読書メーターあなたの読書量を記録・管理

1月の読書メーターまとめ

紅はこべ
読んだ本
7
読んだページ
2506ページ
感想・レビュー
7
ナイス
1870ナイス

1月に読んだ本
7

1月のお気に入り登録
13

  • shinn
  • Small World
  • おかな
  • 星野流人
  • 水餃子もちもち丸
  • k5
  • たつや
  • デブ猫
  • marryparty1
  • まさかず
  • かすり
  • ソルティ
  • speyside

1月のお気に入られ登録
13

  • shinn
  • Small World
  • おかな
  • 星野流人
  • 水餃子もちもち丸
  • k5
  • たつや
  • デブ猫
  • marryparty1
  • まさかず
  • ソルティ
  • speyside
  • mayu

1月のトップ感想・レビュー!

紅はこべ
単行本で既読を文庫版にて再読。こんなひどい事件だったの、すっかり忘れていた。滝沢美和の父親は、いつ自分のしたことを気付かされたのか。少なくとも葉村晶に依頼した時は知らなかった筈。その時既にと思うと、黒幕の奴らは本当に鬼畜。この話もドラマになるのかな。辛すぎるけど。葉村の友人が勤めている建築関係の業界新聞社って、『ぼくのミステリな日常』のあの人のバイト先かな。ミチルだけは救えたと思っていいのだろうか。労多くして報われるのが少ない仕事だね、探偵って。
が「ナイス!」と言っています。

1月のトップつぶやき!

紅はこべ

創元推理文庫は今年も外れなし。アディーチェは読み応えあり。アトウッドの文庫化でブレイクが嬉しい。ホロヴィッツの読み残しが心残り。2020年はもっと海外物に挑みたい。彩雨亭鬼談が収穫。2019年の読書メーター 読んだ本の数:112冊 読んだページ数:38833ページ ナイス数:26711ナイス ★去年に読んだ本一覧はこちら→ https://bookmeter.com/users/470841/summary/yearly

が「ナイス!」と言っています。

1月の感想・レビュー一覧
7

紅はこべ
ネタバレ第2弾は少年と老女の印象が強い。ラストが怖いのは巻頭作。なるほどなと腑に落ちたのが、「魂やどりて」と「水の声」光子さんと樹のお祖母さんが魅力的。
が「ナイス!」と言っています。
紅はこべ
突然の訃報に衝撃を受けて。この本を登録するのを忘れていたのを思い出した。藤田さんが美術ものを書くのがちょっと意外だったが、美術もの小説では好きな方だった。探偵竹花シリーズも楽しみにしていた。残念としか言いようがない。Twitterで北森鴻さん没後10年という書き込みを見たばかりで、感慨に耽っていたが、Twitterで今度は藤田さんの訃報を知らされるとは…
が「ナイス!」と言っています。
紅はこべ
愛する人に愛されていないと知った時のそれぞれの対応。確かにエーヴァはやり過ぎだけど、妄想ストーカーのヨーナスも気色悪いけど、リンダは唐田えりかだけど、最初からヘンリックが好きな人がいるって正直に告げればよかったのに。「きみといても楽しくない」ってひどいdisり。全否定じゃん。そもそもヘンリックが元凶。フリーセックスのスウェーデンでエーヴァのような価値観もあるんだ。義父母問題はどこの国もあるんだ。
が「ナイス!」と言っています。
紅はこべ
単行本で既読を文庫版にて再読。こんなひどい事件だったの、すっかり忘れていた。滝沢美和の父親は、いつ自分のしたことを気付かされたのか。少なくとも葉村晶に依頼した時は知らなかった筈。その時既にと思うと、黒幕の奴らは本当に鬼畜。この話もドラマになるのかな。辛すぎるけど。葉村の友人が勤めている建築関係の業界新聞社って、『ぼくのミステリな日常』のあの人のバイト先かな。ミチルだけは救えたと思っていいのだろうか。労多くして報われるのが少ない仕事だね、探偵って。
が「ナイス!」と言っています。
紅はこべ
道を踏み外した、真っ当な人生を生きられなかった女達のお話。いくら不運とはいえ、こんなに殺されかけるなんて、葉村晶が生存しているのが不思議なくらい。富山店長、葉村晶のお給料、上げてあげて!
が「ナイス!」と言っています。
紅はこべ
まず不思議に思ったのが、何故この語り手は人格転移を知った時、自分の本来の肉体を探さなかったのだろうと言うこと。私、このシステムを理解していない?人格入れ替わり&タイムループ&クローズドサークル。ここまで贅沢に詰め込むとは、デビュー作だからこそできたのかな。黒死病医師や従僕の真の正体が知れないのが残念。本当に閉じ込められているのは、彼らかもね。
が「ナイス!」と言っています。
紅はこべ
一言、難儀した。永遠に読み終わらないかと思った。文体の、会話の過剰なまでの飾り方。饒舌な人物たち。これは長い物語の中間らしい。だから主要人物が変わって、唐突に変な終わり方をする。これはユダヤ系特有の冗談、饒舌、装飾なんだろうか。マンジュクルーの独特の『アンナ・カレーニナ』論は笑えた。ヴロンスキーの放屁や排泄を見たら、アンナは恋に落ちなかった。でも小説はそういうことを書くべきだって。わざわざそんなこと書かなくてもいいと思うが。
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2014/06/12(2080日経過)
記録初日
2007/12/21(4445日経過)
読んだ本
1019冊(1日平均0.23冊)
読んだページ
361187ページ(1日平均81ページ)
感想・レビュー
999件(投稿率98.0%)
本棚
10棚
性別
血液型
B型
現住所
福島県
外部サイト
URL/ブログ
http://www.beach.jp/circle/ac27134/
自己紹介

最近上記のURLの掲示板への書き込みはお休みしています。
現在は読書メーター参加以前に読んだ本の感想を思い出しながら、登録中。
一ヶ月、最低10冊読破を目指していますが、現状は厳しいですす。

読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう