読書メーターあなたの読書量を記録・管理

1月の読書メーターまとめ

電羊齋
読んだ本
2
読んだページ
558ページ
感想・レビュー
2
ナイス
47ナイス

1月に読んだ本
2

1月のトップ感想・レビュー!

電羊齋
文献史料と考古学的成果を交え、牧畜と馬の家畜化の起源から始まり、ユーラシア規模の広がりを持つスキタイとその多様な文化、そして匈奴の歴史、社会、文化、定住集落などを概説。そして「匈奴・フン同族説」を取り上げつつフンの歴史と文化も紹介。スキタイと匈奴など各遊牧騎馬民を比較対象する視点も興味深かった。文章も読みやすく、半日で一気に読んでしまった。面白い!
電羊齋
2020/01/04 19:45

文献史料と考古学的成果から明らかになった匈奴の政治体制、左右翼体制、十進法的軍制、駅伝制度、漢人など定住民を生産に従事させる集落の存在(私的にはフフホトの「バイシン」を想起)、漢・西域諸国などの定住民との交易・文化交流・戦争、東西交流への貢献は後世の諸遊牧国家との共通性が高いと改めて感じさせられた。こうした要素はやっぱり中央ユーラシア史を貫くメインストリームなのだと思う。

電羊齋
2020/01/04 19:55

ヘロドトスのスキタイについての記述と、司馬遷による匈奴についての記述、さらにはフン族に関する記述の類似性が興味深かった。また、ヘロドトスが記録したスキタイの王の葬儀に関する記述が考古学により裏付けられたというのも面白い。

が「ナイス!」と言っています。

1月のトップつぶやき!

電羊齋

2019年の読書メーター 読んだ本の数:67冊 読んだページ数:14943ページ ナイス数:586ナイス ★去年に読んだ本一覧はこちら→ https://bookmeter.com/users/383213/summary/yearly 2020年はもっと本を読む!インプットを増やして、良いアウトプットができる人間になるのだ。

が「ナイス!」と言っています。

1月の感想・レビュー一覧
2

電羊齋
ネタバレ自分も人生においていろいろあったので、登場人物たちには共感できる面が多い。個人的には自閉症スペクトラムの吉岡さんに興味がある。自分もそうなので。次巻が楽しみ。
が「ナイス!」と言っています。
電羊齋
文献史料と考古学的成果を交え、牧畜と馬の家畜化の起源から始まり、ユーラシア規模の広がりを持つスキタイとその多様な文化、そして匈奴の歴史、社会、文化、定住集落などを概説。そして「匈奴・フン同族説」を取り上げつつフンの歴史と文化も紹介。スキタイと匈奴など各遊牧騎馬民を比較対象する視点も興味深かった。文章も読みやすく、半日で一気に読んでしまった。面白い!
電羊齋
2020/01/04 19:45

文献史料と考古学的成果から明らかになった匈奴の政治体制、左右翼体制、十進法的軍制、駅伝制度、漢人など定住民を生産に従事させる集落の存在(私的にはフフホトの「バイシン」を想起)、漢・西域諸国などの定住民との交易・文化交流・戦争、東西交流への貢献は後世の諸遊牧国家との共通性が高いと改めて感じさせられた。こうした要素はやっぱり中央ユーラシア史を貫くメインストリームなのだと思う。

電羊齋
2020/01/04 19:55

ヘロドトスのスキタイについての記述と、司馬遷による匈奴についての記述、さらにはフン族に関する記述の類似性が興味深かった。また、ヘロドトスが記録したスキタイの王の葬儀に関する記述が考古学により裏付けられたというのも面白い。

が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2013/08/12(2381日経過)
記録初日
2013/08/12(2381日経過)
読んだ本
400冊(1日平均0.17冊)
読んだページ
84813ページ(1日平均35ページ)
感想・レビュー
401件(投稿率100.3%)
本棚
7棚
性別
年齢
46歳
職業
その他
現住所
京都府
外部サイト
URL/ブログ
http://talkiyanhoninjai.net/
自己紹介

電羊齋と申します。
清朝史と阪神タイガースをこよなく愛する大阪のオッサンです。
主な読書ジャンルは歴史物、スポーツ物と旅行記です。

参加コミュニティ1

読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう