読書メーターあなたの読書量を記録・管理

9月の読書メーターまとめ

ぽろん
読んだ本
23
読んだページ
6995ページ
感想・レビュー
23
ナイス
1416ナイス

9月に読んだ本
23

9月のお気に入り登録
1

  • ぶち

9月のお気に入られ登録
1

  • ぶち

9月のトップ感想・レビュー!

ぽろん
前から気になっていたシリーズ。読み易くてサクっと読了。経理の人ってここまでするとは〜。恋愛に不器用そうな森若さんが可愛いです。次巻も楽しみ!
が「ナイス!」と言っています。

9月のトップつぶやき!

ぽろん

先月もナイス&コメ有難うございました。8月から勤務時間が伸びて、読む時間が減った割には読めたかな(^^)先月は「江の島猫もり食堂」が良かったです。やはり、読メで人気の本は間違いないですね(=^x^=)今月も宜しくお願いします。2018年8月の読書メーター 読んだ本の数:24冊 読んだページ数:7508ページ ナイス数:1369ナイス ★先月に読んだ本一覧はこちら→ https://bookmeter.com/users/490765/summary/monthly

が「ナイス!」と言っています。

9月の感想・レビュー一覧
23

ぽろん
ご近所の友人の家を訪ねて、ドアを開けただけなのに、そこからまさかの展開が待っていた!ミステリーというには、少し緩めだけれど、失業中のおじさんと不登校の高校生のちぐはぐな二人が事件を解いていきながら、お互いを認めあっていく様に心が温まりました。
が「ナイス!」と言っています。
ぽろん
ネタバレ定年を迎えた主人公が、送別会の帰りに地下鉄で意識を失って集中治療室に。意識が戻らないはずの主人公は、不思議な女性に誘われ、不思議な体験をする事になる。ああ、これは亡くなる前の臨死体験というものなのかと読み進めながら、どっぷりと浅田ワールドに浸っていました。これは、一所懸命生きて来たからこそのご褒美なのでしょうか。本当に素敵な物語だった。
が「ナイス!」と言っています。
ぽろん
ネタバレ無人と化した東京に取り残された縁も所縁もない13人。地震や火災、水害の恐怖に慄き、しだいに人間性もさらけ出されて、ラストが気になって一気に読了。まるで映画を観ている様な面白さでした!
が「ナイス!」と言っています。
ぽろん
前から気になっていたシリーズ。読み易くてサクっと読了。経理の人ってここまでするとは〜。恋愛に不器用そうな森若さんが可愛いです。次巻も楽しみ!
が「ナイス!」と言っています。
ぽろん
カルト村の続編。子供は親を選べません。いろんな人がいるもんだ。読めば読むほどこの村、おかしいと思う。
が「ナイス!」と言っています。
ぽろん
何だか、不穏な展開になって来た〜!私は二人が浅草で美味しい物を食べて仲良く喧嘩してる姿が好きなので、次巻とっとと悪者やっつけて下さいね!この本読むと浅草行きたくなる〜。
が「ナイス!」と言っています。
ぽろん
読み友さんが読まれていて読みたいと思った本書。元々、狛犬がオオカミという三峯神社が気になっていたので、楽しみにしていました。ノンフィクションは敷居が高い私の様な者でも理解できる平易な言葉で護符の由来等々描いてあって読み易くて良かった!昔から面々と続いて来た信仰が風前の灯となっている事に一抹の寂しさを感じながらも、昔話の様な伝統行事が今も細々と続いてる事を知ってちょっと嬉しかった。
が「ナイス!」と言っています。
ぽろん
今回も読んでいて胸がジーンときた。素敵な書店だなあ。もはや、神がかっている⁈おとぎ話の世界⁈癒されます。
が「ナイス!」と言っています。
ぽろん
シリーズも17巻目。今回は輪廻転生話という事で、未来の話かと思いきや生まれる前の若旦那探し⁈いつの世の若旦那も優しくて愛されキャラ。今回も罪のないストーリーで和ませて貰いました。
が「ナイス!」と言っています。
ぽろん
密室トリック有りきのアンソロジー。同じ密室物でもみんな全然趣きが違って面白かった。中でも、初読み作家さんの島田氏のが断然好み。他の作品も是非読んでみよう。
が「ナイス!」と言っています。
ぽろん
シリーズ4巻。私が最近行きたいと思ってる江ノ島と川越に二人して行っていいなあ。しらす丼や蛸せんべい食べたい!なんて呑気に構えてたら由理の一大事。これは、ずっと胸に秘めてよい嘘だったと思うんだけど、、。
が「ナイス!」と言っています。
ぽろん
ネタバレそうか、そういう事だったのかあ。とても、切ない結末でした。でも、区切りをつけたのだから、二人ともに前に進んで行って欲しい。生きているのだから。
が「ナイス!」と言っています。
ぽろん
シリーズ4巻。お盆の時期のあれやこれや。保のこれは、もう体質というか、自ら巻き込まれているというか、、、。啓介さんも大変だな。そして、又もや、事件の予兆⁈
が「ナイス!」と言っています。
ぽろん
シリーズ最終巻。些細な偶然の様な事から始まった三日月堂。優しい人たちが繋いで、まるでバトンリレーの様に、最後は最も良い形で幸せのゴールイン。本当に気持ちの良い物語でした。
が「ナイス!」と言っています。
ぽろん
9編の奇妙な物語のアンソロジー。芹沢さん、北村さんは既読。その他は、やはり恩田さん、澤村さん、織守さんと好きな作家の作品が面白かった。勿論、芹沢さんのもいい。どの作品もサクッと読めて良い気分転換になった。
が「ナイス!」と言っています。
ぽろん
前にアンソロジーで読んで面白かったので、読んでみた。顔がのっぺらぼうのあやかし同心が主人公。何と荒唐無稽な物語である。終始、彼はご飯は食べないのかなあとそれが気になって仕方がなかった。
ぽろん
2018/09/13 12:27

まめぴよさん!続編あるんですね⁈ しかも、食事の謎が〜(o^^o) 嬉しい情報有難うございます(╹◡╹)♡

まめぴよ
2018/09/13 12:32

カタカナ名の霜島ケイさんで出てるので、ぜひぜひ(*^▽^)/★*☆♪

が「ナイス!」と言っています。
ぽろん
本が大好きな店長始め店員さん達の営む本屋さんが舞台。喫茶店もあって、こんな本屋さんが近くにあったらどんなにいいだろう。頼りない大学生のバイト君の成長も楽しみなところです。作中の本も読んでみたくなった。
が「ナイス!」と言っています。
ぽろん
ペットの死、いや、本当は人間の死をも予測してしまう陽太。動物の言葉が分かる薫。陽太や薫がつくづく善人で良かった。陽太の能力に至っては、かなり辛い能力のはずなのに暗さを感じない。こんな商売有り得ない話と思いつつも、温かい気持ちで読み終えた。
が「ナイス!」と言っています。
ぽろん
「最後の晩御飯」は、大好きでいつも読んでいるので、こちらのシリーズは、読んだ事が無かったけど、初めて読んでみた。法医学者が主人公という事で、最後の晩御飯とは全然趣きが違うかと思いきや、食事のシーンは同様に美味しそう。そして、言葉って本当に難しいなあと思った本巻でした。
が「ナイス!」と言っています。
ぽろん
ネタバレ昔、よく見たNHKの少年ドラマを思い出した。爽やかな読了感でサクッと読み終えた。陰湿なイジメもおじいちゃんの今後の問題もあっという間に解決。登場人物の一員になった人たちには何でもありなんだなあ!現実もこんな感じで進むといいのにね。
が「ナイス!」と言っています。
ぽろん
しみじみと読み耽りました。字が綺麗な人って昔から本当に羨ましかった。文具店を営む鳩子は、手紙の代書も請け負っている。代書から垣間見る人生の悲喜こもごもや鳩子さんの日常が心に染みます。左隅の鳩のパラパラ漫画も素敵。いつもツアーで忙しく観て回る鎌倉ですが、今度は個人的にゆっくりと回りたいなあ。でも、一番、食べたく思った鰻は手が届かないかも⁈
が「ナイス!」と言っています。
ぽろん
昔、住んでいた所に移動販売の車が毎週来ていて、共同生活をされていたのを思い出して、この本が前から気になっていた。想像以上にキツイな。子供がいつもお腹空かせているのはダメ。体罰は言語道断。ご両親も一緒に村を出られたとの事だけど、その経緯も知りたい。というわけで次巻も早速予約しました!
が「ナイス!」と言っています。
ぽろん
とても優しくて、素敵な物語。川越は、車で何度か通り過ぎて一度ゆっくり行きたいなあと思っていた。やっぱり行きたいなあ。引っ込み思案な遠野君もこの街なら不思議な特技⁈を活かして人々と繋がっていけそう。続編、きっと、ありますよね。
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2014/08/14(1527日経過)
記録初日
2014/06/20(1582日経過)
読んだ本
1319冊(1日平均0.83冊)
読んだページ
405862ページ(1日平均256ページ)
感想・レビュー
1253件(投稿率95.0%)
本棚
4棚
性別
血液型
O型
職業
主婦
自己紹介

こんにちは(*^_^*)いつもナイス&コメ有難う御座います。お気に入り登録、こんな拙い感想で宜しかったらいつでも歓迎です。出るのもご自由にどうぞ。
好きな作者は、宮部みゆき、有川浩、高田郁、上橋菜穂子、畠中恵、万城目学、湊かなえ、伊坂幸太郎、あさのあつこ等々。だったのですが、読メを始めてからは、読む幅が広がったのは云うまでもありません。
又、待ち時間が多い仕事柄、皆さんのつぶやきを見て歩くのが、愉しくて、勝手にナイスをポチっております。ご容赦下さいませ^_^
* 申し訳ありませんが、メールでのやり取りは、無精者故、苦手です。コメントでのやり取りでご勘弁頂けたら幸いですm(__)m

読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう