読書メーターあなたの読書量を記録・管理

6月の読書メーターまとめ

まりも
読んだ本
28
読んだページ
8114ページ
感想・レビュー
27
ナイス
2054ナイス

6月に読んだ本
28

6月のお気に入られ登録
3

  • なっつ
  • 獣八
  • さかしん

6月のトップ感想・レビュー!

まりも
女子高生とオッさんの奇妙な同居生活に変化が起きるシリーズ第二弾。沙優がバイトを始め、そこで友達を作る。そんなところから始まる今回は序盤から波乱続き。終始ハラハラドキドキした上に、結構重ためな展開もあったりと、精神的に結構クる内容となっていた。JK可愛い!ってなるだけの小説じゃないから面白いんだけど、それでもやっぱり沙優や吉田が辛そうなのは見ててシンドイ。それだけこの作品は魅力的なキャラが揃ってるって事だろう。後藤さんは本当ズルい!だけどそこが素敵。この物語の行く末をしっかりと見届けたい、そう思いました 。
が「ナイス!」と言っています。

6月のトップつぶやき!

まりも

2018年5月の読書メーター 読んだ本の数:34冊 読んだページ数:10816ページ ナイス数:2368ナイス ★先月に読んだ本一覧はこちら→ https://bookmeter.com/users/349358/summary/monthly 新刊を読むだけで手一杯な毎日。いつになったら積み本崩せるんだろうか。先月は君死にたもう流星群、ガガガの新人賞をはじめとして良作が多かった記憶。

が「ナイス!」と言っています。

6月の感想・レビュー一覧
27

まりも
イオリの背負った罪の真相を知ったユーフェミアが、ある決意を胸に抱くシリーズ第二弾。思ってたのとは違う展開だったが面白い。イオリとユーフェミア。今回メインで描かれるのは2人の因縁と、穢れや汚れを背負い必死にもがきながら生きる者達の姿だ。話の展開こそスピーディーだが、内容の方はガツンヘビー。このバランス加減流石はベテラン作家。次あたりで現世に戻って来れそうだけど、多分それだけじゃ終わらないんだろうな。出来ることなら戻ってからのアレコレも読みたいし、是非ともこの作品には長く続いて欲しい。
が「ナイス!」と言っています。
まりも
これはオタク男子とオタクギャルの友達以上恋人(仮)なラブコメ物語。こんなに可愛くて巨乳で家事もできて、それでいて趣味も合う。超あざとくてうざいのにそれすらも可愛い。そんなギャルヒロイン相原さんとのラブコメをただただ楽しむ。そんな普通に真っ当なラブコメ作品。気を衒った内容ではない為、純粋にうらやまけしからん2人の友達以上恋人未満なやり取りを楽しめるのが良いね。オタ友も良いキャラをしてるので、掛け合いの方も良い感じ。謎のサメ映画推しも何気にツボに入った。2人の今後も見守りたい。そう思える良いラブコメでした。
が「ナイス!」と言っています。
まりも
ラースイーエの目的、そして真の支配者の存在が明らかになるシリーズ第四弾。世界の謎が明らかになると同時に更なる謎がカイ達の目の前に降りかかる。今回も細音節全開の王道にして怒涛の展開となっており、大変読み応えがあった。ハラハラドキドキ、そして時々ほっこり。この安定感本当好きだな。2人のシド、新たに現れた新種族、そして更なる新展開。謎が明らかになればなるほど物語が加速していく様に興奮しっぱなしでした。果たしてここから物語はどうなっていくのか。この先の展開も目が離せないことになりそうだ。
が「ナイス!」と言っています。
まりも
いつもの放課後。いつもの部室でゆるーく部活をする日常系四コマラノベのはじまりはじまり。あ、これ普通にGJ部だ。あのゆるふわ四コマラノベの世界観をそっくりそのままMF文庫で楽しむことが出来るなんて思いもしなかっただけに正直びっくり。嬉しいのは嬉しいんだけどね。本家GJ部とは違い、スターシステムを採用したこちらの方ではスーパー新木伸的なゆるふわモノとなっており、著者のファンなら絶対に楽しい作品となっている。GJ部魂は不滅なのだ。心癒されるひと時をくれる、そんな良作でした。
が「ナイス!」と言っています。
まりも
夏休みを迎え海にバイトに大忙し!なシリーズ第三弾。あまのじゃくな氷室さんよりも、完全に恋する乙女な砂城さんの可愛さがとどまるところを知らない。自分の気持ちを隠す事なく、積極的にアピールする女の子の可愛さを堪能させてもらった。氷室さんもちょっとずつあまのじゃくがマシになってきて可愛らしくなってきたし、もうマジでこの作品を読んでるとニヤニヤが止まらない。愛斗ママも登場しドタバタ具合も加速中。現状氷室エンドしか考えられない状態だけど、果たして砂城さんの逆転はあるのか。こいつは続きが楽しみだ。
が「ナイス!」と言っています。
まりも
神アプリで運命の相手を探す物語アプリラブコメここに開幕。これは今まである様でなかったタイプのラブコメだ。ヒロインは4者4様の全振り系女子。幼馴染派の自分としては攻撃力全振りポンコツ幼馴染・凛珠を一番オススメしたいが、他のヒロインも最ッ高にキュートで魅力的。そして設定が時代の流れを反映していて面白い。他の方も書いているがこのアプリ使い方次第ではディストピア待った無しだが、その使い方が中々に上手い。皮肉が効いてるのにMFらしい王道なラブコメになっている。現段階でも十分面白いが。今後の展開次第で更に化けそう。
が「ナイス!」と言っています。
まりも
剣鬼と剣聖が奏でた「剣鬼恋歌」のその後を描いたシリーズ外伝第三弾。ヴィルヘルムとテレシアの恋物語の後日談、そのなんと甘くほろ苦いこと。多くの苦難を乗り越え、無事結ばれた2人の騒がしくも幸福な日々、その姿に胸がいっぱいになると同時に、そんな2人を逃さぬ災禍の予兆、剣を求める時代の残酷さに哀しさを覚えた。ベルトールというヴィルヘルムが尊敬する剣士の存在、そしてストライドとクルガンという因縁深い敵の存在。本編にも勝るとも劣らない面白さを誇る「剣鬼恋譚」あとがき通りこれを読むと更に本編を楽しめる事間違いなし。
が「ナイス!」と言っています。
まりも
次なる外遊の地トルギス共和国を訪れたソーマに、リーシアから嬉しい情報が届くシリーズ第7弾。また1人ポンチョに餌付けされた美女が現れたか。そば飯恐るべしっ!さてさて、そんな事はさておきトルギス共和国の鍛治技術に目をつけたソーマの秘策が光る今回。これからに大きな影響を与え、物語の転機を迎える一つのターニングポイントとなる。そんな内容となっていました。外交の成功を重ね着実に進んでソーマの治世、その一方で北の地で魔物の動きが活発化し、不穏な空気も感じる状態ですが果たしてここからどうなるのか。次巻も期待やね。
が「ナイス!」と言っています。
まりも
パーティを離れる決意をしたユメを残し、海賊の島を去ったハルヒロたちが、胡散臭いケジマンと共にオルタナを目指すシリーズ第13弾。おぉう、まるで闇鍋のようなごった煮感。著者ですら今後の展開が予測出来ていなさそうだが、その予測不可能でカオスな展開だからこそ、余計に目を離す事が出来ない。これぞ正しく冒険って感じだ。ケジマンに振り回されるハルヒロたち同様、読者も十文字青に振り回されてる。だけどそれが楽しい。十文字青節全開だが、果たしてどれだけの読者が置いてけぼりを食らっているのか。それがちょっと心配でもある。
が「ナイス!」と言っています。
まりも
武器修理ロボとして生まれ、今は主人であるハルとの二人きりで世界を旅するテスタ。これはそんなロボと女の子の物語である。あぁ、良いなぁ。ほとんどが消え去ってしまった世界。その世界で描かれるのはロボと女の子が家族となり、旅の中で絆を育む姿。命は決して永遠ではない、だからこそ最後まで共にいて成長を見守りたい。いつか終わりが来るからこそ、2人の旅は何よりも尊く、そして儚くて、こんなにも胸を打たれるのだろう。心にすっと沁み渡り、読後感にずっと浸りたくなる。そんな味わい深い1冊でした。是非とも多くの人に読んで貰いたい。
が「ナイス!」と言っています。
まりも
魔法少女の母の事でからかわれた過去を持つ少年が、母が引退した後に自分が魔法少女を継ぐのを拒否する為、後継者を探すマジカルコメディここに開幕。このスポ根もいいスポ根だ。才能が無いから夢を諦めた少年と、才能が無くても夢を諦めない少女。この2人が出会ったことで起きる化学変化。それを面白おかしく、そして熱く爽やかに描いた大変ガガガらしい青春物語となっている。 この青春は誰にも真似出来ないし、止めることなどもっと出来ない。アクの強いキャラたちによるノンストップな王道展開でしっかりと楽しませて貰った。おかんすげぇぜ。
が「ナイス!」と言っています。
まりも
これは身を焦がす程に卓球を愛し、卓球に全てを捧げる少年少女たちの青春を描いた物語。純度100%のスポ根小説の面白さをとくと見よ。読み手の心を捉えて離さない、燃え盛る炎のように熱い情熱と、煌めく青春の汗。そんな王道スポーツ物語の醍醐味の全てをギュッと詰め込んだ今作。そのあまりの面白さに一気に心を鷲掴みにされ、あっという間に一気読み。時にぶつかり合いながらも同じ目標を共有し、勝利に向かって直向きに走る。そんな2人の姿に心揺さぶられること間違いなし。この作品を読めばきっと心に情熱の火がつく。続刊熱望。
が「ナイス!」と言っています。
まりも
一郎の前に第四の魔神と謎の転校生現る‼︎なシリーズ第5弾。今回登場の新キャラはめんこい田舎娘系魔神トッコちゃんと新たな主人公属性を持つ転校生・阿義斗。ただでさえ濃ゆい面子に、この強烈な個性の持ち主たちが加わるコメディパートの破壊力はこれまでで最大レベル。絵に描いたようなてんやわんや生温い展開は抱腹絶倒間違い無し。恐るべきは友人キャラに拘って行動してるはずなのに、最早そんじょそこらの主人公じゃ太刀打ちできないレベルの活躍をする一郎の圧倒的助演力よ。主役すら食う友人キャラ。今回も最高に楽しかった。
が「ナイス!」と言っています。
まりも
男だと思ってた友達は実は家業のために男装をする男装女子だった⁉︎ そんな親友と過ごすお嬢様学校での学園物語ここに開幕。軽ーい気持ちでさくっと読める本を求めて購入。期待通り頭空っぽにして楽しめた。正直ツッコミどころは多いし、展開も強引な上に盛り上がりもない。だけど隙だらけなポンコツ男装女子の幼馴染2人と主人公のドタバタ生活はとても楽しく、賑やかでラストまでノーストレスで読ませてもらいました。何もかもがポンコツ、だから面白い。そんな感じでツッコミどころを楽しめる人ならきっとイケる筈。
が「ナイス!」と言っています。
まりも
これは創作に取り憑かれた人の生きた軌跡を辿り、その死の真相に迫る物語。なんて辛い本なんだろう。どこまでも重苦しく、救いも無い。何となく片手間で読む事を赦さず、真正面から創作に取り憑かれた者たちの生きざまをを見る事になる。それだけに読後の疲労感は凄まじいが、自分には決して真似する事の出来ないその生き方は鮮烈に印象に残った。暗くて重苦しいし、読んでいてしんどくなる。だけど決して目を離すことが出来ない。そんな力のある1冊でした。ミステリーだけど、それとはまた違った感じだ。
が「ナイス!」と言っています。
まりも
これは記憶を失いつつある少女と、人付き合いを避けて生きてきた少年の交わした約束の行方を描いた青春物語。あぁ、いいな。天沢夏月さんの描く物語はなんでこんなに美しいんだろう。言葉では言い表せない読後感に浸らせてもらった。叙述トリックを用いたミスリードも見事だが、この作品最大の魅力はやっぱり言葉一つ一つに込められた想いだろう。まるで透明みたいに美しく、それでいて儚い。この物語の結末を見届けた後、再び読み返した時、きっとまた違った空気を感じ取れる。そう思える素敵な1冊でした。雨の日に読むと尚良いかもしれない。
が「ナイス!」と言っています。
まりも
マインに覚悟の時が来る貴族院編の第三弾。今回は涙無しでは読むことが出来ない。これまで細々とながら確かに繋がりのあった下町との関係。ローゼマインがマインとしていられた唯一の時間が無くなってしまうのは仕方がない事とはいえ本当に悲しい。マインの心境を思っただけで胸が苦しくなって涙が止まらない。ルッツとトゥーリの会話でも泣かされたし、今回は泣きっぱなしだったな。良い子ばっかりだ。待ちに待ったハンネ嬢の登場に歓喜し、グードルーンの挿絵率の高さに笑い、別れに涙する。感情揺さぶられっぱなしでした。
が「ナイス!」と言っています。
まりも
全世界を襲ったゾンビパンデミックから5年後、荒廃した東京を1人さすらう少年が"ゾンビ化していないゾンビ"の少女に出会う。これはそんな2人の旅を描いた物語。人が生きるために本当に必要なものとは一体なんなのか。この作品を読めばきっとその答えがわかる筈。死ぬ為の旅を始めた少年が、1人のゾンビ少女と出会い、彼女の明るさに触れていく事で、彼の死んだ心が再び生き返っていく。荒廃した世界だからこそ人との絆や温もり、そういったものの大切さをより確かなものとして伝えてくれる。心の琴線に触れる良い作品でした。
が「ナイス!」と言っています。
まりも
プレイヤーがモンスターとなって女NPCの服を脱がせるVRギャルゲーのプレイヤーと正統派VRRPGのプレイヤーの出会いが運命を変える物語ここに開幕。エロと正統派のファンタジー。全く異なるゲームの世界観が合体した時、一体何が起きるのか。その化学反応を馬鹿馬鹿しく、それでいて熱量もしっかりとある絶妙なバランスで描かれている。側から見ればおふざけが過ぎるように思えるかもしれないが、当の本人にとっては至って真剣であり、そこを馬鹿にすることは決して出来ない。お馬鹿でエロいのになんかカッコいい。こういうの結構好き。
が「ナイス!」と言っています。
まりも
ひょんなことから廃課金の2人がモバイルゲーム同好会というサークルに入るシリーズ第二弾。夏だ!海だ!水着を着て10連ガチャをして限定水着キャラを当てよう!半同棲生活をしてるのに付き合ってないと言い張る2人の相変わらずな廃課金っぷりをとくと見よ。今回の新キャラはガチャの神に愛された無課金コスプレイヤー。課金勢からしたら羨ましくて仕方がない。そんな彼女が抱える悩みをダメ人間なのに颯爽と解決しちゃう遠野の格好良さよ。眩しくないのに何故か羨ましく思える廃課金青春模様。願わくばこの調子でこれからも続きをお願いしたい。
が「ナイス!」と言っています。
まりも
バースでの長逗留を終え、ロンドンに帰還したラザルスに賭博師としての破滅の音が迫るシリーズ第四弾。リーラという守るべき大切な存在、フィリーやエディスとの交流。今回は彼女たちとの穏やかな日々が突然終わりを告げ、ラザルスの変化が決定的な破滅を引き起こす、そんな内容となっておりこれまで以上に緊迫感と読み応えがありました。文字通り賭博師としての全てを失った男が再び蘇る。その姿に惚れ惚れすること間違いなし。どうやら次で完結らしいが、果たしてここからどうなっていくのか。最終巻が今から楽しみだ。
が「ナイス!」と言っています。
まりも
レンに求愛する謎の男現る⁉︎なシリーズ第7弾。今度のスクワッドジャムの敵はプレイヤーだけじゃない。なんとなんと今回は不届きにもレンちゃんに求婚するストーカー野郎とモンスターを相手にしなくちゃいけないのです。普通のチームバトルロイヤルなんか許さねぇとは流石銃好き変態作家。いいぞもっとやれ。まだ前半なのでドンパチは控えめですが、それでも今回のスクワッドジャムは一味違うぞ!と言わんばかりに波乱続きでドキドキしました。モンスターも求婚相手もプレイヤーも全部全部血祭りにあげちゃうピンクの悪魔の活躍を早く読みたい。
が「ナイス!」と言っています。
まりも
勇者の仲間の1人から戦力外通告を受けた青年が、辺境の地でスローライフを始める物語ここに開幕。ツン期の終わった元ツンデレというのはこんなに可愛い生き物なのか。この作品の目玉はなんといってもリットとのイチャイチャだろう。加護やら勇者パーティとの対比もあるけど、リットとのスローライフに比べたら全てが霞んで見えてしまう。加護がマイナスにもプラスにも働くというのは面白いので、これが今後物語でどういう使われ方をするのかも見所。読んでて楽しいし癒される、そんな素敵な物語でした。
が「ナイス!」と言っています。
まりも
黒い髪の青年の力を借りたフェオドール。彼のついた最後の嘘とはなんなのか。それを描くシリーズ第六弾。胸にポッカリと穴が空いた、今の気分を言葉に表すならこれ以外にない。喪失感と遣る瀬無さと、なによりもこんな終わり方になる事への納得のいかなさ。それら全てが胸の中でゴチャゴチャになって、ただひたすらに辛い。もうね、本当悲しいし泣けてくる。ティアットとラキシュの戦い、自分の思いを隠し戦い続けたフェオドール。集大成となる戦いだったのは確かだが、迎えたのは希望とは程遠い結末。ここから希望は見えるのか。次巻早く読みたい。
が「ナイス!」と言っています。
まりも
無口で無表情、だけど平然とトンデモ理論をぶち込んでくる文学少女とオタク男子と暴言多めの妹による三角関係ラブコメここに開幕。玩具堂さんの最新作は色々と理屈をこねくり回し、独自の理論でラノベを語ったり、時々ラブコメしたりする物語。開始時点でヒロインと恋人同士ってのも変わってるけど、ヒロインが恋愛感情を見せずぶっ飛び理論を淡々と話すだけってのも中々個性的で面白い。そしてそんなヒロインが最後の最後に特大の萌え爆弾を落としてくれるからたまらない。表面じゃ分からない女の子が見せるデレの破壊力。それを教えてくれる作品。
が「ナイス!」と言っています。
まりも
シジマの行方を探すレイたちの前に、新たなUBMが立ちはだかるシリーズ第7弾。ビースリー先輩がカッコよすぎる。上級職でありながらその名を轟かしたプレイヤーの真の力を見せつけるバトルシーンは圧巻の一言。その後にレイがジャイアントキリングするのも毎度のことながら最高にカッケー。外伝の方ではルークの凄腕探偵っぷりとクマ兄さんの規格外っぷり、そして犯罪王のクレイジーっぷりを見せられ、こちらも非常に面白かった。これが新たな伏線となるのだろうし、ここからの新展開が楽しみですね。次巻が待ち遠しい。
が「ナイス!」と言っています。
まりも
女子高生とオッさんの奇妙な同居生活に変化が起きるシリーズ第二弾。沙優がバイトを始め、そこで友達を作る。そんなところから始まる今回は序盤から波乱続き。終始ハラハラドキドキした上に、結構重ためな展開もあったりと、精神的に結構クる内容となっていた。JK可愛い!ってなるだけの小説じゃないから面白いんだけど、それでもやっぱり沙優や吉田が辛そうなのは見ててシンドイ。それだけこの作品は魅力的なキャラが揃ってるって事だろう。後藤さんは本当ズルい!だけどそこが素敵。この物語の行く末をしっかりと見届けたい、そう思いました 。
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2013/04/28(1906日経過)
記録初日
2013/04/28(1906日経過)
読んだ本
3630冊(1日平均1.90冊)
読んだページ
1130753ページ(1日平均593ページ)
感想・レビュー
3603件(投稿率99.3%)
本棚
9棚
性別
職業
営業・企画系
自己紹介

どうも、ライトノベル中心に色々読んでる者です。
ほのぼのした作品から心を抉るエッジの効いた作品まで守備範囲は広めです。
感想の書き直しが多いのでご迷惑をおかけするかもしれません。
一応ネタバレはしないように心がけているのでよろしくお願いします。

特に好きな作家さんとその作品一覧
あざの耕平 Dクラッカーズ、東京レイブンズ
うえお久光 紫色のクオリア
朝井リョウ 少女は卒業しない
青崎有吾  体育館の殺人
石川博品  耳刈ネルリ、明日の狩の詞の
犬村小六  とある飛空士シリーズ
遠藤浅蜊  魔法少女育成計画
宇野朴人  天鏡のアルデラミン
岡本タクヤ 僕の学園生活はまだ始まったばかりだ
小野不由美 残穢
賀東招二  フルメタルパニック
小木君人  森の魔獣に花束を
榎宮祐   ノーゲームノーライフ、クロックワークプラネット
九岡望   エスケヱプスピヰド
三枝零一  ウィザーズ・ブレイン
三田誠   レンタルマギカ
時雨沢恵一 キノの旅、アリソンシリーズ
十文字青  薔薇のマリア、 灰と幻想のグリムガル
長谷敏司  円環少女
滝川廉治  テルミー、MONUMENT
野崎まど  2
野村美月  文学少女、ヒカルが地球にいたころ
支倉凍砂  狼と香辛料
初野晴   ハルチカシリーズ
林トモアキ 戦闘城塞マスラオ、レイセン、ミスマルカ興国物語
秀章    脱兎リベンジ
藤まる   明日、ボクは死ぬ。キミは生き返る
丸戸史郎  冴えない彼女の育て方
丸山くがね オーバーロード 
水野良   グランクレスト戦記、ロードス島戦記
横山秀夫  64
米澤穂信  氷菓、小市民シリーズ
etc

読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう