読書メーターあなたの読書量を記録・管理

7月の読書メーターまとめ

UN
読んだ本
47
読んだページ
14110ページ
感想・レビュー
44
ナイス
345ナイス

7月に読んだ本
47

7月のお気に入られ登録
1

  • 真理そら

7月のトップ感想・レビュー!

UN
ネタバレまぁ一気に読めるのだが。時事ネタをつなぎ合わせてマーケティングはバッチリだなと思ってしまう。
が「ナイス!」と言っています。

7月の感想・レビュー一覧
44

UN
いきなりスゴイシーンでうへぇと思いながら読み続けるのがこのシリーズのファン。映像では見たくない。理解して仲間になれる人が増えてよかったなぁってしみじみ。
が「ナイス!」と言っています。
UN
書評で見たので。表題に1とないのでうっかり読んだのだけど、やっぱり1だった(・・;)
が「ナイス!」と言っています。
UN
あら〜 お終いなのか。。。集団訴訟というものになんであんなに弁護士らしき人がいっぱい要るのかと思っていたのだが勉強になりました。でも・・・おしまいなのか。。。
が「ナイス!」と言っています。
UN
よんでなかったことに気づいたので
が「ナイス!」と言っています。
UN
絵師、京狩野、群青色、ラピスラズリ・・・と来ると私の好物なので著者には懐疑的ながら読んでみた。さすがに京狩野も六代目ともなると見たことがあったとしても認識はないが、どこまで資料があってのストーリーなのだろうと迷う書き方は好きではないのだなぁ。蛇足だが、フェルメールブルーもこのラピスラズリ由来。
が「ナイス!」と言っています。
UN
知らない職業もあり、長屋の住人それぞれの生活を描いていて興味深かった。続編はないのだねぇ。
が「ナイス!」と言っています。
UN
もうちょっと珍道中や珍家庭騒動より謎解きの方に力いれてもらえるとうれしい。
が「ナイス!」と言っています。
UN
シリーズ2巻め。善も悪も入り混じって登場人物も多くすっきりまとまっているとは言い難いが、でも面白い。続編は出るのかな。
が「ナイス!」と言っています。
UN
治部は戦国最後に登場し、嫌われ者として通っているわけなのだが、その治部=石田三成を主人公になぜ嫌われ者と言われる道を選んだのか、その大志を描いていて、そういう見方もできるのかと面白かった。であれば過ぎたる島の左近が臣従した意味もわかるなぁと妙に納得。
が「ナイス!」と言っています。
UN
赤備えは井伊と認識していたのだが真田も赤備えだというし、赤備えの系譜が気になり本書。真田の赤備えには触れられず、武田(山縣)の遺臣を取り込んだことで武田(山縣)の赤備えが井伊の赤備えにつながっているようだ。井伊直政の性格等興味深かったが、主役は武田(山縣)の遺臣二人。巻末に著者による全自作解説が付く。
が「ナイス!」と言っています。
UN
今回は大坂出張。新しい人たちをたくさん登場させながらきっちりまとめ上げるのは流石。
が「ナイス!」と言っています。
UN
今野さんが入っていたので。どれも雑誌掲載のみの作品らしい。要は未読。4編の中で三羽省吾さんが、お名前も初見だったが一番好きな作品だった。他の作品もよんでみようかな。
が「ナイス!」と言っています。
UN
ネタバレまぁ一気に読めるのだが。時事ネタをつなぎ合わせてマーケティングはバッチリだなと思ってしまう。
が「ナイス!」と言っています。
UN
たぶん初読。新訳版が出たので。雪の密室のトリックとしては無理がなくさすがというほかはないが、冗長で少々眠くなった。メリヴェール卿の話し言葉はどこまで原著に準拠しているのだろう。
が「ナイス!」と言っています。
UN
ハードボイルドタッチの女性警察官ということで、ヴィクやキンジーの系譜かと思ったら、痛い思いをするだけで、まともな捜査にはならずに期待はずれ。南部、特にテキサス州の気持ち悪さはしっかり伝わったが。
が「ナイス!」と言っています。
UN
新しく書き下ろしを依頼した短編集ではなかった。既読のも未読のも楽しく読了。読んで温かな気持ちになるミステリー、なおかつ読後感の異なる5編を集めるのは難しかったようでなるほどと思った。昨今のイヤミスの隆盛はそんなところにも因があるのかもしれない。当方イヤミス嫌い。
ルチル
2019/07/21 12:09

疲れてる時にはイヤミスは嫌ですね。

が「ナイス!」と言っています。
UN
長屋王はもうちょっとカッコよく描いて欲しかったかも。
が「ナイス!」と言っています。
UN
聖おにいさんに似たテースト。
が「ナイス!」と言っています。
UN
10巻目。現時点で最新刊。要は一本道なのが物足りないのだね。とりあえず大団円に近づいた。のかな。
が「ナイス!」と言っています。
UN
ちょっと骨があった。
が「ナイス!」と言っています。
UN
長谷川卓さんの別のシリーズ(とは言え現時点で全2巻) 左右吉の人物像に謎があって次も読みたいと思わせるのはさすが。2009年の出版。
が「ナイス!」と言っています。
UN
あなたはだんだんねむくなる・・・
が「ナイス!」と言っています。
UN
読み残していたシリーズ④を。このところ軽いものを読んでいたので楽しい読書だった。
が「ナイス!」と言っています。
UN
オトナ買いをしてしまったので読み続けてはいるが、ま、読みやすいのだが、緊迫感に欠ける。
が「ナイス!」と言っています。
UN
だんだん味方が多くなりすぎて、ヒリヒリした面白みに欠ける。お沙世は嫌い。
が「ナイス!」と言っています。
UN
闇奉行も結構なのだが、悪人より善人の数が増えすぎていてバタバタめんどくさい。しかもど素人に仇討ちをさせようという趣向。もっと大きな悪を鋭く抉る絵が描けないか。
が「ナイス!」と言っています。
UN
シリーズ④ ツッコミどころがないわけではないが、けっこう気に入って読んでいる。なんでこんなに人気ないかな。
が「ナイス!」と言っています。
UN
確かに以前から鎌倉の源氏や北条氏が腑に落ちない感じはあったのだが、小余綾助教授の講義を読んである程度そうなのかとは思ったが完全に納得できたとは思わない。続編があるとうれしい。
が「ナイス!」と言っています。
UN
シリーズ④ 当初設定の算盤侍よりチャンバラシーンを書くほうが易いのだろう。映像化を狙ったようなテンプレ人物像には鼻白む。
が「ナイス!」と言っています。
UN
日暮し同心の既刊を④を除いて読んでしまったので、あまり面白かった印象のない(記憶もない)風の市兵衛シリーズ③を図書館にあったので。市兵衛はこういう立ち位置なのかと理解。日暮し同心よりは密度は濃いがサラサラ読める。
が「ナイス!」と言っています。
UN
シリーズ⑦ 俊太郎、数えで7つ。俊太郎の成長はこのシリーズの楽しみではあるが、いくら江戸時代の子でもちょっとハード過ぎはしないか。
が「ナイス!」と言っています。
UN
シリーズ⑥ いや、まぁ、なんと言っていいのか、言葉をなくす。日暮し同心一家は健在。
が「ナイス!」と言っています。
UN
④を飛ばして⑤。本来の唐手はこういう武芸だったのか。
が「ナイス!」と言っています。
UN
なかなかハードだが一件落着。
が「ナイス!」と言っています。
UN
自分の矜持でまっすぐ立っている龍平さんがいい。息子の俊太郎くんの成長が楽しみです。
が「ナイス!」と言っています。
UN
シリーズ2作目。スジは早くから読めてしまうが、登場人物たちがいいので楽しめる。
が「ナイス!」と言っています。
UN
シリーズ2作目。ここでは人気がないが、そんなに悪くはないと思うのだけどね。
が「ナイス!」と言っています。
UN
古本屋で拾ってきた本。まだ設定に馴染めずにいるが、とりあえず読めた。
が「ナイス!」と言っています。
UN
なかなかよかった。短編の方が合うのかもしれない。
が「ナイス!」と言っています。
UN
辻堂さんの他のものも読んでみる気になってこれ。登場人物たちがなかなか魅力的で、楽しい。シリーズを追ってみようかな。
が「ナイス!」と言っています。
UN
天神小五郎シリーズ2作目。2019年6月刊で、いきなり追いついたらしい。シリーズの道筋が見えてきた。
が「ナイス!」と言っています。
UN
シュリーマンが奥州藤原氏の財宝を探すというお話で、シュリーマンが江戸末期日本に来たことがあるのは事実らしいが、あとはそのお話にどのくらいのリアリティーを持たせられるかという点にかかってくるわけで・・・私には無理だった。どういう結末に持ってくるのかということだけを目的に長い時間かかってなんとか読み終わったが。奥州平泉の理想郷、シュリーマンが日本を蛮族だとは思わなかったという事実はよく伝わった。日本旅行記はそのうち読んでみるかもしれない。
が「ナイス!」と言っています。
UN
ネタバレある程度元々持っている私の疑問点に答えてはいるのだが、この説が正しいと言い切ることも私にはできない。九州はちょっと遠過ぎて実感がわかないのだし。伊勢は、そんなところだろうと思う。天照と天照大神を別物と捉えるのは初見。面白かった。いつも言うのだが、現代の殺人事件(フィクション)と組み合わせるのはどうかと思うのだけどね。
が「ナイス!」と言っています。
UN
ネタバレ骨のある時代小説を求めて。骨があり過ぎて煮売やがこんなに人を斬っていいのかという気も。辻堂さん、初読みだと思っていたら『風の市兵衛』を読んだことがあるらしい(・・;)
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2009/10/11(3602日経過)
記録初日
2002/08/26(6205日経過)
読んだ本
3564冊(1日平均0.57冊)
読んだページ
1139690ページ(1日平均183ページ)
感想・レビュー
3390件(投稿率95.1%)
本棚
11棚
性別
血液型
B型
現住所
奈良県
自己紹介

読書は趣味とは言いません。
読書は空気を吸うようなものだから。

UN は あん と読みます。
よろしくお願いします。

読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう