読書メーターあなたの読書量を記録・管理

12月の読書メーターまとめ

KAKAPO
読んだ本
15
読んだページ
3338ページ
感想・レビュー
15
ナイス
1134ナイス

12月に読んだ本
15

12月のお気に入られ登録
2

  • 愛の伝道師カロン
  • lulu

12月のトップ感想・レビュー!

KAKAPO
この『沈黙入門』は、小池龍之介さんが、放蕩生活ゆえに大学を二留していたころから、修行をぽつぽつと始め、何とか卒業して「イエデカフェ」を営んでいたころの間に「家出空間」というウェブサイトに書き続けていたいたもの、とのことです。おそらく、自意識過剰であったために、様々な"上手く行かないこと"に出会い、挫折を経験し、その状態から立ち直るために、その時の自分を客観的に見詰めることを通して課題を発見し、師から教えを乞うのではなく、自分自身の力で仏道に接近し開眼していった過程の記述とも言えるのではないかと思いました。
KAKAPO
2018/12/14 18:09

PGさん、イーストゲートさん、キューポップさん、むたさん、Hitoshi Mitaさん、Gaoooさん、ちさとさん、のんきさん、carlさん、えるどなさん、Kazuhiro Okamotoさん、こんばんは。★ナイスありがとうございます。確かに、欲望は、求めれば求めるほど、満たせたとしても満たせるほど、肥大化し、自分でもコントロールできなくなるものなのかもしれませんね。ゴーンさんもそうだったのかな(・・?

KAKAPO
2018/12/15 08:39

menmenさん、きょちょさん、sora_blueさん、ヘルニアさん、Tadashi Tanohataさん、豆生さん、おはようございます。★ナイスありがとうございます。ある意味、教育とか、ビジネス、政治など、人の活動というものは、自分が納得した主義・主張を相手に押し付けていくことだとも言えるので、小池龍之介さんが仰るところの仏道とは、方法性が違うものなのかもしれませんが、人類が良かれと思って邁進してきた活動が、一方では戦争や地球の資源をむさぼることに繋がっているとも言えるので、さて、どうしたものなのか?

が「ナイス!」と言っています。

12月のトップつぶやき!

KAKAPO

2018年11月の読書メーター 読んだ本の数:11冊。10月に引続き、空海を中心に仏教関係の本が9冊でした。人類を進歩させるのは、科学かもしれませんけど、調和させるのは、仏教的な考え方なのではないだろうか?と思う日々です。いただいたナイス数:1045!ありがとうございました! ★先月に読んだ本一覧はこちら→ https://bookmeter.com/users/343798/summary/monthly

が「ナイス!」と言っています。

12月の感想・レビュー一覧
15

KAKAPO
>長期的に見て確実なリターンがあるのは、目先の年収より「学び、自分がそこでどれだけ力をつけられるか」。会社選択の際に、「自分がやりたいことができる」ことを理由にした人の方が、給与などの「待遇がよい」ことを理由にした人より、その後の仕事における満足度が高かったそうです……。この話を受けて、私は、仕事の「やりがい」は、「どれだけ、自己裁量が与えられるか」言い換えれば、「責任を背負うことが出来るか」に比例すると思いました。仕事が出来るようになれば、自己裁量も責任も増えて大きくなり、やりがいに繋がるのだと……。
KAKAPO
2018/12/30 16:20

ehirano1さん、luluさん、moshiさん、もちもちかめさん、Hitoshi Mitaさん、サピエンスさん、kinkinさん、愛の伝道師カロンさん、キューポップさん、秋桜さん、sora_blueさん、ななさん、こんにちは。★ナイスありがとうございます。マーケティングの第一人者アル・ライズは「成功が自信を生む。自信が成功を生むわけではない。」と述べたそうですが、多くの自己啓発本の著者が異口同音に書いているように、小さくでもいいから成功を積み重ねることで、未知の仕事に立ち向かえる自信が身につくのかも…

KAKAPO
2018/12/31 08:55

イーストゲートさん、cryptoryouさん、hundredpinkさん、ヘルニアさん、ろここさん、harassさん、Kazuhiro Okamotoさん、おはようございます。★ナイスありがとうございます。私が考える「長期的に最も価値がある投資」は「自分の自信に繋がること」です。逆境に出会った時に「打破できる」という気持ちを起こすためには、借り物ではない「自信」が必要です。それは、抽象的な概念や、根拠のないものでも良いのですが、他者の信頼を得るという意味では、誰にでも分かりやすいものもあるといいですね。

が「ナイス!」と言っています。
KAKAPO
>あなたにとって、これからの人生でいちばん大事なのは、いかに楽しむか、ということです。うまくできるかどうかよりも、そのことを楽しめるかどうか…。会社が成長すると、後から入社してくる若い人たちは、だれもが極めて優秀です。私は、ハードルの低い時に潜り込んだバブル中途採用組なので、そもそもの能力に差がある上に、老化で脳力も体力も落ちて、戦力としては頼りなく、自分を卑下しがちなのですが、若い人たちに対して、たった一つだけできることが有るとすれば、課題を乗り越えることは楽しいことだと、背中を見せることだと思います↑
KAKAPO
2018/12/30 16:13

ehirano1さん、luluさん、テディさん、もちもちかめさん、Hitoshi Mitaさん、こんにちは。★ナイスありがとうございます。テディさんが、ご感想・レビューに書かれているように、60代には、活動的で気持ちが若い人と反対の人がいる不思議な層です。理由は様々でしょうが、私のように歳をとった親を亡くしたりすると、いずれ自分にも降りかかる定めをリアルに感じてしまう、ということもあるかもしれません。いつまでも若々しくあるためには、良い意味で諸行無常を受け入れ、執着を手放すことが必要なのかもしれませんね。

KAKAPO
2018/12/31 08:44

イーストゲートさん、cryptoryouさん、hundredpinkさん、ヘルニアさん、ろここさん、harassさん、あさん、おはようございます。★ナイスありがとうございます。徳を積むこと以上に忘れてはならない大切なことがありました!現状の自分に満足するということです。自分が望んでいることを既に実現している人を羨んだりせずに、自分が過ごしてきた人生に自信を持つということです。それは、取りも直さず、他者が押し付けてくる価値観から自由になり、自分の価値観を自分の力で構築し、それに沿って生きるということです。

が「ナイス!」と言っています。
KAKAPO
「どうせ死ぬのに」という部分は、あえて避けているのかもしれないけれど、「なぜ生きるのか」という疑問が目の前に立ち塞がることはある。その時、自分を納得させる回答は、既に背負ってしまった責任を果たすためであったり、家族とささやかな喜びを噛みしめるためであったり…いずれにしても「どうせ生きるのなら、明るく生きたい」とするならば、「できれば一日の始まりに近いところで、掛け値なしの爽やかな一瞬をつくっておく」と良いらしい、そのピークはほんの10秒ほどであったとしても、朝の爽やかな自分の方が本来の自分だと感じられる。
KAKAPO
2018/12/29 18:23

キューポップさん、starbroさん、愛の伝道師カロンさん、luluさん、yoshidaさん、こんばんちは。★ナイスありがとうございます。表題の問いに対する答えは、読者それぞれが、これまでの人生の中で経験したことによって定義づけられているのではないか、と思いますが、名越先生のもとを訪ねる患者さんはともかく、多くの人は、このような問いを意識しないで、それこそ、ジャックラカンが言うところの他者の欲望を模倣しながら生きているように見えます。仏教は、そのような生き方に問いと答えを投げかけているのかもしれません。

KAKAPO
2018/12/30 06:54

KAZOOさん、hundredpinkさん、moshiさん、sora_blueさん、pamoさん、秋桜さん、harassさん、薦渕雅春さん、Kazuhiro Okamotoさん、ヘルニアさん、kinkinさん、のぶのぶさん、おはようございます。★ナイスありがとうございます。「自分の人生をもう少し充実させたい、毎日をもう少し明るく生きたい」と願うのであれば、逆に人はだれもが死に向かって生きている、という事実から目を背けずに、そんな諸行無常の中で、何をするべきかを発見する必要があるということでしょうか。

が「ナイス!」と言っています。
KAKAPO
>美しいものほど、長い歴史をかけて築かれたものであり「誰にとってもこころよいこと」。「平常心是道」…いつもどおり当たり前のことをやることが大切であり、それが悟るということでもある。「悟り」は、「安らかな心」というふうに言い換えてもいい……。美しい所作を意識すると、必然的に自分の動作を意識することになりますし、ゆっくりと丁寧な動きになり、そこには、怒りの感情が入り込む余地がなくなります。何事も急いだからといって早くできるとは限りません。むしろ、一つひとつの動作を意識して一発で仕上げることが成功の秘訣です。
KAKAPO
2018/12/29 12:24

愛の伝道師カロンさん、kinkinさん、秋桜さん、luluさん、のぶのぶさん、ミカママさん、Kazuhiro Okamotoさん、pamoさん、くるぶしふくらはぎさん、もすけさん、こんにちは。★ナイスありがとうございます。辞書で「智慧」を見ると、「煩悩を消滅させ、義理を悟る精神の働き」と説明されているとのことです。私たちは、様々な「欲」を追い求めて、その「欲」さえ満たされれば、満足できるはずだ、と思って日々を過ごしています。しかし、満たされれば「欲」は、新たな「欲」を生み、新たな「不満」の元になるのです。

KAKAPO
2018/12/30 06:31

KAZOOさん、hundredpinkさん、sora_blueさん、harassさん、ヘルニアさん、Natsukiさん、蓮華さん、薦渕雅春さん、ehirano1さん、ブーボさん、えるどなさん、キューポップさん、cryptoryouさん、おはようございます。★ナイスありがとうございます。禅には「一息(いっそく)に生きる」という言葉があるそうです。「ひと呼吸するあいだにもやるべきことはある。それをやりきることが大切だ。一日は、一息のつらなりです。一息、一息がつらなって一日になる。一年だって同じ。さらに人生も…

が「ナイス!」と言っています。
KAKAPO
先日、アルボムッレ・スマナサーラ長老の『怒らないこと』と『怒らないこと2』を続けて読みました。いずれも翻訳ではないのかもしれませんが、やはり言葉の壁を感じ、きちんと理解できたとは言えない感じが残りました。そんな時、小池龍之介さんの『もう、怒らない』に出会いました。この本は、まるで、スマナサーラ長老の言葉を、日本人の私にも分かりやすいように噛み砕いているような内容でした。私は、歳をとって、いっそう怒りっぽくなっていることを自覚していますが、その苛立ちの原因と、怒りが自分の心を蝕むことを知ることができました。
KAKAPO
2018/12/29 09:42

キューポップさん、秋桜さん、cryptoryouさん、白蓮さん、のぶのぶさん、ひよこさん、かいてぃ〜さん、おはようございます。★ナイスありがとうございます。欲、怒り、迷いという負のエネルギーは、発散どころか、心の中で反芻されることによって増幅し、自分の心を蝕んでしまうんですね(・_・;) 気をつけないと…

KAKAPO
2018/12/29 09:45

日曜読書人さん、綾さん、イーストゲートさん、ヘルニアさん、冬木楼さん、hundredpinkさん、ムッシュぼけみあんさん、おはようございます。★ナイスありがとうございます。「自分が不当に扱われた」と感じた時、誰だって相手に対する敵意が頭をもたげてしまいますよね。でも、そんな時は、相手を憐れむことで、心を鎮めましょう(^▽^)/

が「ナイス!」と言っています。
KAKAPO
《お釈迦さまは「一切は苦(ドゥッカ)である」と発見なさいました。快楽を得ようと努力しても、結局、残るのは「もっと欲しい」という気持ち、不満だけです。そういうわけで、お釈迦さまは、「欲望が消えた状態は幸福だ」と言うのです。》だから、欲望を追求しても幸せは続かない、それはムダな努力で、むしろ欲望を消すことが幸せになる最短距離だ、と言われても簡単には納得できないし、むしろ納得したくない、という人の方が多いでしょう。でも、欲しいものを少しだけ遠ざけてみると、それが無くても困らないし、不幸でもないことが分かります。
KAKAPO
2018/12/24 22:32

たぬきさん、luluさん、red falconさん、harassさん、kinkinさん、イーストゲートさん、えるどなさん、おなつさん、愛の伝道師カロンさん、こんばんは。★ナイスありがとうございます。心の働きは、コントロールできる意識的なものと、どうにも手に負えない、手の施しようのない無意識のものがあります。コントロールできる意識の働きを、自分の幸福の方に管理しておけば、それで人間は幸福になれます。ヴィバッサーナー瞑想は、コントロールできることを頭の中で言葉で実況中継しながら、ゆっくり行うのです。

KAKAPO
2018/12/24 22:41

sora_blueさん、hundredpinkさん、のぶのぶさん、薦渕雅春さん、Kazuhiro Okamotoさん、Natsukiさん、Mittiiさん、秋桜さん、Hitoshi Mitaさん、くるぶしふくらはぎさん、こんばんは。★ナイスありがとうございます。多くの人が、人生にはやっかいな問題が多いと言うものですが、そのほとんどは自分と他人を比べることから生まれる苦しみです。幸福が消えてしまうのです。だから仏教は他人と比べることをやめて、心を混乱させずに、落ち着いて行動することを推薦しているのです。

が「ナイス!」と言っています。
KAKAPO
>勉強はできれば怠けたいけど、やらなくてはいけない。だから奮い立たせる。ライバルをつくってその人を「軽視」して「俺の方がすごい」と思ったりします。このやり方では、結局うまくはいきません。「ライバルに勝ちたい」だけで「勉強したい」という気持ちは無いから…。アルボムッレ・スマナサーラ長老は、私たちの心が「怒ること」によって蝕まれることの恐ろしさを繰り返し突き付けてきます。長老の眼には、それだけ私たちの築き上げた社会が、自分だけが幸せになりたいという、怒りのエネルギー突き動かされているように見えるのでしょう。
KAKAPO
2018/12/22 20:28

Hitoshi Mitaさん、シンシアさん、のぶのぶさん、ayacoooさん、愛の伝道師カロンさん、AZレメディオスさん、harassさん、Mittiiさん、KAZOOさん、Natsukiさん、ブーボさん、キューポップさん、kinkinさん、yoshidaさん、こんばんちは。★ナイスありがとうございます。人には、「誰かの役に立っている」という実感が必要です。小さなことでも、「私はけっこう役に立っているんだ」と思えれば、楽に生きられます。なにかしらできることはありますから、それをしっかりとやればいいのです。

KAKAPO
2018/12/23 07:15

sora_blueさん、ミカママさん、ヘルニアさん、Kazuhiro Okamotoさん、えるどなさん、luluさん、薦渕雅春さん、秋桜さん、おはようございます。★ナイスありがとうございます。長老は、仰います。「生きることは苦」です。そして「それでも苦は嫌だ」というのが生きるシステムです。しかしながら、一切のものごとは無常で、けっして一瞬たりとも同じではありません。「それなら、しがみついたって価値がないだろう」と諦めて、無執着の心が生まれるのです。それを仏教は「覚り」と呼びます。と

が「ナイス!」と言っています。
KAKAPO
3回目の再読ですが、仏教への知識が増えたところで読むと、導師が仰ることの意味が良く分かります。平易な言葉で書かれてはいますが、そういう意味では、まさに間口が広く奥が深いのだと思います。私たちは、自分を蔑ろにされたと感じた時、ついつい相手に怒りを向けることによって、損なわれたプライドを取り戻そうとしてしまいがちですが、実は、その行為が自分という人間を自分自身で貶めることになってしまっているのです。人生の節目で読み返すことによって、自分自身がどこに向かって生きているのか、問い直す切っ掛けにしたいと思います。
KAKAPO
2018/12/21 05:24

冬木楼さん、Natsukiさん、ヘルニアさん、hundredpinkさん、キューポップさん、蓮華さん、lateさん、イーストゲートさん、みねたか@さん、cryptoryouさん、luluさん、ミッキー・ダックさん、日曜読書人さん、薦渕雅春さん、ehirano1さん、ちさとさん、もちもちかめさん、Hitoshi Mitaさん、えるどなさん、KAZOOさん、おはようございます。★ナイスありがとうございます。明るさが失われてくる状態が、怒りに支配されている兆候とのことです。明るさを維持することが大切ですね^^/

KAKAPO
2018/12/22 06:20

moshiさん、秋桜さん、おはようございます。★ナイスありがとうございます。頭にきている気持ちを客観的に観察すると、相手の正当な要求に大しても、迅速かつ的確に応えられない自分の不甲斐なさに対するいら立ちを、相手の不完全さが原因だと転嫁しているだけのような気もします。まず、出来る範囲を提示し、少なくともそれをやり遂げようとすることで、怒りを鎮めることができそうです(^▽^)/

が「ナイス!」と言っています。
KAKAPO
>何かを「やらなきゃいけない」と思えば思うほど、「めんどくさい」と感じやすくなります。そして、頭でいろいろと考えれば考えるほど、さらにめんどくさいという気持ちが強くなり、やりたくなくなります。「行動するのが、めんどくさい」をなくす原則4つの原則とは…私が共感したのは「世間がどうか、他人がどうか、成功者がどうかはいっさい関係がありません。自分の生き方を決めるのは、他人ではなく、あなたです。」というところです。私たちは、無意識のうちに親や恩師から受けた教えに拘束され、自らを責め、苦しんでいるのかもしれません。
KAKAPO
2018/12/16 17:36

Hitoshi Mitaさん、えるどなさん、キューポップさん、ミッキー・ダックさん、まこみんさん、555さん、Natsukiさん、Kazuhiro Okamotoさん、くるぶしふくらはぎさん、ムッシュぼけみあんさん、yoshidaさん、imakenさん、白蓮さん、ehirano1さん、こんばんちは。★ナイスありがとうございます。ムッシュぼけみあんさんが、ご感想・レビューに書かれている通り、私も「当初 思っていた以上によい本でした」何事も、めんどくさいと、ついつい先送りしがちな私(あなた?)にピッタリです!

KAKAPO
2018/12/31 12:35

こいこいさん、こめっこさん、冬木楼さん、のんぴさん、イーストゲートさん、ユーさん、sora_blueさん、hundredpinkさん、ひよこさん、さらさん、ヘルニアさん、MAMIさん、日曜読書人さん、luluさん、薦渕雅春さん、のぶのぶさん、あめみやさん、秋桜さん、こんにちは。★ナイスありがとうございます。私たちの周囲には、自分の価値観や行動原則を押し付けている人がたくさんいます。最近では、所属する組織ですら例外ではありません。そんな攻撃を上手くいなしながら、自分のやりたいように方向を変えたいものですね。

が「ナイス!」と言っています。
KAKAPO
この『沈黙入門』は、小池龍之介さんが、放蕩生活ゆえに大学を二留していたころから、修行をぽつぽつと始め、何とか卒業して「イエデカフェ」を営んでいたころの間に「家出空間」というウェブサイトに書き続けていたいたもの、とのことです。おそらく、自意識過剰であったために、様々な"上手く行かないこと"に出会い、挫折を経験し、その状態から立ち直るために、その時の自分を客観的に見詰めることを通して課題を発見し、師から教えを乞うのではなく、自分自身の力で仏道に接近し開眼していった過程の記述とも言えるのではないかと思いました。
KAKAPO
2018/12/14 18:09

PGさん、イーストゲートさん、キューポップさん、むたさん、Hitoshi Mitaさん、Gaoooさん、ちさとさん、のんきさん、carlさん、えるどなさん、Kazuhiro Okamotoさん、こんばんは。★ナイスありがとうございます。確かに、欲望は、求めれば求めるほど、満たせたとしても満たせるほど、肥大化し、自分でもコントロールできなくなるものなのかもしれませんね。ゴーンさんもそうだったのかな(・・?

KAKAPO
2018/12/15 08:39

menmenさん、きょちょさん、sora_blueさん、ヘルニアさん、Tadashi Tanohataさん、豆生さん、おはようございます。★ナイスありがとうございます。ある意味、教育とか、ビジネス、政治など、人の活動というものは、自分が納得した主義・主張を相手に押し付けていくことだとも言えるので、小池龍之介さんが仰るところの仏道とは、方法性が違うものなのかもしれませんが、人類が良かれと思って邁進してきた活動が、一方では戦争や地球の資源をむさぼることに繋がっているとも言えるので、さて、どうしたものなのか?

が「ナイス!」と言っています。
KAKAPO
>結果が出なくても、失敗したとしても、努力が無駄になることなど人生にはありません。必ずいつの日にか、その努力が自分の助けになることがあります。自分自身の人生が豊かになるということです。人生とは、淡々とした小さな努力によって善きものになっていくのです……。できるだけ少ないリソースで、できるだけ大きなリターンを得ようと「あくせく」すると、短期的な利益は得られても、持続する幸せには繋がり難いような気がしていました。ビジネスではスピードが大切だと言われますが、これからは、一つひとつ丁寧に仕事をしていきたいなぁ~と
KAKAPO
2018/12/09 07:55

ehirano1さん、Kazuhiro Okamotoさん、MIHOLOさん、キューポップさん、えるどなさん、かいてぃ〜さん、のぶのぶさん、Hitoshi Mitaさん、harassさん、おはようございます。★ナイスありがとうございます。ニュースを観ていると、ちょっとしたことが「きっかけ」で、Actionを起こしてしまう人が増え、それが大きな事件に繋がっているような気がします。それだけ、利害関係の中では、自分を抑圧しなければならない人が多いのでしょう。ストレスを自分の中で増幅しないようにしたいものですね。

KAKAPO
2018/12/09 08:00

イーストゲートさん、はなのさん、zabethさん、ミカママさん、ayacoooさん、hundredpinkさん、Natsukiさん、もすけさん、ブーボさん、papakoさん、おはようございます。★ナイスありがとうございます。成果を最優先してしまうと、相手の気持ちの変化に気がつかないこともあるのではないかと思います。もしかしたら、目先の成約を掴むよりも、相手の気持ちを掴む方が、末永いお付き合いに繋がる可能性が高いのでは、そんな思いを抱きながら読み進めておりました。

が「ナイス!」と言っています。
KAKAPO
アイタタ―とか、ガーンとか、ご住職としては相応しくない言葉が使われているので、変だなぁ~と思っていたのですが、ウィキペディアで調べてみたら、小池龍之介さんは『坊主失格(2016)』という本で「物心ついたときから、いつも淋しく満たされず、多くの人を傷つけてきました」と告白されてるような経験があるみたいですね。だから、この本に書かれていることは、師が弟子に灌頂を与えるような語り口でなく、同じ尊厳を持つ人間同士の対話のように対等な感じがするのでしょう。読者は、失敗談に支えられた煩悩を静める方法に納得するのです。
KAKAPO
2018/12/05 21:26

もちもちかめさん、sora_blueさん、ヘルニアさん、もすけさん、ちさとさん、hundredpinkさん、kawaさん、きむこさん、キューポップさん、Kazuhiro Okamotoさん、秋桜さん、kinkinさん、えるどなさん、こんばんちは。★ナイスありがとうございます。普通、欲って言ったら、物欲だと思ったら、一番強い欲は、自我だったんですね^^; そう言われてみると、ちっぽけな自分を少しでも大きく見せようと懸命に背伸びしている自分がいるんですけど、直ぐふくらはぎがつって、踵をついてしまうんですよね…

KAKAPO
2018/12/06 05:27

KAZOOさん、Kentaroさん、Mittiiさん、cryptoryouさん、Hitoshi Mitaさん、トクさん、ミカママさん、あさひなさん、menmenさん、Natsukiさん、おはようございます。★ナイスありがとうございます。高野山の宿坊でいただいた精進料理は、とても美味しかったのですが、人間は、動物性のたんぱく質を摂らないと、やっぱり体調を崩してしまう人ですかね?だとしたら、僧侶らしく戒律を守って生きることは、とても大変なことですね(^^ゞ

が「ナイス!」と言っています。
KAKAPO
「あなたが必死にしがみついているものは何ですか?社会的地位です?お金ですか?家族ですか?それとも、仕事でしょうか?世間からの称賛でしょうか?若さでしょうか?」私は、もうそんなものは、とっくに諦めたつもりでしたけど、自分の考え、自分に対する愛着も「欲」であるとするならば、年々しがみつく強さが増しているような気がします。「いかなる悩み苦しみであっても、不平不満であっても、愚痴であっても、私(自我)があるから起こるのです」と言われてしまうと、「仰る通りだと思います」と言わざるを得ません。さて、どうやって捨てる?
KAKAPO
2018/12/06 05:39

Natsukiさん、KAZOOさん、かいてぃ〜さん、不易流行さん、キューポップさん、まみさん、AZレメディオスさん、えるどなさん、おはようございます。★ナイスありがとうございます。この歳になって、お釈迦様の教えを知り、自分を苦しめているのが、自分の煩悩であるということを認めることができました。そして、煩悩を叶えようとすることよりも、煩悩を客観的に見詰めるという方法が、心を静めるために、有効であると分かりました。

KAKAPO
2018/12/06 05:41

秋桜さん、ミッキー・ダックさん、kameさん、日曜読書人さん、ehirano1さん、sora_blueさん、hundredpinkさん、Mittiiさん、cryptoryouさん、Hitoshi Mitaさん、薦渕雅春さん、Kazuhiro Okamotoさん、シンシアさん、西さん、おおにしさん、ヘルニアさん、もちもちかめさん、harassさん、おはようございます。自分を苦しめていることの一つが、自分の意見に拘る自尊心であるということに気がつくと、自分の意見と他者の意見の違いに拘ることがなくなります。

が「ナイス!」と言っています。
KAKAPO
わかりやすくて面白い教育コンテンツを企画・製作している船登惟希さんにとって、年間千冊ほどの本を読み、その内容を活用することは必要不可欠な技術とのこと…この本は日々高い成果を求められるビジネスマンやクリエイターのために、そのサマる(要約をつくる)という方法を惜しみなく開示しています。この読書法を実践することにより、断片的だった知識は体系化され、記憶に残りやすくなるので、適宜活用することが可能になるのです。もしかしたら、この読書メーターに備わっている機能も、このサマるという方法を支援してくれるかもしれません。
KAKAPO
2018/12/01 13:46

かいてぃ〜さん、Saki_Fさん、Kazuhiro Okamotoさん、ブーボさん、ちさとさん、ちくわんさん、ミッキー・ダックさん、切鎖さん、日曜読書人さん、Hitoshi Mitaさん、マエダさん、ehirano1さん、ミカママさん、Natsukiさん、えるどなさん、シンシアさん、こんにちは。★ナイスありがとうございます。本を書くような人は、あまりいい加減なことは書けないので、サマることで、言葉の定義を正確に把握し、引用する文章の原典に近付く努力と、それを素早く引き出す工夫が必要なのだと思いました。

が「ナイス!」と言っています。
KAKAPO
あとがきの始めには、こう書かれています。《このインタビューは「この人たちに会うまでは……」という、ある情熱から生まれました。》この本を読み進めるうちにインタビュイー1人ひとりの言葉の重さ以上に、知の巨人を前に、堂々とインタビューし、彼らの知識や考え方を引き出し、それを分かりやすい日本語に翻訳することで、読者を鋭く刺激する本に仕立て上げたこの人は何者?と、インタビュアーであり、それをまとめ上げた吉成真由美さんに関心が向かいました。もちろん、ここで語られていることは、私の思考体系の修正を強いるものでしたが……
KAKAPO
2018/12/01 13:35

Kazuhiro Okamotoさん、ブーボさん、ちさとさん、ミッキー・ダックさん、日曜読書人さん、シンシアさん、おなつさん、かもめ通信さん、こんにちは。★ナイスありがとうございます。「普遍文法」理論によって現代言語学に革命をもたらしたノーム・チョムスキー氏は「アメリカは資本主義の国ということになっていますが、コンピューターやインターネット、飛行機、薬など人々が使うほとんど全てのものは、政府のプロジェクトとして開発されたものなのです。」と言います。文明の発展には、先見性とリーダーシップが必要だということ…

KAKAPO
2018/12/02 05:15

hundredpinkさん、おおにしさん、キューポップさん、冬木楼さん、ヘルニアさん、KAZOOさん、秋桜さん、のぶのぶさん、かいてぃ〜さん、Kazuhiro Okamotoさん、おはようございます。★ナイスありがとうございます。神経学・精神医学の教授であるオリバー・サックス氏は、没頭している「平和な時間」こそ科学や芸術の基盤になる。私自身も、没頭しているとき、神経症やうつ病が消えて、平和な時間を過ごすことができます。と言っています……私たちは、何かに急かされるように生きていると、幸せから遠ざかっていく…

が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2013/04/13(2106日経過)
記録初日
2004/01/01(5496日経過)
読んだ本
1126冊(1日平均0.20冊)
読んだページ
303147ページ(1日平均55ページ)
感想・レビュー
1123件(投稿率99.7%)
本棚
130棚
性別
年齢
60歳
血液型
B型
職業
専門職
現住所
千葉県
外部サイト
URL/ブログ
http://ameblo.jp/kakapo1233/
自己紹介

 2016/10/22に、森博嗣さんの『χの悲劇』を読み終えたあと、小説を読むモチベーションが下がり、以前から興味のあったジャンル(精神分析など)を攻めています。

 2015年12月12日に『すべてがFになる』を読み終えて以来、ほぼ森博嗣さん一辺倒の読書を続けています。単に読者のミスリードを誘い、からかうようなミステリーや、リアルではあるが救いのない物語には、魅力を感じなくなってしまった。
 森博嗣さんの世界が、もれなく高品質であるわけではないが、森博嗣さんが到達した抽象性の高い視点は揺るぎないものなので、そこから繰り出される作品は、月日が経過しても色あせない基準を提供し続けてくれる。

 ――以下、投稿開始当時の自己紹介――

 2013年の7月に、ドラマ『7つの会議』を観て、「これは、原作を読まないわけにはいかないぞ!」ということから、そのころ、丁度ドラマ化されていた、池井戸潤さんと宮部みゆきさんの作品に嵌り、読書メーターで紹介して頂いた、高野和明さん、横山秀夫さんなどのミステリーを読み始めました。その後、東野圭吾さんや、近藤史恵さんの作品も加え、ミステリーのチェーンリーダー状態です。

趣味は、しょっちゅう変わりますが、継続しているのは、無料のブログを開設し時々投稿することでしょうか?最近は、この読書メーター、本が好き!がメインになってしまっています。

新卒で就職してから22年間、プロダクト・デザイナーの端くれとして働いて来ましたが、現在は品質管理部で、お客様やお取引先から寄せられるお申し出に対応する仕事をしています。

※Biogを運営しています。
1.自転車、車、ウォーキングの話題が中心の
「cyclic petals」
 http://blog.livedoor.jp/kakapo1233/
2.書評「本との出会いは、師との出会い。」
 http://ameblo.jp/kakapo1233/
3.ニュースについての感想が中心の
「世界を俯瞰する視点」
 http://blog.goo.ne.jp/kakapo1233
4.ネコちゃんの話題が中心の「Dinah,my dear!」
 http://cat.ap.teacup.com/kakapo/
5.designの話題を中心に?「incalzando」
 http://kakapo1233.exblog.jp/
6.ビズネスの話題を中心に?
「Sometimes he was a rebellious businessman.」
 http://kakapo1233.wordpress.com/
7.転職/キャリア/職業訓練をテーマにした
「get the message」
 http://kakapo1233.seesaa.net/
8.心地よい暮らしをテーマにした
「いい夢みてね」
 http://kakapo1233.hatenablog.com/
9.中年,独学,英語学習者の逡巡を描いた
「TOEIC 330点からの浮上!」
 http://ameblo.jp/shinich-kataoka/
10.哲学/心理学/潜在意識をテーマにした
「保育器の中の大人」
 http://yaplog.jp/kakapo/
11.社会教育,生涯教育.コーチングがテーマの
「ディフェンスラインを上げろ!」
 http://kakapo.muragon.com/
12.テーマ未定
「a chain leader」
 http://kakapo1233.blogspot.jp/

読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう