読書メーターあなたの読書量を記録・管理

645TJCさんのお気に入り
117

  • Kawai Hideki
  • kanaoka 53
    • 自営業

    兵庫県西宮市在住。
    趣味は、旅行、散策、飲食、読書。
    性格は元来内向的ですが、仕事の関係上外向性を演じ、テンションによってはそれなりに楽しみます。性格分析(ストレングスファインダー)では、内省的、収集心・学習欲が強く、運命思考・戦略性志向の傾向が強いようで

    す。
    興味の対象は、ビジネス・政治から文化・宗教的なものまで幅広く、それら雑多なものを関連付け、構造化することに魅了されます。
    仕事は、会計やマネジメントに関わる事が中心ですが、その背景として、ファイナンス理論、ビジネスモデル分析、経営組織論的な思考や、職場におけるヒトの社会行動や生物的属性を覗き見ることも出来るので、全ての連なりを洞察できる、良い機会にもなっています。
    集団行動・集団規律・絆的(いわゆる同調性圧力的)なもの、団体競技(スポーツ)、大衆的芸能・ポピュリズム的(扇動的)なもの、ポリティカルコレクトネス的な世間語言説等は、文化人類学的もしくは社会学的な分析対象ではありますが、個人的・情動的には、嫌悪感が強く、興味が惹かれません。
    世間に対しては傍観者の立ち位置、諦観的な心理に達したいと思っているのですが、年齢的には、まだそこまでには至らず、世界の動向や身の回りの事象に影響を受けて、日々、苦闘しています。

    さて、未来はどのように変化していくのでしょうか? 変動する世界と柔軟に付き合っていくつもりですが、環境変化とともに自らを変化させていく生物のダイナミズムが失われた時点で、すみやかに活動を停止できればと願います。(死ぬ権利を強く主張します)
    パートナーである妻とは最後まで連れ添える関係をつづけたいと思うと共に、自立しつつある3人の子とは、適度な関係と支援、そして彼・彼女等の生きるうえで邪魔な存在にならない(もしくは過度な影響を与えない)よう、自制した関係を心がけています。
    精神の内面や死に対する関心は、子供の頃から絶え間なく続き、カルトへの魅了を経て、今は、存在の事実、そして、自然の真実を唯物的に受け入れるに至っています。どう生き、どう死ぬかが常にテーマであり続けた私の人生。3つ子の魂百までそのもの。このように生まれ、このように育ったがゆえ、このように死ぬのだ、ということを強く実感しています。

    〔学歴〕
    関西学院大学(商学部)卒業
    京都造形芸術大学(教養学部)中退

    〔職歴〕
    造園業従事(家業)
    三菱重工業㈱勤務(核燃料サイクル営業)
    太田昭和監査法人(現新日本有限責任監査法人)勤務(会計監査・コンサルティング)
    公認会計士・税理士開業
    個人トレーダー・プライベートファンド運営(日経平均先物・オプション専門)
    不動産管理会社経営〈現〉
    会計系コンサルティング会社経営〈現〉
    会計・税務顧問(数社)〈現〉
    個人投資家〈現〉

    〔主な読書カテゴリー〕
    歴史
    思想(哲学・宗教を含む)
    社会(学)
    生命(脳科学・進化論・情報学等)
    経営
    経済

    〔雑感〕
    人間の活動は、身体と、これと切り離すことのできない思考とが、寄り添い歩む二人旅のようなものである。身体が快楽と苦痛を生み、思考が期待と不安を生む。この身体も思考も、ともに物質的な活動であり、そして、それらは互いに共振する。

    身体を取り巻く環境と刻まれた記憶の反応により、思考は流転し、ときに奔流となり、ときに澱む。私とは関係性の中で生まれる現象であり、瞬間々々の変化・跳躍が、本質的な混乱を孕んでいる。私の混乱を鎮め、秩序・明晰さを保つには、身体を細やかに感じとり、丁寧かつ静謐に思考の流れを洞察するしかない。

    生物とは、そもそもが不安定な存在であり、ヒトにおいて精神の活動は、緊迫した綱渡りの様相を呈する。進化における偶然の重なりが、この極めて奇怪な枠組み(身体・心、その延長物としての構造物やガジェット等々)を生み出したのであり、それはアノマロカリスやハルキゲニアのような奇妙な生物と本質的に何も違うところはない。したがって、何等かの原因で心の枠を踏み外すせば、狂気や虚無の異常に至ることも、極めて自然といえる。

    人間の活動は、社会や慣習を生み出し、そして、それが精神の安定の拠り所ともなっていく。政治も、ビジネスも、宗教も、倫理も、哲学も、いずれも、そこからの派生品である。生命とは何か? 人(類)とは何か? その個体の意識とは何か? 私とは何か?・・・そして、それらの問いの根源には、安定と秩序を確立したいという本能が働く。

    私達は、自らの認知能力を持って、混沌を分節化し、それを解釈し、思考・反応する枠組み(環世界)を形成している。時間・空間のすべてが環世界であり、すべては生物としての能力に基づく限定的な現象の影に対する解釈として、自らの注意と合意を世界に投射しているだけである。そのため、その自らの解釈を、世界の真実そのものであると誤れば、それは自らを閉じた認知世界に縛り付けられ、世界は牢獄と化す。

    私の欲望、私の苦痛、私の期待、私の不安は人間の動機を構成するものである。欲望と苦痛は、身体を直接的に反応させ、期待と不安は無意識や意識的な思考を通じて行動を変化させる。したがって、動機という生物の根源的な活動が止まない限り、十分な満足(期待の充足)や十分な安全(不安の解消)というものも絶対的に無い。そして、生命力の終焉にともない、動機は止む。

    期待とは、可能性であり、満たされるものでは無く増殖するものであり、不安とは、解消されることはなく、尽きることのない泉であり、つねに纏わりつくものである。期待と不安は、なるべき姿、ゆくべき処への変化を導き、人生に意味を与える行為を生み出す。しかし、そこから形成される行動は、機能性と完成度を追求し、数量的に何らかのものを積み上げていくしかない、極めて機械的な活動である。

    意識と思考と五感から来る肉体への強い関心、境界としての皮膚は、私を生み出す。利己的なスタンスは方便でしかない私から生じる動機を通じて、自己の継続的な安定と達成を見出そうとする努力でしかなく、集団としてのスタンスは帰属本能に依存した機能の発現でしかない。それは、私という意識の終焉まで続く、ゴールのないギャップの追求と多数の動機間の相互矛盾の葛藤、世界(存在)と切り離された自作自演の物語であり、また他方、社会性生物の機械的な動作でしかない。

    果たして、創造、維持、破壊の織り成す重々帝網の世界の深淵を観ることはできるのだろうか?

  • Ryota
  • ひろやん
    • 1987年
    • A型
    • 埼玉県

    自己啓発⇒精神世界⇒ビジネス⇒経済⇒政治⇒ノンフィクション。と言う感じで年齢と共に色々とハマるジャンルが変化してきています。本が好きに変わりはありません。

  • ひじり☆
    • 東京都
  • あかり
    • 1989年
    • 技術系
    • 三重県

    読書の虜です。
    自分の知識や思考の幅を広げ深めるため。
    感性を磨くため。
    自己成長のため。
    癒しのため。
    空いている時間は読書にあてています。
    ジャンルは多岐にわたり、好き嫌いせずに読んでいきたいです。
    多読、乱読!

    要するに本がとにか

    く大好きなんです!!!

  • 茉莉花
    • O型
    • 事務系

    女子力向上を目指すアラサーOLです。

    読書を習慣づけてもっと知識を増やし、自分を磨きたいと
    思いました。

    お気に入り登録嬉しいです!気軽に絡んでください^^

    他の方の読書メーターを参考に読みたい本も増えました。
    ホント皆様に感謝です♫

    これからももっと本を読んで素敵な女性になっていきますので
    何卒宜しくお願い致します!

    【好きなこと】
    美容、お洒落、ファッション、美術館巡り、K-POP、
    女子力アップイベント、女子会(基本サシ)、デート。

    【趣味】
    読書、韓国ドラマ鑑賞、ブログ更新、小説を書く

  • Takashi Naito
    • 1992年
    • B型
    • 技術系
    • 石川県

    アイコンはゴリラ、中身もゴリラ、知能もゴリラ

    読んだ本の数で優劣を決め込む愚かな人類!
    読者メーターにバイオゴリラが猛襲!
    「ジャングル ホン ウッテナイ!
    チエハ カタリツガレル」
    バイオゴリラの剛腕が単行本を、SNSを、そして読者メーター

    を粉砕する!

    映画メーター
    http://video.akahoshitakuya.com/u/119464

  • まつき
    • 大阪府
  • frosty

    frosty でそのままフロスティーと読みます(笑)
    関西に住んでいる者です。(関西弁はしゃべれないと思います…)
    日本語、英語、で書かれたものなら結構何でも読みます。
    ホラーとか、怖い形のお話は苦手です。

    ファンタジー大好き人間で、かなりの変わり者です

    好きな作家さんは、

    上橋菜穂子さん
    上田早夕里さん
    西條奈加さん
    Ursula K LeGuin などなど

    実用書/自己啓発本は、

    千田琢哉さん
    山崎拓巳さん
    中谷彰宏さん などなど

    漫画は、

    最富キョウスケさん
    梅田阿比さん
    アミューさんなどなど

    です♪

    どれに感想書いてどれに書かないか、境界線があいまいなので、とりあえず、書きたいと思った本にだけ感想書くことにします(笑)

    「〇〇の事、他の人はどう受け止めているのだろう?」
    というコミュニティを運営しています。ぜひご参加ください!(^^)!
    → http://bookmeter.com/c/334698 

    ぜひ見てやってください!!

    よろしくお願いしますm(__)m

  • ni445

      仕事柄、コミックを読むことが多いです。

      小説は、ミステリー、歴史ものが好きです。
      何を、どんだけ読んだのかわからなくなってきたので、登録してみました。どれだけもつか・・・

    • 96sann

        雑読屋。

        マンガや雑誌からビジネス書・専門書まで、とりあえずでも幅広く、興味を持って読んでいこう。

        何事にも遅すぎるということはないっしょ。昨日より今日、まさに今。今こそ大事、present。

        何十年か好きに生きていい特別なプレゼント【歌

        詞借用】
        最近は小説読みも復活し世界観を広げます。

      • 左端の美人
        • 大阪府

        2018年8月読書1000冊達成。
        次の目標1500冊。小説をたくさん読んで想像力とボキャブラリーを増やしたい。

      • ともさち
        • 1987年
        • B型
        • 専門職
        • 大阪府

        人と組織に関わる仕事をしています。今の興味は人寄り。読書メーターに漫画はカウントしない自分ルール。

      • かまど
        • AB型
        • IT関係
        • 神奈川県

        現在、システムエンジニアの会社員です。読書の大切さを思う日々。ビジネス書、自己啓発書をメインに読みます(^-^)
        良い書籍は一人でも多くの方に読んでもらうべきという信念のもと、書評ブログを書いています。是非、ご覧ください。
        -風見鶏-
        http://

        kazamidori.webnode.jp

      • WATA
        • 1982年
        • 埼玉県

        ライトノベルから学術書・専門書まで、なんでも読みます。
        専門書も、哲学や経済学など文系の本から、数学や工学など理系の本まであまりジャンルを気にせずに読んでいます。

        小説は、やや淡白な展開のほうが好き。
        ゆっくりと伏線が張られていき、最後に綺麗にほどけるよ

        うなものが最高。

        専門書は、色々な考え方の長所・短所を冷静に分析し、公平に紹介してくれるような本が好き。
        ひとつの主張をひたすら熱く熱く語りかけてくるような本は苦手。

        読んで理解するスピードが遅いので、理解度を落とさずに速く読めるようになりたい。
        (2013/12/16)

        今年の目標は1日1冊。
        午年なので、馬に関する本を何冊か読もうと思っています。
        (2014/1/1)

        今までに読んだ本を見返して、「思いもよらないテーマに、真似できないほど真剣に取り組んだ本」が好きということに気が付きました。
         ・哲学の誤読(入不二基義/筑摩書房)
         ・よいこの君主論(架神恭介/筑摩書房)
         ・書庫を建てる(松原 隆一郎/新潮社)
         ・巨大仏!!(中野俊成/河出書房新社)
         ・先生、巨大コウモリが廊下を飛んでいます!(小林朋道/築地書館)
         ・ハダカデバネズミ(吉田重人/岩波書店)
         ・雪(中谷宇吉郎/岩波書店)
         ・フェルマーの最終定理(サイモン・シン/新潮社)
         ・かつて誰も調べなかった100の謎(堀井憲一郎/文藝春秋)
         ・浜村渚の計算ノート(青柳碧人/講談社)
        など。
        これからも、たくさんの面白い本に出会えますように。
        (2014/7/24)

      • Miyoshi  Hirotaka
        • 役員・管理職
        • 北海道

        結末まで読んで再読に気が付いたショックをきっかけに「読んだら書く」を原則に。選書の情報源は、日経ビジネスの書評、読書メーターやフェイスブック友達の推薦本。読書分野が偏らないようにするのが課題。本の主力調達先は市内の図書館。電子化に挑んだが、中身が頭に入らず

        、紙で再読することになり断念。東京オリンピックまでに投稿率100%を維持し、1000投稿を達成するのが目標。
        【読んでる本】図書館から借りている本
        【読みたい本】図書館に予約中の本
        【積読本】図書館に未読返却した本、蔵書、備忘

      • 全117件中 101 - 117 件を表示

      ユーザーデータ

      読書データ

      プロフィール

      登録日
      2013/08/18(2820日経過)
      記録初日
      2013/08/17(2821日経過)
      読んだ本
      1057冊(1日平均0.37冊)
      読んだページ
      251724ページ(1日平均89ページ)
      感想・レビュー
      742件(投稿率70.2%)
      本棚
      5棚
      性別
      血液型
      B型
      職業
      アーティスト
      現住所
      東京都
      読書メーターの
      読書管理アプリ
      日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
      新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
      App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう