読書メーターあなたの読書量を記録・管理

7月の読書メーターまとめ

陸抗
読んだ本
48
読んだページ
10369ページ
感想・レビュー
48
ナイス
989ナイス

7月に読んだ本
48

7月のお気に入り登録
1

  • ryunico

7月のお気に入られ登録
2

  • dk4kd
  • 天井冴太

7月のトップ感想・レビュー!

陸抗
紗霧と婚約して、マサムネの周辺も落ち着いたかと思ったら、ムネマサ先輩がラブレター代わりの作品を書き、更には自分の学校の文化祭に誘った事で、爆弾投下。ムネマサ先輩が、青春を堪能し、マサムネの気持ちを整理するきっかけになるかな。
が「ナイス!」と言っています。

7月のトップつぶやき!

陸抗

うちわのお菓子💕

うちわのお菓子💕
が「ナイス!」と言っています。

7月の感想・レビュー一覧
48

陸抗
酔っ払った樺倉がもうっ。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
未来が高校生になり、ちょっとだけ前向きになった…?恋愛面は、まだまだ臆病で、朱海さん頑張れだけれど。近所のお節介なおばさん、また出てきたら嫌だな。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
最終巻。師匠は、ウニ君と読み手の心に名一杯足跡をつけて、勝手にどこかに行ってしまった。それしか思い付かない。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
シエルの、今まで明かされなかった過去が明るみに出て、断片的に書かれてた物語が繋がった。でも、あくまで片側から見た過去。もう一方から見た場合は、更に酷いものを見せつけられる予感しかない。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
最終巻。クロがたどり着く先は、誰も想像していない場所だった。旅の終わりと始まり。ニジュクとサンジュウの自由さに救われ、母親の愛に包まれ。落ち込む展開も多かったけど、出会えて良かった本だった。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
スリランカで修行中の正義の元に、リチャードを助けてというメールと、豪華客船のチケットが。訳も分からず向かえば、トラブルに巻き込まれる正義とリチャード。今回は、歯切れも悪く、リチャードがセクハラされる場面が多くて、読後が悪かった。今後の大きな布石が隠されていそうだけど。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
今回は、悪役令嬢リリアナが主役。レディローズが主役の時には分からなかった、リリアナの苦悩が伝わってきて、面白かった。レディローズ、端から見たら謎の人。周りの振り回されっプリは、気の毒なレベルかも。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
大学生のサークル活動が、どこに向かっているのか不明…。まあやちゃんは、表情から全て理解してそうで、大きくなったらつっこみしそう。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
両片思いから、鼻チューでそろそろ進展も期待したんだけど。高嶺さんの従兄弟の登場で、高嶺さんがピリピリし、花もピンチ。ぶっ飛んだ方法で助けてくれたけど、これでぐっと進んでくれるか?オカモンが今回の一番の功労者だった。もっと労ってあげて。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
卒業、佐藤と同じイメージを抱いてた…。え、なにその映画。逆に興味が出てきたかも。マディソン郡の橋は、ラストがあれだから、ぎり大丈夫…?あのラストだから、受け入れられたんじゃないかと、母と盛り上がった事がある。レオンはディレクターズカットしか見たことが無いから、テレビ版見てみたい。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
借りていたアパートが火事で焼けてしまい、行く宛もなく途方に暮れていた芹を拾ったのは、通りすがりの陰陽師だった。とりあえずの契約結婚で、皇臥の妻となった芹。式神達は可愛いし、姑の嫌がらせも、全然嫌がらせになってなくて、ツンデレなんじゃないかと思えるくらい。肝心の2人は、これからなのでそれも楽しみ。今回の依頼の内容は怖かったものの、続きも読みたい。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
政争に負け、亡くなってしまった父親に代わり、伯爵家を切り盛りしてきたジゼル。しかし、領地を没収され、変態爺の愛人になるしか道が残されていない状況の中、父親との賭けに負けたという、公爵バードラムが現れた。ジゼルもバードラムも、貴族の手のひら返しを見てきているし、領民を大切にしているので、互いの誤解が解けていく様子と打ち解けていく展開が丁寧で、感情移入しまくりだった。正式な夫婦になってからは、激甘だったし、面白かった。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
【再読】今回も、作者が新聞に載らないような小さな事件を傍聴する。自分勝手な被告人が多く、自分の子供を殺した被告人には憎しみしか抱かないわ。裁判官、検察、弁護士、被告人。どこに焦点を当てて傍聴するかで楽しみかたも変わりそう。ただ、自分は被害者の事を考えてしまいそうなので、野次馬根性で見たいとは思えない。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
【再読】作者が興味本位で裁判を傍聴し、面白かった事件を紹介する。オウム事件も傍聴したようで、当時の麻原の様子も説明されていたけど、想像出来ない…。一番堪えたのは、交通事故の裁判だった。明日は我が身。安全運転を心がけようと、誓いたくなる。裁判の傍聴も楽しそうだけど、被害者に感情移入して疲れそう。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
ネロの周りが焦臭い。ネロも、市民の事を見ているようで見ていない。感覚がずれてる、だけでは済まされない。ローマは復興出来るのかどうか…。プリニウスは、ピラミッドの探検中。何があっても平常運転で、安心するわ。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
ルーナの記憶喪失、敵地ガリザザへの連行と、カズキの試練は続く。そんな中でも、頼りになる友人達が側に居るから、絶望せずにいられるのだろう。異世界に連れられた、もう一人の日本人は、今、どんな状況に置かれているのか。何となく女性を想像してたら、男性だった。カズキや、他の仲間にとってのゴールがどんな形なのか、さっぱり予想がつかないけれど、2人の一樹が幸せに暮らせる状況がいいな。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
寝相が悪く、寝てる間に暴漢を撃退してしまう王女ナリーファ。熱砂の凶王と噂されるシャラフの元に、王妃に厄介払いされてしまう。互いに相手を大切にしている姿は微笑ましいし、ナリーファの寝相の悪さが実は…という種明かしも面白かった。ナリーファの実母が生きてる時の親子の話がもっとあれば良かったかな。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
熊本の大人の事情が、戦闘にまで影響されてるのには笑った。だったら、リアルな熊でって訳にもいかなかったのかな。鳥取のピンク色のカレーが気になる…。一体どうやってそんな色に⁉️巻末でも、相変わらず三重は出ず。三重のキャラは巫女と忍者、ついでに海女なキャラなのかしら。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
マンションの改装工事の為、ベランダの私物を撤去しないといけない状況になり、お引っ越しってこれのことかと思ったら、別方面でも引っ越しせざるをえない状況に…。亜潟さんが最悪の状況を想定して動いていたのには、ニヤニヤしてしまった。まもり、大切にされてるな。北斗がらみのあっちの話は、これで落ち着いたと思えないんだけど…。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
【再読】偽王伝終幕。シスタスの侵略も、医師を集める行為も、きっかけは本当に些細なものだった。近隣諸国をまとめて戦争を仕掛けるのでなく、皇王に話を聞きたいというフェンの行動が、結果的にシスタスも救った。多少の遺恨は残るかもしれないけれど、良いラストだった。まだ、フェンの旅は続くので、先を読むのが楽しみ。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
結婚当日に花婿に逃げられ、呆然としている伯爵令嬢マーガレットの前に現れたのは、いつも彼女に意地悪をしていたオルフォード公爵。何故か彼と結婚することに。マーガレットに意地悪をしていた場面がほぼ無いので、溺愛するオルフォードに戸惑う彼女の気持ちが少し分かりにくかったかな。すぐに慣れたけど。マーガレットの元婚約者と駆け落ちした、義妹のアリシア、もっと酷い目にあっても良かったかも。とにかく糖度が高く、甘いものが欲しかったので大満足。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
本編は一応最終巻。誰にも頼らず、一人で生きてきた犯人と、友人達に助けられてきた悟。対称的な二人の対決の場面は、あっけなく終わってしまったけど、ハッピーエンドだったので満足。一番苦労したのは、悟のお母さんだけど、ラストで報われたんじゃないかな。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
悟が目覚めた事で、犯人の殺人要求も目覚めてしまった。まだ、リハビリ中の悟が、犯人とどれだけ戦えるか…。あいりと会わなかったのは、彼女を巻き込みたくなかったからか。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
紗霧と婚約して、マサムネの周辺も落ち着いたかと思ったら、ムネマサ先輩がラブレター代わりの作品を書き、更には自分の学校の文化祭に誘った事で、爆弾投下。ムネマサ先輩が、青春を堪能し、マサムネの気持ちを整理するきっかけになるかな。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
犯人に関しては、確かに今まで出てきた証拠に当てはまるし、被害者が警戒しないと納得出来たけど、うわぁぁって叫びたい気分。悟は、事件を未然に防いだ代償を払うかのように、15年眠りについた。ずっと看病したお母さん、悟が目を覚ますと信じて待ってた友人達に涙が…。加代も、もう一人ぼっちじゃなくなって良かったね。ここからまた、真犯人を探す展開になるかな?
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
【再読】ラビッジ王国の、シスタスへの貸しって、かなりデカイんですけど…。そのとき何があったのか、ラビッジの人間が居なかったから闇に葬られるとか酷すぎる。フェンは、手を伸ばせる範囲の人は、全員救うんだね。付き合わされるサチとテオは大変そうだけど、少なくともサチは、フェンを何かに利用しようとしてるからいいのか。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
加代を救っても、まだ一人でいる子供は何人もいる。その全てに手を差しのべられるかどうかが、今後の悟のやるべきことなら、かなり条件が厳しい。加代が助かった事で、未来は変わってしまいそうだけど、今度未来に戻れるのはいつなのか…。そして最後に、先生!?
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
過去にまた戻り、今度は強力な助っ人、ケンヤが加わったお陰で、加代は助かった。悟の母は、きちんと手を伸ばすタイミングを計ってたんだな。彼女みたいになりたい。担任の先生も、ちょっと疑ってたのだけど、違ってたか。むしろ外れて良かった。まだ他の犠牲者を助けるため、気を抜けない状況だけど、このままいい方向へ進んでくれたら…。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
【再読】シスタスに対抗するため、ソルド周辺の国々に小国をまとめる王を探すが、見つからず。シスタスの横暴は酷くなる一方で、とうとうフェンが立ち上がる。ここから、偽王伝の始まり。シスタスの目的は判明したけれど、医師を拐うのにはどんな意図があるのか。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
過去の事件は防げないまま現代に戻り、母親殺しの犯人として追われる悟。信じてくれる人がいるから立ち向かえる。けれど、警察に捕まってしまい、リバイバルが起きない限り、悟に打つ手はないんじゃない?犯人のしっぽを掴んだところなのに。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
本編の方も、かなり過酷な労働環境だと思ってたけど、こちらは更に苛酷だった。喫煙や飲酒の影響は、体にかなりの負担をかけるようで、禁酒して良かったとか思えるレベル。円形脱毛症の場面は、泣けてくる…。自分の健康を見直すのにいいかも?
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
ハロウィンの子供たちは、可愛かった。しかし、めんどくさい女性登場。これはしばらくこじれそう。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
過去を変えるために、18年前に戻った悟。身体だけが子供なので、大人のまま過去に戻るよりはやりやすいのかな。連続殺人事件の最初の被害者となる、雛月加代を守るため、出来る範囲で奮闘していた悟だけど、上手く行ったのかどうかは不明。虐待していた加代のお母さんは、悟の母と知り合ったことで、子供にぶつけていた消化できない気持ちを、整理出来てたらいいのに。話し相手がいるだけで、随分変わると思いたい。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
作者さんが体験した、妊娠、出産の体験を綴ったエッセイ漫画。妊娠も出産も、決して幸せな事だけじゃなく、辛い面も沢山ある。けど、いずれ楽になるよ、大丈夫だよ、とこれから体験する女性を応援するような内容だった。自分も、切迫早産で入退院を繰返し、最後には実家に送られたので、分かる分かるの連発でした。いろんな人に読んでもらいたい。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
何か事件、事故が起きる前に、何度も時間が巻き戻ってしまう藤沼悟。原因を取り除くと時間が進むので、体を張って原因を調べ、排除する日々。藤沼が子供の頃に起きた連続殺人事件と、藤沼の母親が目撃した誘拐未遂事件に何らかの繋がりがあり、母親の死を回避するために過去に飛ばされる。まだ導入部分で、タイトルが何を意味するかも分からないけれど、続きが楽しみ。
エディ
2018/07/08 11:23

漫画の最終回掲載より前にアニメの最終回放送があったので、漫画の結末の評価を下げる人もいましたが、僕は漫画の結末も好きです。ただ、どう説明しても(読み始めたばかりの陸抗さんには)ネタバレになりそうで、結局「楽しんでください」としか書けませんでした。(;^_^A

陸抗
2018/07/08 15:58

エディさんへ まずは漫画を楽しみますね(*´ω`*)

が「ナイス!」と言っています。
陸抗
自称、引きこもりニートの加奈は、公園で自作のテディベアを抱えているところを、ドイツ系ハーフの健吾に一目ボレされ…。このままじゃいけない、強くなりたいと願う加奈と、過去の傷を乗り越えようとする健吾の頑張りには応援したくなったし、テディベアを自作出来る加奈は羨ましかった。けど、やたらと引きこもりを連呼する部分と、同姓愛者の幼馴染は必要だったのか、かなり疑問。弟は、かなり不憫だった…。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
高畑先生の身の引き方、カッコいい。だけど、週刊誌に写真を撮られなければ、友人として関係が続いた可能性を考えると…。電子書籍、気になってる作品が無料でコミック数冊分読めるなら、お得だよなぁ。旦那さんがその罠にはまって、全巻揃えてた。紙派だけど、たまにKindleが欲しくなる。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
ベルンハルトを死亡したことにして、全てがおさまった中、リジーアを訪ねてきた令嬢エルメンヒルデが、平穏をぶち壊した。エルメンヒルデを亡命させるために、旅の予定を早めた2人だけど、旅の本来の目的は、リジーアの前世の記憶の確認…だよね。前世の記憶を持ってる(多分女性)だけが、この世界のシナリオを変えられるってことかな。話は丸くおさまってるし、続きはもうないかな?
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
堂上教官と小牧教官の若い頃のエピソード以上に、堂上教官と郁の仲良しっぷりににやにやしてしまった。郁といるときは、けっこう表情が豊かだなぁ、教官。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
乙女ゲーの世界にモブとして転生したリジーアが、何故か悪役のベルンハルトと婚約することに。とにかくリジーアがピンチになると、暗躍してとんでもないことをするベルンハルト。止めたり、共同作業(?)と割りきってその場に留まり、ベルンハルトが暴走するのを止めるリジーアは強かった。黒幕として出てきたある人物と、リジーアの直接対決が無かったのは残念。学園内で大掛かりな仕掛けをした割りに、最後がショボかったし。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
【再読】フェンが王を連れて帰らずにソルド王国に戻ったら、大国シスタスに攻められた後だった。都に残った人々を助けるため、リーク双貴国へと援軍の要請へ向かう。ソルド、パラクレス、リーク双貴国と、フェンが訪れる国の問題が徐々に浮き彫りになっていく展開に驚き、それぞれの国が求めるものは、結局は同じなのかもしれない。シスタスのやりたいことは、分からないけれど…。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
姫、帰省する。魔王城に住むのが、母親公認になってるけどいいのか?そのうち、姫は嫁に行ったとか王妃さま、軽く言いそう。その場合の婿はどっちだ。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
小説も一巻だけ買ってまだ読んで無かったので、先に漫画から。登場人物が出揃い、殺人事件が起きたところで終わったけれど、普通の推理ものの展開にはならなさそう。ロード・エルメロイ二世のイメージが、堅物からかなり崩れたのは、大きな収穫だったのかな…。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
両親を亡くし、叔母に育てられた咲良は、叔母の会社と提携したい御曹司との結婚を勧められ…。御曹司の春馬もかなり強引というか。気がついたら式場は押さえてあるし、結婚式の招待状も出されてるし。さらに、伯母のとんでもないテストも仕掛けられていたりで、ちょっと咲良が気の毒になってきた…。ネタバレも、早くしても全然問題無かったと思うけどなぁ。そのほうが、当時の話をもっと出来たんじゃない?
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
【再読】ソルドの王が拐われ、取り戻すためにフェン達はパラクレスへと向かう。けれど、パラクレスとソルドの闇の契約の正体を知り、フェンは本来の目的を果たせない。ソルドの、王のためにと剣を磨いた騎士達は、今後どうするのだろう。サチはいろんな所に出没するけど、本当に人探し?引っ掻き回して遊んでるようにも見えるな。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
魔王以下、城のほぼ全員に愛されてるスヤリ姫。勇者との相性は最悪だし、影武者を人間界に送ってこのまま住めばいいのに。魔王だけでなく、悪魔修道師もラブコメ参戦ですか。三角関係とかなるのかしら。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
付き合っていた彼氏が、実は妻子持ちで名前も偽っていた最低男だった。そんな男と別れた真由は、赴任してきた新しい上司に惹かれるも、藤堂課長も結婚している可能性が浮上し…。前回の事で、不倫にこりた真由の葛藤もかなり分かるし、藤堂課長もきちんとけじめをつける人なので、変な展開にはならないだろうと予想がついたので、安心して読めた。東君に関しては、タイミングが悪かったなぁ。もっと早くアプローチしてればあるいは!?
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
初めてのライヴは失敗に終わるけど、そこから浮かび上がる問題点ときちんと向き合えば、もっと飛躍しそう。ドライバー兼マネージャーのガブリエルが突然始めた、ツアーの結末も気になるところ。
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2010/01/18(3133日経過)
記録初日
2009/10/14(3229日経過)
読んだ本
6104冊(1日平均1.89冊)
読んだページ
1157436ページ(1日平均358ページ)
感想・レビュー
3231件(投稿率52.9%)
本棚
4棚
性別
血液型
O型
現住所
三重県
外部サイト
URL/ブログ
http://caramelcafecafe.blog.fc2.com/
自己紹介

いろんな本を読んでみたいと思いつつ、特に小説は
好きな作家さんだけ読むことが多いです。
が、友人と本の貸し借りをする機会が増え、
好きな作家さん増加中。
感想記入率を上げるために、頑張ってます。
目標、1日1冊(小説・漫画問わず)。

読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう