読書メーターあなたの読書量を記録・管理

11月の読書メーターまとめ

KAKAPO
読んだ本
2
読んだページ
467ページ
感想・レビュー
2
ナイス
464ナイス

11月に読んだ本
2

11月のお気に入られ登録
1

  • うらのプーさん

11月のトップ感想・レビュー!

KAKAPO
冒頭《「家族」この奇妙な共同体には、実に多くの矛盾と逆説が詰め込まれている。家族は、絶望であって希望である。》と始まって《「人間」と「家族」だけは、変われば変わるほど変わらない。~私たちはいかにして「家族」と共存しうるのか。~》と終わる本書を読み終えた後、読者は否が応でも自分の家族を見詰め、自分自身と家族のありかたについて考えざるを得なくなるだろう。私たち一人ひとりの幸不幸は、好むと好まざるにかかわらず、家族という「ほかのいかなる人間関係よりもマシな形態」の在り方に依存していることを自覚したのだから…
KAKAPO
2017/11/18 15:13

蓮華さん、ヘルニアさん、red falconさん、キューポップさん、こんにちは。★ナイスありがとうございます。私の感想・レビューに引用した部分の前半に続いて《つまり家族は、絶望であって希望である。人間がそうであるように。》という件があるのですが、同じことを自分自身の言葉に置き換えると「最も理解され認められたい対象は家族であるにも関わらず、真に理解された認められたという感じが得にくく、かつ仮に理解された認められたという感じが得られたとしても満足できない対象が家族なのかもしれない。」と思ってしまいました。

KAKAPO
2017/11/19 16:02

ミッキー・ダックさん、くるぶしふくらはぎさん、cryptoryouさん、こんにちは。★ナイスありがとうございます。「おわりに」によると、本書は、PR誌『ちくま』の2003年9月号から2005年8月号に連載された文章に加筆訂正したもの、とのことです。そのため、一つひとつのテーマが離れ離れに点在しているような感じなのですが、斎藤環先生が思いを巡廻された軌跡をトレースするにしたがって、無理なく収斂して行く様が不思議です。私たちは、家族という「ほかのいかなる人間関係よりもマシな形態」と上手く付き合うべきなのです。

が「ナイス!」と言っています。

11月のトップつぶやき!

KAKAPO

2017年10月の読書メーター 読んだ本の数:4冊『スイッチ!/チップ・ハース,ダン・ハース』『お客様の「不安」を 「安心」に変える聴く力/佐藤信二』『アイデアのちから/チップ・ハース,ダン・ハース』『やり抜く力 GRIT(グリット)/アンジェラ・ダックワース』いただいたナイス数:510! ありがとうございました。 ★先月に読んだ本一覧はこちら→ https://bookmeter.com/users/343798/summary/monthly

KAKAPO
2017/11/03 16:03

キューポップさん、不易流行さん、★ナイスありがとうございます。仕事というものは、ある意味「相手の行動を変える(相手の行動に影響を与える)」こととも言えるでしょう。『スイッチ!』には、「相手の行動を変えるには、その人の環境を変えなければならい」と書かれています。私たちにとって「意思の力で行動を変える」ということは、案外難しいことです。でも『スイッチ!』には「環境を変えれば、すんなり行動が変わることがある」ということが示されています。

KAKAPO
2017/11/05 05:20

kiddanyromeroさん、しょーくん、90acさん、cryptoryouさん、さなえさん、だいすけさん、白蓮さん、ehirano1さん、mjさん、ラッツさん、sora_blueさん、いつでも母さん、おはようございます。★ナイスありがとうございます。世の中全体が合理主義に傾いている中、何をするにも出来るだけ合理的に、一回で完璧にって思ってしまいがちなのですが、GRIT、アイデア、スイッチをよんでからは、効率が悪くても一つひとつできることから片づけるようにしています。精神衛生上、良いような気がします。

が「ナイス!」と言っています。

11月の感想・レビュー一覧
2

KAKAPO
冒頭《「家族」この奇妙な共同体には、実に多くの矛盾と逆説が詰め込まれている。家族は、絶望であって希望である。》と始まって《「人間」と「家族」だけは、変われば変わるほど変わらない。~私たちはいかにして「家族」と共存しうるのか。~》と終わる本書を読み終えた後、読者は否が応でも自分の家族を見詰め、自分自身と家族のありかたについて考えざるを得なくなるだろう。私たち一人ひとりの幸不幸は、好むと好まざるにかかわらず、家族という「ほかのいかなる人間関係よりもマシな形態」の在り方に依存していることを自覚したのだから…
KAKAPO
2017/11/18 15:13

蓮華さん、ヘルニアさん、red falconさん、キューポップさん、こんにちは。★ナイスありがとうございます。私の感想・レビューに引用した部分の前半に続いて《つまり家族は、絶望であって希望である。人間がそうであるように。》という件があるのですが、同じことを自分自身の言葉に置き換えると「最も理解され認められたい対象は家族であるにも関わらず、真に理解された認められたという感じが得にくく、かつ仮に理解された認められたという感じが得られたとしても満足できない対象が家族なのかもしれない。」と思ってしまいました。

KAKAPO
2017/11/19 16:02

ミッキー・ダックさん、くるぶしふくらはぎさん、cryptoryouさん、こんにちは。★ナイスありがとうございます。「おわりに」によると、本書は、PR誌『ちくま』の2003年9月号から2005年8月号に連載された文章に加筆訂正したもの、とのことです。そのため、一つひとつのテーマが離れ離れに点在しているような感じなのですが、斎藤環先生が思いを巡廻された軌跡をトレースするにしたがって、無理なく収斂して行く様が不思議です。私たちは、家族という「ほかのいかなる人間関係よりもマシな形態」と上手く付き合うべきなのです。

が「ナイス!」と言っています。
KAKAPO
『すぐに稼げる文章術』という題にも関わらず、第4章までは、文章の主語・述語の関係が分かりにくく「読みにくいなぁ~」と思いながら読み進めていたのですが、第5章に入ると、著者自身が仕事を通して培ったことを素直に書き出したのか、俄然面白くなりました。主張されていることの多くが、私も好きな「山田ズーニーさんに似ているなぁ~」と思って読んでいたのですが、著者もズーニーさんの意見を自著で引用されるほど影響を受けているようです。「文章を書いていくと、自分がわからないことが確実に明確になります。」という言葉に共感です。
KAKAPO
2017/11/03 17:29

sora_blueさん、のぶのぶさん、不易流行さん、こんばんちは。★ナイスありがとうございます。《書評とは、本を買いに走りたくなる。エッセイ自体がおもしろい、そのいずれかの要素を満たさなければなりません。》なるほど…自分が気に入った本を、特定の趣味・趣向を持つ読メに向けて、読んでみたくなるような書評を心掛けているつもりでおりましたが、こうして文章で書かれると、その意識が強くなかったかもしれないと思います。これからは、それぐらいの勢いで書いてみたいと思います。

KAKAPO
2017/11/05 09:42

0607xxxさん、ehirano1さん、蓮華さん、イーストゲートさん、cryptoryouさん、冬木楼さん、ヘルニアさん、だいすけさん、秋桜さん、Walhallaさん、きむこさん、Mittiiさん、red falconさん、しおりさん、おはようございます。★ナイスありがとうございます。『すぐに稼げる文章術』とは、読者を揺さぶり、考える余地を与え、行動を変容させる文章を書く技術ということなのかもしれませんね。先ず、著者の気概が必要だということで、技術の方は、二の次なのかもしれません。

が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2013/04/13(1707日経過)
記録初日
2004/01/01(5097日経過)
読んだ本
962冊(1日平均0.19冊)
読んだページ
266233ページ(1日平均52ページ)
感想・レビュー
955件(投稿率99.3%)
本棚
128棚
性別
年齢
59歳
血液型
B型
職業
専門職
現住所
千葉県
外部サイト
URL/ブログ
http://ameblo.jp/kakapo1233/
自己紹介

 2016/10/22に、森博嗣さんの『χの悲劇』を読み終えたあと、小説を読むモチベーションが下がり、以前から興味のあったジャンル(精神分析など)を攻めています。

 2015年12月12日に『すべてがFになる』を読み終えて以来、ほぼ森博嗣さん一辺倒の読書を続けています。単に読者のミスリードを誘い、からかうようなミステリーや、リアルではあるが救いのない物語には、魅力を感じなくなってしまった。
 森博嗣さんの世界が、もれなく高品質であるわけではないが、森博嗣さんが到達した抽象性の高い視点は揺るぎないものなので、そこから繰り出される作品は、月日が経過しても色あせない基準を提供し続けてくれる。

 ――以下、投稿開始当時の自己紹介――

 2013年の7月に、ドラマ『7つの会議』を観て、「これは、原作を読まないわけにはいかないぞ!」ということから、そのころ、丁度ドラマ化されていた、池井戸潤さんと宮部みゆきさんの作品に嵌り、読書メーターで紹介して頂いた、高野和明さん、横山秀夫さんなどのミステリーを読み始めました。その後、東野圭吾さんや、近藤史恵さんの作品も加え、ミステリーのチェーンリーダー状態です。

趣味は、しょっちゅう変わりますが、継続しているのは、無料のブログを開設し時々投稿することでしょうか?最近は、この読書メーター、本が好き!がメインになってしまっています。

新卒で就職してから22年間、プロダクト・デザイナーの端くれとして働いて来ましたが、現在は品質管理部で、お客様やお取引先から寄せられるお申し出に対応する仕事をしています。

※Biogを運営しています。
1.自転車、車、ウォーキングの話題が中心の
「cyclic petals」
 http://blog.livedoor.jp/kakapo1233/
2.書評「本との出会いは、師との出会い。」
 http://ameblo.jp/kakapo1233/
3.ニュースについての感想が中心の
「世界を俯瞰する視点」
 http://blog.goo.ne.jp/kakapo1233
4.ネコちゃんの話題が中心の「Dinah,my dear!」
 http://cat.ap.teacup.com/kakapo/
5.designの話題を中心に?「incalzando」
 http://kakapo1233.exblog.jp/
6.ビズネスの話題を中心に?
「Sometimes he was a rebellious businessman.」
 http://kakapo1233.wordpress.com/
7.転職/キャリア/職業訓練をテーマにした
「get the message」
 http://kakapo1233.seesaa.net/
8.心地よい暮らしをテーマにした
「いい夢みてね」
 http://kakapo1233.hatenablog.com/
9.中年,独学,英語学習者の逡巡を描いた
「TOEIC 330点からの浮上!」
 http://ameblo.jp/shinich-kataoka/
10.哲学/心理学/潜在意識をテーマにした
「保育器の中の大人」
 http://yaplog.jp/kakapo/
11.社会教育,生涯教育.コーチングがテーマの
「ディフェンスラインを上げろ!」
 http://kakapo.muragon.com/
12.テーマ未定
「a chain leader」
 http://kakapo1233.blogspot.jp/

読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう