読書メーターあなたの読書量を記録・管理

3月の読書メーターまとめ

KAKAPO
読んだ本
6
読んだページ
1390ページ
感想・レビュー
6
ナイス
679ナイス

3月に読んだ本
6

3月のお気に入り登録
6

  • わたる
  • 赤星琢哉
  • 薦渕雅春
  • 白拍子
  • 宇都宮歩佳
  • 美和.com

3月のお気に入られ登録
9

  • Aeon-na
  • Keigo
  • 白拍子
  • ムッシュぼけみあん
  • わたる
  • 薦渕雅春
  • たくみくた
  • 宇都宮歩佳
  • 美和.com

3月のトップ感想・レビュー!

KAKAPO
人口が減少する理由と影響を様々な証拠に基づいて説明している。人口減少は、毎年、百万人減るとかの穏やかなものではなく、雪山を転がる雪だまのように、いずれ雪崩になるかもしれない。日本は、沈没する前に、無人島になるのか、それとも、植民地になるのか?
KAKAPO
2018/04/14 10:05

てぬてぬさん、おはようございます。★ナイスありがとうございます。私は今、ちきりんさんの『自分の時間を取り戻そう』を読み終えたところなのですが、その中に「車の空き時間、家の空きスペース、人生で余っている時間、という3つの資源がUberとAirbnbにより有効活用されるようになった―」という件がありました。これからは、空いているモノをシェアするシステムが必要ですね。

KAKAPO
2018/04/19 08:14

aochamaさん、おはようございます。★ナイスありがとうございます。少子高齢化に加えて、『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』に書かれているような、AIに仕事を奪われるという問題も起こることで、日本は、壊滅的な状態になる可能性もありますね。私たちに何ができるのかな…

が「ナイス!」と言っています。

3月のトップつぶやき!

KAKAPO

2018年2月に読了した本の数:11冊。1月に読みかけだった分が加わり、いつもより多くなりました。いただいたナイス数:752ナイス。毎度ありがとうございます。 ★先月に読んだ本一覧はこちら→ https://bookmeter.com/users/343798/summary/monthly

KAKAPO
2018/03/03 08:30

hundredpinkさん、AZレメディオスさん、さなえさん、yoshidaさん、きゃりさん、ehirano1さん、あすなろさん、hitokotoさん、いつでも母さんさん、Hitoshi Mitaさん、ありがとうございます。読んだ11冊は、考えるヒト/あなたの人生が変わる対話術/考えないヒント/人を喜ばせるということ/社会を動かす企画術/葬式は、要らない/浄土真宗はなぜ日本でいちばん多いのか/本音で生きる/99%の会社はいらない/最高の自分を引き出す法~スタンフォードの奇跡の教室/日本流イノベーション。

KAKAPO
2018/03/04 17:20

イーストゲートさん、おおにしさん、90acさん、キューポップさん、ヒロロシ33さん、白蓮さん、pamoさん、Natsukiさん、らっつさん、相田うえおさん、アッシュ姉さん、こんにちは。★ナイスありがとうございます。持ち帰った仕事に手間取って、本も読めない、読書メーターにもアクセスできない週末。改めて、自分は、まだまだ知りたいことがある、と思いました。知らないことを知るって楽しいね♪

が「ナイス!」と言っています。

3月の感想・レビュー一覧
6

KAKAPO
スタートアップとは、急成長する組織のこと。「はじめに」の物語に登場するスタートアップの中で、私が知っていたのは、Facebook・Instagram・Amazonだが、いずれもITを余すことなく活用している企業であり、当然のことながら本の前半はスタートアップにはITありき、という雰囲気が漂う。話はスタートアップに重要なアイデア・戦略・プロダクトの順で進むが、ITを利用する側にいる私にとって、前半は少々読みにくかったので、第3章のプロダクトから読み始めたところ理解が進み、俄然面白くなって駆け足で読み終えた。
KAKAPO
2018/04/01 05:42

しらたまさん、ナイスネイチャさん、おはようございます。いつも★ナイスありがとうございます。《挑戦の数を増やすことはさらによい面があります。それは「量が質を生む」という事実です。~ピカソは2万以上の作品を残しています。天才たちですら多くの挑戦と失敗を続け、~その中で傑作を生んできました。》もしかしたら、多くの挑戦と失敗を続けることができたからこそ、その中で傑作が生まれ、天才と呼ばれるようになった、という言い方の方が、妥当なのかもしれませんね。

KAKAPO
2018/04/02 05:37

ヘルニアさん、おはようございます。★ナイスありがとうございます。スタートアップだけではなく、スモールビジネスも、これからの仕事には、ITやAIの力をどのように活用するかが、鍵になりそうですね。今日(2018/4/2)から新年度です。私は、今日から『クラウドからAIへ(小林雅一 著)』を読み始めたいと思います。

が「ナイス!」と言っています。
KAKAPO
『マニャーナの法則』のように「明日できることを今日やるな」的な常識とは違う主張もなく、2012年刊行と6年前の本であるため、ツールの使い方に斬新さを感じることもなかったが、「整理の究極的な目標は、整理をしなくてもいい状況をつくること、整理したくなければ、まず持つモノを少なくするに限ります。」や「何かを続けることができると、それ自体が自信になります。続けるという体験は、自分にこれといった才能がないと考えているた人たちには、とくに有効です。」などなど、やっていることが成果に繋がらない私に響く助言がありました。
KAKAPO
2018/03/24 05:27

ひよこさん、ehirano1さん、ミッキー・ダックさん、わたるさん、綾さん、おはようございます。★ナイスありがとうございます。会議にムダが多くなってしまう理由として、目的がはっきりしていない、参加者が多い、終了時間が決まっていない、が挙げられていますが、私は、主催者の考えがまとまっていない、という要因が最も影響しているのではないかと思います。それを解消するためには、主催者が事前に参加者から意見を聴き、問題の結果と原因を分解して明確にするとともに、自分なりに解決策を立案し、予め配布しておくことが重要です。

KAKAPO
2018/03/24 08:30

イーストゲートさん、red falconさん、おはようございます。★ナイスありがとうございます。モノを少なくするためには、近藤麻理恵さんの『人生がときめく片づけの魔法』に従って、ときめかないものから捨てていきましょう。「片づけマグルだから…」なんて、私のようなことを言っていては、何時まで経っても片付きません。

が「ナイス!」と言っています。
KAKAPO
本田直之さんの著書10冊目。今まで刊行されたレバレッジシリーズ?など書に書かれていた内容が網羅されている上に時代の変化を捉えた視座から書かれており、ファンから初めて著者の本を手に取る人までにお薦め。ざっくり言うと、自分が求めているライフスタイルを見極め、それを達成するために何を得るか、そのために何を(潔く)犠牲にするか(捨てるか)を決める必要があるという話です。私たちは、世間体を気にして暴走する欲の塊とも言えます。本当に幸せになるためには、他者の欲望を諦め、自分の求めるものを注力しなければならないのです。
KAKAPO
2018/03/24 05:34

ehirano1さん、Natsukiさん、おはようございます。★ナイスありがとうございます。よく、好きなことを仕事にしなさいとか、好きなことを仕事に出来るぐらいなら苦労しないとか、好きなことを仕事にしてしまうと楽しめないなどと言われますが、少なくとも、自分自身が関心を持っていて、よく理解していることでなければ、仕事が上手く行きませんし、関心がないことを担当したら、なんとかして関心を持とうとしなければなりません。関心がない仕事をするということは、図面を読めない設計者がデザインを考えるようなものなのです。

KAKAPO
2018/03/25 09:00

くるぶしふくらはぎさん、おはようございます。★ナイスありがとうございます。人間には、知りたい、という欲求があるということですが、やらされ感のある仕事に、知りたい、という気持ちを盛り込むのは難しいですよね。逆に、知りたいという気持ちを盛り込むことさえできれば、仕事は楽しくなるかもしれませんね。https://bookmeter.com/mutters/167822251

が「ナイス!」と言っています。
KAKAPO
読みたい本に登録してあったのは『仕事に追われない仕事術 マニャーナの法則 完全版』の様だったのですが、手に入れたのは、こちら。マニャーナ(manaña)とは、スペイン語で「明日」という意味で、「明日やる」ことで、仕事を完全に終わらせる画期的な方法、とのこと。私の仕事は、依頼されたら直ぐに回答することが求められがちなのですが、当然のことながら、急ぎではない仕事が積読になってしまいます。これからは、マニャーナの法則に従っていることを宣言し、コミットメントすることを厳選し、効率良く仕事に取組みたいと思いました。
KAKAPO
2018/03/21 05:56

私が試しているクローズ・リストでは、当日のページに前日に貼り付けたポストイットが貼り付けられているわけですが、仕事に取り掛かる時は先ず、その中から切りの良い時刻までに終わらせられそうな仕事を選び着手します。終わった仕事の付箋には終了日を記入し、前日のページにセロテープでしっかり貼り付けるというパターンを繰り返します。良いところは仕事の一覧を眺めた時、緊急度・重要度・かけられる時間などを加味して、着手する仕事が選べることです。与えられた仕事も自分の意思で選んでいる感じがモチベーションを高めてくれます。

KAKAPO
2018/03/21 21:26

sora_blueさん、こんばんちは。★ナイスありがとうございます。オリンピックで実力を発揮できる選手は、試合で実力以上の力を出そうとはしません。実力を100%に限りなく近く発揮しようとするだけです。私たちも、実力以上のコミットメントをしてはいけません。実力を100%に限りなく近く発揮しようとするだけでいいのです。

が「ナイス!」と言っています。
KAKAPO
最高!★×5:初めての著書(2014発行)なのか、まとまりがあるとは言えないが、先に読んだ『日本流イノベーション(2017発行)』に比べ、まるで生の講演を聴いているように、魂をぶつけられる熱さを感じた。特に「愛とは?」「人生の目的とは?」というテーマについて「能力を高めてより多くの人を幸せにして、自分もより多くの幸せを感じることじゃないか?」と読者に迫る部分は、これまで読んできたどの自己啓発書からも得られなかった納得感が得られ、本題の「イノベーションが生まれる組織の法則」を記述した部分よりも魅力的だった。
KAKAPO
2018/03/18 06:16

イーストゲートさん、はなのさん、ミッキー・ダックさん、おはようございます。★ナイスありがとうございます。イノベーションを生み出すためには、デザイン思考が有効です。机上であれこれ考えていないで、とにかく試作を作ってみる。最初は、必ずしも動く必要はありません。大きさが確認できるだけのものでも良いのです。

KAKAPO
2018/03/21 21:03

sora_blueさん、ルルさん、綾さん、Kanou Hikaruさん、くるぶしふくらはぎさん、こんばんちは。★ナイスありがとうございます。イノベーションは、イノベーターが起こす。イノベーターは、慢心しているわけではないが、どのような状況でも、自己肯定感を失わず、自分の価値観で考え、自分の原則に従って行動できる人。

が「ナイス!」と言っています。
KAKAPO
人口が減少する理由と影響を様々な証拠に基づいて説明している。人口減少は、毎年、百万人減るとかの穏やかなものではなく、雪山を転がる雪だまのように、いずれ雪崩になるかもしれない。日本は、沈没する前に、無人島になるのか、それとも、植民地になるのか?
KAKAPO
2018/04/14 10:05

てぬてぬさん、おはようございます。★ナイスありがとうございます。私は今、ちきりんさんの『自分の時間を取り戻そう』を読み終えたところなのですが、その中に「車の空き時間、家の空きスペース、人生で余っている時間、という3つの資源がUberとAirbnbにより有効活用されるようになった―」という件がありました。これからは、空いているモノをシェアするシステムが必要ですね。

KAKAPO
2018/04/19 08:14

aochamaさん、おはようございます。★ナイスありがとうございます。少子高齢化に加えて、『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』に書かれているような、AIに仕事を奪われるという問題も起こることで、日本は、壊滅的な状態になる可能性もありますね。私たちに何ができるのかな…

が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2013/04/13(1834日経過)
記録初日
2004/01/01(5224日経過)
読んだ本
992冊(1日平均0.19冊)
読んだページ
273199ページ(1日平均52ページ)
感想・レビュー
985件(投稿率99.3%)
本棚
130棚
性別
年齢
59歳
血液型
B型
職業
専門職
現住所
千葉県
外部サイト
URL/ブログ
http://ameblo.jp/kakapo1233/
自己紹介

 2016/10/22に、森博嗣さんの『χの悲劇』を読み終えたあと、小説を読むモチベーションが下がり、以前から興味のあったジャンル(精神分析など)を攻めています。

 2015年12月12日に『すべてがFになる』を読み終えて以来、ほぼ森博嗣さん一辺倒の読書を続けています。単に読者のミスリードを誘い、からかうようなミステリーや、リアルではあるが救いのない物語には、魅力を感じなくなってしまった。
 森博嗣さんの世界が、もれなく高品質であるわけではないが、森博嗣さんが到達した抽象性の高い視点は揺るぎないものなので、そこから繰り出される作品は、月日が経過しても色あせない基準を提供し続けてくれる。

 ――以下、投稿開始当時の自己紹介――

 2013年の7月に、ドラマ『7つの会議』を観て、「これは、原作を読まないわけにはいかないぞ!」ということから、そのころ、丁度ドラマ化されていた、池井戸潤さんと宮部みゆきさんの作品に嵌り、読書メーターで紹介して頂いた、高野和明さん、横山秀夫さんなどのミステリーを読み始めました。その後、東野圭吾さんや、近藤史恵さんの作品も加え、ミステリーのチェーンリーダー状態です。

趣味は、しょっちゅう変わりますが、継続しているのは、無料のブログを開設し時々投稿することでしょうか?最近は、この読書メーター、本が好き!がメインになってしまっています。

新卒で就職してから22年間、プロダクト・デザイナーの端くれとして働いて来ましたが、現在は品質管理部で、お客様やお取引先から寄せられるお申し出に対応する仕事をしています。

※Biogを運営しています。
1.自転車、車、ウォーキングの話題が中心の
「cyclic petals」
 http://blog.livedoor.jp/kakapo1233/
2.書評「本との出会いは、師との出会い。」
 http://ameblo.jp/kakapo1233/
3.ニュースについての感想が中心の
「世界を俯瞰する視点」
 http://blog.goo.ne.jp/kakapo1233
4.ネコちゃんの話題が中心の「Dinah,my dear!」
 http://cat.ap.teacup.com/kakapo/
5.designの話題を中心に?「incalzando」
 http://kakapo1233.exblog.jp/
6.ビズネスの話題を中心に?
「Sometimes he was a rebellious businessman.」
 http://kakapo1233.wordpress.com/
7.転職/キャリア/職業訓練をテーマにした
「get the message」
 http://kakapo1233.seesaa.net/
8.心地よい暮らしをテーマにした
「いい夢みてね」
 http://kakapo1233.hatenablog.com/
9.中年,独学,英語学習者の逡巡を描いた
「TOEIC 330点からの浮上!」
 http://ameblo.jp/shinich-kataoka/
10.哲学/心理学/潜在意識をテーマにした
「保育器の中の大人」
 http://yaplog.jp/kakapo/
11.社会教育,生涯教育.コーチングがテーマの
「ディフェンスラインを上げろ!」
 http://kakapo.muragon.com/
12.テーマ未定
「a chain leader」
 http://kakapo1233.blogspot.jp/

読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう