読書メーターあなたの読書量を記録・管理

2月の読書メーターまとめ

さえきかずひこ
読んだ本
2
読んだページ
726ページ
感想・レビュー
2
ナイス
38ナイス

2月に読んだ本
2

2月のお気に入り登録
1

  • だいがくせい

2月のお気に入られ登録
2

  • ちびbookworm
  • だいがくせい

2月のトップ感想・レビュー!

さえきかずひこ
2015年刊行の『イスラエルとユダヤ人に関するノート』を改題+加筆修正したものなので、既読者は注意されたい。前半は中東地域の時事問題についての分析であり散漫な印象があるが、後半では財津正彌、手島郁郎という牧師の発言を参照し、キリスト者であることと愛国主義者であることの関係について論じている。明治以降の日本知識人にはキリスト者がわりと多く見受けられ、彼らのなかにはイエスへの信仰と天皇への忠誠に苦悩した者もあったが、その文脈はあまり一般的でない為、その予備知識があると本書もまた違った角度から読み込めると思う。
が「ナイス!」と言っています。

2月の感想・レビュー一覧
2

さえきかずひこ
暴力と苦悶に満ちたこの世界で「誤配すなわち配達の失敗や予期しないコミュニケーションの可能性を多く含む状態」(P.158)を引き起こすマルチチュードとして観光客という哲学的概念を提示し、ポストヘーゲル的二層(ナショナリズム=グローバリズム)構造に覆われた世界で善く生きるには「子として死ぬだけではなく、親としても生きろ」(P.300)と柔らかくかつ丁寧に読者を啓蒙する一冊。ネグリらのマルチチュードをネットワーク理論を援用し批判する第四章は読むのが辛かった。想定外の面倒を引き受けて生きることで世界は善くなるか?
が「ナイス!」と言っています。
さえきかずひこ
2015年刊行の『イスラエルとユダヤ人に関するノート』を改題+加筆修正したものなので、既読者は注意されたい。前半は中東地域の時事問題についての分析であり散漫な印象があるが、後半では財津正彌、手島郁郎という牧師の発言を参照し、キリスト者であることと愛国主義者であることの関係について論じている。明治以降の日本知識人にはキリスト者がわりと多く見受けられ、彼らのなかにはイエスへの信仰と天皇への忠誠に苦悩した者もあったが、その文脈はあまり一般的でない為、その予備知識があると本書もまた違った角度から読み込めると思う。
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2008/06/23(4635日経過)
記録初日
2008/01/18(4792日経過)
読んだ本
1592冊(1日平均0.33冊)
読んだページ
417301ページ(1日平均87ページ)
感想・レビュー
1223件(投稿率76.8%)
本棚
743棚
性別
年齢
40歳
血液型
O型
職業
その他
現住所
埼玉県
外部サイト
URL/ブログ
https://utubo.hatenablog.com/
自己紹介

2010年から新宿文藝シンジケート(https://sbs.yana2020.com/ )を運営しており、現在は主にZoomでオンライン読書会を開催しています。
(毎月末土曜日20:00-22:00)。お気軽にお問い合わせください。

さえキャス。(http://twitcasting.tv/utubokazu) やってます‼︎

2008年に読んだ本→182冊
2009年に読んだ本→175冊
2010年に読んだ本→152冊
2011年に読んだ本→106冊
2012年に読んだ本→164冊
2013年に読んだ本→68冊
その後は面倒になって数えていません...w

読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう