読書メーターあなたの読書量を記録・管理

9月の読書メーターまとめ

混沌
読んだ本
38
読んだページ
10142ページ
感想・レビュー
33
ナイス
10211ナイス

9月に読んだ本
38

9月のお気に入り登録
6

  • モモ
  • Carlyuke
  • Tom Ukai
  • すーさん
  • nobinobi
  • びあだいまおう

9月のお気に入られ登録
10

  • モモ
  • 丸顔
  • Carlyuke
  • Tom Ukai
  • すーさん
  • nobinobi
  • まさひろ
  • ちさと
  • びあだいまおう
  • まつなみき。

9月のトップ感想・レビュー!

混沌
「いちおう、東大です」新入りのバイトをみんなの前で自己紹介させると必ずつく「いちおう」。今までつけなかったのは記憶にある限り一人だけ。東大生以外が「いちおう」をつけるのを聞いた覚えはない。『彼女は頭が悪いから』。なかなかいろいろなことを考えさせてくれる問題小説だ。私は、普遍的な多層的ないじめの問題を我々に突き付けている、と読んだ。〇〇差別、〇〇格差、全部いじめと構造はいっしょ。立場が変われば、だれもが上になったり下になったりする。「東大は二極化しますよね。みんな言いますけど」そ
よっち@疲れ目注意☆彡
2018/10/11 12:12

なるほどですね・・マッチョ好きな私としては、いちおうを付けずに堂々と男らしく東大生であることを受け止めて欲しいです。いちおうとうだいですぅ〜テヘペロ、みたいな感じをイメージしました。良くも悪くも一生それが付いて回るから、そういう風潮がどうも嫌な感じ。お勉強とそれに伴うテストがプロ並みに出来るっていうだけの話なのに、世間が持ち上げすぎる。実際はまだ何者でもないわけでしょ。何者かに成ってしまえば、却って邪魔になることもあり得るし。それだけ東大が持て囃されるのはなんで?って常々思うんです。西の人間だからかな。

混沌
2018/10/14 23:16

今日バイトの研修の冒頭で自分の役職をいうとき「いちおう、〇〇」ですと、言ってしまった。苦笑してた。あと、バイトの1名に対し、「もしや東大?」と聞いたら、「いや、国立は…」と言った後「東大落ちました」だった。

が「ナイス!」と言っています。

9月のトップつぶやき!

混沌

バラが咲いた♪バラが咲いた♪ピンクのバ~ラ~が~♪ 雨がチラチラ降ったりもする。ふーむ、どうしたものか。昨日の休みは写真を1枚も撮っていないということに驚く。

バラが咲いた♪バラが咲いた♪ピンクのバ~ラ~が~♪ 雨がチラチラ降ったりもする。ふーむ、どうしたものか。昨日の休みは写真を1枚も撮っていないということに驚く。
あずさ
2018/09/07 12:28

バラなら つるバラが好き 色は白が好き

が「ナイス!」と言っています。

9月の感想・レビュー一覧
33

混沌
なんかいい。これ、なんかいい。とある千田本のまえがきがすごく気に入って、また読みたいと思っていろいろな千田本を手にするのだが、どの本だかわからない。「悩み」に関することだと記憶しているので、実はこの本、何度も立ち読みで開いている。そのたびに、あ、違った、と思い出すのだが、ついつい中身も次々読んでしまう。前の前に本屋で手にしたときも、あれ、これ、確か家にあるよなと勘違いした。調べたらなかったので、前回手にしたときついに買った。2014年6月20日の第1刷なのだが、増刷かかってないのかなあ。かなりいいのだ
混沌
2018/09/30 23:50

が。タイトルが今一つ購買層に刺さらないのかな。でも、何かに悩んでいる人が目にすれば、ふっと手にする可能性はあるタイトル。自分が書店員だったら、誰かのために棚差しで1冊は置いておきたい本。個人的には第5章 愛 が特に好き。

が「ナイス!」と言っています。
混沌
今年度いっぱいで25年勤めた会社を辞めると決めて、とても私はすっきりしているが、やっぱりなあと読んでいて超納得だった。この本が出たばかりのころは、まだそう決断していなかったので、ちょうどタイミングだったのだな。読メのどなたかの感想を見て、そうだ読もうと頭の片隅に入れておいて、昨日仕事帰りによった本屋で手にする。☆これ突き刺さったわ。ネットユーザーと、ネット社会をつくった人では根本的に違います。(あえて太字を中略)これが「ネット資本主義」です。☆ト
混沌
2018/09/30 18:22

ヨタの広告で、「近道ばかりしていると、顔に出る」というコピーがあります。

が「ナイス!」と言っています。
混沌
文庫本の付録、「ちんぽを出してから」と解説を読んだ。もう一度読みたくなるな。なぜ「ちんちん」でも「ちんこ」でもなく、片仮名「チンポ」でもないのか、なるほど、絶妙だなと思う。誹謗中傷する人は、なにをしてもいるものだな。著者が出版してよかったと思っているというのがよかった。やはり救われている人はいるようだし。解説もよかった。「こどもきらい」「こどもすきじゃない」って、なかなか言えないよね。クミゴンもかつて、ボソッと「こども好きじゃない」って言ったことある。まあ、でも常に多
混沌
2018/09/30 17:53

数派が大きい顔をするのは、仕方ないんじゃないかな。だって人間だもの。単行本の感想は以下。https://bookmeter.com/reviews/62877745 https://i.bookmeter.com/reviews/62877745

が「ナイス!」と言っています。
混沌
「これは一段と…生理的嫌悪感をかき立てられますね」シールケ落ち着いている。「私の棘の杖ではあんな大きな敵…どうすることも……これって」こんなところであのおっさんが出てくるとは!バカウケ。……で、結局キャスカはどうなったの!!!???あれ、グリフィスだよな。そのあと場面変わって大混乱。そういえば、新生鷹の団は巨人討伐に向かっていたんだっけ。どの巻にそれ出てたんだ?もう間が開き過ぎてさっぱり。我が家でも39巻、38巻、それぞれ散り散りに、この前偶然、こんなとこ?こんなとこ?に保存されているのを知り愕然とした。
混沌
2018/09/29 01:07

作者のライフワークになるのは構わないが、頼むから俺が死ぬ前に完結してくれ。絵が細かいのタダでさえつらくなってきたが、そうだ、死ぬ前と言わず、読めるうちに完結してくれ。

が「ナイス!」と言っています。
混沌
「いちおう、東大です」新入りのバイトをみんなの前で自己紹介させると必ずつく「いちおう」。今までつけなかったのは記憶にある限り一人だけ。東大生以外が「いちおう」をつけるのを聞いた覚えはない。『彼女は頭が悪いから』。なかなかいろいろなことを考えさせてくれる問題小説だ。私は、普遍的な多層的ないじめの問題を我々に突き付けている、と読んだ。〇〇差別、〇〇格差、全部いじめと構造はいっしょ。立場が変われば、だれもが上になったり下になったりする。「東大は二極化しますよね。みんな言いますけど」そ
よっち@疲れ目注意☆彡
2018/10/11 12:12

なるほどですね・・マッチョ好きな私としては、いちおうを付けずに堂々と男らしく東大生であることを受け止めて欲しいです。いちおうとうだいですぅ〜テヘペロ、みたいな感じをイメージしました。良くも悪くも一生それが付いて回るから、そういう風潮がどうも嫌な感じ。お勉強とそれに伴うテストがプロ並みに出来るっていうだけの話なのに、世間が持ち上げすぎる。実際はまだ何者でもないわけでしょ。何者かに成ってしまえば、却って邪魔になることもあり得るし。それだけ東大が持て囃されるのはなんで?って常々思うんです。西の人間だからかな。

混沌
2018/10/14 23:16

今日バイトの研修の冒頭で自分の役職をいうとき「いちおう、〇〇」ですと、言ってしまった。苦笑してた。あと、バイトの1名に対し、「もしや東大?」と聞いたら、「いや、国立は…」と言った後「東大落ちました」だった。

が「ナイス!」と言っています。
混沌
感想つけ足そうと思って、途中から読みなおし始めたら、結局全部再読しちゃったよ。花道が特訓したことで自分のレベルが上がり、流川の凄さがわかるようになるのがすごくリアル。あらゆる分野でこういうことってあるよな。北野監督がいい。P191,わいのバスケットはラン&ガンや。高校のたった3年間でできることなんか限られとる 全部やろう思てもムリや そやから豊玉の練習はオフェンス8ディフェンス2くらいのもんや そらあ批判もあるけどな そんでええのや…その方がバスケットを好きになってくれる 高校のバスケが本当にそれ
混沌
2018/09/25 00:25

でいいのかどうかは私にはわからないけど、まず好きになってもらうってのはバスケにかぎらず初学者ではなんでもそうだろうなあ。P198,はは つい この間までほめとったんちゃうんかい 「いけぇ 桜木君っ!!」春子さんの満面の笑みと渾身の声援を受けて…ズルッ。「こんな時 奇跡というのは起こるものです」安西監督、縁起でもないことを。タイムアップの瞬間、もうこの展開ではこれしかない終わり方。最高。ふぅ、読み終わったら日付変わっちゃったよ。

が「ナイス!」と言っています。
混沌
しばらく余韻に浸って、何もしたくない。…とそれから一晩明けた。お気に入り登録者が複数減るパターンがいくつかあるのだが、マンガばかり読むのがその一つ。この連休で3人減っている(最後ひとりブロック)。まあ、好きにしてくれればいいのだがね、『スラムダンク』を読まないのは人生の損失だよ。「井上先生…バスケがしたいです…」
混沌
2018/09/24 19:53

一度読むと、一度ではすまない(笑)。今回、あの言葉どのページだっけ?と探すうちにまた何ページも読み進むこと、数限りなく。

いつでも母さん
2018/09/24 19:54

ね。

が「ナイス!」と言っています。
混沌
「先生…湘北がCランクなんてどう思いますか」「ほっほっ これはいい!」「え…?」「気楽でいいじゃないですか これで多分 誰もウチが勝つとは思ってないですよ 終わった時にわかるでしょう これが正しいか正しくないか (にっこり) 正しくなかったと思い知らせてあげましょう」といいつつ、かなり苦戦の湘北。安西監督、早く動く。「ペースダウンを…?」「君が みんなをコントロールする いいね?」このシーンが好きなんだ。これ、メガネ君かと思ってた。安田君だったんだ。「安田
混沌
2018/09/23 13:15

はああ見えて度胸がある」あのシーンがこうつながるのか!

混沌
2018/09/23 13:15

まだあるけど仕事行く。

が「ナイス!」と言っています。
混沌
試合と試合の合間の緩徐楽章のような一冊。#189バスケの国 は、安西監督の過去と流川の未来への布石。連載時に読んだ。初出は調べたらやはり1994年、就職した年だ。地下鉄サリン事件の前年。まだ電車の網棚に雑誌がよく放置されていた時代。それを持ち帰って読んだんだな。間違いない。記念すべき『スラムダンク』を初めて読んだところだ。桜木花道と安西監督の特訓合宿は、ちょっとした指導のヒントが詰まっている。「下手糞者の上級者への道のりは己が下手さを知りて一歩目」私のところに電話が死ぬほど下手糞だった部下がい
混沌
2018/09/24 10:05

「誰か谷沢に基礎を教える人間はいるのか…?」「お前は まだ素材だ!!環境次第で白くも黒くもなる!!」

混沌
2018/09/24 17:39

ハルコさんとバッシュを買いにアゲイン。バッシュを再びタダ同然でくれた店主のオヤジ、実は登場3回目だった!というオチ。こういうの好きだなあ。

が「ナイス!」と言っています。
混沌
12巻の終わりから流れを引き寄せ始めた陵南。P104,赤木に4つ目のファールをさせた上にゴールを決め、背中をコートにつけつつガッツポーズする仙道がいい。同時に、ここぞで頼れるシューター・ミッチー、スタミナ切れで倒れる。「くそ……なぜオレはあんな無駄な時間を……」しかし、その三井が水分補給後、ベンチから声を出す監督もどきに。不安要素の素人・桜木は、不確定要素。そして、控えの薄い湘北にあって、メガネ君だけは…。「あいつも3年間頑張ってきた男なんだ 侮ってはいけなかった」作者のやさしさ(売る編集部のうまさ?)。
混沌
2018/09/22 21:05

「戻れっ!!センドーが狙ってくるぞ!!」この一言に桜木花道、成長の跡が詰まっている。

が「ナイス!」と言っています。
混沌
「倒れたら そこで許してもらえるとでも思ってんのか魚住!!最後までやるんだ!!ゆっくりでもいい!!自分の力でやり遂げろ!!」「田岡先生は鬼に思えた 俺は毎日怒鳴られた そして 毎日吐いた」 「もう辞めます…!!」「誰でも一度はそう思うもんだ」「毎日思ってます!!」「うっ!おえっ! 3年も続けられません… いっつも怒られて 体力はないし 先輩たちの足手まといになるだけだ」「口を拭え……」「自分は ただでかいだけって陰口たたかれてるのも知ってる」(ここにきて山手線内で大粒の涙が右目からこぼれるのをな
混沌
2018/09/22 20:08

んとかこらえる)中略 「でかいだけ?結構じゃないか 体力や技術は身につけさすことはできる…だが…お前をでかくすることはできない たとえオレがどんな名コーチでもな 立派な才能だ」

が「ナイス!」と言っています。
混沌
「部活禁止処分を受けた福田は飢えていた バスケットへの飢え ネットを通る音への飢え 床のコートへの飢え 試合への飢え 福田のバスケットに対する飢えが…それゆえの粘り強いプレイがチームにガムシャラな勢いをもたらす それは仙道にすらできないことなんだ」「桜木はーーーずっと天井を見つめていた やけに耳に入る他人事のような歓声が やたら悔しかった」インターハイ出場かけた最後のイス、陵南戦前半終了。
が「ナイス!」と言っています。
混沌
タイトル見るなりクミゴンが「今日もこっそりじゃなくて、今日も堂々とだろ」と非難の声を俺に向ける。いや、これは…うつ病の著者がだな…話聞いてねーだろ。『うつ病九段』読んで、ほんとにうつ病ってつらいんだなって多少は理解できるようになったので、虫観察通じて快方に向かったのなら本当によかったなって思う(もちろん家族の支えなどもあったのだろうが)。著者の観察のスタイル、スタンスがかなり私に似ていて、うれしい(飼育観察はほとんどやってないけど)。よく調べたなあと感心することも多い。こういう人増えるといいなあ。
混沌
2018/09/27 10:12

もっと写真があるといいなと思っていたが(まあ、コストの関係だろう)、著者のブログはたっぷり。 https://blogs.yahoo.co.jp/natarunataruosukaru

が「ナイス!」と言っています。
混沌
ああ、もうグッタリ。「あの花形や高砂ら県内トップクラスのセンターでさえ桜木には ある程度やられている それをチームメイトで いつも見ているとはいえあれだけうまく封じ込めるとは…三井め やはりバスケセンスは抜群だ…」 ああ、もう疲れた。気が向いたらまた続き書く。(再読時でいいか…)
が「ナイス!」と言っています。
混沌
ここだけ先に読んでしまっていたが1巻から通読して、さらに理解が深まる。言葉が沁みる。湘北一のスピードを持つ宮城を抜き去り、湘北一のパワーを誇る赤木とぶちあたってなおシュートを決めた……!!あれが牧のプレーだ………!! シューターには確かに才能も必要だろう…(中略)だが 本物のシューターは練習によってのみ作られる!!あくなき反復練習だけがシュート成功率をアップさせるのだ!! 外はすてると言った安西監督、「これは落ちるのを祈るのみ」おちろおちろ…メガネ君もびっくり「落ちろォ―――!!」
混沌
2018/09/20 18:34

「ぶちかませっ!!」流川吠える! P295,清田信長、読んでいたのか。高砂の顔、髪型、実は伏線だったのか…。いやあ、何度も読み返してしまう。

が「ナイス!」と言っています。
混沌
寝る前に読んじゃいかん。眠れません…。ゴリの強い思いを意気に感じる桜木がカッコいい。キレッキレの流川楓。強さが強さを引き出すということは確かにある。そんな中、海南の高頭監督は、160㎝42㎏試合経験なし、見た目ひよわの宮益を投入、桜木にあてる。その宮益が実は…。海南のユニフォームをとった男は伊達じゃない。こういうところも『スラムダンク』の魅力だよなあ。もう、あちこち何度も読み返してしまう。一通り読んだら、売ろうかなあと思ってたけど、売らない、売らない。
混沌
2018/09/20 17:25

ここも好き。…君、何年?ん?高校生?(中略)赤木の方がフケてるぞ!!牧!!な!?(審判含む4人w)気にしていたのか…

が「ナイス!」と言っています。
混沌
自宅最寄り駅のホームから読み始め、どぴゅどぴゅアドレナリン大量噴出しながら、最後の数ページは職場の自分の席で就業3分前に読み終える。直後に休日出勤の部下。いやあ、もう今日疲れちゃった(汗)。この読書スタイルはいかんな…。ランチタイムもあちこち再読。いかん、いかん、ラスト5分はクールダウンで別の本を読む。以下、壺。P82,「全員、動きがカタい パスが出せねー」「なんっ…てナマイキなヤローだ!!」4人の表情(笑)。P99,ミスマッチとバカにされた後のリョータから桜木への速攻、庶民シュート!ザワッ。
混沌
2018/09/20 02:05

P110,「アヤちゃん(はあと)」よそ見からのゴリへのノールックパス。からのスイッチ!!からのフェイク、トラベリングと見まがうほどのドリブルからのシュート!P165,「リバウンダーとしての素質を開花させ始めましたね彼は…」この場面アニメで見た、これは確実な記憶。P245,「でも それだけではまだ勝てない 勝ちに行くためには三井君の力が必要になる 疲れてても…ひっこめる訳にはいきませんよ」

混沌
2018/09/20 02:05

P266,「そうだった…MVPとった時もそうだったはずだ……こういう展開でこそオレは燃える奴だったはずだ…!!」P293,桜木亀。おまけ。P359の新聞、本文がめちゃくちゃ。

が「ナイス!」と言っています。
混沌
メガネ君のおしゃべりで、ほんとに過去編。「俺は勝ちをあきらめた…そのとき」「最後まで…希望を捨てちゃいかん あきらめたらそこで試合終了だよ ほっほっほっ」あまりに有名なこの言葉、こんなところで出てきたのか。「安西先生…安西先生…!!……………バスケがしたいです……」いっしょに泣き崩れそうになった。ランチ後に、涙出ちゃったよぉと言ったら、部下とバイトが、どのシーンですか?と間髪入れず。「ああ、まだ最初の方」「9巻あたりですね」なんでそんなすぐ巻数がパッと出るんだよ!「いやあ、何度
いつでも母さん
2018/09/19 10:59

名言は沢山ありますよね~(^^♪ミッチーのこの言葉はやはり忘れられません。

混沌
2018/09/19 11:31

今も思い出して、目がウルウルしている。

が「ナイス!」と言っています。
混沌
宮城リョータ登場!(実は一番好き)『スラムダンク』は終わりの4分の1くらいしか知らないので、過去編を読んでいるような不思議な感覚になる。リョータにこんな過去があったなんて。「それに あの2年のリョータ君てのが けっこう話せる奴でよ」一晩で桜木とリョータが意気投合してしまうところから、水戸洋平のさりげない気づかいまでの一連の流れがかなり好き。三井が一時グレていたのは知っていたが、こんなトラブルがあったのね。未成年同士の喧嘩ばかりのマンガ、確かに一時期、少年ジャンプにそういうの多かったよね。これも時代?
いつでも母さん
2018/09/19 11:01

水戸洋平はとても好いヤツで男前!

たまきら
2018/09/19 13:43

自分も彼が一番好きなんですよ。PGかっこいい!

が「ナイス!」と言っています。
混沌
勝利を呼ぶ男!! 「くそう…」「流川君 休けいは1分だけです ラスト2分が勝負 行けますか?」  スラーム…「桜木君!!」ピクッ〈 置いてくる!!!〉仙道も最後庶民シュート。 ふぅ、これが練習試合かよっ!!春子さんとバッシュを買いに行く桜木花道、やっぱりリア充(連載当時そんな言葉はなかったがな)。つうか、体育館履きでやってたのかよっ!(この買い物シーン、アニメで見た気がするな…)
が「ナイス!」と言っています。
混沌
前から気になっていた本書。二人の語り合いという構成が面白い。『ホモ・デウス』を読んでいても、他の本を読んでいても、いろんな人の好き嫌いは別として、ホリエモンはかなりいい線いっているのではないか感じることが最近多い。今年度いっぱいで会社辞めると宣言しているが、心が揺らぐ。特に『コンビニ人間』読んで不安が激増したところへ、やっぱりきっぱりやめようと背中を後押しされた。ミヒャエル・エンデの『モモ』のように、いつの間にか世の中が変わっているというこ
ちさと
2018/09/18 11:41

私もこの本気になってました。ゲームばっかりやってる子、でもねー最近の子はみんなそうじゃないですか?ゲームする事で得ることもあると思いますが、弊害の方が多いと感じますね。

混沌
2018/09/18 11:58

勉強ばかりしても弊害が多いのとおんなじですよ。ゲームばかりやってる子でさらに突き抜けるのは、レッドオーシャンかもしれませんね、これからは(笑)。

が「ナイス!」と言っています。
混沌
風呂入る前にちょっとだけ読もうとしたら、面白すぎて最後まで行ってしまった。やめられない止まらない。やっぱり試合は楽しいな。フンフンフンディフェンスってなんだよ(笑)。北斗百裂拳か。確かに1巻にも出てきたけど。ギャグマンガとリアリティの追求とのせめぎ合いのような3巻。なんか、少年ジャンプだよなあ。流川のケツキックはナイスすぎた。
が「ナイス!」と言っています。
混沌
桜木花道、庶民シュートの朝練、春子さんとリア充じゃないか。どあほうにちゃんと見本見せる流川がエライ。「そうか…知らんようだな…リバウンドを制する者は試合を制す…!!」リバウンドのことがもうここで出てくるのか。
が「ナイス!」と言っています。
混沌
『ホモ・デウス』で読んだことがそのままリンクする。言葉が熟成するまで、寝かせ中。とりあえず、登場人物全員が気持ち悪い。そして、人の本音というのは、すべてをあからさまにすると、みんな気持ち悪いもんだ。再読時に改めて感想をあげたいと思う。今回はもう書かないことにした。
が「ナイス!」と言っています。
混沌
スラムダンクは汗の絵が気持ち悪くて、連載中、長らく敬遠していた。全国大会のちょっと前くらいからは、全部立ち読みした。それまでの食わず嫌いを猛烈に後悔しながら。何年も前、上野の本屋で中古の全巻を見た時も心が揺らいだ。人生の未完了。ただ、アニメ化された時、第1回放送を見たがあまりにつまらなくて、そのあと確か見ていない。だから1巻から読むの、実は気が重かった。案の定、最初の方はほとんどギャグマンガ。これがのちの名作になるなんて、当時何割の人が思っただろう。もちろん、担当の編集者は可能性を感じていたのだろうが。
混沌
2018/09/16 13:20

スラムダンクの意味、実は初めて認識した(汗)。日本のマンガは暴力が多いとアメリカ人が言っているのを未成年の時に聞いてピンときてなかったけど、今の感覚だと「赤木先輩、パワハラです!」そりゃ部員、減るわな。それと、私が中学生のころは、サッカー部やバスケ部は不良が多かった(笑)。今はどうか知らないけど、なんかその名残が感じられるなあ。

混沌
2018/09/16 13:21

カリーム・アブドゥール・ジャバー、そんなすごい選手だったのか。私のバイブルであるこの本 『まじめに生きるのを恥じることはない』 http://konton.cside.com/index.php?go=HzONba の帯に出ているその名前。もう10年以上前だが、当時の超かわいい部下にこの本いいんだよと見せた時「え?カリーム・アブドゥール・ジャバー?」と真っ先に反応してた。高校時代バスケ部マネージャーではあったけど、NBAが好きだとはその時初めて知った。こんなところで結びつくとは。

が「ナイス!」と言っています。
混沌
SLAM DUNK 新装再編版大人買いした♪なぜか9巻から読んでしまった。表紙カバーの絵力かな。P96,特に足が速い訳でもない ジャンプ力もふつう 運動能力という点では牧や今年の清田などとは比べ物にならなかった 案の定 練習で牧や高砂に何度も吹っ飛ばされる神(じん)にセンターは 到底無理だと私は言った…高校生にはショックな言葉だ そうではなかった その日から練習が終わったあと一人残って黙々とアウトサイドシュートの練習する神を見て 神が何も持たない選手ではないことに私は気づいた あいつは内に秘めた闘志と…
混沌
2018/09/16 00:28

…きれいなシュートフォームを持っていた

が「ナイス!」と言っています。
混沌
うむ、気合入った。
が「ナイス!」と言っています。
混沌
うーん、消化不良(自分の力不足で)。著者の言いたいことは訳者あとがきによくまとまっているから、いつものように感じたり考えたことを。前作の『サピエンス全史』でちょろっと触れていたことをずっと議論を深めていたりするので、面白くもあるのだが遠回りな感がするところもあり、ところにより読むのがつらい。最終章でここまで積み上げてきたものをこういう風に持っていきたかったのかとわかる。第7章人間至上主義革命が現実面で一番衝撃だった。ここは未来の話ではないので。自分が信じているものは自然科学か?いや、学
混沌
2018/09/24 22:39

一つ大切なことを忘れた。バッハの話。バッハらしい作曲をAIがする話。朝井リョウ『ままならないから私とあなた』の感想で「表題作は近未来SFでもあり」と書いたが、もはや現在なんだな。

混沌
2018/09/24 22:43

もう一つ。村田沙耶香『コンビニ人間』。こちらは『ホモ・デウス』を読んだ後に読んだのだが。そこに出てくる、それまでの「普通の人」は「人間至上主義」人間。対する主人公は、まさに新しい「普通の人」になるのかもしれない。

が「ナイス!」と言っています。
混沌
朝目覚めたら、和室のテーブルの上にあった。あ、そうかと中を開くと、やはりちょうど今シーズン3で放送しているところだった。「あれほどの力を持った王が下賤を相手にこうべを垂れやがる 巨人にも度肝を抜かれたがそれ以上に自分の中の何かが大きく揺らいだのを感じた」「俺が…見てきた奴ら…みんなそうだった…酒だったり…女だったり…神様だったりもする 一族…王様…夢…子供…力…みんな何かに酔っぱらってねぇとやってらんなかったんだな…みんな…何かの奴隷だった…」酒(と女もかな)はともかく、今読んでいる
混沌
2018/09/11 10:29

『ホモ・デウス』に出てくる、まさに虚構。

が「ナイス!」と言っています。
混沌
『サピエンス全史 下』にすでにこの本のことが書かれてあり、そこまで読みたいと思っていなかったが、この上巻読み終わった段階でその予感はまっとうであったと知る。随所に極めて面白い記述があるのだが、一方で今の私には退屈極まりないところもあり、結局何がやりたいのかここまでではさっぱりわからない。幸せ、資本主義、宗教、虚構、こういったところが個人的にはキーワードか。物理学科に入った1年目、一般教養で哲学の講義も取ったが、それをきっかけに考えるうち、物理学もまたフィクションであ
混沌
2018/09/09 21:31

ることに気づき致命的な衝撃を受けた。あれから30年たつ。意識の下に沈めていたものをここにきて浮上させてくれた。今後の私の生き方に影響を及ぼすことだけは確信レベル。

混沌
2018/09/09 21:58

P215,同様に、アメリカとイギリスを含め、世界の多くの国では法廷の証人は、真実を、すべての真実を、そして真実だけを述べることを誓うときに、片手を聖書の上に置く。これほど多くの虚構と神話と誤りに満ちた書物にかけて真実を述べると誓うとは、なんと皮肉なことだろう。…高校生くらいの時、テレビで放送された映画でそういう一場面を見て、私は吹き出したが、この著者は、狂信的な宗教家に命狙われないか、心配。いくら世界から暴力が減ったとはいえ。『『サピエンス全史』をどう読むか』で池上彰がその辺執拗にツッコんでもいるけども。

が「ナイス!」と言っています。
混沌
ある方からナイスをいただいたことにより、初めて読んでから4年近くたつことに気づき、驚く。あと1年ちょっとでその5年後だよ。銀婚旅行ってことで、来年、アイスランド行くか?この4年間、読んだ直後の2014年度以外、仕事はボロボロだったが、プライベートは大きな転換期だった。ある意味、本当にやりたいことをやるために大きくスイングしてきたか。今日は読んでいる途中でエネルギーが上がり、GW以来の靴磨きだった。笑ってしまう人がいるのは覚悟の上だが、でも、これ、俺にとっては象徴的なんだよ。月一回の靴磨き、や
混沌
2018/09/09 18:51

らなきゃ、やらなきゃと思いながら、それすらできないくらい仕事のモチベーションが低かった。今の仕事を続けるのはやっぱりもう無理だ。今は修士課程2年の時に、実に似ている。大きな人生の転換期。

混沌
2018/09/09 18:51
が「ナイス!」と言っています。
混沌
この世で最強の投資は本であり、本が高いと思うのはその人が未熟だからである。…これに尽きるかな。 「自宅が仕事場になるなんて、気分の切り替えができない」という人がいるが、それは嫌いなことを仕事にしているからだ。…なるほど。 最初は分け前の上限ではなく、下限を教えておく。…なるほど。
が「ナイス!」と言っています。
混沌
あ、なんか読んだ人一番乗りだ♪ 世の中は複雑になったな、と読んでいて思う。何度も繰り返し読んで、PDCAサイクルまわさないと身につかん。ジョン・グレイ博士の本にはほんとにお世話になってるが、複雑になった分、明快さは薄れたか。男社会に女が進出して、男っぽく振舞わなければいけなくなった女が、どのようにすれば女らしさを回復できるか、ホルモンのバランスをとれるか、男はそのためにどんなサポートができるか、そしてそれが男女の幸せにいかに結びつくかということがひたすら繰り返されている。カギはヴィーナストーク!
混沌
2018/09/05 10:02

P88,怒っている人は強く見えるので、怒りは男性的な特性だと思われていることが多い。だが、相手を怖がらせて自分の意見を通そうとするのは、自信のなさの裏返しでもある。自分の言動を変えて責任や有能さといった男らしさを表現するのではなく、怒りで相手の言動を変えて望むものを得ようとしているのだ。男性は、怒ることで男らしさを示そうとしているが、実際に増えているのは女性ホルモン(エストロゲン)だ。

混沌
2018/09/05 10:05

P107,女らしさを抑えている女性は、男性に直接的な支えを求めず、相手が自分の心を読んで、自主的に助けてくれることを期待する。だが、“男は誰かに助けを求められるまでは手を差し伸べようとしない生き物”であることを理解していない。その結果、イライラを募らせてしまう。

が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2013/08/30(1880日経過)
記録初日
2004/01/01(5409日経過)
読んだ本
988冊(1日平均0.18冊)
読んだページ
231441ページ(1日平均42ページ)
感想・レビュー
948件(投稿率96.0%)
本棚
66棚
性別
職業
サービス業
外部サイト
URL/ブログ
http://konton.cside.com
自己紹介

たくさんのナイス、お気に入り登録、ありがとうございます!

今、目の前にいる人の能力・魅力を引き出す。目の前にいる人の成長をグングン促し、キラキラ輝かせる。そのために自分の時間とエネルギーを使う混沌(こんとん)です。


目下最も興味あること。この3つに集約されるかな。

・女と男の違い
・人生100年時代の幸せな生き方
・虫などの身近な自然


以下、プロフィールは長文バージョン。最後まで読んでもらえるかな。

人間関係は狭く、深くを基本としていますが、ここ読書メーターだけは、可能性を開くためにも、広く、ゆるく、ネットの特長を生かしていこうと、途中から方針を変えました(読んだ本の影響もあります)。

その中でも深くコミュニケーションを交わせる方と出会えたことにも感謝しています。メッセージなどで女の人から恋愛やセックスの相談を受けることも増えてます。

混沌をお気に入り登録していただけた方は、こちらからも100%お気に入り登録させていただきます。もしもまだの場合(特に初期のころの方)、お気軽にメッセージ等で教えていただけませんか?

私からのお気に入り登録は、読んでいる本が興味深かったり、感想が素晴らしかったり、共読本が多かったり、共感できたり、まったく自分と違ったり、興味がかすりもしなかったり、言葉使いが絶妙だったり、人柄を素晴らしいと感じたり、プロフィール画像が素敵だったり、お友達になりたいと思ったり、などなどその他いろいろな理由でさせていただいています。

ネット上ではかなり気楽に話しかけますが、実際にお会いしたら、緊張してあまり話せないかもしれません。打ち解けるとすごいおしゃべりですが。もっとも、仕事で会う人に、内向的なんですよとお伝えすると、「嘘でしょ?」という顔を大半の人にされます。

本とのかかわりについて。

母親に言われてきたこと。
小学生のころ「本を読まないから国語ができないんだ。図鑑じゃだめだ」
中学生のころ「小説読まなきゃだめよ」
高校生のころ「けっこう本読むわね」
大学生以降「面白そうな本並んでるね」
結婚してしばらく「将棋の本どうするの?捨てていいの?」

職場の人にいわれること。
「本好きですね」
職場の人に陰でいわれてたこと。
「顧客に今日は何冊薦めてた?」
「本屋の回し者か?」

妻に言われたこと。
「この本棚から本があぶれたら離婚ね」

自分ではあまり本が好きとは思っていなかったけど、周りにいわれてセルフイメージ書き換わる。

あちこち本がはみ出し、それが苦にならぬことから本が好きでなければこうはならぬかとようやく自覚。

本屋さんが大好き♪立ち読みし始めると前後不覚になる。気が付くと小一時間。本屋のはしごも普通。(最近気づいたけど、本屋さんには、タイプの女の人がとても多いんだよね。)

ムラムラした本はバンバン買う。

図書館も大好き♪住民税はそのために払う。

買うのにちょっと慎重になるもの、手に入らないものは図書館で借りる。

本を読むのは圧倒的に通勤電車の中。

過去、もっとも本を読んだのは中2の3学期。
アガサ・クリスティーだけを週3~4冊ペースで、毎週図書館から借りて、時間さえあれば読んでた。

これにて、人生、何が起こっても、驚くけど、驚かなくなった。あらゆることを一度は疑うようになった。詰将棋の影響とともに。

本以外のこと。好きなこと。

小さいころから虫が好き(※)。
虫を通して死に触れ、死について学んだ。
幼いころ、飼っている虫が死ぬたびに「死んでない!」って何度も泣きじゃくった。

(※)ツイッターでは容赦なく虫その他画像を出しますが、読書メーターでは、美しい蝶くらいにとどめておきますのでご安心を。

ヒトが擾乱した環境にいかに生物が入り込んでいくか。そのたくましさ、驚異の生命力に惹かれる。都会に食い込む自然の愛好家。そして、進撃の人類も好き。

物理専攻で体育会系の地元密着企業に文系就職して、はや24年目。仕事は、人々に勇気と希望を与えるサービス業。私自身はプレイングマネージャーという名の何でも屋。

元?バリバリの理系。自然科学全般だいたい好き。

スポーツはサッカーが一番好き。
全然見えないといわれるけど中高サッカー部。
(あ、デブだからじゃないからな。175㎝の65kg)

高3の頃から不純な動機(※)でクラシック音楽を聴くように。
高3の夏は片思いの子のこと考え『運命』ばかり聴いてた。
(※)その動機、あなたの想像、100%外れてると断言しておきます♪

半生を振り返り、好きでやったことはすべて役に立っている。

仕事はおおむね好き!女はとても好き!
女の人と話していると、なんでこんなに楽しいんでしょう!(クレーム対応除く)

ここ何年かで読んでる本は、大体、仕事か女のどちらかに行き着く。
結局これは、男として、生きることそのものだと最近気づく。

嘘つくの下手だから、ほんとのこと言っちゃう!

いい女が好き!いい女になりそうな女がもっと好き!

ここまで読んで、私をお気に入り登録してくれる人、まだ登録したままでいてくれる人、どう考えてもいい女!そして、いい男!

人の短所に気づくの苦手、長所を指摘するのが得意。

自分に自信が持てない女の人に、本人も知らぬ魅力を伝えて、受け入れてもらうのが無上の喜び。

『進撃の巨人』、ハンジ分隊長は最高です♪
(上の話とまったくかみ合ってないのは気のせい)

仕事では顧客のほとんどが中年女性。
男女の違いを知らず、今までどれほど地雷踏んだか。
(残念ながら、現在も継続中!?だから未知なる生物、女に憧れ持ちつつ、死ぬまで勉強中)

エジソンは言いました。「そうやるとうまくいかないことを発明したのだから、私の実験はすべて成功だった」
(全身鳥肌立った名言をこんな文脈で引用していいのか?!)

これまで見た中で、最高にセクシーだと思った女の人は、高尾山ですれ違ったあの人!

女性的なふっくらしたラインが好きな私だが、彼女はすらっとスリムで背筋がピント伸びてた。まじかよっ!颯爽と下山してきた。顔はしわくちゃ、90代じゃないのか?というおばあさん!いや、ほんとびっくりしたわ!夏だったので、ランニング、短パンだよ。それもショッキングピンク!肌は日焼けして浅黒かった。健康そのもの!

「セクシーとはこういうことだぜ!?」

目標など。

2014年、今年は少し時間を買った。
2015年、今年はあれやるつもりだったが、上司からストップかかり、できず。でもね、ムフフフ(内緒)。おそらく、人生のターニングポイントになる年だわ。

2015年11月26日現在、結婚して満20年の妻は今だけ5歳年上(3日後には4歳年上)、長男18歳社会人1年目(子育ていっちょ上がり)、長女中3絶賛思春期♪

早く結婚してよかったわ。第二の人生が間もなくだぜ♪その準備のためにも、気になる本を好きなだけ、躊躇せず読む!お金も使う!

2016年、今年は仕事でNo.1になる!
4月23日現在、このままではヤバイ。
「明日のために、今日の屈辱に耐えるんだ」by 沖田艦長

2017年、今年は真摯に向き合う。

2018年、幸せな生き方を改めて追求する。

人生の中間目標は70代でセクシーなエロじじい。
(今40代だからな)

最終目標は120歳で大往生。
最高に気持ちよく逝く♪死は人生最後のお楽しみ。

座右の銘は「人間万事塞翁が馬」

混沌とした混沌の間にも来てね!
http://konton.cside.com
来てね、来てね、ぜったい来てね!

本を何か薦めてくださいという方に、たった1冊というなら、この本薦めています。
『人生で大切なことは、すべて「書店」で買える。』
http://konton.cside.com/index.php?go=xwBUFs

大きな影響を受け、私の行動を変えた主な著作者
(感謝と敬意をこめて、敬称略)

千田琢哉
米長邦雄
伊藤守
土井英司
出口治明
代々木忠
二村ヒトシ
加藤鷹
勝間和代
アダム徳永
メンタリストDaiGo
宇野功芳
齋藤孝
中谷彰宏
鎌田勝
林克己
稲垣瑞雄
デール・カーネギー
ジョン・ウッデン
ロバート・B・チャルディーニ
ダニエル・ピンク
ヘンリック・フェキセウス

私の感想を読んで、面白そうだったのでその本を読んでみました!と言っていただけると至福の喜びです。

あなたと出会えたことに感謝します。長大なプロフィールを最後まで読んでくれて、ありがとう。やっぱりあなたはいい女、いい男。

読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう