読書メーターあなたの読書量を記録・管理

9月の読書メーターまとめ

nawade
読んだ本
61
読んだページ
14589ページ
感想・レビュー
52
ナイス
534ナイス

9月に読んだ本
61

9月のトップ感想・レビュー!

nawade
ネタバレ★★★★☆ 不健全万歳!Wonderful!って叫びたくなる快作。本作では二番目に好きな人同士で付き合うことになった桐島と早坂を中心とした四角関係を描いている。お互いに他に好きな人がいることを理解しているが故の嫉妬混じりの拗れた恋愛関係が面白い。それを恋愛ゲームが加速させる。安易な不健全には辟易させられることもあるが、このニッチなシチュエーションが知的に不健全で惹かれてやまない。特に耳元ミステリーの舞城王太郎責めが最高だった。感情試験以降の桐島を間に挟んだ煽りあいも桐島には悪いがニヤニヤしっぱなしだった。
が「ナイス!」と言っています。

9月の感想・レビュー一覧
52

nawade
ネタバレこれはちょっと微妙な出来だ。育成モノにしてはあまり育成感がないし、育成に関するオリジナリティも見られない。結局、キャラの魅力で引っ張るしか無いのだが、レベッカにもハルにも魅力を感じない。後、レベッカの階位に関して混乱した。ジゼルも帝都に後から移動してきたのね。ちょっとわかりにくくない? とりあえず、エルミアさんの登場に期待するしか無い。
が「ナイス!」と言っています。
nawade
ネタバレ★★★☆☆ 父親の再婚でできた義妹と写真を通じて関係を深めていったのだが、義妹が同じ高校に入学した後、モデル志望のクラスメイトから写真を撮って欲しいと依頼され、更に嫉妬した義妹が介入してくるという撮影ラブコメ。ラブコメよりも写真を撮るということは?に注目した作品のように感じられた。そのためラブコメを期待して読むと淡白に感じられるかもしれない。ただ、カメラマンが何を意識して写真を撮っているのか等、色々と興味深く読ませてもらった。しかし、あのラスト、スカウトされてるの義妹の方だったというオチじゃないだろうな?
が「ナイス!」と言っています。
nawade
ネタバレヒューマン最強冒険者のソフィアとの第一回戦終了。まさかレベル920でここまで強いとは。最初に混乱しているすきをつかれたのが尾を引いたのと実践慣れしていた影響か。置き土産が凶悪すぎた。リミア王国じゃなくグリトニア帝国の兵が傍にいたらもっと良かったのに。 コモエちゃん、健気で可愛い。 真は手加減を手に入れた。授業を始める前に身につけられて本当に良かったよ。
が「ナイス!」と言っています。
nawade
ネタバレこの時点でこんなに勇者たちの出番ってあったっけ?と思ったけど、小説の進行を改めて時系列に整理し直しているとコメントがあり納得。時系列に並べることで、凄くわかりやすくなっていた。 ナバールさん、派手な死亡フラグを。惜しい美人を亡くしてしまった。ハルナとアキナって、こんな性格だったのか。
が「ナイス!」と言っています。
nawade
ネタバレ前巻で識が従者に加わりお馴染みの雰囲気に。一人常識人の弱者で苦労することになる識だけど有能。真が贔屓にするのもわかる。 コモエちゃん、かわいいな。ととさまとずっと呼んでいて欲しかった。 レンブラントさんの娘さんが遂に登場。好きなキャラなので早く顔見せして欲しい。 智樹のクソ化が安定して進行中。 タイトルを冠したエピソードがあったが、このエピソードなら納得なんだけど、なんでアニメ最終話はこのタイトルにしたんだ?最終話っぽいタイトルだから? コモエちゃん、これはトラウマものでしょう。
が「ナイス!」と言っています。
nawade
ネタバレ澪の眷属にまで伸びていた巴の魔の手w。背景でダイナミックに園芸するアキナが可愛い。分体ちゃんが爆散する描写があって鬱だ。巻末の漫画で少し救われた。
が「ナイス!」と言っています。
nawade
ネタバレ真と同時期に異世界召喚された2人のエピソードを描いた第5巻。智樹はクソ野郎イメージしかなかったけど、召喚された当時はこんな奴だったっけ?リリ様の影響でああなっていくのか。それにしても、リリ様お美しい。今の所、一番の美人か?響は真の周囲から召喚されるのであれば何で真に片思いする二人じゃないんだろうと疑問だったけど、今から思うと対立もありうる関係を構築するにはそれじゃ駄目だったんだろうな。トアのパーティの面々は結構好きなんだけど独り立ちしたら出番少なくなるよね。ハザルおいしい奴だったんだけど。
が「ナイス!」と言っています。
nawade
レンブラントの闇、漫画ではもしかするとカットされるかもと思っていたが、予想以上にガッツリと描いてくれましたね。奥さんの方ももう一つの顔があったとは小説の方はどうだったかな?描き下ろしイラスト見ると戦闘力も結構ありそう。娘の素質は母親譲りだったのか。 リオンちゃん、しっかり者に育ったねぇ。原作2巻のエピソードが終了したが、すごく綺麗にまとめ上げられていて感嘆した。
が「ナイス!」と言っています。
nawade
ネタバレ術者に対する凄惨な拷問の後を最初に見せることによって、物語のイメージが小説を読んだ時の印象と大きく変わった。武者修行という言葉に騙されて厄介払いされてしまった巴だけど満喫していたようでよかった。リノンに操られる澪かわいい。エルフっ娘が色々と容赦なくて辛辣。レベルは低いのにギルドランクは高いのね。トアは冷静。レンブラント親バカ列伝聞きたかった。巻末のおまけ漫画にあるような話が語られたのだろうか?アニメではカットさたトアの拘りが表現されてて好かった。 アニメではアキナばかり目立っていたけどハルナ可愛いな。
が「ナイス!」と言っています。
nawade
ネタバレ巴の暗躍ぶりが面白い。無断で色々とやっちゃってくれてるけど、根本には若の為という思いがあるから憎めないんだよな。 真目線では絶野壊滅の責任は巴が大になっているが、どっちもどっちだと思うので、ちょっと可哀想。いや、やっちゃった事を考えるとそれどころでは無いんですけどね。 二人の暴走をはからずも傍らで見ることになったトアの反応がツボ。 エマさんは本当に有能だなぁ。
が「ナイス!」と言っています。
nawade
ネタバレシンの凄絶な過去を描いた前日譚をコミカライズ。彼の初陣から今の彼を形作っていった人々との関わりが描かれている。 中でも表紙にも登場しているアリスは初陣の際の彼を心配し見守りながら戦場での生き方を導いてくれた女性。彼女の呆気ない死に様が戦場の非情さを伝えてくれる。 頼りになる仲間も少ない中、本編よりも更に無情な戦いと生活がシンを固く強く頑なに変えていく。
が「ナイス!」と言っています。
nawade
ネタバレ★★☆☆☆ Web版未読。個人的には運命に流されるよりも運命に抗う流れの方が好きなんだよね。梨蘭が悪いツンデレであったこともあり、ひよりの方を応援していたんだけど、残念。
が「ナイス!」と言っています。
nawade
ネタバレ★★★☆☆ 第15回小学館ライトノベル大賞・優秀賞受賞作。救いのない街の救いのない物語。ただ、一人の男の死に様が様々な葛藤を抱えていた少女に決断を与え、希望が生まれた。物語的には少女が主人公なんだろうけど、惹かれるのは男の方なんだよなぁ。ただ、客観的に見て、後ろ盾を失った(新たな後ろ盾を得たのかもしれないが)少女はあまりにも無力すぎて何かをなし得るようには見えないのがつらい。
が「ナイス!」と言っています。
nawade
ネタバレ★★★☆☆ 結花のきょうだい・勇海が登場。男装コスプレイヤー、ボクっ娘、超シスコン、巨乳、残念と属性過多な作品中軍を抜いてカオスなキャラとして仕上がっている。 キャラの気配り上手なギャル二原も前巻に引き続き活躍して紙面も大分にぎやかになってきました。この巻では勇海の登場に関連し、結花の過去が明かされ、その過去のトラウマからの脱却と成長が描かれていた。主人公の見守る愛も良かった。
が「ナイス!」と言っています。
nawade
ネタバレ★★☆☆☆ ラブコメかと思っていたけどエロコメだった件。声優×痴女という設定がアンマッチな気がする。アイドルはトイレなんかいかないというのは極端だが、やっぱり夢見ていたいし、夢を見せる存在であってほしいじゃないですか。エロ小説じゃないんだから、チン○って連呼しないで欲しいんですけど。後、導入部が雑すぎる。エロシチュ入れたかったのかもしれないけど幕間が邪魔。ラストの不調の原因も引っ張るほどの理由じゃない。鈴木愛奈さん、こんなラノベ推薦しちゃっていいの?仕事の向き合い方に共感って、痴女疑惑が付いて回るかもよ?
が「ナイス!」と言っています。
nawade
ネタバレ★★★☆☆ Web版未読。美女しかいない営業所に転勤を命じられた人材紹介会社に勤める平林凛太のお仕事ラブコメ奮戦記。こういうお仕事系って、社内の人間よりも社外の人間の方が魅力的に見えちゃったりするんだよね。本作も氷川姉妹がイイ。ビジネスではクールなんだけど、プライベートで覗かせる別の顔、そのギャップがイイ。 女性の扱いが得意じゃないといいながら、気軽にスキンシップしてしまう主人公。後、営業所の成績が右肩下がりだったのは、絶対、ほのかのせいだろう。反省しないほのかも、きちんと指導できなかった麗華も悪い。
が「ナイス!」と言っています。
nawade
ネタバレ★★★★☆ 「デート・ア・ライブ」のコンビが放つ新シリーズ。デートの次はプロポーズだろうということだが、決り文句かもしれないがプロポーズしすぎじゃない?デートは数多くのヒロインが登場したけど、本作は主人公が初恋を貫かないと成り立たないから、ヒロイン少なめになるのだろうか?士道は常識人だったけど、今度の主人公は過度の恋愛ボケ。そして、この兄にしてこの妹ありで妹もヤバイ。でも、折紙より今のところまともかな。その瑠璃を煽りまくる黒衣が普段とのギャップもあって面白い。 アンヴィエットがまともに先生してて草。
が「ナイス!」と言っています。
nawade
ネタバレ★★★☆☆ 第15回小学館ライトノベル大賞・審査員特別賞受賞作。国家にあだなす輩を闇で粛清する死霊術士の少年・ウィリアムと相棒の死骸・ライニーの戦いと絶望と絆を描いた物語。死霊術というと陰気なイメージを持ってしまうが、登場するキャラ達は概ね明るくおどけた態度をとっていて、あっけらかんとした雰囲気で物語は進行する。その胸の奥に諦め、悲嘆、激情を秘めていようとも。独自の世界観を構築した上で、救いのない話をライトに描ききった読み応えある作品だった。
が「ナイス!」と言っています。
nawade
ネタバレ1巻で友崎が葵の推薦人になっていてアレッと思ったが、みなみが生徒会選挙に立候補しないifの世界を描いたスピンオフだったのか。友崎とみなみが親しくなる切っ掛けだったのに友崎との関係はどうなるのか気になったが、みなみのチェンジをサポートするブレーンになるとは。友崎がみなみのファションやインスタのアドバイザーになるとか、ちょっとウケる。 このままみなみがモデルデビューして、友崎が彼女をプロデュースする流れになるのだろうか?でも、個人的にはみなみ+モデルというのはしっくりこないんだよな。
が「ナイス!」と言っています。
nawade
ネタバレ原作者書きおろしの七海みなみ主人公のスピンオフコミック。本編をみなみ視点で描くコミックかと思っていたが、生徒会選挙前にモデル挑戦というオリジナルエピソードを挟んで、輝きたいという想いと葵へのコンプレックスをより明確に描き彼女の内面を掘り下げた内容になっていた。
が「ナイス!」と言っています。
nawade
ネタバレ★★★★☆ 月愛の友人達の恋愛にもフォーカスを当てた待望の第3巻。龍斗に振られて悪ぶっていた態度も改めた海愛が実に魅力的なヒロインに変貌。自分が龍斗の立場なら選べないよ~と悩んでしまう。新たにメインキャラとなった二人も味がある。特に朱璃は告白を断るシーンがイケメンすぎる。イッチー、振られるのは分かっていたけどコテンパンすぎた。嘲笑されながら断られるよりもある意味でキツイ。あらすじのあの人がまさかの君で意外すぎた。龍斗、車好きだったんだな。月愛をスポーツカーに例えるのは巧い。タピオカに対する考察はほぇ~。
が「ナイス!」と言っています。
nawade
ネタバレ戦国最強武将の代名詞である本多忠勝と言わずとしれた宮本武蔵が大激突と、いきなりクライマックスな第一回戦第一仕合。勝負に勝って仕合に負けたような結末となったが、これはこれで良し。しかし、出し惜しみなしの心掛けはいいけど、初戦での本命同士の戦いにこの後の試合の盛り上がりが気になる。このまま決勝には武蔵が駆け上がっていきそうな流れだが、対戦者は誰になるか?
が「ナイス!」と言っています。
nawade
ネタバレ西暦1600年。織田信長が天下統一してから10年、死期を悟った信長が、代理人となった最強の武芸者を輩出した大名に国譲りすることを宣言。仮想日本にて日本最強武芸者の座をめぐり血で血を洗う仕合が始まった。 我間乱原作者が圧倒的画力をもつ描き手と組んで放つ意欲作。 第一回戦第一仕合から戦国最強武将の代名詞である本多忠勝と言わずとしれた宮本武蔵が大激突と、いきなりクライマックス。物語は家康と忠勝がダブル主人公な感じで進んでいるが、この勝負の行方は読めない。 秀吉の代理人がパッとしないことが気になる。
が「ナイス!」と言っています。
nawade
ネタバレ★★★☆☆ 第15回小学館ライトノベル大賞優秀賞受賞作。冷酷に誠実に頑なな自分を貫く男・中田忍と異世界エルフとの出会いを描いた問題作。この小説の凄いところは未知との存在とのファーストコンタクトを徹底的に掘りうがって描写したところだ。流行りの異世界小説だと都合の良い魔法でコミュニケーションで苦労することはないのだが、そんな都合の良いことはないだろうとこの小説は反論している。物語では時間にして数日、未だまともな会話もままならないところ迄しか進展していないが、そこに至るまでの飽きさせない濃密な描写が魅力。
が「ナイス!」と言っています。
nawade
ネタバレ無色隊員から正隊員昇格を目指すDだが、桜間の姉や屋に潜んでいた怪人少女にかき回され心休まる時がない。桜間の姉も桜間には見せないが、なかなか病んでますな。昇格試験で従一位達と対戦することになるが圧倒的な戦闘力格差。Dの策で一矢報いるも見通しは厳しそう。 更に怪人幹部まで登場し、混乱必至。はたして怪人幹部の実力は!?
が「ナイス!」と言っています。
nawade
ネタバレひろの家で騒ぎも一段落。ここでエリカが活躍するとは意外性があった。最近は三人のヒロインの中で存在感が薄かっただけにエンジンがかかってきた感じ?逆に幸は決定的な台詞を放った直後に封じられてしまい可哀想。凪、せっかくのアピールチャンスだったのに肝心のところで漢を見せられなくて残念。 そして、ここに来て4人目の新たなヒロインが登場。凪の初恋の女の子はちょっと不思議ちゃんだが、それだけに先の読めない展開を招きそう。
が「ナイス!」と言っています。
nawade
ネタバレ★★★☆☆ 作者自身がシナリオを書いているYouTubeチャンネルの漫画動画を小説化。巻末におまけ漫画が掲載されているが、漫画動画もこのようなイメージで展開されているのなら、小説と随分タッチが異なる。漫画動画はラブコメよりだが小説は恋愛小説よりだ。家なき子となったギャルと同居することになった主人公だけど、タイトルと反して金髪なだけで全然ギャルじゃない。引っ込み思案で誤解を受けている不憫少女を自立できるよう奮戦する主人公が良い。
が「ナイス!」と言っています。
nawade
ネタバレ★★★★☆ 女流名跡リーグが進行する裏で八一が供御飯さんと共同作業で愛し子を生み出すという、りゅうおうに登場するヒロイン陣の中で好きなヒロインの1位の座を争っているのが供御飯さんと天衣な自分にとって至福の巻。今まで秘めていた想いを表に出し始めた供御飯さんが魅力的すぎる~。でも、そんな浮ついた気持ちを氷点下に突き落とす残酷。あそこから勝利を掴み取るのか、あい!? てっきり賑やかしキャラに落ち着いたと思っていた鹿路庭があいと共同生活を始めるという意外な展開もあったが、それ以上に鹿路庭の真実の姿に驚かされた。
が「ナイス!」と言っています。
nawade
ネタバレ★★★☆☆ 他のルートと異なり祝福されない二人を描いたif。正直、加奈子って、あまり好きなキャラではなかったけど、こういう仕立てなら、あまりキャラの好悪に関わらず読むことができた。しかし、これでifシリーズは終了ですか。沙織ルート読みたかったな。あやせと並んで一番好きなキャラだったんですけど。可能性低いと思っていたけど、本巻で伏線らしきものもあったので、ちょっと期待しちゃったよ。
が「ナイス!」と言っています。
nawade
ネタバレ★★★★☆ 不健全万歳!Wonderful!って叫びたくなる快作。本作では二番目に好きな人同士で付き合うことになった桐島と早坂を中心とした四角関係を描いている。お互いに他に好きな人がいることを理解しているが故の嫉妬混じりの拗れた恋愛関係が面白い。それを恋愛ゲームが加速させる。安易な不健全には辟易させられることもあるが、このニッチなシチュエーションが知的に不健全で惹かれてやまない。特に耳元ミステリーの舞城王太郎責めが最高だった。感情試験以降の桐島を間に挟んだ煽りあいも桐島には悪いがニヤニヤしっぱなしだった。
が「ナイス!」と言っています。
nawade
ネタバレ瞳の衝撃的な告白で終わった前巻を受けての1話目でタイトル回収。 「一緒に傷ついてくれますよね?」何というパワーワード。クライマックスに突入するのかと思う勢いの中、これまでは序章で実はここからが本編突入!?自重していくのかと思いきや、盛り過ぎてて草。もう盛っててもいいから、外ではガードを固めて慎重になろうな。と思っていたら、自分達から明かしていくスタイル?しかし、秘密を明かすにしても人は選ぶべきだろう。何でこんなストーキングしている人なんかに。多様性の時代でもタブーな近親相姦、二人の愛はどこに行き着くのか?
が「ナイス!」と言っています。
nawade
ネタバレ白血病になったJリーガー・早川選手の闘病生活から復活するまでを綴った自伝小説をコミカライズ。薬物投与の副作用で別人のようにやせ衰えていく様が元がアスリートであるが故の残酷さが際立つ。無情な治療の現実と向き合いながらも、どこかコミカルに描かれている。そんな病室での孤独な戦いの中、彼を支えてくれた家族、仲間、ファンへの感謝の気持ちが自伝を書かせたのだろう。白血病は今や不治の病ではなくなった。しかし、完治は存在せず一生再発の恐怖を背負って戦って生きていかないといけない。でも彼は不屈の心で挑み続けるのだろう。
が「ナイス!」と言っています。
nawade
ネタバレ東京生活に憧れて憧れの大学生活を始めた主人公が入部したのはヤリサー。しかし、理想の女性がその部活に入部してしまい、彼女が気になる主人公も付き合うことに。訳あり美少女だと思っていたが、彼女の目的は行方不明になった姉の捜索。二人で調査を始めるも、作戦がガバガバ過ぎて泣ける。 もうちょっと慎重にいけよと思うけれども、ガバガバだからエロイベントが発生するんだよね。嗚呼、このアンビバレンツにこの後も引きづられていくのだろう。主人公がいまいち役立っていないところが気になるが、最後まで彼女を守り通してくれよ、頼むから。
が「ナイス!」と言っています。
nawade
ネタバレ女の子と初めて行くことになった花火大会。浴衣姿が可愛い彼女にカッコイイところを見せたいと張り切るも空回りを繰り返す主人公。見ているこちらも辛くなる展開だが、その後に主人公の優しさが光る展開が。そういうとこだぞ。って、ダメ押しする際に使うイメージがあったけど、この使われ方、イイ。そして、祭りの後はゲーム制作。仲違いもしたけど、最後のドッペルさんの笑顔が最高!終わりよければ全て良し!
が「ナイス!」と言っています。
nawade
ネタバレJKアスリートが集う寮の管理人となったスポーツドクターを目指す主人公が寮生達の身体と心をほぐすマッサージラブコメ。読み切りの「アロマちゃんはほぐされたい。」の連載版?絵柄は濃さが消えてスマートになって可愛くなったけど、アロマの性格は素直な読み切り版の方が好み。 主人公はマッサージに真面目に向き合いすぎて青少年らしき性欲が枯れているようにも見えるが女性をとろかせるテクニックは異常。肩甲骨はがしの表現がヤバすぎないですか?絶対こんな指使いしないよ!あおばちゃん身体はりすぎ、意地っ張りもここまでくると可愛いよ。
が「ナイス!」と言っています。
nawade
ネタバレルーがシンと間違われて誘拐される事件が発生。最初は2,3話で終わる事件かと思っていたけど背後に殺し屋組織がいたことがわかり、シリーズ最長のエピソードになりそう。ひょっとしてシンの強化エピソードにもなる? 坂本、生身が一番強かった事が判明。さすがっすわ、坂本さん。
が「ナイス!」と言っています。
nawade
ネタバレ教え子が推し絵師だった件が好き。 カラちゃん、察しが良くて良い子。 腹毅君の願いは一見くだらないけど結構切実だった。 宮尾音夢ちょろくて可愛い。ルックスも好みなのでレギュラーキャラとして定着してくれ。 カンシ、ウザキャラなのかと思っていたけど良い奴だった。
が「ナイス!」と言っています。
nawade
ネタバレまさに鬼作。Webで発表された時期から作者なりのあの事件への追悼作品かと思っていた。藤野と京本という作者の名を別かった分身を通して、どんなに優れた創作も現実の直接的な暴力の前では無力である。でも、どんなに無力感に苛まれようと描くしかなんだという覚悟が伝わってきた。だが、本作は不適切な表現があるとの指摘を受け修正を余儀なくされる。結果、犯人の狂気が曖昧になり残念なものとなっていた。単行本化にあたり、そこがどうなるか気になっていたが、更なる修正により結果として伝わりやすい形に落ち着いたのではないだろうか。
が「ナイス!」と言っています。
nawade
ネタバレ怪獣8号の正体がバレてしまうというかバラしてしまう転章となる4巻。圧倒的な剣技を持つ保科副隊長だが巨体と強力な再生力を持つ大怪獣には届かない厳しい現実。それでも与えられた信頼に応えるべく足掻く姿が心を打つ。そして、その姿がカフカを突き動かす。囚われの身となったカフカは第3部隊に戻ってくることができるのか?
が「ナイス!」と言っています。
nawade
ネタバレ相変わらず無情な展開が続く。卓球少年強すぎ!主人公もようやく本気になったか。
が「ナイス!」と言っています。
nawade
ネタバレ映画は見たけど木下藤吉郎ではなく秀吉として登場するとか、かなり違ってそう。主人公は本番に弱いのに戦国時代の方が向いていると何の根拠があって思い込んでいるのだろう?
が「ナイス!」と言っています。
nawade
ネタバレついにU-20日本代表との決戦開始! 代表主将・愛空率いるDF陣は強力だが、プレイヤー同士の連動が彼等を突き破る。糸師冴のプレイは冴え渡るが彼のアシストを活かせないFW陣。前半はブルーロック優勢で終了したが、士道は参戦しそうな後半はどうなる?
が「ナイス!」と言っています。
nawade
ネタバレU-20との決戦に挑むメンバーが決定。冴が招集するメンバーは潔になるかと思いきや、士道だった。まあ、納得の人選といえば人選。愛空が登場した時は中年かと思っちゃったけど19歳だと知ってびっくり。そういや、U-20だったわ。
が「ナイス!」と言っています。
nawade
ネタバレU-20日本代表との決戦試合に出場する権利をかけて3チームに分かれて試合をすることになったストライカー達。潔は烏にマークされ、なかなかパフォーマンスを発揮できず苦戦するが、氷織のアドバイスにより戦う武器を手に入れる。ライバルなのに適切なアドバイスをするとか、氷織はめっちゃ良い人やん。
が「ナイス!」と言っています。
nawade
ネタバレ三次選考で世界選抜と戦い世界の壁を思い知る潔達。そして、ブルーロック存続の危機が。U20との勝負に勝利しないといけないが35人の中から試合に出るメンバーはどう選考する?國神は再起できるのか?
が「ナイス!」と言っています。
nawade
ネタバレ凛の支配的傀儡サッカーに苦しめられる潔だが、修正を重ね勝利への道を手繰り寄せ五分五分の戦いに。ここで蜂楽が己の中のエゴを自覚し進化。そして、勝負の行方は残酷だった。中心だった潔がいなくなったら、このチームやばくない?
が「ナイス!」と言っています。
nawade
ネタバレ千切をメンバーに加えて蜂楽を奪った因縁のTOP3チームとの再戦開始。なんでまだTOP3チームは勝ち抜けしていないんですかね?皆から避けられてた?蜂楽の過去が明らかにされたがTOP3よりも強者感だしてるじゃないっすか? 試合開始になるも最初はもっと苦戦するかと思いきや、意外と善戦してる。
が「ナイス!」と言っています。
nawade
ネタバレ國神・千切・玲王に3vs3で挑むも馬狼の王様プレイがチームプレイを阻害。カットされてもそのスタイルを諦めない頑なな馬狼に対して潔がとった選択はそれしかないっすよね。でも、馬狼がスタイルに固執したまま進化したのは意外だった。 さて、誰をゲットする?やはり千切か?
が「ナイス!」と言っています。
nawade
ネタバレ長かった。ここまで長かった。前巻での閃きが一時的なものなのか、本格復活なのか気になっていたが、定着していた模様。龍覚醒で圧勝になるかと思った赤城中央戦だが、秘密兵器が?
が「ナイス!」と言っています。
nawade
ネタバレ★★★☆☆ クリスマスイベントを切っ掛けに再アタックしようとする小谷の想いと偽物の関係と本物の関係にしたいと思う大和と結朱の想いのすれ違いを描いた3巻。小谷も良いこと言いますね。その小谷との会話を踏まえて今の関係を修正したい大和だけど、軽快なトークの裏側で、それをうまく伝えられないもどかしさが存在し、今までよりシリアス成分多め。終盤の過剰演出はあったけど、うまく舵を取りきったかな。
が「ナイス!」と言っています。
nawade
ネタバレ★★★★☆ 第二章 両片思いジレジレ編突入!由弦のことを意識し始めていることを自覚した愛理沙が、自覚があるのか無いのかわからないが、弱点を理由に由弦の煩悩を刺激しまくる。特に自虐からの幸せアピールのインパクトが素晴らしい。このアタックを耐えきった由弦には紳士マスターの称号を与えたい。意外と弱点が多いのね、愛理沙。 時にはポンコツになるけれど可愛いよ。途中でお邪魔虫が2人登場するが1人は素直で良かった。そして、論理的に諭す由弦が大人。 今だからわかる勉強会の時の亜夜香と千春の挙動の怪しさ。
が「ナイス!」と言っています。
nawade
ネタバレ★★★☆☆ 失われた初恋を追い求める男女二人の関係を描いた青春小説。初恋は甘酸っぱいとも言うが、この二人の初恋は甘酸っぱいを通り越して重い。想いが重いんですわ。だからこそイルカが登場するんでしょうけど。特に夏梅の方はこんなん惚れずにはいられんやろうという出会い。そりゃ、引っ張りますよね。とりあえず一つの区切りがついて完結かなというところだったんだけど、えっ、これ続くの!?
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2009/08/27(4437日経過)
記録初日
2000/01/01(7963日経過)
読んだ本
10737冊(1日平均1.35冊)
読んだページ
2547854ページ(1日平均319ページ)
感想・レビュー
8846件(投稿率82.4%)
本棚
64棚
性別
血液型
B型
職業
IT関係
現住所
兵庫県
外部サイト
自己紹介

ミステリーとライトノベルを愛読しています。といっても、最近はライトノベルを追いかけるのが精一杯で、ミステリーまで手が廻っていません。。。

◆好きな作家
島田荘司、三雲岳斗、貴子潤一郎

◆今お気に入りのライトノベル
□電撃文庫
 アカイロ/ロマンス、世界平和は一家団欒のあとに
□富士見ファンタジア文庫
 伝説の勇者の伝説、ハイスクールD×D5、火の国、風の国物語
□MF文庫
 銃姫、ギャルゴ!!!!!、僕は友達が少ない
□ガガガ文庫
 されど罪人は竜と踊る、とある飛空士
□スーパーダッシュ文庫
 ベントー、カンピオーネ!
□GA文庫
 迷宮街クロニクル、サムライガード
□HJ文庫
 死なない男に恋した少女、はぐれ勇者の鬼畜美学、六畳間の侵略者!?
 

読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう