流のゾーンなのだろうか?「全力で叩いても全く問題ない相手」って、優しくなりたいと願いつつも、なかなか簡単には変われないですよね。
が「ナイス!」と言っています。
nawade
ネタバレ9巻のラストの流れ的に時間が飛んで新体制で次の大会に臨むところから始まるかと勘違いしていたが、そうだ全国大会個人戦が残ってたんだ。なんかコニーまでやばい目になってるんだけど、家族の絆を取り戻す鍵はコニーだと思ってたんだが、大丈夫か?全国大会といえど綾乃がここまで苦戦するとは、本当に弱くなっているの?
が「ナイス!」と言っています。
nawade
ネタバレなんか8巻の最後の方で盛り上げてたけど、橋詰は心の弱さを克服できず。泉の心の強さの前に敗北。薫子が突きつける己の真実の姿。どんな相手に対してもリスペクトを持つが悪い方向に、本当に優しくなれるの?吹っ切れた綾乃が驚きの行動に。結局、忠告されていたけど立花コーチは行動が遅かったね。お母さんは自業自得だけど、天才でないことを突きつけられた綾乃は何処に行く?7巻の頃から傾向が出ていたけど、面長だった顔の作りが変化。口元の辺りの違和感が拭えない。
が「ナイス!」と言っています。
nawade
羽咲がチームのためを思い橋詰を追い詰めるが、その技術を盗んで敵に塩を送る展開が待っているのかと思えば、そんなことはなかった。C特待生・重盛の大局観と試合に対する姿勢が熱くさせる。 ”競技へのリスペクトを持て”…格好良い!
が「ナイス!」と言っています。
nawade
ネタバレおお、、、凄い試合だった。膝の故障で団体戦を欠場することになった荒垣。動揺するチームに藤沢が代理出場の決意を。立花コーチの采配で横浜翔栄高校戦突破できるか?
が「ナイス!」と言っています。
nawade
エサか、、、打ち込まれているのに、なんて良い表情するんだ、羽咲。荒垣の勝利への執念は通じるのか?
が「ナイス!」と言っています。
nawade
荒垣、精神的に追い詰められてるかと思っていたが、意外とタフだった。逗子総合高校のコーチがウザすぎる。集中できるかよ!そもそもインプレー中のあれってルール違反じゃないの?それが、、、試合後に綺麗になりすぎだろ!?荒垣と立花コーチの関係イイネ!羽咲の荒垣を見る目が同じチームメイトを見る目じゃない。こちらの世界を選んで帰ってきたのに、なんでそんなことになってるの?ゲームの組み立てに目覚めた荒垣の成長に期待。
が「ナイス!」と言っています。
nawade
ネタバレバドミントン競技人口約900万人ってマジ?確かに日本国内で競技人口が5番目に多いスポーツという記事もあるけど、競技者をどこまで含めてるんだ?3巻後半くらいから絵柄が萌え路線からハード路線に大きくシフトしつつあるが、その分、試合のハードさが伝わってくる。黒く甘い誘惑から綾乃が踏みとどまってくれてよかった。って、この爺さん、コニー絡みなの!?その感情が見えない表情の内に綾乃に対してどんな感情が潜んでいるんだ?大人ぶってるコニーも志波姫の前では掌の上。家族が出来てよかったね。しかし、有千夏が全部悪い確定だね。
が「ナイス!」と言っています。
nawade
★★★★☆ 順風満帆に嫁とのイチャイチャ生活を楽しむ主人公に魔王サミエルから敵対者の捕縛依頼がくるが、立ちふさがったのは天翼種の天才女剣士たる前世の元カノ。天敵魔王とヤンデレ嫁の圧力にさらされつつ彼の選んだ選択は?相変わらずどこかとぼけた感じで進行するストーリーが面白い。前世の元カノだけではなく、娘モドキも登場し、嫁とのイチャコラ生活がどこまで維持できるのか? 他のWeb小説では無視されがちな天翼種の生態もきっちり描写されているところも良い。嫁がパンツの穿き方を忘れるとか、どんだけ爛れた生活を送ってるの?
が「ナイス!」と言っています。
nawade
★★★★☆ 第2回カクヨムWeb小説コンテスト異世界ファンタジー部門特別賞受賞作。Web版未読。処女厨厳禁。異世界に転生した主人公が持ち前の頭脳を活かして天才魔法使いとなって無双するのではなく、ひたすら嫁とイチャイチャして、偶に依頼をこなすイチャコラコメディ。天才モノは天才に見えないことが多々あるが本作の主人公は合格。友情、それおいしいの?な感じに嫁以外には非情で無関心。胃薬うめぇ~。と心労を撒き散らす。嫁は元娼婦、無駄に優秀なお姉ちゃん受付嬢、ライバル?の行末等、微妙にテンプレを外しつつの進行が面白い。
が「ナイス!」と言っています。
nawade
アニメよりキャラクターの深掘りがされていますね。サイレンススズカが優しいお姉さんキャラだけでなかったり、オグリキャップが恥ずかしがり屋だったり、大なり小なりのギャップが面白いですね。その分、進行が遅いのですが、致し方なしです。レースにたどり着くまで後どの位かかるのでしょうか?アニメではあまり描かれなかったスピカ以外のウマ娘にもフォーカスした内容であってほしいですね。
が「ナイス!」と言っています。
nawade
これは素晴らしいラブコメ。個性豊かな面々が恋愛を数値で証明しようとする着眼点が面白い。真顔でなにやってんだよ!と全力でツッコミたくなるが周囲にそれを素直にツッコむ人間がいないので二人の暴走が止まらない。真顔でぷるぷるしちゃったり、後から自分が何をしたのか気づき羞恥に悶える表情が実に可愛らしい。
が「ナイス!」と言っています。
nawade
★★★☆☆ なろうじみたタイトルではあるが、中身はタイトルからは予想もつかぬガチで異色でかつSF色の強いVRMMOもの。この世界の住人たちはこの世界がゲームだと知っているが、ゲームとはプレイヤーとは何かを知らない捻くれた設定が効いている。随所にSAOの影響を受けたのではないかと思われる箇所が見受けられるが、作者独自の解釈と自分ならあの設定をこう活かすという意欲を感じ取れた。若干のクドさと読み難さはあるが興味深い内容であった。自由奔放さと老獪さを兼ね備えた80代の爺さんが主人公の武侠小説としての側面もあり。
が「ナイス!」と言っています。
nawade
★★★★☆ Web版既読。この小説は阿倍野輝夜というマジで意味わかんない面倒くさい美少女を愛でる小説である。異世界から帰ってきた勇者が現代で無双したりもするが、それは些末なことなのである。一見、品行方正、文武両道だが、実態は毒舌家で粘着体質、処女ビッチ、メンヘラ、意地っ張りなFカップ超美少女。戦場ヶ原ひたぎを更に過激に、そしてビッチしたような、キャラ濃すぎでマジパネェ阿倍野先輩は強烈に賛否が分かれそうなキャラであるが自分大好物です。
nawade
2018/07/14 10:47

”異能バトル系美少女をビシバシ調教することに!?”とサブタイトルがついているが、これはタイトル詐欺でどちらかというと、主人公が精神汚染を降り注がれてる最中なので注意が必要だ。

nawade
2018/07/14 10:53

ちなみに阿倍野輝夜目的で購入したアニメイトの特典は作者が究極ネタバレSSと盛大にうたっていた割にはネタバレしてなかった。

が「ナイス!」と言っています。
nawade
★★★☆☆ 転校生ヒイラギがライバル・ツバキと体育祭で屋台勝負。ある思惑を持って敗色濃厚なヒイラギ陣営についたジョーロの野望は成就されるのかという第九巻。新ヒロイン・ヒイラギは人見知りでビビリな残念ヒロイン。そんな彼女を盛り立てていこうとするジョーロと仲間達が実に青春している。クライマックスで普段は素直になれないジョーロとパンジーの信頼関係が見れて大満足。しかし、彼女の油断ならない性格を忘れていたのは、ある意味彼女への信頼が足りない。そんなヒイラギにアホの子扱いされるゲスアホ女・たんぽぽとは一体!?
が「ナイス!」と言っています。
nawade
★★★☆☆ 一年ぶりの新刊。婚約してしまったマサムネに対するムラマサ先輩の起死回生の一手。それは自分の恋心を綴った恋愛小説。このエロくてキュンキュンする小説完成のためにお嬢様学校の文化祭に向かったマサムネ達が見たムラマサ先輩の素顔が意外で、かつ、眩しくて、ホント、皆に愛されてるなぁって感じでした。彼女の親友の鈴音さんが曲者で、お嬢様なのに濃すぎる。この巻だけのキャラにするのは勿体無い。 シスター風衣装をまとったエルフが可愛すぎる。
が「ナイス!」と言っています。
nawade
★★★★★ 錬魔の剣聖と呼ばれる謎めいた少年が転校してくるところから始まる第二章《魔剣大会編》。彼の正体は?そして、魔王を騙るアヴォス・ディルヘヴィアの正体は?という大きな謎を抱えて進行する、この第二章と続く第三章の一連のエピソードは現在公開されている九章の中で個人的に一番好きな話。魅力的な謎、アノスを襲う二千年前から仕組まれた二重三重の罠、熱く語られる友情と親子の愛、非常に練られた構成で、武術で言う心技体揃った至高のエピソードなのだ。最終的にアノスが勝つと分かっているのに手に汗握る展開に拍手!
nawade
2018/07/11 00:56

そして、ついに、ついに奴らが動き始める!口にだすのもはばかられるファンユニオン。物語をカオスに突き落とす彼女達の暴走はこれからだ!

nawade
2018/07/11 01:08

【馬鹿・・・愛情の裏返しの意味を持つ。連呼すればするほど「愛しい」という意味になる。素直になれない人が使用する。】結果はあってるけど、サーシャの使い方は微妙に違うんだよな~。可愛くてノリが良いので好きなんだけど。

が「ナイス!」と言っています。
nawade
★★★☆☆ Web版未読。サキュバスのくせに男性恐怖症なヨミが弱点を克服するために三次元に欲情しないヤスを練習台にしようとするラブコメ。ボケとツッコミで彩られたテンポよく流れるような会話は理想的だが、本作はその対極。とにかく頭のおかしいサキュバスと二次元への愛がおかしすぎるオタクである二人の会話が噛み合わない。それでも、面白いバランス感が良い。めぐみんっぽいアホの子が好きならハマる。別口のドヤ顔サキュバスをフルボッコできたのも痛快。さすがエリートサキュバスのNTR上等!なリリィさんが上級過ぎる。
が「ナイス!」と言っています。
nawade
試し読み感想。サキュバスのくせに男性恐怖症なヨミが弱点を克服するために三次元に欲情しないヤスを練習台にしようとするラブコメ。ボケとツッコミで彩られたテンポよく流れるような会話は理想的だが、本作はその対極。とにかく頭のおかしいサキュバスと二次元への愛がおかしすぎるオタクである二人の会話が噛み合わない。それでも、面白いのだから不思議だ。ただ、ここまで拗らせるには主人公のトラウマが弱すぎる気がする。さすがエリートサキュバスのリリィさんが上級過ぎる。それにしても中途半端に切らずに2章の終わりで切れば良かったのに。
が「ナイス!」と言っています。
nawade
ネタバレ乾監督起きてんのか?と思っていたが、キレ者監督でした。まあ、名門校の監督が無能なわけないんですが。続々と披露される道塁のポテンシャル。アンダースローだけでなくオーバースローまで投げられるとは、なんと器用な選手なのか。それを打ち崩す光も凄い。アンディの安定感も頼もしい。 眉村弟、姉とはいえそこどつくなw
が「ナイス!」と言っています。
nawade
光の制球力が課題の試合。吾郎のアドバイスで解決できたかに思えたが、眉村弟にあっさりと見破られる。今更だけど普段は普通に投げて眉村姉弟にだけワンポイントで使えばよかったのでは?チェンジアップって変化球扱いなんだ。知らなかった。窮地の中で勇気を知った光、マジ主人公。姉ちゃん言ってることキツイけど、愛情こもってるのわかるなぁ。
が「ナイス!」と言っています。
nawade
ネタバレ卜部を先発から外すなんて、さすがに可哀相。監督もここまでチームを支えてきた卜部の想いを汲み取ってあげてもよかったのに。そんな卜部の退部騒ぎだったが、姉ちゃんのおかげで円満解決。卜部チョロいw 水着でバントって、何気に漫画で初シチュエーションじゃね?それにしても、姉ちゃんが一番ヒロインしてるよなぁ。ビジュアルも一番いいし。卜部を励ます大吾もいい性格してるよ。 道塁わざとらしいけど、ファンなら仕方ない。 まさかのメガネトラブルだが、なんとか解決してよかった。
が「ナイス!」と言っています。
nawade
ネタバレ田代監督よく見てるな。正直、監督としての力量には疑問があったが、さすが元キャッチャー。 光が格好良すぎて笑いが溢れた。 眉村二世も登場。しかも、双子。黄金の眉村世代って、眉村が一番活躍したってこと?メジャーで本塁打王になった佐藤より活躍してるって想像ができん。
が「ナイス!」と言っています。
nawade
ネタバレ悪人顔だから誤解しちゃってたけど卜部も野球に真摯で勝利に拘っているからの態度だったんだなぁ。それだけに大吾を信頼してくれたのは嬉しかった。 2回戦の相手は吾郎の友人でありライバルでもあった小森が監督のチーム。 基本動作はできるようになったものの、経験値が足りない大吾は小森のスモールベースボールに欠点を丸裸にされる。駆け引き読み合いが入ってぐんと面白くなってきた5巻でした。 素人目には寿也の指導が的確すぎるけど、これだけの指導は何割のコーチができるのだろう?
が「ナイス!」と言っています。
nawade
ファインプレーしたり、ミスしたり大吾も忙しいなぁ。アクシデントで早くも光とのバッテリーが実現したが、大吾のエラーが起点になってるから素直に喜べない。 アンディ、いいヤツだった。
が「ナイス!」と言っています。
nawade
なぜかちょこちょこと入る泉のシャワーシーン。泉が成長したのか作者が成長したのか段々と色っぽくなってる。しっかり者だと思っていた光も小学生なんだね。
が「ナイス!」と言っています。
nawade
光は小学生とは思えないくらい人生悟ってますよね。人の動かし方とか押さえてるなんて末恐ろしい小学生だ。 あの清水が四十肩!面白すぎる。 佐藤寿也が本格登場。前シリーズでも一番好きなキャラだったので嬉しい。
が「ナイス!」と言っています。
nawade
前シリーズMAJORは茂野吾郎の自己中心なところと聖秀学院高校編の強引すぎる展開に冷めてしまって、好きになれなかった。才能を受け継げなかった茂野二世が主役になった本シリーズは前シリーズで捨て去ったものを拾ってくれそうで期待している。高校編では茂野&佐藤のバッテリーが甲子園目指して頑張る姿を今度こそ見たいものだ。アニメから入ってると、この時点の光のビジュアルはクールすぎて違和感あるね。
が「ナイス!」と言っています。
nawade
県予選開始。綾乃の過去が明かされ、メンタルの弱さも克服し?、中盤から作品の雰囲気がガラッと変わってしまいました。なる程、アニメはこちらのトーンに合わせていたのね。薫子さんは高慢なお嬢様キャラという最初の印象と違って、繊細でクレバーなプレイをするタイプで好印象、単なる噛ませ犬で終わらずに、ここから意地を見せて挽回してほしい。
が「ナイス!」と言っています。
nawade
画力に関しては文句なしに素晴らしい。女の子が可愛いだけでなくアクションシーンも迫力があって華がある。しかし、ストーリーが熱血とぽわわんが混ざり合ってカオス。そういう意味で綾乃が浮いてるんだよなぁ。自分ならこんなのに負けたら耐えきれないよ。なぎさはよく頑張った。コーチとの対戦は名シーン。松川記者が伝えたかったのは本当にこういうことだったのか?
が「ナイス!」と言っています。
nawade
弟LOVEなエロかわお姉ちゃんとの癒しコメディだそうだが、お姉ちゃんのガードがガバガバゆるゆるすぎて、自分の趣味じゃなかった。もう少し微妙なラインを攻めてほしかったかな。弟の性格がガキすぎるのもちょっと。二宮姉妹が主役の方が面白かったかも。
が「ナイス!」と言っています。
nawade
今までで一番シリアスな巻だったかも。 ルーミがなんか感動的なことを言った気もするが、その後の濃厚発情シーンでぶっ飛んでしまった。トライデントの1人ティアはクールで無表情に見えるがエビの舞を見せてくれたり、身体の一部が表情豊かでギャップがあって面白いキャラですね。だが、一番ギャップが会ったのは発情時ですが。今までで一番良かったかも。ヨータが大義名分大義名分と言いながら、いきなり変心しても仕方ない。
が「ナイス!」と言っています。
nawade
「デスアイランド」オーディションに挑んだ夜凪だが、現実的にありえないシチュエーション故にお約束も理解できず状況に合わせられない。それは周囲を巻き込み混乱をもたらす。共感する者、反発する者、誰もが彼女を意識する中、一人、映画をコントロールする孤高の天才・千世子。正反対に見えて、ある意味同質な二人がぶつかり合う次巻が楽しみだ。監督の狙い通りに千世子の壁を崩せるか? 2巻、3巻連続刊行が不吉だが、アンケート順位も上がってきたし、新章も始まったし、大丈夫だよね
が「ナイス!」と言っています。
nawade
呪物を取り込み世界の裏側を知ってしまった高校生・虎杖が類稀な身体能力を駆使して鈍いと戦うバトル漫画。シャープさとおどろおどろしさが両立したデザインとよく練られた世界観で新人らしからぬ安定感と大器を感じ取れる。そして、エッジが利いた台詞回しに痺れる。ヒロインの野薔薇が他の漫画で見たことがない位、独創的なキャラに仕上がっている。強烈な個性を持つ故、好き嫌いが分かれそうであるが面白いキャラだ。1巻から容赦ないストーリー展開で魅せてくれるが、不吉な文言が記されたこの事件の結末はどう落ち着くのだろう?
が「ナイス!」と言っています。
nawade
10万年前の人類滅亡の原因を突き止め、ループの破滅を食い止める冒険考古学ファンタジー。考古学をテーマにしているが途中から未来遺物争奪戦というアクション重視な展開に。設定に関してはツッコミどころ満載だが勢い重視の少年漫画ということで流しましょう。前作ではみなとというヒロインが光ってましたが、未来はどこまで頑張れるのか?とりあえず、ふとももを始めとした露出は頑張ってて、この角度からからパンチラするはずなのにしない。この一部読者には人類滅亡の秘密より気になる、未来のパンツ穿いてるの?問題に巻末で触れてて笑った。
が「ナイス!」と言っています。
nawade
ネタバレなにげない日常描写の中、徐々に明かされる春野の過去と浮き上がる春野家の歪さ。春野弟嫁が乳癌手術に臨む前のエピドードが生々しくて心に突き刺さった。橘浩二により誘導される警察の前に今真実が明かされようとしている。Endが誰なのか種明かし直前で推理する最後のタイミング。衝撃の展開が待つ6巻発売を前に読み直すなら今!不吉な予感を苛まれ次巻を待つ読者には過酷すぎる数ヶ月となるだろう。(自分はジャンプ+で読書済み)恭司、さすがに酷すぎ!
が「ナイス!」と言っています。
nawade
ネタバレ電子限定イラスト集つき特別版を購入。消息を絶ったウイルス研究者が関わっていたという廃病院に潜入する怜人達。これを切っ掛けに物語が大きく動く!うさんくさい美人外人の正体にびっくり。怪しげな日本語は油断させるため?一方、慶門市立西高校では不必要なまでに花蓮が翔太の周囲の女性を煽り立て、不穏な空気が流れ始める。彼女は愉快犯なのか別に目的があるのか?プレイはより不謹慎により過激に、僕らの土井ちゃんが汚れていく。
が「ナイス!」と言っています。
nawade
ネタバレ成幸と文乃が旅館から出る写真がインスタに。拡散する前に犯人捜しを急ぐ文乃と成幸。追い詰められた文乃がやばかった。普段おとなしい分、怒らせたら駄目なタイプですね。メイド家事代行サービスなのに男が訪問して良いのか?男性が依頼していたら怒るんじゃない?愛してるゲームの罰ゲームのオチはお約束。いつもおいしいところを持っていきますね、桐須先生。心に棚を作る見事な例を見せてくれました。 緒方は美容院で変わりすぎでしょ、ウィッグまで用意するとは美容師さん気合い入れすぎでしょ。照れて唐突に準備運動を始めるうるかが可愛い。
が「ナイス!」と言っています。
nawade
ネタバレ30巻という区切りの良い巻で連隊食戟、そして、長かった薊政権との戦いが決着!(章としては後少し残っているけど)正直、司瑛士に勝利するイメージが抱けなかったのだが、創真の奇策が炸裂!思わずなる程と頷いてしまった。創真とえりな、噛み合わない二人を最後に結びつけたのは創真の全方位挑発。対戦相手だけに留まらず、えりなにまで食戟を挑み、ただひたすら勝利という道標に邁進する姿が熱かった。セオリー無視の挑発にゲソピーで意趣返しするえりなが創真のライバルとして、そして、パートナーとして最高に光っていて魅せられた。
が「ナイス!」と言っています。
nawade
先行でアニメを見ていたから、あのドシリアスな雰囲気と違うほんわかな雰囲気で驚いた。コニーさん、綺麗で強くて優しくて最高!と思ってたが、あれれ!?最後に志波姫さんがおいしいところを持ってった。のり子はアニメでは出番をカットされたのか? 電子書籍特典なのかもしれないが新装版【パジャマな彼女。】を収録していて285pという大ボリュームで驚いた。
が「ナイス!」と言っています。
nawade
ネタバレ★★★☆☆ Web版未読。復讐の代行を条件に異世界召喚で生を繋いだ主人公が隠密スキルを駆使して見知らぬ世界で生き抜く話。デビューから10年経つ作家だけになろう系小説でも設定がしっかりしていて読み易い。最近は召喚の経緯を省くことも多いが、そこをきっちり描き本編のその後の展開に結びつけているので、物語に入っていき易かった。ただ、誰得なヒロインが多すぎ。書き下ろしSSもあったが満点受付嬢でこれかよ?って印象。ジルの方が率直な分、マシかな。最後にまともなヒロインが登場したが、結構手が早いのね。ちょっと驚いた。
が「ナイス!」と言っています。
nawade
ネタバレ★★★★☆ ドジっ子ステイを売り払った代金で新たに傭兵二人を雇い上機嫌なアレスを襲う新たな頭痛の種、それは人魚アーマー。何故アレスはあれだけ理不尽な目に振り回されながら自分の運に自信を持っていたのか?溜まりに溜まったストレスが爆発したのか、本巻のアレスは誰が魔王なのかわからないくらいの暴虐ぶりを発揮。彼に振り回されることになった最大の被害者であるヘルゴールさんにはマジ同情。サーニャも酷い扱いだったと思うんだけど、彼女の場合、ちょっと喜んでる可能性あるからなぁ?ブツブツ言いながらも良い相棒になりそう。
が「ナイス!」と言っています。
nawade
★★★☆☆第23回スニーカー大賞【春】優秀賞受賞作。人の価値が数値化された世界で、私掠官として外敵から国を守る数値が0の少年・アオが世界の命運を握る戦いに巻き込まれる近未来ファンタジー。ある意味、数値による強力なカースト制が敷かれた強烈なディストピアな世界観。前半はこの世界における主人公の特異性を理解できず馴染むことができなかったが未来からやってきた少女・モアの目的がはっきりしてから物語が加速度的に動き出し面白くなった。アオとモア、庭国存続の鍵を握る二人が滅びの道、再生の道、どの道を選択するのか興味深い。
が「ナイス!」と言っています。
nawade
★★★☆☆ 族長試練を受けるゆんゆんに付き添い紅魔の里へ向かうことになったカズマ達。あのタフなダクネスやアクアでさえ音を上げる族長試練とは!?普段はゆんゆんに対して素直になれないめぐみんの友情が描かれた巻でした。それでも、素直じゃないんですけどね。それに彼女への友情よりもカズマとのいちゃいちゃが目立っていたような気も? エクストラ3の方でも安楽少女が登場していたが、本巻でも登場。ゆんゆんがこれまで安楽少女と会ったことがないという矛盾が発生。編集さん、ちゃんとチェックしましょうね。
が「ナイス!」と言っています。
nawade
ネタバレ★★★☆☆ 第23回スニーカー大賞【春】特別賞受賞作。勇者制度を使ってオンボロ男子寮改装を目指し美少女達&バカな悪友たちと大騒ぎする学園ラブコメ。タイトル全然関係ないやん!?と思いながら読んでいたが、そうきましたか。これはやられました。昨今、悪友たちとバカ騒ぎするラノベは少なくなっているので、もう少し友人達の見せ場が欲しかった。
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2009/08/27(3282日経過)
記録初日
2000/01/01(6808日経過)
読んだ本
8669冊(1日平均1.27冊)
読んだページ
2054556ページ(1日平均301ページ)
感想・レビュー
6970件(投稿率80.4%)
本棚
60棚
性別
血液型
B型
職業
IT関係
現住所
兵庫県
外部サイト
自己紹介

ミステリーとライトノベルを愛読しています。といっても、最近はライトノベルを追いかけるのが精一杯で、ミステリーまで手が廻っていません。。。

◆好きな作家
島田荘司、三雲岳斗、貴子潤一郎

◆今お気に入りのライトノベル
□電撃文庫
 アカイロ/ロマンス、世界平和は一家団欒のあとに
□富士見ファンタジア文庫
 伝説の勇者の伝説、ハイスクールD×D5、火の国、風の国物語
□MF文庫
 銃姫、ギャルゴ!!!!!、僕は友達が少ない
□ガガガ文庫
 されど罪人は竜と踊る、とある飛空士
□スーパーダッシュ文庫
 ベントー、カンピオーネ!
□GA文庫
 迷宮街クロニクル、サムライガード
□HJ文庫
 死なない男に恋した少女、はぐれ勇者の鬼畜美学、六畳間の侵略者!?
 

読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう