読書メーターあなたの読書量を記録・管理

1月の読書メーターまとめ

岸ヰ了
読んだ本
6
読んだページ
1700ページ
感想・レビュー
6
ナイス
8ナイス

1月に読んだ本
6

1月のトップ感想・レビュー!

岸ヰ了
ネタバレ私は幾つの小説を読んだのだろうか? 「鏡の中は日曜日」「梵貝荘事件」「樒」「天狗の斧」「榁」、或いは「樒/榁」を加えてもいいかも知れない。元は二冊だった『鏡の中は日曜日』と『樒/榁』が併録されていることで、より濃密な読書体験を味わうことが出来た。感謝。/そして私も、荊棘島行きのチケットを買うことだろう。嗚呼、しかし我々は永久に『紅蓮荘事件』も『空穂邸事件』も『樹雨館事件』も『紫光楼事件』も『阿修羅寺事件』も読むことは出来ない。自らそれを書かない限りは……。
が「ナイス!」と言っています。

1月の感想・レビュー一覧
6

岸ヰ了
三年近く積んでいたものを漸く読んだ。敢えて引用してみたい。「画一化するロードサイドの風景は『柴崎コウ』的である。本物っぽければ、本物でなくてヨシ。本来求められているのは『柴咲コウ』なのにみんなが『柴崎コウ』でヨシとしているから、『柴崎コウ』のまま街づくりを進めてしまう」(p.49-50)/“ハッピー”ではないが、“エモい”とは感じた。或いは、大いなる決意の書として――。
が「ナイス!」と言っています。
岸ヰ了
何年も積んでいた本を再び手に取るきっかけとして、続巻や同じシリーズの第二弾が出たタイミングで「それじゃあ、初めからちゃんと読もうか」と云うものがありまして、『雑誌の人格』はまさに「2冊目」が出たので、一冊目を読まなくちゃ!と思い立った訳です。/買った当初、それこそ雑誌のようにザッと斜め読みして、そのままになっていたんですが、今回しっかり読んでみて、これは凄くいい企画だなぁ、と改めて感じました。自分が読んだことのある雑誌だったら、もっと面白いんだろうなぁ……。
岸ヰ了
2018/01/14 15:05

因みに、ここ一年ほどで自分が購入した雑誌について調べてみたので、リストアップしておこう。〈ダ・ヴィンチ〉〈TVガイド〉〈BRUTUS〉〈クイック・ジャパン〉〈ユリイカ〉〈SWITCH〉〈文藝〉〈週刊プレイボーイ〉〈シナリオ〉〈POPEYE〉〈三田文学〉、そして定期購読している〈TV Bros.〉。

が「ナイス!」と言っています。
岸ヰ了
タイトル通り、「マルチバース宇宙論」の入門としてとても面白かったです。「多世界解釈」との兼ね合いなど、もっと深く理解したいと思いました。
岸ヰ了
某リストで「☆」がついている中の一作。なるほど、そう来ましたか。とんでもなく意外とかとても予想出来ないってほどじゃないけど、こういうネタは嫌いじゃないです。/事件的な要素のない、純粋なマラソン小説と云うのも、読んでみたいですね。
岸ヰ了
以前読んだ、宮本節子『AV出演を強要された彼女たち』と対になるような気がして。/アダルトビデオを知る前にAV女優のことを知っていた、地上波のTVを通じて。最初がどの番組だったか定かではないが、鮮明に憶えているのは『ギルガメッシュないと』やテレ朝の深夜ドラマでの活躍だ。それに、恐らくこれまでの人生で最も熱烈に応援した女性アイドルグループが恵比寿マスカッツだったと云うような経緯もあり、本書の内容は実に興味深かった。/しかし、私には居場所がない。親でもなく、業界の人間でもなく、強いて云えば「視聴者」でしかない→
岸ヰ了
2018/01/07 20:13

→だから、凡ては想像するしかない。その一助として、とても有意義な読書だった。

が「ナイス!」と言っています。
岸ヰ了
ネタバレ私は幾つの小説を読んだのだろうか? 「鏡の中は日曜日」「梵貝荘事件」「樒」「天狗の斧」「榁」、或いは「樒/榁」を加えてもいいかも知れない。元は二冊だった『鏡の中は日曜日』と『樒/榁』が併録されていることで、より濃密な読書体験を味わうことが出来た。感謝。/そして私も、荊棘島行きのチケットを買うことだろう。嗚呼、しかし我々は永久に『紅蓮荘事件』も『空穂邸事件』も『樹雨館事件』も『紫光楼事件』も『阿修羅寺事件』も読むことは出来ない。自らそれを書かない限りは……。
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2008/07/07(3516日経過)
記録初日
2008/07/09(3514日経過)
読んだ本
424冊(1日平均0.12冊)
読んだページ
128477ページ(1日平均36ページ)
感想・レビュー
241件(投稿率56.8%)
本棚
0棚
年齢
36歳
外部サイト
URL/ブログ
https://filmarks.com/users/kishee_sattle
自己紹介

TVと映画観て、本読んでます。

読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう