読書メーターあなたの読書量を記録・管理

10月の読書メーターまとめ

KAKAPO
読んだ本
7
読んだページ
1637ページ
感想・レビュー
7
ナイス
1040ナイス

10月に読んだ本
7

10月のお気に入られ登録
6

  • Rum
  • サピエンス
  • 555
  • 喰霊-零-
  • スター
  • おなつ

10月のトップ感想・レビュー!

KAKAPO
「僕がここまで来られた。その理由をきちんと説明できれば、きっと誰かの人生のヒントになる」長谷部さんは、本を書くことによって、自分と向き合ってみようと考えた。そして行き着いたのは「人生を愉しむ笑顔の連鎖を巻き起こしたいということなのかもしれない」という言葉。人はよく「ハセは運がいいね」と言うらしい。「どう違うんだ?」と聞かれたら、うまく答えることは、できないけれど「調律するように心を整える」ことを心掛けて生きてきた結果、当り前のことを極めて高いレベルでバランスさせることができる、選手が出来上がったのだろう。
KAKAPO
2018/10/27 09:55

moshiさん、かいてぃ〜さん、日曜読書人さん、のぶのぶさん、ちさとさん、たくみくたさん、Hitoshi Mitaさん、黒猫さん、ehirano1さん、イーストゲートさん、Die-Goさん、Kazuhiro Okamotoさん、katsu1969さん、不易流行さん、Koji Eguchiさん、AZレメディオスさん、シンシアさん、ミカママさん、KAZOOさん、おはようございます。★ナイスありがとうございます。サッカーは、チームや監督の戦略・戦術を理解して、自分自身はもちろんチームメイトを活かせることが大事。

KAKAPO
2018/10/30 05:27

はなのさん、薦渕雅春さん、サピエンスさん、秋桜さん、Akiさん、hundredpinkさん、キューポップさん、sora_blueさん、ミッキー・ダックさん、ヘルニアさん、ムッシュぼけみあんさん、冬木楼さん、Natsukiさん、MIHOLOさん、山羊さん、おはようございます。★ナイスありがとうございます。長谷部さんは、サッカーという道を修行することによって、悟りに辿り着こうとする求道者のようです。この本を出版したということは、ある意味、ある境地に到達した実感を得たのではないでしょうか。

が「ナイス!」と言っています。

10月のトップつぶやき!

KAKAPO

2018年9月の読書メーター 読んだ本の数:11冊 読んだページ数:2694ページ 頂いたナイス数:972ナイス⁉ありがとうございました‼ ★先月に読んだ本一覧はこちら→ https://bookmeter.com/users/343798/summary/monthly

KAKAPO
2018/10/08 05:09

Natsukiさん、ehirano1さん、相田うえおさん、白蓮さん、hundredpinkさん、hitokotoさん、おおにしさん、かいてぃ〜さん、めめたんさん、不易流行さん、ひかちゅうさん、山羊さん、もすけさん、かもめ通信さん、Kさん、Hitoshi Mitaさん、のぶのぶさん、いつでも母さんさん、ラッツさん、kinkinさん、キューポップさん、禍腐渦狂紳士タッキーさん、おはようございます。★ナイスありがとうございます。2018/09に読んだ本は、以下の通りです(^▽^)/

KAKAPO
2018/10/08 05:09

『密教の聖地 高野山』『なぜモチベーションが上がらないのか』『ゆるく考えよう 』『人生にはやらなくていいことがある』『すべての疲労は脳が原因2 <超実践編> 』『アマゾンが描く2022年の世界』『LEAN IN』『コンサルを超える 問題解決と価値創造の全技法』『デザインにひそむ〈美しさ〉の法則』『1秒もムダに生きない 時間の上手な使い方』『アイデアの接着剤』

が「ナイス!」と言っています。

10月の感想・レビュー一覧
7

KAKAPO
日本における仏教の歴史が大きく変わる時(いや、この本によると、二人が変えたのかもしれません…)、居合わせた二人の大使…出生から成長、掴んだ地位によって置かれた立場、それによって選ばざるを得なかった生きざまの違いを比較することによって、新たな世界が見えてきます。最澄と空海の時代に降り立った私は、更にブッダの時代に遡ったりしながら、仏教の潮流を観ようとしています。インドから中国、そして日本へと伝わった仏教の源流から、途絶えながらも、解釈され、成長してきた仏教について、更に深く知りたくなってしまいました。
KAKAPO
2018/11/04 06:31

キューポップさん、Mittiiさん、蓮華さん、ムッシュぼけみあんさん、Hitoshi Mitaさん、ちさとさん、ホシさん、ミカママさん、薦渕雅春さん、papakoさん、harassさん、Natsukiさん、KAZOOさん、不易流行さん、おはようございます。★ナイスありがとうございます。空海「三教指帰」によると、最澄は、天台の教学に対する各宗の批判に答える際、大日経疏の著者である一行と、真言宗付法の第六祖で金剛頂経系統の伝訳者である不空という、真言宗で大切にしている二名を俎上にのせ批判してしまったそうです。

KAKAPO
2018/11/04 06:37

のぶのぶさん、秋桜さん、イーストゲートさん、日曜読書人さん、だいすけさん、hundredpinkさん、ミッキー・ダックさん、moshiさん、ehirano1さん、ヘルニアさん、Kazuhiro Okamotoさん、sora_blueさん、冬木楼さん、おはようございます。★ナイスありがとうございます。このように、ゴータマ・ブッダによって開かれた仏教が、時の流れを越えて、インドから中国、そして日本へと、途絶えながらも伝播し、開花した過程から学ぶためには、最澄と空海という二人の大使の生涯を知ることが必要です。

が「ナイス!」と言っています。
KAKAPO
「密教は、毘盧遮那→金剛薩埵→龍猛→龍智→金剛智→不空→恵果→空海と伝わった。龍猛は龍樹ともいい、大乗仏教の建設者とされる人であった。密教経典は、もっとも新たにつくられた偽典ということになる。金剛智が南インドから連れてきたのが不空であり、金剛智の死後、インドに戻り、龍智に会って密教を学んだ。」このように、空海は奇跡のような灌頂の連鎖を受け、帰国した空海は、由緒正しい密教を習得したと、大胆な解釈によって更に進化させた。
KAKAPO
2018/10/30 05:23

hundredpinkさん、Mittiiさん、いっぺさん、はなのさん、日曜読書人さん、ヘルニアさん、ひよこさん、ehirano1さん、Kazuhiro Okamotoさん、かいてぃ〜さん、もすけさん、のぶのぶさん、Tadashi Tanohataさん、Natsukiさん、KAZOOさん、いのうえかずねさん、おはようございます。★ナイスありがとうございます。この本を一度読み終えることで、ようやく空海の思想を学ぶために必要な背景の把握にたどり着いたというところです(^^ゞ

が「ナイス!」と言っています。
KAKAPO
「僕がここまで来られた。その理由をきちんと説明できれば、きっと誰かの人生のヒントになる」長谷部さんは、本を書くことによって、自分と向き合ってみようと考えた。そして行き着いたのは「人生を愉しむ笑顔の連鎖を巻き起こしたいということなのかもしれない」という言葉。人はよく「ハセは運がいいね」と言うらしい。「どう違うんだ?」と聞かれたら、うまく答えることは、できないけれど「調律するように心を整える」ことを心掛けて生きてきた結果、当り前のことを極めて高いレベルでバランスさせることができる、選手が出来上がったのだろう。
KAKAPO
2018/10/27 09:55

moshiさん、かいてぃ〜さん、日曜読書人さん、のぶのぶさん、ちさとさん、たくみくたさん、Hitoshi Mitaさん、黒猫さん、ehirano1さん、イーストゲートさん、Die-Goさん、Kazuhiro Okamotoさん、katsu1969さん、不易流行さん、Koji Eguchiさん、AZレメディオスさん、シンシアさん、ミカママさん、KAZOOさん、おはようございます。★ナイスありがとうございます。サッカーは、チームや監督の戦略・戦術を理解して、自分自身はもちろんチームメイトを活かせることが大事。

KAKAPO
2018/10/30 05:27

はなのさん、薦渕雅春さん、サピエンスさん、秋桜さん、Akiさん、hundredpinkさん、キューポップさん、sora_blueさん、ミッキー・ダックさん、ヘルニアさん、ムッシュぼけみあんさん、冬木楼さん、Natsukiさん、MIHOLOさん、山羊さん、おはようございます。★ナイスありがとうございます。長谷部さんは、サッカーという道を修行することによって、悟りに辿り着こうとする求道者のようです。この本を出版したということは、ある意味、ある境地に到達した実感を得たのではないでしょうか。

が「ナイス!」と言っています。
KAKAPO
哲学を網羅的に記述したという本は、概ね哲学というよりも、哲学史になりがちで、知識を蓄えるための役には立ちますが、考え方を学ぶための導師としては力不足であることが多いものです。しかし、甲田純生先生が、はじめて「哲学とは何か」という問いと正面から向き合った、と仰る本書は、長大な哲学史を新書というコンパクトな装丁にまとめながらも、エピソード記憶に残るような魅力的な話題に溢れ、それぞれ読者の中でバラバラに存在している哲学の知識を体系化し、それに基づいて哲学的思考を開始するための手掛かりになる素晴らしい本でした。
KAKAPO
2018/10/22 15:51

Natsukiさん、ミッキー・ダックさん、KAZOOさん、もすけさん、harassさん、キューポップさん、こんにちは。この本が単に哲学史を紹介する本と一線を画しているところは「理解と空間の密接な関係」「時間は決して流れたりしない」などに現れています。「理解」という営みは、頭の中に何らかの空間をイメージして、そこで概念を操作すること。とか、空間化してしまうと本質か損なわれるようなもの「持続」によってその本質を最もよく言い当てられる時間は、人間にとってそもそも理解することが難しいものなのです。という記述です。

KAKAPO
2018/10/24 05:34

まみさん、ehirano1さん、Kazuhiro Okamotoさん、ヘルニアさん、Hitoshi Mitaさん、ムッシュぼけみあんさん、hundredpinkさん、ちさとさん、menmenさん、冬木楼さん、秋桜さん、555さん、薦渕雅春さん、おなつさん、のぶのぶさん、かいてぃ〜さん、おはようございます。★ナイスありがとうございます。子供の頃、哲学と宗教(思想)との境界線が曖昧でしたが、こうして学んでくると、哲学とは、ある意味、ものごとを考えるための基盤というか道具というか、道しるべみたいなものなのかも?

が「ナイス!」と言っています。
KAKAPO
>いちばんのカギは「緩急自在」の「自在」の部分にあります。自れが在る―自分が緩急のペースを選び取るということでしょう。人は何のために生きるのか、人が作った集団・組織が何のためにあるのかを忘れない。すべてを解くカギは「自発性」だと思う。「自発性」が保てるとすれば、苦しみの先に歓びがあるからだ。そして、このことこそが「学ぶ」ということの本質ではないだろうか。真の「ゆたかさ」とは「心ゆたか」であることであり、そのためには、やっている当人たちが、それを楽しみ、おもしろがり、快いと思わなくてはならない。
KAKAPO
2018/11/07 05:38

かいてぃ〜さん、いっぺさん、イーストゲートさん、Natsukiさん、かっくんさん、Hitoshi Mitaさん、AZレメディオスさん、KAZOOさん、おなつさん、のぶのぶさん、ミカママさん、おはようございます。★ナイスありがとうございます。私たちは、他者の生活を羨み、同じ欲求を満たそうと、自分の素直な欲求を見ようとすらしません。しかし、本当に幸せになるためには、他者から押し付けられる価値観に応じることではなく、自分の素直な欲求に耳を傾け、それを満たそうとすることなのです。

KAKAPO
2018/11/07 05:41

絵美さん、しらたまさん、マーシュランドさん、sora_blueさん、ブーボさん、秋桜さん、ヘルニアさん、日曜読書人さん、Kazuhiro Okamotoさん、hundredpinkさん、ムッシュぼけみあんさん、キューポップさん、冬木楼さん、魚京童!さん、薦渕雅春さん、ehirano1さん、おはようございます。★ナイスありがとうございます。そして、自分の素直な欲求とは、何らかの形での他者への影響力なのではないでしょうか?自分が手に入れるモノ・コトで欲求を満たすのではなく、他者との関係の中で満たされるのです。

が「ナイス!」と言っています。
KAKAPO
>信頼が高い人については、良い情報が重みを持ち信頼が維持され、信頼が低い人については、悪い情報が重みを持ち低い信頼が維持されやすい。とか、信頼を高める最も強い要因は同じような価値を持っているという認知である。など、過去の経験と照らし合わせても、腑に落ちる内容でした。信頼を失った組織は、損害を与えた相手の立場に立つことが重要である。とのことですが、組織のトップは、蚊帳の外から感想を述べるだけのような、相手の立場を理解できていない。と思うような対応が多いのではないかと思いました。信頼を回復するために方法とは?
KAKAPO
2018/11/17 06:21

魚京童!さん、ミッキー・ダックさん、薦渕雅春さん、ehirano1さん、かいてぃ〜さん、ちさとさん、いっぺさん、イーストゲートさん、Natsukiさん、Hitoshi Mitaさん、KAZOOさん、のぶのぶさん、ミカママさん、おはようございます。★ナイスありがとうございます。信頼が高い人は、日々の言動や行動から「自分自身で構築したしっかりとした価値観と行動原則を持っている」と感じられる、という特長があるのではないかと思います。それによって周囲の人たちは、恐れることなく、その人に接することができるのです。

KAKAPO
2018/11/17 06:26

かずさん、ふっかー復活委員長さん、マーシュランドさん、sora_blueさん、ブーボさん、秋桜さん、ヘルニアさん、日曜読書人さん、hundredpinkさん、ムッシュぼけみあんさん、キューポップさん、冬木楼さん、おはようございます。★ナイスありがとうございます。一方、信頼が低い人は、借り物の価値観と行動原則によって一貫性が失われていたり、目的と手段が転倒しているような言動や行動が目立つような気がします。周囲の人たちは、その人のリーダーシップによる活動に参加することをためらい、求心力が失われてしまうのです。

が「ナイス!」と言っています。
KAKAPO
"大事なのは、限られたリソースをどう配分して最大限の価値をつくっていくか、だ。そのための手がかりは、目の前のユーザーだ。自分の人生に配られたカードで最善のプレーをする。目の前の勉強、仕事、活動を頑張る。そうすれば、振り返ったときに自ずと道はできている。"ウォンテッドリーというスタートアップを率いる仲暁子さんを貫く基本的な観点・考え方は、経済的な成功を求める貪欲さなどではなく、日本というこの美しい国が好きだからこそ、今後の進むべき道を考えるきっかけ、さらなる発展の一助になりたい、という清々しい気持ちでした。
KAKAPO
2018/10/17 05:08

hundredpinkさん、Hitoshi Mitaさん、Kazuhiro Okamotoさん、ゆにさん、Natsukiさん、あさひなさん、チガさん、ehirano1さん、くるぶしふくらはぎさん、おはようございます。★ナイスありがとうございます。フェイスブックやフェイスブックが内包するインスタグラムが急成長しているとはいえ、私は、コミュニケーション消費を支援するというビジネスも、無限に成長するとは思えません。だって、それは、他人の欲望を欲望することに繋がるような気がするから……。

KAKAPO
2018/10/17 05:11

ふかわさん、冬木楼さん、ミッキー・ダックさん、キューポップさん、cryptoryouさん、日曜読書人さん、薦渕雅春さん、秋桜さん、ポップ430さん、おはようございます。★ナイスありがとうございます。著者の仲暁子さんは、京都大学卒業後、ゴールドマン・サックス、フェイスブックを経て、ウォンテッドリーというIT関連企業を経営しているという凄い人…そして、この本は、ビジネスから思想的な話まで、短い言葉ながらバシッと決めていて、頭が下がる内容です。全ての組織が躍進するために必要なのは、価値観を共有するトライブです!

が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2013/04/13(2050日経過)
記録初日
2004/01/01(5440日経過)
読んだ本
1098冊(1日平均0.20冊)
読んだページ
296904ページ(1日平均54ページ)
感想・レビュー
1095件(投稿率99.7%)
本棚
130棚
性別
年齢
60歳
血液型
B型
職業
専門職
現住所
千葉県
外部サイト
URL/ブログ
http://ameblo.jp/kakapo1233/
自己紹介

 2016/10/22に、森博嗣さんの『χの悲劇』を読み終えたあと、小説を読むモチベーションが下がり、以前から興味のあったジャンル(精神分析など)を攻めています。

 2015年12月12日に『すべてがFになる』を読み終えて以来、ほぼ森博嗣さん一辺倒の読書を続けています。単に読者のミスリードを誘い、からかうようなミステリーや、リアルではあるが救いのない物語には、魅力を感じなくなってしまった。
 森博嗣さんの世界が、もれなく高品質であるわけではないが、森博嗣さんが到達した抽象性の高い視点は揺るぎないものなので、そこから繰り出される作品は、月日が経過しても色あせない基準を提供し続けてくれる。

 ――以下、投稿開始当時の自己紹介――

 2013年の7月に、ドラマ『7つの会議』を観て、「これは、原作を読まないわけにはいかないぞ!」ということから、そのころ、丁度ドラマ化されていた、池井戸潤さんと宮部みゆきさんの作品に嵌り、読書メーターで紹介して頂いた、高野和明さん、横山秀夫さんなどのミステリーを読み始めました。その後、東野圭吾さんや、近藤史恵さんの作品も加え、ミステリーのチェーンリーダー状態です。

趣味は、しょっちゅう変わりますが、継続しているのは、無料のブログを開設し時々投稿することでしょうか?最近は、この読書メーター、本が好き!がメインになってしまっています。

新卒で就職してから22年間、プロダクト・デザイナーの端くれとして働いて来ましたが、現在は品質管理部で、お客様やお取引先から寄せられるお申し出に対応する仕事をしています。

※Biogを運営しています。
1.自転車、車、ウォーキングの話題が中心の
「cyclic petals」
 http://blog.livedoor.jp/kakapo1233/
2.書評「本との出会いは、師との出会い。」
 http://ameblo.jp/kakapo1233/
3.ニュースについての感想が中心の
「世界を俯瞰する視点」
 http://blog.goo.ne.jp/kakapo1233
4.ネコちゃんの話題が中心の「Dinah,my dear!」
 http://cat.ap.teacup.com/kakapo/
5.designの話題を中心に?「incalzando」
 http://kakapo1233.exblog.jp/
6.ビズネスの話題を中心に?
「Sometimes he was a rebellious businessman.」
 http://kakapo1233.wordpress.com/
7.転職/キャリア/職業訓練をテーマにした
「get the message」
 http://kakapo1233.seesaa.net/
8.心地よい暮らしをテーマにした
「いい夢みてね」
 http://kakapo1233.hatenablog.com/
9.中年,独学,英語学習者の逡巡を描いた
「TOEIC 330点からの浮上!」
 http://ameblo.jp/shinich-kataoka/
10.哲学/心理学/潜在意識をテーマにした
「保育器の中の大人」
 http://yaplog.jp/kakapo/
11.社会教育,生涯教育.コーチングがテーマの
「ディフェンスラインを上げろ!」
 http://kakapo.muragon.com/
12.テーマ未定
「a chain leader」
 http://kakapo1233.blogspot.jp/

読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう