読書メーターあなたの読書量を記録・管理

讃壽鐵朗さんのお気に入り
43

  • 定年後億り人rintarou

      定年退職の2年後に億り人になりました。 資産運用・個人事業・年金でセミリタイアの日々です。

    • Take@磨穿鉄靴
      • 1976年
      • 静岡県

      晴走雨読。晴読雨走。

      趣味はマラソン。
      走らない時は読書。
      読書は肩肘張らず息抜きに楽しんでます(^_^)

      ランニングに関しては2017-2018シーズンで目標達成出来ず。
      2018シーズンは必ず3時間を切る。
      ランニングに関しては肩も肘も張りまくって

      諦めない心とそれを裏付ける実力を日々の鍛練で養う。
      2018は甘えを捨て勝負の年にする。
      走らなくてもいい言い訳は足元にたくさん転がってる。
      そんな物を1つ1つ大切に拾い上げるな。蹴り飛ばせ!
      苦しいけど目標を達成したらたくさん自分を褒めてやれ。
      その時には自分を認めよう。それまで頑張ろう。
      届かない夢でもない。越えられない壁でもないからね。

      2018.10.28しまだ大井川にてグロスで2:57。
      文句無しのサブスリーを達成!
      支えてくれた方、アドバイスし、応援してくれた皆さんに感謝。
      一人では絶対に出来なかった。

      共に喜んでくれる仲間がいる事。
      共に泣き、支えてくれた人がいる事。
      それを改めて知ることが出来た。
      自分は幸せな人間だとつくづく思う。
      ありがたい。感謝しかない。
      心からありがとうございますと謙虚な気持ちになる。

      日々の鍛練は身体だけでなく心も育ててくれたのかもしれない。

      これからもランニングと読書で身体も心も安定させていきたい。

    • 白河清風
      • O型
      • アーティスト
      • 東京都

      時がたつのは早いですね。古今東西の名作をあまり読まないうちに人生も後半に差しかかりました。皆さんの読書感想などを励みにして、いろいろ読み進めていきたいと思います。

      最近刊行した本(電子書籍)です。

      「松本隆の詞を愛でる」

      「白河清風の映画鑑賞」

    • Cinejazz
      • O型

      風の吹くまま 気の向くまま CinemaとJazzバラ-ドに 酔い痴れながら 思いの丈を綴った読書遍歴・・・

    • pia
      • 技術系
      • 神奈川県

      部屋中に転がってる未読本は、いつになったら無くなるのだろう。

      気になったらとりあえず買っちゃう私が悪いのか、
      読むのが遅いのが悪いのか、
      一生減る気がしないんだけど・・・

      宝くじ当てて、憧れの書斎を作って、ゆったり気ままに本だけ読んでる生活がしたい・・


      と夢みながら、毎日満員電車にゆられ会社に向かう30代。

      小説専門でしたが、最近エッセイを好んで読むようになりました。
      あとビジネス書も少々。

      読んだ本の内容を片っ端から忘れていく自分に危機感をもち、
      読書メーターに感想を残すようにしています。

    • yuki
      • 川越読書旅団
        • 事務系
        • 埼玉県

        小江戸川越にて毎月読書会を行っております。

        ジャンヌは問わず、紙媒体(デジタル媒体以外)の読物であればなんでもありの読書会です。

        ご興味がございましたら是非お声がけください。

      • とも
      • 楽隊屋

          敢問死

        • Kircheis
          • B型
          • 専門職
          • 大阪府

          名前はキルヒアイスと読みます。
          田中芳樹さんの作品『銀河英雄伝説』の登場人物からお借りしています。

          読書の感想を残しておくことで、何年かしてからその時の感情などをふと思い出したりできるのではないかと思い、『読書メーター』を利用しはじめました。

          他の人の

          感想を読むのも大好きです!
          感想読んだらナイスしていきますが、お気になさらず(+o+)
          また共読ある方をすぐにお気に入り登録する癖がありますが、うざ絡みはしないのでご容赦下さい🙇
          あと、感想は備忘録的に書いていることから、(フィルター付きではありますが)ネタバレ全開のものもありますのでご了承下さい。

          主にミステリーというか、ラストに大どんでん返しが待ってるような話が好きです( ^ω^ )
          あと哲学系も好きです!
          それと弁護士をしているので、法関連の本の感想を書くことがあります。

          ほとんどの感想に付いている★マークの意味は

          ★★★★★(最高!傑作!)
          ★★★★☆(おもしろかった)
          ★★★☆☆(そこそこ良かった)
          ★★☆☆☆(時間つぶしにはなる)
          ★☆☆☆☆(つまんなかった)

          です。
          あくまで個人的な好みですので悪しからずm(_ _)m

          こんな感じですが、宜しくお願いします(≧∀≦)

        • 關 貞浩
          • A型
          • 千葉県

           学生時代の友人のすすめで読書メーターをはじめました。このおかげで昔読んだ小説を再読して感想を書いたり新しい情報を仕入れたりと、読書にプラスアルファの楽しみが増えました。

           せっかく読んだ本の感想はできるかぎり書いていこうと思います。ナイスをくださっ

          た方がどんな本を読んでいるかのぞかせていただくこともありますので、どうぞよろしくお願いいたします。

        • saga
          • 1967年
          • AB型
          • 事務系
          • 千葉県

          小学生の頃に、学校の図書室から借りた夏目漱石『坊ちゃん』に魅了され、『吾輩は猫である』で挫折。小~中学までは、ろくに読書もしない『普通』の子。

          読書を趣味と言えるようになったのは高校生の頃。筒井康隆にはまり、その流れで阿刀田高、星新一などを読む。

          基本

          は、お気に入り作家の作品をコンプリートすることと、雑学系・知らない世界系のノンフィクションを乱読。

          読了した書籍の中に引用された作品を読むことで、レパートリーの枝葉を広げていきたい。

          漫画も好き! 最初に買った単行本は『マカロニほうれん荘』。最近はアニメから入ることが多い。他のユーザーさんのように、漫画だけ別IDにしようかと検討したが、漫画も読書と割り切って登録していこうと思う。感動する漫画もあるし……っていい訳か?!

          2014/6/19追記
          いつもナイスをくださる皆さんに感謝です。
          自分が読んでいない本の感想にはなかなかナイスが押せずにいます。どうかご容赦ください。

          2015/3/9追記
          読了日不明の感想を入れるべく努力中(最新の読了日を入力)。目指せ感想投稿率100%!

        • SOLCOM(いけひろ)
          • 1964年
          • B型
          • その他
          • 茨城県

          とにかく「読書を楽しむ」ことがメイン。
          小難しいことは抜きにして、「ページをめくるのがもどかしい」くらいのワクワクを提供してくれる本が私にとっての良書でございます。

          *** 過去mixiにてレビューした読了データの移行完了しました。 ***

        • ユーさん
          • B型
          • 販売系
          • 愛知県
        • panzer

            こんにちは。

            panzerと申します。

            読書メーターに記録を始めたのは2017年9月15
            日からです。書籍は図書館を数か所利用していま
            す。手元に置きたい本は主にネットで購入します。

            ※読む本

            1.歴史関係 :日本近世史から現代史。西洋
               

                  近代史から現代史
            ①江戸時代 :野口武彦・氏家幹人等の著作
            ②太平洋戦争 :戦争記録・陸海軍関係者の回
                    顧録等
            ③第一次・第二次世界大戦前後の欧州情勢

            2.社会学関係:格差社会と少子高齢化に関心。
            ①山田昌弘   :未婚・少子化化問題

            3.精神医学 :精神科医:中井久夫・斎藤環の本
                 
            4.文学関係 :鈴木桃野の著作の現代語訳を志し
                   ています。
            ①鈴木桃野 :江戸末期の昌平坂学問所教授
                   『無可有郷』『反古のうらがき』
                     『酔桃庵雑筆』『桃野随筆』
                       
            5.日本文学史関係
            ①新潮日本文学アルバム
            ②嵐山光三郎の「文人」シリーズ(新潮文庫)
             
            ※他の方の感想やつぶやきにコメントする場合が
             ありますが悪意はございません。不快に思われ
             たら故意ではない事を考慮に入れ私の知識・思
             考力を劣位と位置づけ衒学趣味・無知蒙昧・曲
             学阿世の徒と看做してください。不毛な諍いは
             時間の消耗。

            ※お気に入り登録はありがたいのですが、ホーム
             に流れる情報が増えているので、お返しの登録
             は少し考えてから決めています。

            ※共読本が少なくても感性や考え方の似た方をお
             気に入りとして感想を読みたいと思いますので
             お返しの登録は必ずしも期待はしていません。

            ※こちらから登録しても、やはり書籍の選択や興
             味や関心が異なると思った方は申し訳ないので
             すが、解除する時がありますが、悪く思わない
             で下さい。

            ※お気に入り解除はご自由に行って下さい。人の
             気持ちが移ろい易いことは古今東西変わらず。
             お別れの言葉⇒「さようなら。お元気で」

            みなさん。宜しくおねがいします。

          • シタン
            • 京都府

            ニックネームの由来はゼノギアスのキャラクターです。

            かつて東京でオフ会を開催していました。現在は京都在住。

          • まさる

            2013年の秋、大病で入院して生死の境をさまよいました。幸い快方に向かい、現在は健康の有り難みをかみしめながら、日々を過ごしています。

            入院中にこの「読書メーター」を知り、意識して読書に励むようになりました。病院の食堂に設置してあった書棚の本を何気なく読

            んでいるうちに、これまでいかに読書をしてこなかったかを痛感。様々なジャンルの本を読んでみようと思います。

            写真は毎年我が家の物置から巣立っていくツバメ君。生き物の生命力はすごい!

          • harass
            • 福岡県

            いまさら冊数を競うのも……
            乱読の時代ではなく、再読すべき時期かもしれない

            「自分に率直であること、わかった振りをしないこと」
            愛用のツール・アプリ
            ■enthumble■紙コピ+dropbox■Todoist

            現状図書館本と積ん読消化中心。

            海外小

            説純文学ミステリノンフィクションが好み
            通俗なエンタメ小説は自分にとっての血のようなもの
            ただ海外のものでないと物足りない……

            漫画にはナイスしません 例外あり
            お気に入りのレビュアーならほぼナイスします 例外あり 内容別にして、気がつかないということもあり

            自分の『問題意識』を最優先に。
            哲学思想関係はたまに読む。もういいかと。

            ブクログ出張所 http://booklog.jp/users/harass1 更新皆無
            2023/08 不動産関係の本を100冊読むミッション開始
            2020/08/02 アイコン変更
            2020/02 休眠していたTwitterを確認 2010年につくっていたのね
            2018/08 Clockwork Tomato (ポモドーロ・テクニック管理アプリ)に感心
            2018/06 猫飼い一周年 さすがに興味のままに読むことを止める
            2017/06 猫を飼いだす。圧力鍋の威力に感動
            2017/06 ガーディアン紙の1000冊、190作品読了
            2014/11/24 アイコン変更 山口晃「フランス重騎兵」2002
            2013/04 アイコン変更 ブルースクリーン

            2016/11/10 読了本冊数 1000に 太陽に向かえ
            2016/10/28 ガーディアンの1000冊中、182を読む
            2016/07/25 『ネットと愛国』読んだ本900冊目
            2016/06/01 『重力の虹』読了 自分にとってのメルクマール
            2016/04/12 読了800冊目『近代秀歌』
            2015/08/01 ガーディアン紙の1000冊 163/1000

            マイルールとして、未登録のものは既読でも必ず再読して登録する

            思い出すお気に入りの作家*一部のみ
            筒井康隆 ハイスミス 太宰治 三島由紀夫 エルロイ ハルバースタム コーネリアス・ライアン パウル・カレル 秋山瑞人 キング 保坂和志 チャンドラー マンディアルグ PKディック 金子光晴 ランボー 大岡昇平 ウエルベック ソローキン 藤沢周 清水アリカ 倉橋由美子 ト-マス・ベルンハルト 車谷長吉、佐藤亜紀、西村賢太 中原昌也 木下古栗 矢部崇 澤村 伊智 ジョン・ロンソン

          • HoneyBear
            • 海外

            このサイトを作成、開放していただいた赤星さまに感謝いたします。読書録として大変役立ちそうで、せっせと書棚の本を入力しています。本はいつか処分するだろうけれども、読書の記録や感想をオンラインに残せるのは素晴らしいですね。また皆様のコメントから大いに学んでおり

            ます。読書の楽しみが一層増えそうです。

          • きゃんたか
            • 1990年
            • A型
            • サービス業
            • 東京都
          • 全43件中 1 - 20 件を表示

          ユーザーデータ

          読書データ

          プロフィール

          登録日
          2013/07/16(3876日経過)
          記録初日
          1970/01/01(19778日経過)
          読んだ本
          3011冊(1日平均0.15冊)
          読んだページ
          817904ページ(1日平均41ページ)
          感想・レビュー
          1670件(投稿率55.5%)
          本棚
          21棚
          性別
          年齢
          84歳
          職業
          無職
          現住所
          東京都
          自己紹介

          趣味の第一が「読書」、次が「散策」の老年男性、後期高齢者になって早や7年余になるところ。この後期を、「人生の最終段階を高貴に過ごすとき」と解釈して「高貴高齢者」を自認しています。
          昭和の産めよ増やせよの時代に、事情があって一人っ子として育った老人ですが、その人生を通して「読書」は、「独処」に通じる、まさに、読書は一人で味わう至福の時間として大切に過ごしてきました。

          2013年1月に読書メーターに参加して以来、自分のこれまで読んできた本を全て整理し、ここに入力することにし、2016年にその作業を終了しました。

          数年前に読んだ本でも、今や殆ど記憶になく、改めて読み直したりしています。しかし、今の私にとっての読書とはいわゆる勉強ではないので、読んでいる間だけ理解、感激、興奮、納得等々すればいいのであって、記憶するまでのことはないという考えです。

          しばしば、かつて名著と判断しかつ必ず読まなければならないとの気持ちで買ったのに、まだ読んでいなかった本を書棚に見つけては、その度に反省しています。しかし弁明するならば、名著とされているものを座右においておくことは、名画(勿論、模写ですが)を買い込んで鑑賞することに似ていて満足感を与えるものです。
          そこで、それらの名著に対してただ本棚に並べておくだけでなく、「買い置き本読破計画」なるものを立てて、内容、興味とは関係なく読んでいくこととしました。なにせ数十年前に買った本が多いのですから、読書メーターに入力する際に絶版本、無登録本などが多いことに気づかされました。でもこの作業で、本棚の忘れ去られていた本達も喜んでいるでしょう。

          作家の中村真一郎が、ある随筆の中で、同じような事を書いています。
          「仕事柄、自分で購入したり、寄贈されたりした本が既に膨大な数になってしまっている。このまま未読の本を残したまま世を去るわけには行かない。そこでせめて毎日、一冊は未読の本の頁を開いて読みはじめるということを、二十年ほど前から実行している。やらないよりは気が済むのである云々」。

          さらに、英文学者でかつ随筆家として有名な福原鱗太郎は、
          「ある個人が買う本というものは、どんなにでたらめに買っても、何かしら、その人の興味を反映している。その後、十年、二十年、三十年経つうちに、ひょいと、その本が有用になるものだ。」

          英語辞書で有名な岡倉由三郎は、
          「書庫の中で、買って積んでおかれたばかりで、一度も読まれない本が、夜もふけわたる丑三つ時に、こそこそ話をしあっているのを聞くと、読んでもらえない不幸を訴えている。」と、書いています。

          森本哲郎の文章に、「書物とは読むものでは無い、と思っている。いつか読もうと思っているものだ」とあるのは、まさに私の読書態度です。

          まさに私も平均余命からすると、あと十年少々となるのが解っているのでかなり焦っているところ。しかし、本当の興味がないのに読むというのも辛いものなので、そんな場合は、タイマーを三十分にセットしておき、音が鳴ったときそれ以上は沢山と感じたら、その本は終わりとして本棚に戻すことにしています。これでまさに自己満足的に満足しています。

          買い置き本読破計画の主旨は、何しろ買ったまま眼を通さなかった本達への失礼を詫びるためでしたが、やはり今現在興味を持てない本達を読むのは、三十分に限定したとしても無理があることが分かってきました。当然ながら、別に仕事として読書をしているわけでは無く、気の向くまま、興味を感じるままに読むことにするのが本来の読書の王道ではないかと改めて感じました。

          愛書家で有名な庄司浅水の随筆に、「書物とはある一点でだけ良友であればいい」とあります。つまり、「好きなときに読み語って貰い、嫌になったら止めればいい」と。これは人間同士では、いかに良友と言えども絶対に不可能なことで、読書の面白い面を突いていると思います。

          天声人語に、作家の川上未映子の読書法が紹介してありました。書店の本棚の前で眼をつぶり、手を伸ばして最初に触れた本を買い、書名の意味も分からなくても必ず読み切る。このことで、「自分の知らない何かに出会うこと」、「自分の意識からの自由を味わうこと」が出来ると言っていますが、これぞ、我が蔵書における買い置き本読破計画に共通することです。

          日垣隆の読書論によると、本の目利きになる方法として、①大量に本を読み大量に失敗する、②一人の著者の読み方として、最新作・代表作・処女作を読むこと、③読みながら印象的なところに付箋をつけ、最後にその部分をもう一度読むとあります。さらに、「考えるということはまず書いてみること」は至言で、日々実行しています。

          鷲田小彌太「シニアの読書生活」から;
          ・老人クラブに行かない人のほとんどは、単独でも自分の人生の楽しみ方を知っている人である。そういう人のほとんどは、何らかの意味で読書とつながっている。
          ・読書は老人の生存にとって、「望みうる最高の状態が実現され、これ以上期待することは無理な注文だ」につながっている。
          ・シニア期に独特の楽しみ、読書の楽しみは読むだけでなく、書くことによって倍になると言いたい。読むことが書くことと結び合わされると、読書に全く新しい熱が生まれてくる。そこで書く楽しみを味わうことである。
          ・仕事を作ればいい。そのためには読書が不可欠となる。しかも書くために読むとなると、集中力も持続力も予想以上に高まってくる。
          こんな事を感じながら、相変わらず読書の日々を送っています。
                                      2021/11/09

          参加コミュニティ1

          読書メーターの
          読書管理アプリ
          日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
          新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
          App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう