読書メーターあなたの読書量を記録・管理

10月の読書メーターまとめ

mittsko
読んだ本
3
読んだページ
1026ページ
感想・レビュー
3
ナイス
34ナイス

10月に読んだ本
3

10月のお気に入られ登録
1

  • せら

10月のトップ感想・レビュー!

mittsko
非常に面白かった(°▽°) 女子大文学部教員のボクは、どうしても過去志向、現在保守になりがちな学生さんに囲まれて生活している。彼女たちに、急速に変化している今という時代の息吹を、「文系」的な感性においてとらえるのに最適の一冊、として今後どしどし紹介していきたい! そしてボク自身、技術と工学が導くこういう未来像に、ジジイになっても食らいついていきたい!
mittsko
2017/10/09 09:23

‪とくに「宗教とロボット」について論じている節があったので、気になった箇所を書き抜き(°▽°)‬ ‪「ロボットは「聖なるもの」になりやすい」「ロボットは半現実で半仮想であるがゆえに、これまでとは異なる宗教のありようを作り出すだろうと、僕は思っている」(124頁)‬

mittsko
2017/10/09 09:25

もひとつ 「人間の汚く、醜い部分を嫌うひとは多い。偶像にはそうした人間のおぞましい部分、見たくない部分がない。ロボットもまた、人間の汚い部分が捨て去られた存在である。ロボットは、人間が憧れる偶像として機能しやすいのだ。ひとは精神的な意味でも、そして肉体的な意味でも、人間離れした美しいものになりたがる」(125頁)

が「ナイス!」と言っています。

10月のトップつぶやき!

mittsko

「私」をつくる――近代小説の試み (岩波新書) >> 何たる明快さ! 最上級の「国語」の授業を受けているかのようだ( ̄O ̄;)

が「ナイス!」と言っています。

10月の感想・レビュー一覧
3

mittsko
小説に疎すぎる自分を変えたくて、手に取ってみた 面白い! 何たる明快さ! 最上級の「国語」の授業を受けているかのようだ( ̄O ̄;) 日本の近代小説を、テーマやメッセージという側面ではなく、徹頭徹尾、作者が案出した文章技巧という側面から解読する… その手際たるや、文学研究者には当たり前なのかもしれないが、素人のボクにはアイブレイキングで圧倒的だった とても面白かったので、多くの人にすすめたい
が「ナイス!」と言っています。
mittsko
面白いか面白くないかでいったら… ボクには全然面白くなかった。全頁が、慣れ親しんだ漫画文法からあまりに大きく逸脱しており、読むのに疲れもした。しかし… この違和感は他をもって変えがたい( ̄O ̄;) 水木先生が大河的な物語作品を描き切ると、こんな風になるのか、という驚きがスゴい。有名なエンディングにはひっくり返った。「なんじゃコリャ…!」と声が漏れ出た
が「ナイス!」と言っています。
mittsko
非常に面白かった(°▽°) 女子大文学部教員のボクは、どうしても過去志向、現在保守になりがちな学生さんに囲まれて生活している。彼女たちに、急速に変化している今という時代の息吹を、「文系」的な感性においてとらえるのに最適の一冊、として今後どしどし紹介していきたい! そしてボク自身、技術と工学が導くこういう未来像に、ジジイになっても食らいついていきたい!
mittsko
2017/10/09 09:23

‪とくに「宗教とロボット」について論じている節があったので、気になった箇所を書き抜き(°▽°)‬ ‪「ロボットは「聖なるもの」になりやすい」「ロボットは半現実で半仮想であるがゆえに、これまでとは異なる宗教のありようを作り出すだろうと、僕は思っている」(124頁)‬

mittsko
2017/10/09 09:25

もひとつ 「人間の汚く、醜い部分を嫌うひとは多い。偶像にはそうした人間のおぞましい部分、見たくない部分がない。ロボットもまた、人間の汚い部分が捨て去られた存在である。ロボットは、人間が憧れる偶像として機能しやすいのだ。ひとは精神的な意味でも、そして肉体的な意味でも、人間離れした美しいものになりたがる」(125頁)

が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2009/09/11(2995日経過)
記録初日
2009/07/14(3054日経過)
読んだ本
348冊(1日平均0.11冊)
読んだページ
104270ページ(1日平均34ページ)
感想・レビュー
331件(投稿率95.1%)
本棚
21棚
性別
血液型
A型
職業
その他
現住所
千葉県
外部サイト
URL/ブログ
http://lizliz.tea-nifty.com/
自己紹介

ツイッタID  mittsko

読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう