読書メーターあなたの読書量を記録・管理

4月の読書メーターまとめ

まりも
読んだ本
29
読んだページ
9657ページ
感想・レビュー
29
ナイス
1974ナイス

4月に読んだ本
29

4月のお気に入り登録
1

  • けろり

4月のお気に入られ登録
5

  • 鈍間
  • 風無 才華
  • けろり
  • sakai
  • ばたやん

4月のトップ感想・レビュー!

まりも
森司に美人の彼女が出来たという噂が広まり、こよみとの関係がギクシャクしてしまうシリーズ第十三弾。嫉妬するこよみ可愛い。占い師からは太鼓判を貰い、タウン誌にはベストカップルとして掲載されと、今回もラブコメ組の無自覚イチャイチャを堪能させてもらいました。こよみも森司の告白を待ってる状態なんだからいい加減決めちゃえよ。そしてこよみの将来設計通りの家庭を築いてほしい。ホラーに関しては毎度のことながら人間の悪意は怖いっていう展開に。負の感情が爆発した時の破壊力を見せられた。
が「ナイス!」と言っています。

4月のトップつぶやき!

まりも

2018年3月の読書メーター 読んだ本の数:38冊 読んだページ数:11375ページ ナイス数:2421ナイス ★先月に読んだ本一覧はこちら→ https://bookmeter.com/users/349358/summary/monthly 40冊なかなか超えられない。

が「ナイス!」と言っています。

4月の感想・レビュー一覧
29

まりも
おちんち◯祭をうまく起動できないグレイス王国の深刻な水不足を解決するシリーズ第二弾。登場人物に誰1人もロクなヤツが出てこないとかどうなっとんねん(笑)全編ひたすらにギャグ。あとがきにもある通りヒロインたちがほとんどヒロインしていないぜ。ヒロインのカケラも見せない、これこそがヒドイン。その中でもスノウのクズっぷりがすごい。金のためなら身を差し出すとか、この娘絶対ヒロインとしてオカシイでしょ。こうなるとアリスがマシに見えてくるから不思議です。彼女達がヒロインらしいふるまいを見せてくれる日は来るのだろうか。
が「ナイス!」と言っています。
まりも
殺人容疑で捕まった少年院時代の恩師の無罪を勝ち取るべく御子柴が法廷に臨むシリーズ第三弾。今までの御子柴シリーズとはまた違った読み応え。恩師の事件を知り、力尽くで弁護をもぎ取り、そして何とかして無罪を取りに行く。そんな御子柴の意に反して恩師は罰を受ける事を望んでいる。人間の複雑さと法の限界。それらを描いた今回はこれまでとは違い「どんでん返しの帝王」らしい衝撃は無かった。だけど緊急避難を軸に裁判を進めて行く一連の流れや、いつもと違った御子柴の姿を始め確かな読み応えと満足感があったのは確か。続編も楽しみだ。
ジロリン
2018/05/04 22:19

次は母親の弁護らしいっすよ!楽しみ(^^)

が「ナイス!」と言っています。
まりも
使い捨ての惑星軌道兵ー通称ヤキトリ。その1人が惑星バルカで起きた虐殺事件の主犯として裁判に出るシーンから始まるシリーズ第二弾。マシンガンの如くぶっ放されるド汚い言葉、そして血みどろで泥臭いアクション。ヤキトリの面々が直面するクソッタレな現実。うんうん、いいぞこういうのを読みたかったんだ。主人公の裁判スタートという衝撃的な幕開けの割には、多少盛り上がりに欠ける展開だった気もするが、それでも十分楽しめた。スマートでド派手な戦闘モノも良いけど、これはこれで面白い。さてさて果たして次はどうなる。
が「ナイス!」と言っています。
まりも
アインズ死す、その全容が明らかになるシリーズ第十三弾。すげぇ。約600頁というちょっとした鈍器レベルの重みと厚みに手が震え、そのボリュームに負けない内容の面白さに心が震える。アインズvsヤルダバオトに始まり、シズ先輩とネイア後輩の友情ミッション、ジルクニフ亜人の友達が出来る、締めに教祖ネイア爆誕。内容をザッと挙げるだけでもこれだけあるんだからそりゃ面白いに決まってる。ただの茶番が何故これだけボリューミーかつ、鳥肌が立つくらい面白くなるのか。それはきっと魔導王陛下が凄すぎるから。流石はアインズ様である。
が「ナイス!」と言っています。
まりも
ヘキサの味方をするジンたちさくらのつるぎとエイルンコードがスイスでぶつかり合うシリーズ第八弾。ヘキサとネイバーに隠された秘密。その衝撃と絶望感と来たら… エイルンコードとサクラノツルギの血湧き肉躍る激しいバトルに心揺さぶられ、その迫力に圧倒されたけど、その先に待っていたのがアレか。希望を見せてから絶望へ叩き落とすとか、この作品本当ハードモードすぎるぜ。彼等ならこの逆境もぶっ飛ばして最高の爽快感をくれる筈だけど、果たしてここからどうなっていくのか。これから先ますます目が離せない事になりそうだ。
が「ナイス!」と言っています。
まりも
女子中学生と27歳社畜が、時代の波に取り残され始めた出版業界に風穴を開けるお仕事ラブコメここに開幕。著者初のMF文庫作品はゴッリゴリにレーベルのカラーに染まったある意味らしくない。だがこの作品からはネット書店にやられているリアル書店や出版取次の本にかける熱い思いが込められているのがヒシヒシと伝わってきた。なによりもクズ野郎をギャフンと言わせる爽快感のなんと素晴らしいことよ。大好きな書店を守りたい。そんな彼と彼女の想いが実を結ぶ。本への情熱と王道の爽快感。この2つが見事にマッチした1冊やね。
が「ナイス!」と言っています。
まりも
2007年から11年の時を飛び、再びゲームディレクターになった恭也の決断を描くシリーズ第4弾。11年後の世界は可愛い妻と娘がいて、職場で頼りにされている。いないのは未来で輝いていた仲間達だけ。自分だけが幸せになるハッピーエンドという最悪のバッドエンドを経験した恭也。過酷な現実に直面し一度は心が折れた恭弥が、再び熱意を取り戻し本当のリメイクが始まる。バッドエンドからの真の幕開け。これを読めただけでも大満足やし、本当に最高すぎる。この胸熱展開を待っていた。真のハッピーエンドへ向けた最高のリメイクを期待しよう。
が「ナイス!」と言っています。
まりも
古の魔王が再臨し、世界は絶望に呑み込まれる。これは未来を変える為に戦う者達の英雄譚。骨太にして壮大なハイファンタジーここに開幕。火の国にて脳筋英雄の一大叙事詩を描いた著者が再び英雄譚を描く。まだ序章も序章だというのに、物語の内に秘められた熱量と存在感に圧倒される。火の国のような脳筋パワーではなく、智謀と勇敢さで戦場を駆け抜けるカレル。少しずつ英雄の覇道を歩む彼の姿に心踊り血沸く事間違い無し。これはそんな男の子が大好きな王道がこれでもか!という程たっぷり詰め込まれた英雄譚。面白くないわけがない。
が「ナイス!」と言っています。
まりも
イスカがかつて助けた魔女シスベルが、休暇中のイスカたちの前に姿を現わすシリーズ第4弾。巻数を重ねる毎に、面白さが加速度的に増していくこの作品。シスベルが登場したことにより、物語がますます面白く、そして目が離せない状態になってきました。次代女王へ向けたアリスたちの動き、皇庁や帝国の思惑、暗躍する者たちの存在。シリーズ4巻目にしてこれだけ気になる要素を詰め込んでくれるとか、そりゃワクワクが止まらないのも仕方がないってもんでしょ。ヒミツの関係からの姉妹戦争とかめっちゃ楽しみ。次巻も期待して待とう。
が「ナイス!」と言っています。
まりも
魔石鉱山で働く奴隷の女の子は最強の魔導師の卵だった⁉︎そんなファンタジー物語ここに開幕。フェリスがチートすぎる。なのに不快感はなく、むしろフェリスの事を応援したい。そんな気持ちになるのは、きっと彼女の境遇がヘビーすぎるからだろう。あんな健気で可愛らしいいい子なんだから、彼女には絶対に幸せになって欲しいし、優しい人たちに囲まれて欲しい。なんにも知らないフェリスが色んな事を知り、世界を広げていく。ベタなチートモノでは味わえない保護者的な感覚で楽しめるいい作品やね。かわいいは正義。
が「ナイス!」と言っています。
まりも
甘やかされ放題男子vs甘やかされたい女子の甘やかしをかけた戦いの火蓋を切るシリーズ第二弾。なでなでもハグも膝枕もあーんも、この作品には年下おかーさんの愛で満ちている。今回はそれに加えて前回存在感薄めだったサブキャラの1人一之瀬にスポットが当てられており、彼女というキャラクターをより深く知ることが出来た。その分バブみが力技になってたのが気になったけど、寮生たちが抱えた色んなものを丸ごと包み込むあるての愛と寮生たちの関係の変化が見れたのは良かったし、これはこれで満足かな。はねことさんのイラストも本当素敵。
が「ナイス!」と言っています。
まりも
女神の情報を集めるために、エルフたちの隠れ里に訪れるシリーズ第4弾。百合、腐、ときて今度は妄想系ドM白エルフの登場です。まるでシンイチに弄ばれるためだけに出てきたような新キャラの彼女たちに今後出番はあるのか。肝心のストーリーの方もラストまさかの急展開でびっくり。これは完結が近いって事なのだろうか。とりあえずフェイが不憫すぎるので、なんとか彼女に救済&女神には痛い目にあって欲しいけど、果たしてどうなるのか。続きを楽しみに待ちたい。
が「ナイス!」と言っています。
まりも
没落したはずのあの男が、勇者の力を得て再び魔族討伐のためにシンイチたちの前に姿を現わすシリーズ第三弾。女神教のトップはもうどうしようもないくらいに腐ってたよ… そんな腐った女神教のトップをゲスな作戦で懐柔しちゃうシンイチのブレなさを楽しみつつ、セレスさんのデレも堪能出来る。これぞ隙の無い2段構え。アリアンもリノちゃんも可愛いけど、ポンコツクールなセレスさんがデレた時の破壊力ったらないな。メインヒロインの風格。百合、貴腐人と来たのだから今度はどんな性癖で攻めてくるのか。新展開となる今後はそこも注目しとこ笑
が「ナイス!」と言っています。
まりも
聖女の計画を邪魔するために、リノがアイドルになる⁉︎なシリーズ第二弾。いやいや、聖女そっちに惚れるんかーい。リノちゃんの天使っぷり、そんでもってシンイチのゲスっぷりは健在で今回も安定して面白かった。聖女と対比させる事で、リノの可愛さをより際立たせ、シンイチのゲスさをマイルドにさせるだけじゃなく、肝心の聖女を落とす内容にも一工夫があったりと、1巻の時以上に楽しませてもらいました。前回足りなかったリノ成分を今回で一気に補給できた気分。スカッとする読後感といい、やっぱりこの作品いいね。
が「ナイス!」と言っています。
まりも
これは武道館ライブを目標に活動してきた女性アイドルメンバーたちの姿を描いた物語。形を変え続けるアイドルという存在を朝井節全開で描いた今作。アイドルだって普通の女の子なのだというごく当たり前のこと。だけどファンからは多くの事を求められ、恋愛禁止を始め様々な事に縛られている。月並みな言葉だけど、アイドルって大変だなぁとそう思った。アイドルとして生きる。そんな少女たちの美しさと儚さ。そして青春時代の繊細な心の動き。フィクションなのにリアリティがあり過ぎる。これを読むとアイドルの見方が変わる…かもしれません。
ジロリン
2018/04/15 21:13

浅井節全開、フィクションなのにリアリティ…ナイス!フレーズで(^^)

が「ナイス!」と言っています。
まりも
これは鬱々とした霧に覆われた町で起きる奇妙な殺人事件の謎を、寺の離れでなんでも屋を営む叔父さんが解決するミステリー。なにこれ、一体なんなのこれ。普通のミステリーと思ってこの作品を読み始めてはいけない。読後は気持ち悪くて胸にモヤモヤが残る。この叔父さん確かに危ない、だけど優斗も十分に危ない。叔父さんは優しいで全てを済ましてしまう異常さ、殺人事件が起きているのに会話はほのぼのとしている異常さ。一体全体自分は何を読んでいたのだろう。そう思わずにはいられないけど、何故か読んでしまう。麻耶作品は本当クセがすごいな。
が「ナイス!」と言っています。
まりも
毎日アニメを見てダラダラするアニ研で、アニメにまつわる事件が次々と巻き起こる学園物語。個性の強いコミュ障気味のアニオタたちのキャラクター性を楽しめる前半と、アニメは誰かを救えるのかを根幹にしたヒューマンドラマな中盤以降。これは一粒で二度美味しい作品やね。キャラの個性を活かした掛け合い、人間ドラマ、そしてアニメネタ。これらが上手く噛み合う事で、面白くて豆知識も増える、 そんな1冊に仕上がっていました。お気に入りは部長が啖呵を切るシーン。あれは胸がスカッとした。これで終わるのは惜しいし、シリーズ化熱望です。
ninfreack
2018/04/28 11:27

部長はルルーシュ-しかもゼロモードの声を意識して読んだな。あの異様に低い声がマッチしてるね。あくまでもイメージだけど。

が「ナイス!」と言っています。
まりも
ベゾブラゾフの攻撃から達也と深雪を守り、倒れた水波。達也の力をもってしても治す事のできない水波を巡る攻防が起きるシリーズ第二十五弾。光宣がまさかこんな事になるなんて。パラサイトがここまで重要な役どころを担う事になるとは思いましなんだ。それにリーナも合流してきたし、いよいよクライマックス感が高まってきました。人間という枠組みを超えた存在を相手に、お兄様たちは果たしてどのように戦うのか。ここからの展開が非常に楽しみ。ただこうなってくると高校組の出番が更に減ってしまいそうなのが不安だけど、そこら辺どうなんだろ。
が「ナイス!」と言っています。
まりも
美しき大獣と天真爛漫な少女の異形なる恋物語の結末を描いた下巻。なんて素敵な物語なんだろう。滅びゆく世界を救ったのは、力ではなく愛。過去と現在の愛が結び、奇跡へと繋がる。繊細で丁寧な描写で描かれる想いの数々。どれもが言葉にならない程美しく、心を捉えて離さない。300年の月日を超えた想いが起こした一つの奇跡。その奇跡を目にした時、きっとこの作品の事が大好きになる。それくらい面白くて、これからも何度も何度も読み返したくなる1冊。訪れた幸福な日々を噛み締めながら余韻に浸りたい。本当にいいものを読んだ。
が「ナイス!」と言っています。
まりも
咲太と同じ高校にいきたい、無謀とも思える花楓の決意の裏に隠された想いに迫る第2部開幕編。ちょっと不安に思っていたけど、第2部が始まっても青春ブタ野郎シリーズは、期待してた通りに面白くて素敵でした。みんなと違うことは恥ずかしい。自分自身その考えが心の何処かにあるしその考えに流されていたので、自分の意志で決める事のスゴさがよく分かる。本当に花楓はよく頑張った。かえでがいたから花楓がいる。過去と現在、そして未来へと繋がる素敵なエピソードでした。花楓のこれからの人生に幸あれ。次巻はどんな展開になるんだろう。
が「ナイス!」と言っています。
まりも
最大手のチーム「平穏な国」と「PORT」の交戦を描いたシリーズ第二弾。ボリュームがすごい。大量に登場する新キャラたち。どいつもこいつも個性的で魅力的な面々ばかりだけど、その中でもやっぱり香屋という主人公の存在は異質であり特別でもたる。一番臆病で一番世界に流されないのが香屋歩。だからこそそんな彼が一体何をしでかすのかというハラハラドキドキ感でページを捲る手が止まらない。更には世界の謎がドンドンと深まっていくもんだから、続きが気になって仕方がない。いやはや、本当にこの作品は何処までも奥深いからたまらんのよね。
が「ナイス!」と言っています。
まりも
森司に美人の彼女が出来たという噂が広まり、こよみとの関係がギクシャクしてしまうシリーズ第十三弾。嫉妬するこよみ可愛い。占い師からは太鼓判を貰い、タウン誌にはベストカップルとして掲載されと、今回もラブコメ組の無自覚イチャイチャを堪能させてもらいました。こよみも森司の告白を待ってる状態なんだからいい加減決めちゃえよ。そしてこよみの将来設計通りの家庭を築いてほしい。ホラーに関しては毎度のことながら人間の悪意は怖いっていう展開に。負の感情が爆発した時の破壊力を見せられた。
が「ナイス!」と言っています。
まりも
萌香が声優業界から消える世界線が生まれたことに悩む桃也の前に、わかばラジオ崩壊の危機が迫る⁉︎シリーズ第二弾。まさかの猫浦P掘り下げ回。自分に才能が無いことに気づき一度は情熱を失った男が、遥か先を行く昔の仲間と肩を並べるために再び走り出す。1巻ではしょーもないオッさんだった猫浦Pがまさかこんな良いキャラに化けるとは思いもしなんだ。肝心の桃也の2周目は相変わらず前途多難で、エリィの天使とは思えんゲスっぷりも変わらず。だけど桃也の心構えが変わったことで色々と周囲も変化し始めたってのが面白い。次巻どうなるかな。
が「ナイス!」と言っています。
まりも
オタク知識ゼロの純真なお嬢様の心を掴んでしまった時、あらゆるサブカルに精通する自称ハイパークリエイトプロデューサーの運命が変わり始める物語。なんだかんだでお嬢様とキャッキャウフフしながら楽しくオタライフを送ろう!みたいな作品だと思って読み始めたそこの貴方、この作品はそんな生易しいものじゃありません。クロハルとはよく言ったもんだ。痛々しくて見てられないのに、なぜか心を捉えて離さない。痛かろうと苦しかろうと青春だからこそ出せる熱量がある。こういう黒歴史的な青春も十分素晴らしい。そう思える1冊でした。
が「ナイス!」と言っています。
まりも
真冬の大叔父の描いた絵画の謎に迫る話などを集めたシリーズ第三弾。安心安定のクオリティ。ミステリーの安定度もさる事ながら、これまで以上に青春要素が良くなってきた。これまではお互いになんとなく意識している程度だった真冬との関係が、一歩進んだものになったのは大きな収穫だったんじゃないかと。甘酸っぱくて焦れったい恋模様。これこそ青春モノの醍醐味ってやつやね。相変わらずユリちゃんも良いキャラしてるし、この作品には是非とも完結まで走りきってほしい。展開の魅せ方も上手くなってきたから今後が楽しみだ。
が「ナイス!」と言っています。
まりも
異能兵器の引っ込み思案で不思議な女の子と、一途で愚直な普通の男の子。これはそんな2人の恋を描いた物語である。試し読みの段階で心を奪われたのは久々だ。気になって仕方がなかった本編。大事に大事に読もうと思ったけど、気がつけば一気に読了。アクションあり、コミカルあり、胸がキュッと締め付けられるラブコメありな1冊。好きな女の子の為なら、何度でも立ち上がる。そんな少年の真っ直ぐな想いに心を動かされ、ラブコメしたいという願いに込められた恋する少女の切ない想いに胸を貫かれた。こんなの読んだら泣くに決まってるじゃん。
が「ナイス!」と言っています。
まりも
右腕として信じていた男に裏切られ、全てをなくした英雄が、吸血鬼となり復讐を誓うダークファンタジー開幕。ロリ巨乳アリだと思います。オッさんが美少年吸血鬼に若返り、全盛期の力で全てを圧倒する。そんな爽快感とヒロイン達の可愛さを楽しめる作品。妹系吸血鬼がかわいいったらありゃしない。宿屋の娘も可愛かったけど、彼女はゲストヒロインって感じなのかな。俺TUEEE系なので予定調和的な展開になってるが、だからこその安心感と安定感もある。サクッと読めるし、これも良い俺TUEEEやわ。
が「ナイス!」と言っています。
まりも
これは世界最強の人類が集まる組織「災厄の数字」最年少のクレスが、異世界から召喚された勇者を監視するため学園生活を送る事になるファンタジー。勇者なんてなんのその。ちょっと天然で美少女にも見える美少年の活躍をとくと見よ。チョロイン系女神を従えて、勇者たちですら手も足も出ない強敵をTUEEEする主人公の爽快感を楽しめたらそれでオッケー。ヒロインも勇者のマイ、公爵家の令嬢で先輩のクラリス。バカだけど面倒見のいいアウラと選り取り見取りなので、そこらへんも楽しめる。ベタやけど、なろうで人気出るのも分かるわ。
が「ナイス!」と言っています。
まりも
無表情、無感情で人と関わらない小海澤さん。周囲から変人扱いされる彼女のことが気になる雪斗と小海澤さんの次元違いのラブストーリーここに開幕。変人とのただのラブコメかと思ったら、そんな事はなかった。ただのコミュ障だと思っていた小海澤さんの秘密や、彼女の抱えていた想い。そして彼女の事を理解し、傍にいようとする雪斗の想い。そんな彼と彼女が迎えた結末はとても素敵でキュートでした。例の小海澤さんが描いた絵画なんてね、もうニヤニヤが止まらないってもんですよ。奇妙奇天烈だけど、すっごくキュンとする。そんな1冊でした。
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2013/04/28(1851日経過)
記録初日
2013/04/28(1851日経過)
読んだ本
3580冊(1日平均1.93冊)
読んだページ
1115723ページ(1日平均602ページ)
感想・レビュー
3553件(投稿率99.2%)
本棚
9棚
性別
職業
営業・企画系
自己紹介

どうも、ライトノベル中心に色々読んでる者です。
ほのぼのした作品から心を抉るエッジの効いた作品まで守備範囲は広めです。
感想の書き直しが多いのでご迷惑をおかけするかもしれません。
一応ネタバレはしないように心がけているのでよろしくお願いします。

特に好きな作家さんとその作品一覧
あざの耕平 Dクラッカーズ、東京レイブンズ
うえお久光 紫色のクオリア
朝井リョウ 少女は卒業しない
青崎有吾  体育館の殺人
石川博品  耳刈ネルリ、明日の狩の詞の
犬村小六  とある飛空士シリーズ
遠藤浅蜊  魔法少女育成計画
宇野朴人  天鏡のアルデラミン
岡本タクヤ 僕の学園生活はまだ始まったばかりだ
小野不由美 残穢
賀東招二  フルメタルパニック
小木君人  森の魔獣に花束を
榎宮祐   ノーゲームノーライフ、クロックワークプラネット
九岡望   エスケヱプスピヰド
三枝零一  ウィザーズ・ブレイン
三田誠   レンタルマギカ
時雨沢恵一 キノの旅、アリソンシリーズ
十文字青  薔薇のマリア、 灰と幻想のグリムガル
長谷敏司  円環少女
滝川廉治  テルミー、MONUMENT
野崎まど  2
野村美月  文学少女、ヒカルが地球にいたころ
支倉凍砂  狼と香辛料
初野晴   ハルチカシリーズ
林トモアキ 戦闘城塞マスラオ、レイセン、ミスマルカ興国物語
秀章    脱兎リベンジ
藤まる   明日、ボクは死ぬ。キミは生き返る
丸戸史郎  冴えない彼女の育て方
丸山くがね オーバーロード 
水野良   グランクレスト戦記、ロードス島戦記
横山秀夫  64
米澤穂信  氷菓、小市民シリーズ
etc

読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう