読書メーターあなたの読書量を記録・管理

9月の読書メーターまとめ

mnt1983
読んだ本
6
読んだページ
1529ページ
感想・レビュー
6
ナイス
1051ナイス

9月に読んだ本
6

9月のお気に入り登録
2

  • 天野ケロ
  • .

9月のお気に入られ登録
1

  • 天野ケロ

9月のトップ感想・レビュー!

mnt1983
ナチス優生学は優生思想の鬼子であり、本来はむしろ福祉的語彙で語られていたことにぞわり。欧州各国の優生思想の歩みと我が国の歴史が丁寧に跡付けられている。分子生物学やポストゲノム、バイオインフォマティックスのこの現代に優生思想は、出生前診断やヘイトクライムとの関連だけでなく、それと気づかぬ形で人々に浸透していくだろう。そのことをまずは自覚し、タブー視せず向き合うこと。「地獄への道は善意で敷きつめられている」。良著。
が「ナイス!」と言っています。

9月のトップつぶやき!

mnt1983

何だかよく分からない本棚

何だかよく分からない本棚
が「ナイス!」と言っています。

9月の感想・レビュー一覧
6

mnt1983
ナチス優生学は優生思想の鬼子であり、本来はむしろ福祉的語彙で語られていたことにぞわり。欧州各国の優生思想の歩みと我が国の歴史が丁寧に跡付けられている。分子生物学やポストゲノム、バイオインフォマティックスのこの現代に優生思想は、出生前診断やヘイトクライムとの関連だけでなく、それと気づかぬ形で人々に浸透していくだろう。そのことをまずは自覚し、タブー視せず向き合うこと。「地獄への道は善意で敷きつめられている」。良著。
が「ナイス!」と言っています。
mnt1983
『モモ』や『はてしない物語』は昔読んで魅せられた。その寓意性やファンタジー性よりは、その果てしなさに惹かれた気がする。さてこの本、エンデが遺した多種多様なテクストをまとめたもの。内的世界の豊かさや想像力のちからを想起させてくれる、その枯渇に危機感を覚えさせるものが多い。だが、読者からの手紙に(エンデとツェランが近しいと書いてあった模様)自分とツェランは全く別のことを目指してると思う、と答えていた通り、エンデの作品はまだアレゴリーや意味が成立する世界に属する、ある種の幸福感を帯びたもののように感じられた。
が「ナイス!」と言っています。
mnt1983
このひとは強いひとだ。グレーであることを、グラデーションの中間ではなくひとつの色としてのグレーを、自分で悩み苦しみ抜いて選択した。私は「Xジェンダー」という概念を知るまでは、不承不承女性であることを受け入れていた。そんな自分が不甲斐なく情けなく悔しい。なぜこのひとのような強さを持たなかったのだろう。もしかしたらその選択もそのしなやかな強靭さも、本人にとってやはりまだ不本意なものなのかもしれないが、それでも最適解を探しながらもがいていくのだろうなこの後も。自分の性の在り方について考えざるを得ない読書だった。
mnt1983
2020/09/27 16:44

「時期じゃない」とタトゥーを入れることができなかったこのひとが、時が経ってその準備ができた時にそのことをちゃんと憶えていたという彫師のエピソード、GID当事者の身に危険が迫るこの期に及んで冷たくあしらってくる医者と、必死の救急隊員とのエピソード、が結構印象に残っている。

が「ナイス!」と言っています。
mnt1983
メタミステリーということで、ミステリー自体のお約束をあまり知らない私に味わいきれたかどうか。メタフィクション的な部分って意味では楽しめたけど、王道に近いメタ感なので、良くも悪くも何となく見慣れちゃってる感じはある。でも私にはきちんと読み切れてないんだろうな。
が「ナイス!」と言っています。
mnt1983
ネタバレマッドジャーマンズ=Made in Germany。モザンビークから東独への出稼ぎ労働者たち。その人生。ドイツ人になれずモザンビーク人にも戻れず。頼みのつては内戦で亡くし。積み立てたはずの金は戻らず。作者はそんな人々に取材を重ね、3人のフィクティヴな人物の物語へと結実させる。それぞれの現実との向き合い方は三様だが、どれも言葉を失う。だがその物語の描き方は(BDに近しいものがある)アーティスティックで力に溢れ、感情や息遣いを腹の底から感じさせてくれる。(続
が「ナイス!」と言っています。
mnt1983
男女二元のジェンダーから、性的多様性のジェンダーまで、幅広く扱っていたかな。入口にちょうど良いので、ん?って思う部分もなきにしもあらずだったけど。ジェンダー教育を行う小学校の先生の話が親としては参考になる。そして恥ずかしながら、能町みね子さんのプロフィールを初めて知ったよ。ただ全体的にファッションへフォーカスが寄り気味だったのが…性的マイノリティはキラキラしてないといけない訳ではなく、市井の、地味な、普通のLGBTQ+もいるんだよと言いたい…。でも、繰り返すけど、入口としては良かったと思う。
mnt1983
2020/09/05 22:18

表紙はりゅうちぇる。「ジェンダーレス男子」という、性別を無化するかのようなラベルでさえも「なにそれ?」と退けるこの人が表紙を飾っているのも良かった

が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2013/06/02(2707日経過)
記録初日
2013/05/10(2730日経過)
読んだ本
1251冊(1日平均0.46冊)
読んだページ
277023ページ(1日平均101ページ)
感想・レビュー
1097件(投稿率87.7%)
本棚
70棚
血液型
B型
職業
専門職
自己紹介

Sanguis sum.


///
ハイスタならツネ派
パワーバイオレンスとパワーアンビエント周辺
ノイズはハーシュ限定
駆け出し精神保健福祉士
アマチュアのベケット読み
ワナビポリアモリスト
性別などない
アイコンはピエールとブラウンとホイミン
bandcamp ファンアカウント: https://bandcamp.com/mnt1983


///
Amo quia absurdum est.

読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう