読書メーターあなたの読書量を記録・管理

10月の読書メーターまとめ

まりも
読んだ本
28
読んだページ
8376ページ
感想・レビュー
26
ナイス
1983ナイス

10月に読んだ本
28

10月のお気に入られ登録
2

  • おむえむ
  • やまるん

10月のトップ感想・レビュー!

まりも
これは2001年に実際に起きた王宮事件を題材にした超骨太ミステリーである。王とサーカス。成る程深いタイトルだ。フィクションではあるけどフィクションではない。この作品は限りなく現実に近い作品だと思う。ミステリーとしての読み応えは勿論の事。報道の在り方とは一体なんなのか。その意義について深く考えさせられる1冊だった。ラジェスワル准尉の発言、サガルの言葉。あれを否定する事は絶対に出来ないだろう。報道に携わる全ての人たちが太刀洗万智のような覚悟を持って欲しい。そして自分自身も彼女の生き方を見習いたいと思う。
が「ナイス!」と言っています。

10月のトップつぶやき!

まりも

2018年9月の読書メーター 読んだ本の数:31冊 読んだページ数:9652ページ ナイス数:2088ナイス ★先月に読んだ本一覧はこちら→ https://i.bookmeter.com/users/349358/summary/monthly なんとか目標の1日1冊ペースは達成出来ました。ヴィヴィレイン最終巻が先月のベストかな。

が「ナイス!」と言っています。

10月の感想・レビュー一覧
26

まりも
世界の運命を握るお嬢様と天使と悪魔が在籍する生徒会。そんな生徒会を舞台にした三すくみの修羅場系ラブコメここに開幕。このノリと勢いで強引に進めていく感じ。これを待っていたんだよ!昔みたいな壱日先生が戻ってきてマジで嬉しい!そんな気持ちで読み進めていたのだが… ギャグコメとしては非常に良く出来ているし、ヒロインの可愛さも際立っている。決して面白くない訳じゃないのだが、壱日先生らしさを余り感じれなかったのは確か。マイルドな作風にチェンジしたという事だろうか。最初に期待値を上げた分、落差を感じてしまった。
が「ナイス!」と言っています。
まりも
全国から幼なじみをもつ少年少女たちが集まる学校その名も私立幼なじみ学園。その学園を舞台に三人の幼なじみとイチャコラするラブコメここに開幕。可愛い幼なじみが三人もいるなんて、その時点で人生の勝ち組やないか。幼なじみ大好き人間にとってこれほど羨ましいことはない。タイトル通り幼なじみとイチャコラする。ストーリーはそれだけなのだが、そのイチャコラがこれ以上ないくらい尊くて甘酸っぱいものとなっている。友達以上恋人未満。そんな関係からステップアップしていく恋模様。幼なじみ大好き人間なら買って損はない1冊だと思う。
が「ナイス!」と言っています。
まりも
バニーガール騒動のせいで書道部に亀裂が走る⁉︎生徒会と彩乃さんとの距離が急接近しちゃうシリーズ第6弾。匂いフェチ系変態娘な彩乃ちゃんファンの皆さん。変態だらけのこの作品の中では割と常識人な彼女の出番が遂に、遂に来ましたよ。彩乃さんたっぷりでファン大歓喜な内容となっています。他のヒロインも彩乃に負けず、お尻ペンペン、目隠しプレイ、パンツクンクンとそれぞれの性癖を活かした見せ場があるのでご安心を。これだけ賑やかだと飽きる暇が無いわ。エッチなバニーの次はエッチなメイドさん。果たして次巻はどうなることやら。
が「ナイス!」と言っています。
まりも
殺し屋カフェに拉致監禁され自分の処理代を稼ぐ羽目になるハードモードから始まる一つ屋根の下系殺伐ストーリー営業開始。イラストが可愛らしいからって中身も可愛らしいとは限らない。喫茶店を舞台にしたゆるふわ日常モノを想像してこの作品を読み始めたらきっと痛い目に合うだろう。イラストからは想像できないハードボイルド具合にノックアウト食らう事間違いなし。シリアスの中にちょっとしたコメディを挟み込んだ絶妙なバランス感覚。これは中々出来ないんじゃないだろうか。日常と非日常のギャップ。それを楽しめる作品だと思う。
が「ナイス!」と言っています。
まりも
地味子をプロデュース。才能至上主義の学園でドルオタが冴えない彼女をアイドルにして輝かせる物語ここに開演。ネガティブだろうが地味だろうがガチオタだろうが輝くことは誰にだって出来る。大切なのは変わろうとする心なのだ。本作はそんな王道ど真ん中な青春ストーリーで魅せてくれる。THE青春とはまさにこの事。主人公のアイドルへの惜しみない情熱、ヒロインの努力、仲間たちの存在。青春を熱くさせる要素がこれだけ揃ってるんだから面白いに決まってる。主人公の癖が強いけどそれさえオッケーならきっと楽しめると思う。良い作品だった。
が「ナイス!」と言っています。
まりも
生徒会長を狙う黒川さんとマッチポンプから始まる青春ラブコメここに開幕。黒川さんのキャラを受け入れれるかどうか。恐らくこの作品を楽しむにはそこが最大のポイントになると思う。ちなみに自分は正直黒川さんの事が好きになれなかった。主人公を無理矢理悪役にさせる彼女のやり方は控え目に言ってもロクな人間がやる事ではない。悪い意味でキャラが強過ぎる。掛け合いであったりコメディ部分は良かったけど、ヒロインの欠点が目立ち過ぎるせいでただ主人公が哀れな物語にしか映らなかった。もう少しご褒美的な何かがあれば違ったと思うのだが…
が「ナイス!」と言っています。
まりも
時を超え時を繋ぐ。過去から現代まで続く夏目の魂の旅。その終わりと始まりを描く過去編遂に完結へ。ただただ凄まじい。長きに渡って描かれて来た過去編。何故これだけの巻数を跨いでまで過去を描いたのか、その答えの全てがこの1冊に詰まっている。東京レイブンズという物語は2人の壮大な純愛の物語だったのだ。「ただいま」「ああ。お帰り、夏目」2人のこのやり取りの尊さと来たらもうね、本当に胸にグッと来た。これまでとこれからを繋ぐ。現代編に勝るとも劣らない面白さを誇る最高の過去編でした。次巻出る前に既刊読み返そうかな。
が「ナイス!」と言っています。
まりも
魔法少女と悪魔少女。2人の好きへの思いがたっぷり詰め込まれた熱くてラブリーな銀河一可愛いマジカルラブコメの第2弾。好きという気持ちを大事に、そしてその気持ちを恥ずかしがる事なんてないんだ。今回はその事を軸にしながら悪魔少女の散華の内面に迫り、満咲とぶつかり合う事で彼女の持つ魅力を最大限に活かす内容となっていた。魔法少女と悪魔少女。強敵と書いて友と呼ぶ関係になりつつある2人の今後とハルの成長を今後も見守りたい。そう思えるくらい魅力的なシリーズになりつつある本作。次巻も楽しみに待っています。
が「ナイス!」と言っています。
まりも
混沌極まる恋愛レース決着の時。不器用でおバカで、だけど誰よりも誠実な愛すべきゲーマー達の恋愛模様。今までは予想の斜め上をいくどうしてこうなった⁉︎的な展開だったけど、終止符となる今回はストレートで彼らの誠実さがこれ以上ないくらい伝わる「ゲーマーズ!」らしいエンディングでした。恋愛レースの行方は予想通りだったけど、期待を遥かに超える素晴らしい展開だった。千秋も花憐も景太も亜玖璃も上原も本当によく頑張った!そんな皆が大好きです。良いものを読ませて貰いました。最後はゲーマーズらしい日常で笑ってお別れがしたいな。
が「ナイス!」と言っています。
まりも
学園一位の男と中国卓球界の宝となる少女。2人の登場が物語を更に熱く激しくさせるシリーズ第2弾。読んでるだけで火傷しそうになる少年達の熱血スポ根青春ストーリー。世界レベルのプレイヤー達が登場し、その熱量は最早火傷どころじゃ済まされないレベルに。ちょっとした策略程度ではどうすることもできない翔星の卓球にかける情熱。誰にも止められない彼らの放つ気迫に圧倒される事間違いなし。シリーズ2冊目にして究極の卓球ラノベと化した本作。これ以上熱くなったらどうなってしまうのか。続きが楽しみで仕方がない。
が「ナイス!」と言っています。
まりも
日南、みみみ、菊池さん、泉たちのこれまでとこれからを繋げるシリーズ初の短編集。この短編集いい仕事している。前回の衝撃のラストからまさかの短編集。それも10編とかもしかして本編前の時間稼ぎか?そう思った自分を殴りたい。どの短編も控えめに言って最高で大満足な出来でした。ヒロインsみんな可愛すぎて困る。彼女達の過去と現在をこのタイミングでこれだけ見事に描かれると文句の付け所も無いってもんだ。特に今大注目のみみみと菊池さんのエピソードはこれだけでご飯三倍は余裕でいけるレベルのクオリティ。いやもう本当に最高でした。
が「ナイス!」と言っています。
まりも
ローゼマイン以外の視点でローゼマインが貴族院に入学してからの一年を見たらどうなるのか。そんな疑問に答えてくれるシリーズ初の番外編。ローゼマイン以外の視点で語られる事で初めて見えてくる部分。残念さが際立ったキャラもいれば意外な一面が見れたキャラもいたりと、至る所に新発見があって大変よろしゅうございました。人に歴史あり、本編では語られる事がなくてもこうやって多くのキャラたちが本好きワールドの中で生きているんだと実感できる素晴らしい1冊だった。アンゲリカ、ハンネローネ、ソランジュ視点の話が特に興味深かったかな。
が「ナイス!」と言っています。
まりも
恋愛初心者な27歳と15歳の年の差ラブコメ待望の第2巻。初めて喧嘩をしたり、恋敵が登場したり、すれ違いがあったり。いろんな初めての経験を乗り越えてゆっくりと関係を深めていく2人の姿が初々しくてたまらない。なんて可愛らしいカップルなんだろう。2018年度一番温かく見守りたいカップルグランプリNO1はこいつらで決まりだ。世代ドンピシャのオタクネタも健在。エアリス派、ティファ派論争懐かしすぎるぜ。姉が巨乳を通り越して奇乳だったのが気になったが、そこを除けば文句無しのクオリティでした。大は小を兼ねるって言うしね。
が「ナイス!」と言っています。
まりも
深く、広い世界。その全てを知るため旅するヨキとシュカが五つの謎を巡るシリーズ第2弾。ドキドキワクワクしたり、胸がキュンと来たり、切なくなったりー。様々な国を舞台にしたそんな色とりどりの物語で楽しませてくれる本作。広大で壮大な世界、こんな世界があったら良いなとか、自分がその国にシュカ達と共に訪れていたらどう思ったのだろうとか、色々と妄想したりしながら楽しく読ませて貰いました。どこまでも大きく広がっていく世界。未知が多いからこそ、この物語に限界は無い。次はどんな謎が待ってるのか。期待に胸膨らませて待ってます。
が「ナイス!」と言っています。
まりも
夏、それは合宿にコミケに水着とイベント盛り沢山な季節。明日夏と善人の関係に変化と新たな思い出が出来るシリーズ第2弾。前作の影響が色濃く出ていた1巻に対して、今回はオリジナル要素が強くせんせーと明日夏らしい甘酸っぱくて可愛い思い出作りの毎日にほっこりとした。ただ前作の雰囲気がこれぽっちもないと言うわけでなく、未来との関係や懐かしのキャラの登場と前作を踏襲した要素は健在なのでそこは安心してもらいたい。時間の流れを感じさせると共に新しい時代の秘密ラブコメも楽しめる。あの2人も早く本格参戦して欲しいな。
が「ナイス!」と言っています。
まりも
スピンオフシリーズ開幕。お兄様を暗殺しようとする者とそれを阻止する者の戦いの火蓋が切って落とされる。殺伐とした命のやり取りをしてるはずなのに、ほのぼのとしたじゃれ合いにしか見えない。それもこれも全てターゲットがお兄様なせいだろう。相手がお兄様になるってだけで本来なら悪になる筈の殺し屋が哀れな子羊に映ってしまうのだから。ヤミちゃんこと忠犬文弥と達也を狙う殺し屋美少女のガチバトルを楽しみ、ラストはさすおにで締める。これまでとは一味違った魔法科ワールドでした。1って事はこれからも哀れな子羊増えるってこと?
が「ナイス!」と言っています。
まりも
レギオン開発者の呼び声に誘われ、新たな戦地となる連合王国へ赴くエイティシックス。その地で彼らを待ち受けるものとは一体何なのか。極寒の地で「死」と対峙するシリーズ第5弾。おぉう、こう来たか。エイティシックス達ですら戦慄するシリンという存在。死者となった後も道具として使われる彼らがエイティシックス達の在り方をこれ以上なく残酷に突きつける。生きているくせに。死者が吐くこの言葉がベットリと胸に張り付いて取れそうもない。いやはや今回もライトとは程遠い展開だった。レーナの新衣装は癒し。次巻も早く読みたい。
が「ナイス!」と言っています。
まりも
子役時代の麻衣にそっくりな女の子との出会いと母親との再会。これまでとこれからを繋ぐ第2部第2弾。やっぱり咲太ってスゴイなぁ。咲太の強さ、そして2年間離れていた家族との関係、麻衣との未来。それらを描いたとても素敵で胸に響くお話だった。妹を守る為これまで一生懸命頑張っていた咲太。彼の心の強さを改めて実感し、ますます咲太の事が好きになった。こんなにすごい奴なかなかいないよ。麻衣も胸に秘めた心の内を語り、より強固な絆で結ばれた2人。咲太と麻衣ならきっと素敵な家族になれるだろうな。これから始まる大学生編が楽しみだ。
が「ナイス!」と言っています。
まりも
これは2001年に実際に起きた王宮事件を題材にした超骨太ミステリーである。王とサーカス。成る程深いタイトルだ。フィクションではあるけどフィクションではない。この作品は限りなく現実に近い作品だと思う。ミステリーとしての読み応えは勿論の事。報道の在り方とは一体なんなのか。その意義について深く考えさせられる1冊だった。ラジェスワル准尉の発言、サガルの言葉。あれを否定する事は絶対に出来ないだろう。報道に携わる全ての人たちが太刀洗万智のような覚悟を持って欲しい。そして自分自身も彼女の生き方を見習いたいと思う。
が「ナイス!」と言っています。
まりも
王と謁見、そして王の依頼を受けレムの故郷へ向かうシリーズ第11弾。ディアヴロさん年上女性に弱すぎませんかねぇ。レムとシェラがいるのにレムの叔母とえっちぃ事しちゃうとか、ディアヴロの理性と下半身の流され体質度合いがスゴい。嫁の実家に帰って嫁の叔母とそういう事してしまうとか控えめに言ってもなかなかのクソ野郎やな(苦笑)その結果があのオチ。果たしてディアヴロさんの明日はどっちだ。
が「ナイス!」と言っています。
まりも
たったふたりで全人類と戦い世界を取り戻す。これはそんな物語。なんとも言葉では言い表しにくい作品だ。復讐系ダークファンタジーかと思ったらそんなモノじゃなくて、ファンタジーの皮を被った哲学的な作品なのかと思ったらそれとはまた違う。頭の中が?で埋め尽くされているのに、不思議と悪い気持ちでは無く何となく気分は上々。この複雑怪奇な読後感これは一体何なのだろう。のんべんだらりと物語が進んだと思ったら急展開を迎えドンデン返し。この作品には鬼才大澤めぐみの全てが詰まっている。作家っていうのは本当にスゴい生き物だな。
が「ナイス!」と言っています。
まりも
惚れ込んだエロゲ声優の正体はクラスの美少女だった!?エロゲ好き男子とエロゲ声優によるエッチシーン指導な青春ラブコメここに開幕。エロゲが題材ということでえっちなのが多いのかと思ったそこの貴方。この作品はそんなのばっかりじゃない健全な仕様となっています。これくらいが一番丁度いいんじゃいかな。物語としてもエロゲに要のエロシーンがド下手な声優の女の子と2人で特訓する姿をコミカルに描いており、青春の爽やかさと暑さを面白おかしく楽しむことが出来た。特に挿絵の使い方が上手い。あのシーンは爆笑モノやね。面白かった。
が「ナイス!」と言っています。
まりも
27歳の営業部エリートと問題児扱いされているJK2人の奇妙な同居生活から始まる爽快社畜ラブコメここに開幕。JKが嫌いな社会人オタクなんていない。大人になると決して届かぬ、そして手を出してはいけない尊い存在。それがJKなのである。今作は主人公とJKの関係は大人と子供としての関係に徹しており、子供相手にこうありたいと思う理想の大人の姿を描いている。大人の都合で一方的に決めるのではなく、最後は子供に選んでもらう。これが出来る大人ってすげーカッコいいなぁ。JKに癒され、エリート社畜が決める。良い作品だった。
が「ナイス!」と言っています。
まりも
クラスで浮いてるボッチ少年と、学校の人気者で尻軽の噂がある金髪ギャルによるラブコメここに開幕。甘い、甘すぎるよ。ビッチというよりも甘えたがりなギャルの怒涛の攻めでボッチ主人公がデレていくまでをこれ以上ないくらい砂糖を振りかけまくり、糖度でオーバーキルできるくらいに甘さたっぷりなラブコメに仕上がっている。甘々なラブコメが大好きな人ならハマること間違いなし。どっからどう見ても両思いなのに素直になれない男子。彼の心が完落ちする日は近そうだ。続刊あるなら読んでみたい。
が「ナイス!」と言っています。
まりも
失われたジョブに就く為に古代の遺跡に向かうシリーズ第8弾。真ヒロインアズライト堂々登場、そして世界の歴史が明かされていく。更には新キャラも続々登場とバトルは無いけど内容盛り沢山。今回も今回とてトラブルに巻き込まれていくレイのドタバタ模様に笑わせてもらいました。特に混浴事件はその後の対応も含めてとても面白かった。一度読んだ内容でも挿絵があったり色々変化があったりするので良いですね。主人公にトラブルはつきものとは言えまた厄介な敵に目をつけられたレイ達。激戦となる次巻が今から楽しみだ。
が「ナイス!」と言っています。
まりも
ヒスパーニア帝国との戦争が激化するシリーズ第14弾。 これまで魔法使いのように戦場を支配して来たレジスにライバル登場。敵側の軍師もレジスと同じくちょっと独特な感じだけど、レジスに勝るとも劣らない強烈な策によって思わぬ劣勢を強いられる事に。これまでもピンチは色々とあったが、今回のは一味違った緊迫感が漂っている。レジスはこういう搦め手には弱いって事なのか。果たしてレジスとアルティーナの命運は如何に。そしてバスティアンの方は今後どうなっていくのか。こちらも気になるし、次巻は早めにお願いしたい。
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2013/04/28(2029日経過)
記録初日
2013/04/28(2029日経過)
読んだ本
3736冊(1日平均1.84冊)
読んだページ
1163396ページ(1日平均573ページ)
感想・レビュー
3706件(投稿率99.2%)
本棚
9棚
性別
職業
営業・企画系
自己紹介

どうも、ライトノベル中心に色々読んでる者です。
ほのぼのした作品から心を抉るエッジの効いた作品まで守備範囲は広めです。
感想の書き直しが多いのでご迷惑をおかけするかもしれません。
一応ネタバレはしないように心がけているのでよろしくお願いします。

特に好きな作家さんとその作品一覧
あざの耕平 Dクラッカーズ、東京レイブンズ
うえお久光 紫色のクオリア
朝井リョウ 少女は卒業しない
青崎有吾  体育館の殺人
石川博品  耳刈ネルリ、明日の狩の詞の
犬村小六  とある飛空士シリーズ
遠藤浅蜊  魔法少女育成計画
宇野朴人  天鏡のアルデラミン
岡本タクヤ 僕の学園生活はまだ始まったばかりだ
小野不由美 残穢
賀東招二  フルメタルパニック
小木君人  森の魔獣に花束を
榎宮祐   ノーゲームノーライフ、クロックワークプラネット
九岡望   エスケヱプスピヰド
三枝零一  ウィザーズ・ブレイン
三田誠   レンタルマギカ
時雨沢恵一 キノの旅、アリソンシリーズ
十文字青  薔薇のマリア、 灰と幻想のグリムガル
長谷敏司  円環少女
滝川廉治  テルミー、MONUMENT
野崎まど  2
野村美月  文学少女、ヒカルが地球にいたころ
支倉凍砂  狼と香辛料
初野晴   ハルチカシリーズ
林トモアキ 戦闘城塞マスラオ、レイセン、ミスマルカ興国物語
秀章    脱兎リベンジ
藤まる   明日、ボクは死ぬ。キミは生き返る
丸戸史郎  冴えない彼女の育て方
丸山くがね オーバーロード 
水野良   グランクレスト戦記、ロードス島戦記
横山秀夫  64
米澤穂信  氷菓、小市民シリーズ
etc

読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう