読書メーターあなたの読書量を記録・管理

12月の読書メーターまとめ

陸抗
読んだ本
45
読んだページ
10715ページ
感想・レビュー
45
ナイス
1185ナイス

12月に読んだ本
45

12月のお気に入り登録
2

  • ヒロロシ33
  • 愛の伝道師カロン

12月のお気に入られ登録
7

  • もっちり
  • ゴンゾウ
  • 月詠 @たまにしか浮上できません…
  • 丹羽宗太郎
  • ソルティ
  • 松下左京
  • 愛の伝道師カロン

12月のトップ感想・レビュー!

陸抗
杉村さんが扱った事件は、3編共後味の悪いものだった。被害者かと思われた人物が実は加害者にひっくり返る、手法は流石だけど、それによって浮かび上がった本当の被害者が気の毒すぎた。ここまで身勝手な「女」達と関わり、人嫌いにならないかと心配になるくらいだった。
が「ナイス!」と言っています。

12月のトップつぶやき!

陸抗

息子に頼まれて作った剣と盾。テープで止めるのは息子に頼んだので、歪んでても気にしないで。最近、こんなのばかり作ってるような気もする。

息子に頼まれて作った剣と盾。テープで止めるのは息子に頼んだので、歪んでても気にしないで。最近、こんなのばかり作ってるような気もする。
が「ナイス!」と言っています。

12月の感想・レビュー一覧
45

陸抗
辺境の屋敷で使用人として働いていたライラ。ある日、王がこの地を訪れ、彼女が伝説の月の姫だと王都へ連れ帰ってしまう。いきなりそんなことを言われたライラだけど、徐々に自分の出来ることを始め、最後には王を助けるために自分で動くところはカッコいい。ただ、大きなトラブルや事件等はなく、淡々と話は終わった印象。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
杉村さんが扱った事件は、3編共後味の悪いものだった。被害者かと思われた人物が実は加害者にひっくり返る、手法は流石だけど、それによって浮かび上がった本当の被害者が気の毒すぎた。ここまで身勝手な「女」達と関わり、人嫌いにならないかと心配になるくらいだった。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
最終巻。カラクの死の原因を軸に、リンが生きるための方法を探る、そんな物語だったのかもしれない。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
過去と現代が徐々に近づき、身分差のせいで少しずつ離れていく、過去の2人が切ない。カラクの死の原因は一体何だろう。魔術師絡みなのか、それとも…。過去のリンの友人の反応から、カラクはすでに幽霊なのかと勘ぐってしまった。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
衣更月は、地下から侵入する泥棒まで捕まえるのね。執事の仕事って…。三人の主人と狼との、犯人の追い詰められた心境が、ここまで来ると、どこまでブラックやねんと突っ込みたくもなる。主人は使用人に対して寛大なイメージだっただけに、気がつかなかったのかしら。そして安定の赤目さん…。次回が最終巻なんて。もっと読みたい!
シッダ@涅槃
2018/12/30 15:50

如月←こっちしか知らなかった(´・_・`)

陸抗
2018/12/30 16:34

私もです😃

が「ナイス!」と言っています。
陸抗
子宮頸がんワクチンの副反応に苦しむ少女が誘拐され、別の日にはワクチン接種を推奨する医師の娘が誘拐される。誘拐された少女達の状況や、誘拐犯が要求したお金の使い所は何となく予想の範囲だったものの、子宮頸がんワクチンについて、改めて考えるきっかけになった一冊だった。一時、ワクチン接種の弊害ばかりがテレビで放送され、数年後に、ワクチンを接種しないとどうなるかを知り、この問題に関しては中立かしら…。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
いけないキャンディー・ラブが一番お気にいり。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
表題と、僕は君だけのヒーローが好みだった。しかし、創作小説を見られるのは苦痛だろうなぁ。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
イラストと漫画が満載の第2段。漫画はウルク飯が一番お気にいり。麦酒作るの、重労働だったんだ。それも女性だけで作ってたとか。凄いな。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
ネタバレ「夢見る葡萄」賭けで儲けるのは胴元だろう、と明後日の方向に思いが飛んでた。「無貌の頭」綾瀬の怪我は気の毒だけど、川合と今後も大学でつるむようになるかな。何となく、花頴を色眼鏡で見なさそうな人だから。「青いクラゲ」赤目の真意が分からず、それが一番怖い…。「親指王子と理想の執事」幾重にも重なりあった、花頴に対する罠も気持ち悪いけど、脱出の為にすがった相手が更なる罠を仕掛けてるとか。その上を行く赤目が更に怖い…。衣更月は花頴の事、本人と認識してなくてもきちんと認めてたんだ。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
こぐまのケーキ屋さんを通して、なにげない日常がキラキラしてることを教えてもらい、四季を感じられるのが嬉しい。店員さんとのやりとりも、相変わらずほっこり。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
異世界に転生し、商人として手腕を奮うメグ。ダンジョンを見つけ、観光地として利用したい辺境国の国王マテウスと契約上の結婚をし、どんどん発展させていく。メグの契約の能力も面白いし、グリフォンを素手で倒すマテウスの脳筋プリも凄まじかった。ダンジョン周りをどう発展させるのか、見ものだった。夫婦も仲良しだし、最後まで楽しく読了。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
魔王を倒すため、聖女として召喚された笑美。でもなぜか、頭が壺。同じく勇者として召喚された冬馬は、癇癪を起こすと魔力が暴発する模様。後は異世界の騎士と魔法使いを加えたパーティーで魔王討伐に出るけれど、冬馬や笑美の戦闘や能力に関する悩みや、両片想いの2組のカップルの様子を見てニヤニヤ。魔王の倒しかたも予想の斜め上で、細かな部分まで楽しかった。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
リンとカラク。2人の過去を追い、現代の全てを思い出してもらおうとしているのかな。高里椎奈さんの原作に釣られて読破。2人の関係や何を目的にしてるかをメインに話が進んだので、今回はゆっくり目。次は大きく動くかな。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
前王の庶子だったことと、母親が王妃に命を狙われていたこともあり、辺境の地で育てられたエレイン。兄の使いでやってくる、ユージーンにほのかな想いを寄せるものの、自分の立場を考え、恋愛は諦めていた…。じれじれの両片想いは美味しかったけれど、エレインがマライアに対して何もしなかったなという不満も、ちょっとだけあるかな。新しい環境に慣れるのに必死で、そこまでする余裕は無かったと言われればそうなんだけど…。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
イエス様の生誕の物語。大体の話は知っていても、きちんと本で読むとまた違いますね。
陸抗
2018/12/21 18:09

幼稚園のクリスマスページェントで、園児達がこの話の劇をするので、息子に話を理解してもらいたくて図書館のリサイクルフェアでもらってきました。

が「ナイス!」と言っています。
陸抗
前世の記憶を持つ、男爵令嬢のリーゼ。帝国の次期皇帝候補のシディスと婚約するために、帝国にやってきたら、またしてもドナン教の影が。魔法が使えないリーゼが、魔物使いと新たな能力を開化させたり、シディスと皇帝も新しく魔法が使えるようになり、自由を満喫してたりと、前回よりも面白くなってた。原初の光の秘密やドナン教の狙いがまだ分からないので、まだ続くよね?
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
異世界から聖女を探して日本にやって来た王子様。けれど、探していた聖女はすでに亡くなっていて、彼の前に現れたのは聖女の妹だった…。珍しい設定だったので、面白かった。魔王を倒すための方法は、シミュレーションRPGをプレイすること。あれ、攻撃の相性とか地形とか、ゲームによってはかなり難しいよ…。軍師な王子がいなければ、アクションリプレイでも使うのかと思った。聖女の最期が知れたのも良かったなぁ。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
ゲーム未プレイ。おばあさんの家に届け物をしたとき、人狼に殺されたおばあさんを目撃した赤ずきん。逃げた先の洋館でも人狼の影がちらつき、誰が人狼なのか…。とにかく救いのないラストだった。鏡の中のあの人が入った経緯も知りたいし、ゲームだといくつかのエンディングがあるようなので、やってみたい。しかし、村人には最初から不利な条件だよなぁ。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
素晴とハルの過去編多め。互いに辛い思いをして、今、ここにたどり着いたから、大切に思ってる事が伝わってきて泣けてくる。迷い猫さん、無事に飼い主のところには帰れそうだけど、なにかやらかしてくれそうで楽しみ。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
身長が高いことと、昔、子供を車から庇った傷がコンプレックスになっている燕。恋愛とは無縁だと思ってるところに、上司にある頼まれ事をされたところから状況が一変。コンプレックスになっている腰の事をいつ告白するのか、辰巳の家庭の事情をどう整理するのかが話のメインだったので、重い場面もいくつか。雲雀は、何のために出てきたのかが最後までよく分からなかった。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
十年前に出会った少年ランディに恋をし、再会したとたんに結婚することになったルーチェ。相手は実は王子さまだったことと、夜にきちんと寝れないので、逃げることを決意したルーチェ。ただ、逃げると言っても、子供の追いかけっこだし、本気で逃げる気あるのか?と小一時間説教したい。終盤も事件があるものの、あっさり解決。思ってたのと違ってたなぁ。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
自分が仕える青年貴族、フロリアンが辺境の砦に赴任することを知り、彼がたどり着く前に砦の中を綺麗にしなくちゃと、暴走する女中のミリヤム。獣人だらけなので砦中毛だらけ、風呂も浸かるだけで衛生面に気をかけないからと、片っ端から風呂場で襲うのはどうなんだ。そんなミリヤムの暴走っぷりが楽しかったし、側近のイグナーツや少年兵のモフモフにも癒された。まだ続きそうなところで終わったけど、続き出てくれるかな。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
スミスとタラスさん再会。タラスさん、せっかくスミスと出会っても、どこか一歩引いて大人しくしちゃってるので、ブランコの話は良かったな。少しずつ、夫婦のように歩み寄れるといいな。文化の違いは大きそうだけど。次はまた、懐かしい面々に会えるようで楽しみにしてます。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
ここまで戦闘が長引き、死んだ兵士の脳を利用して作られた、人形の兵器シリンを登用するまでになると、何のために戦ってるのかが分からなくなってくる。構図は単純なはずなのに。レルシェの、シンに向けた「生きてるのに」って言葉も重すぎた。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
ネタバレ【再読】戦時中の、それでも裕福な生活を送る真澄。戦況が悪化し、いつ命を落とすか分からない状況の中でも変わらない想いがあった。死んでもまた、生まれ変わって再会する。真澄と修一、それぞれの子供時代の情景を丁寧に描いているから、物語に深みが増すのかしら。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
ブラック企業からホワイト企業へ、いつの間にか転職したかすみちゃん。前の会社の洗脳がなかなか解けず、休む事に罪悪感を抱いたりしてる。…それが当たり前になるといいね…。
陸抗
2018/12/12 22:13

自分も昔、ブラック企業に勤めてたので、かすみちゃんの気持ちが分かるのが辛い。酷いときは朝の7時から夜の12時~1時まで仕事。昼食と夕食は各1時間。後は家に帰って風呂入って寝るだけ。チーフは倒れて救急車で運ばれるわ、クリスマスとひな祭りは徹夜。…ケーキ作る仕事でした…。残業代、なにそれ状態。

が「ナイス!」と言っています。
陸抗
元カレにふられ、更に彼に会社内でストーカー呼ばわりされ、転職した利音。高校の同窓会で再会した狭山になぜか気に入られ、転職先でも出会い、溺愛される日々に。大きな問題もなく淡々と進むので、甘いものを読みたいときにはいいのかな。元カレにはきついお仕置きが待ってたので、それもスカッとしたなぁ。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
最終巻。作家と編集者の話であり、家族のあり方であり、人としての生き方だったり。読み手によって、受け取りかたは様々だろうけど、この本は特に読者に委ねられてる部分が大きく感じた。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
【再読】交通事故をきっかけに、同じ日を毎日くるりんしてしまう森真希。生きるものは何も居ない世界で、ただ、繰り返される一日。二人称の小説…と言っていいのか分からないけど、主人公に語りかける「誰か」は、ひょっとしたら読者なのかしら。偶然電話が繋がった泉さんと、同じくくるりんの輪にはまってしまったあいつの対比が酷かったな。でも、ずっとこの世界に閉じ込められたら、自暴自棄にはなりそうだけど。人と会いたい、会話したいと。
陸抗
2018/12/10 12:52

真希と泉のデートが印象に残っていたけど、これは映画のオリジナルだったんですね。互いに相手は目の前に居ないけど、いるみたいに会話して、食事をする。

シッダ@涅槃
2018/12/10 18:45

(JOJOみたいと思ってしまったアテクシ。。)

が「ナイス!」と言っています。
陸抗
友人(?)のアキに取りついた悪魔を、お祓い出来ない神社の娘の千鶴。頼った先輩は、幽霊の彼女しか愛せない坊主と、悪魔しか愛せない神父だった…。とにかく変人だらけの4コマ。千鶴がひたすらつっこみに奔走されてるだけかと思ったけど、中盤からしつまかりしたストーリーになってった。ただ、アキの設定が途中から変わったらのかな?という違和感も感じたかな。
シッダ@涅槃
2018/12/10 10:27

おれもしつまかりしなきゃ!

陸抗
2018/12/10 12:21

シッダさんへ 頑張って!

が「ナイス!」と言っています。
陸抗
マンションの階段を登ってる時に停電になり、転びそうになった時に男性に助けられた舟。相手が誰だか分からず、マンション内で恩人を探す一方、隣の部屋に苦手な職場の同僚が住んでることが判明。舟が西平を苦手になったきっかけは、彼の言葉選びの下手さが原因だった訳だけど。下着泥棒の一件や、新人の舟への嫌がらせへの対応が丁寧だった。しかし、新人に何を言ったんだろ。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
ワノ国の現状を見たルフィが、目の前の人達を片っ端から助けるのは痛快だった。エースが果たせなかったお玉ちゃんとの約束も、ルフィが必ず叶えてくれる。しかし、ローも相変わらず苦労させられてるなぁ。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
両親の形見の絵を絶縁状態だった伯父から取り戻すため、失踪した従姉妹のふりをして婚約者と同棲することになった実羽。従姉妹の美麗の事をほとんど知らないので、すぐに地が出る実羽。けれど、婚約者の晴樹のほうも、家庭の温かさに飢えていたため、徐々に馴染んでいく。実羽が美麗の身代わりだとバレた時の展開は切なかったものの、後は楽しんで読めた。実羽の伯父を晴樹がやり込める場面も見たかったな。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
【再読】17歳の真理子がうたた寝していたら、42歳の自分の体に心が移っていた。失われた25年は取り戻せず、自分の体の変化に落ち込み、それでも今を生きようと前を向く姿が素敵だった。夫や娘との葛藤もあり、教師としての仕事や人間関係も、17歳の心には戸惑うばかりだけど。前に読んだ時よりすんなりと心に入ってきたのは、年を取った証拠なのかしら。
シッダ@涅槃
2018/12/06 23:06

17が42になってもいいじゃない!と思ふ( ˘•ω•˘ )

陸抗
2018/12/07 07:16

シッダさんへ まず読んでみてくださいな😃

が「ナイス!」と言っています。
陸抗
続きが読めるのが嬉しい。でも、無理はしないで欲しいです。修の不安、原因が分からないまま試合が始まった。ヒュースが仲間になったのが、原因を作ってる…?まさかね。チカが追い詰められる状況を作られるのが嫌なのかな。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
与謝野の14年前の過去が悲しかった。傷だけじゃなく、心も治せたなら、ここまでの悲劇にならなかった?むしろ上司があれじゃなければ。どん底に落ちたと思われた探偵社が、まだ坂を転がり落ちてく。ここからの、反撃の手立てってあるのか。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
ネタバレ第一王子テオドールの妻になるべく、両親から育てられたクリスティナ。けれど、結婚式の当日に出会ったのは、別の人。周りの思惑に逆らえず、そのまま第二王子イザークと結婚するものの、彼女自身が自分に足りないものを知り、知ろうと勉強するのはとても好感が持てた。テオドールも、自分の立場や周りの状況をきちんと把握したうえでの行動だったし、イザークも知ろうとするならと、クリスティナに教えて助言をもらい、互いに歩み寄る姿勢が良かった。だからこそ、クリスティナの両親の酷さは浮き彫りになったな。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
神が住む山に無断で入り、神を怒らせたせいで雪が止まないと、生贄にされてしまったリザ。彼女の状況に同情したモフモフ神がリザの父になり、そのせいで3人の王子の誰かと結婚する羽目に。誰を選ぶかで一悶着あったはずなんだけど、あまり印象に残らず。ラストの大騒動でやっと、事が大きく動いたイメージかな。アルフレードの変態は擬態な気がするし、その辺ももっと掘り下げたら面白かったかな。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
これだけは前に読んだ覚えがあるんだけど、どんな形でだったか思い出せず。そして、富士見版の本編の内容もうろ覚えで、そんなことあったっけ?これ誰だっけ?が多すぎた。それでも、相変わらず好きな世界観にぐいぐい引っ張られ、あっという間に読み終わった。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
お城の式典の役割を、大切に引き継ぐ老人の話にほっこり。搾取される労働者の環境改善に一役買うDXだけど、昼は学校、夜は監禁場所と、往復が大変そう。あと、DXの鞄からあれこれ出てくるの、疑問に思おうよ、誘拐犯。どこまでも、人が良すぎた。ダンジョン探索のトラブルは、イオンも解決に役立つのか?装備品何も持ってないけど。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
守られるばかりは嫌だと、自分を囮に黒幕をおびき寄せようとするサリカ。王子もそれを利用する辺り、一筋縄ではいかない性格みたい。そうじゃなきゃ、この国支えれないけどさ。怒濤の展開からの、サリカの母親が全てを吹き飛ばし、最後にサリカの祖父と父が変態披露。サリカの家族、濃いなぁ。この中にラーシュは入って大丈夫か?面白かった。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
タイトルから、お見合い話から逃げ回るだけの話かと思ってました。全然違って面白かった。12歳の王子に仕える女官サリカが、訳ありで結婚することを許否していたら、お節介焼きな女官長にお見合いを勧められ、断り逃げ回るうちに今度は命を狙われる羽目に。お見合いを断ったからなのか、はたまたサリカの秘密に理由があるのか。サリカの命の恩人の騎士のラーシュに、そのまま護衛をしてもらってる状況の中、お見合いも命を狙われるのもどんどん酷くなり、気になるところで終わったので、続きも読まなきゃ。しかし、サリカの父親の変態ぷりが…。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
風俗嬢になったきっかけが凄まじかったものの、お仕事のレポは、接客業としていかにお客さんに癒しを与えるか、楽しんでもらうかという内容だったので、どんな仕事も大変だなという印象だった。月一で病院で検査し、体にも気を使わなきゃいけない面は大変そう。いつか、ご主人様との出会いと別れを詳しく漫画にしてくれる日はくるかな。
陸抗
2018/12/01 12:17

シッダさんへ これ、旦那さんに勧められて面白そうだったので読みました😆オメガ子さんだったかな?後で確認します。エロは平気で読みますよー。

シッダ@涅槃
2018/12/01 12:33

陸抗さん、エロ耐性あり!

が「ナイス!」と言っています。
陸抗
人狼ゲームのルールとGMの進行の仕方、著名人のインタビューが載ってます。DVDの人狼を見たばかりだったので、狩野さんのハイクオリティーは突っ込みどころ満載でした。いや、あれは尻尾や耳が見えてたよ!よくばれなかったよ!この本も、カードがついてるので、すぐに人狼ゲームが出来ます。
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2010/01/18(3293日経過)
記録初日
2009/10/14(3389日経過)
読んだ本
6377冊(1日平均1.88冊)
読んだページ
1215676ページ(1日平均358ページ)
感想・レビュー
3513件(投稿率55.1%)
本棚
4棚
性別
血液型
O型
現住所
三重県
外部サイト
URL/ブログ
http://caramelcafecafe.blog.fc2.com/
自己紹介

いろんな本を読んでみたいと思いつつ、特に小説は
好きな作家さんだけ読むことが多いです。
が、友人と本の貸し借りをする機会が増え、
好きな作家さん増加中。
感想記入率を上げるために、頑張ってます。
目標、1日1冊(小説・漫画問わず)。

読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう