読書メーターあなたの読書量を記録・管理

4月の読書メーターまとめ

ともっこ
読んだ本
7
読んだページ
1306ページ
感想・レビュー
7
ナイス
223ナイス

4月に読んだ本
7

4月のお気に入り登録
5

  • あませ
  • イースクラ
  • kei
  • Kiaro
  • run

4月のお気に入られ登録
5

  • イースクラ
  • あませ
  • kei
  • Kiaro
  • run

4月のトップ感想・レビュー!

ともっこ
シェイクスピアはこんなに有名なのにちゃんと読んだことながなく、何か読みたくてこの『マクベス』を選んだ。 観劇しているように楽しく読めた。 短いので、「初めてのシェイクスピア、何か読んでみたい」という私に最適だったかも。 読んで良かった。 面白かったです☺️
イースクラ
2021/04/24 22:56

あぁ〝穢ない〟!いいですね~。昔、福田さん訳のマクベス見た気がするのですが、音で聞くと違いがわからない部分ですね。戯曲を読む面白さ感じます。

ともっこ
2021/04/24 23:02

確かに、音ではわからないところですね! 福田さんの訳、最初は少し読みづらかったのですが、ネットで他の方の訳とも読み比べてみるとやはり格調があって、これで読んで良かったと思っています😊

が「ナイス!」と言っています。

4月のトップつぶやき!

ともっこ

フィリップ・ロス、アンナ・カヴァン、レイモンド・カーヴァー、チャールズ・ブコウスキーなど、私にとって初めての作家との出会い、そして朗読の可能性を見出だせた月でした😊 2021年3月の読書メーター 読んだ本の数:10冊 読んだページ数:2175ページ ナイス数:284ナイス ★先月に読んだ本一覧はこちら→ https://bookmeter.com/users/338843/summary/monthly

が「ナイス!」と言っています。

4月の感想・レビュー一覧
7

ともっこ
様々な読書のかたちが存在するが、彼女の本との向き合い方は素敵だ。 本の世界に没頭し情熱的でありながらも、俯瞰的・客観的な視点を忘れない。 気の向くままに本を手に取りつつも、深く読み入る。 「塩一トンの読書」とは絶妙な表現。 生涯このように読んでいきたい。
が「ナイス!」と言っています。
ともっこ
不安を感じたり、無理をしたり、謙虚さを忘れ他人を批判したり……そんな疲れた心をスッと軽くしてくれる。 透明感のあるやさしい文章で綴られた、幻想物語風の作品。 近頃仕事のストレスがかなり酷かったのだが、解きほぐされたようだった。 「壊れてしまったものは悲しいものではないのだと、この歳になって、ようやく知りました」 という一文が深く染み入った。 あとがきにある、ちくまプリマー新書創刊のエピソードも素敵だ。 吉田篤弘の他の作品を読みたくなると同時に、プリマー新書の他の作品も読みたいと思った。
ふう
2021/04/25 14:21

「それからはスープの…」の作者ですね。わたしも読みたくなりました。

ともっこ
2021/04/25 14:38

「『罪と罰』を読まない」で吉田篤弘氏を知り、図書館にこちらの本しか蔵書がなかったという理由で手に取った本でしたが、シンプルなやさしい文章の中にきらりと光る本質があり、ハッとさせられます。 ぜひ読んでみてください😊

が「ナイス!」と言っています。
ともっこ
岸本佐和子、吉田篤弘、三浦しをん、吉田浩美の4人による「未読者」たちの読書会。 『罪と罰』を読んだ人も読んでいない人も、読んだけど内容を覚えていない人もみんな楽しめ、自分も読書会に参加している気分になれる。 読書に疲れたときの息抜きにおすすめ。 三浦しをんのあとがきに書かれていた、 〈「読む」は「読まない」うちから、すでにはじまっている〉 〈読んでいなくても「読む」ははじまっているし、読み終えても「読む」はつづいている〉 にはとても共感した。
ともっこ
2021/04/25 01:39

名作を読んでいないからって恥じる必要はない、読みたくなったときにページをめくればいい。 本は待っていてくれる。 読書は、「読まなくちゃ!」じゃなく、「読みたい!」と希望と期待でわくわくしながら楽しむ行為。 そう考えたら、読む前から「どんな本だろう」と期待に胸ふくらませながら本を購入し積んでおく「積読」も、立派な読書なのかもしれない。

が「ナイス!」と言っています。
ともっこ
シェイクスピアはこんなに有名なのにちゃんと読んだことながなく、何か読みたくてこの『マクベス』を選んだ。 観劇しているように楽しく読めた。 短いので、「初めてのシェイクスピア、何か読んでみたい」という私に最適だったかも。 読んで良かった。 面白かったです☺️
イースクラ
2021/04/24 22:56

あぁ〝穢ない〟!いいですね~。昔、福田さん訳のマクベス見た気がするのですが、音で聞くと違いがわからない部分ですね。戯曲を読む面白さ感じます。

ともっこ
2021/04/24 23:02

確かに、音ではわからないところですね! 福田さんの訳、最初は少し読みづらかったのですが、ネットで他の方の訳とも読み比べてみるとやはり格調があって、これで読んで良かったと思っています😊

が「ナイス!」と言っています。
ともっこ
よく練られた構成、引き込まれる内面世界の描写。 章ごとに主人公が変わるが、みな各々に深く悩み、各々の悲しみや孤独に囚われている。 独立したそれぞれの章が繋がってきたときに謎が解かれ、静かな感動を呼び起こす。 素晴らしいの一言。 間違いなく今年読んだ本のナンバーワン。おすすめです。
が「ナイス!」と言っています。
ともっこ
今は春うららかな印象の桜だけど、畏怖するほどの美しさを昔の人は感じていた。 現代人が失くしてしまった感性を呼び起こしてくれるかのようだった。 ちょうど主人公が、憧憬していた都を退屈と感じ山へ帰りたいと思ったように。
はる
2021/04/06 08:39

昔の方は語彙が豊富で使い分けられているなと思うこと多いですね。

ともっこ
2021/04/06 08:42

はるさん、コメントありがとうございます✨ そうですね、昔の人の語彙の豊富さは、感性の豊かさにも通じていると感じますよね😌

が「ナイス!」と言っています。
ともっこ
毎日何編かずつ朗読していて、一通り読み終わった。 彼女の詩は、愛情深く情熱的で、厳しさの中にあたたかさがあって、洒落たユーモアもある。 金子みすゞが、繊細な感性でやわらかくやさしく包み込む感じだとすれば、茨木のり子は凛としさ力強さで背筋が伸びる感じ。 図書館で借りた詩集だけど、彼女の詩をもっと読みたくなったので、ちくま文庫か岩波文庫の選集を買おうと思う
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2013/03/30(2964日経過)
記録初日
2011/08/28(3544日経過)
読んだ本
229冊(1日平均0.06冊)
読んだページ
62798ページ(1日平均17ページ)
感想・レビュー
182件(投稿率79.5%)
本棚
12棚
性別
職業
事務系
現住所
奈良県
自己紹介

最近は海外文学を読むことが多いです。
主に文学小説を読みますが、ときどきビジネス書も読みます。

読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう