読書メーターあなたの読書量を記録・管理

3月の読書メーターまとめ

kousei
読んだ本
8
読んだページ
2356ページ
感想・レビュー
8
ナイス
119ナイス

3月に読んだ本
8

3月のお気に入り登録
1

  • ヴェネツィア

3月のお気に入られ登録
1

  • ヴェネツィア

3月のトップ感想・レビュー!

kousei
ネタバレ仕事をしつつ家計を預かる主婦篤子が主人公。娘の挙式、舅の葬式、夫のリストラ、義母への仕送りと大変ながらも奮闘、悪い人は出てこないけど周囲と価値観が合わなくて苦労している姿を応援しながら進む。頼りなかった長女が逞しくなって、長男はしっかり者、旦那も仕事に復帰、ギクシャクしていた義母、義妹ともしっかり話しをすれば心が通じ、サークルで一緒だった仲間2人も良い味を出して、少しずつ物事が好転していって、大円団。心が温かくなるストーリーでした。
が「ナイス!」と言っています。

3月の感想・レビュー一覧
8

kousei
まだまだ読んでいない作品があった。捜査一課各班長や取りまとめる課長視点で織りなす短編集、謎の提示と意外なオチ、円熟期の職人の冴え。犯人より班長の性格づけが凄まじい。
が「ナイス!」と言っています。
kousei
氏のファンだがまだ読み漏れがあった。花の捜査一課ではなく、警務課、監察課、鑑識課の管理部門に主人公を設定した短編集。新聞記者出身とはいえここまでリアリティのあるムラ社会を描けるのが驚異的。息苦しくなるが、謎の設定とキレのあるオチが他の追従を許さない。池井戸氏の銀行ネタはOBならではの生々しい感じが出るが、氏の警察組織ネタも凄すぎる。
が「ナイス!」と言っています。
kousei
中学校教科書で扱われている9名12篇の名作短篇集、時代小説が多めで小品ばかり、心に深い感銘を与える作品は少なかった。中年になって恥ずかしいが、オチや主題が判らないものもあり、今ならネットで解説が見られるが、中学生では難しすぎる。
が「ナイス!」と言っています。
kousei
ネタバレ仕事をしつつ家計を預かる主婦篤子が主人公。娘の挙式、舅の葬式、夫のリストラ、義母への仕送りと大変ながらも奮闘、悪い人は出てこないけど周囲と価値観が合わなくて苦労している姿を応援しながら進む。頼りなかった長女が逞しくなって、長男はしっかり者、旦那も仕事に復帰、ギクシャクしていた義母、義妹ともしっかり話しをすれば心が通じ、サークルで一緒だった仲間2人も良い味を出して、少しずつ物事が好転していって、大円団。心が温かくなるストーリーでした。
が「ナイス!」と言っています。
kousei
1931年著者31歳時の作品。当時大変だったであろう夜間航空便の苦労、パイロットと地上の対比、この結末でも継続しなければならない仕事。削ぎ落とされた文体と海外小説特有の情景描写と言い回し。先人の苦労に思いを馳せ、胸にくるものがあるが、エンタメ系ではないのでしょうがないがそんなに響かなかった。
が「ナイス!」と言っています。
kousei
図書館で手に取った本、意外にも男性作家。小学生時代の親友同士、元々出自の違いがあるが無邪気に付き合える子供時代を経て19年ぶりに再会、環境も変わっていて、葛藤と再生。自分に置き換えて人と接する時、相手を思いやっているようでも比較して憐憫、羨望、妬み、嫉妬などはないか、考えさせられた。2人とも未来が見えて安心、幸せになって欲しい。失礼ながら期待していなかったが非常に良い読後感でした。本のイラストとタイトルで損をしている感じで惜しい。
が「ナイス!」と言っています。
kousei
氏のファンだが何故か読み漏れがあった2002年文庫化短編集読了。似顔絵が得意な女性警察官、男社会で揉まれながら、鑑識課や広報、捜査一課など転々としながら立ち位置を探す主人公。女性読者から見たら随分厳しい表現が多いが警察組織がリアルに感じられる。何より純粋にミステリー小説として出来の良さが際立つ。捜査から解決に向かうと見せかけ、迷走、その後見える意外な景色、謎の解明。無駄な表現がなく職人の極み。
が「ナイス!」と言っています。
kousei
藩の有力者に使える主人公、裏の顔は隠密で、権力争いに埋蔵金、スパイ合戦、登場人物の名前を覚えられず、終盤誰が裏切り誰が味方か分からなくなった。藤沢周平氏の作風のような高尚な筋立てではなく、世俗的な時代小説。そんなに盛り上がらないけど読み易い。
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2014/08/23(2431日経過)
記録初日
2011/03/22(3681日経過)
読んだ本
772冊(1日平均0.21冊)
読んだページ
281962ページ(1日平均76ページ)
感想・レビュー
360件(投稿率46.6%)
本棚
1棚
性別
血液型
O型
自己紹介

図書館通い中心なので新刊はめったに読めないです。昔から好きなジャンルはミステリー。ホームズに胸をときめかせクリスティ、クイーン、乱歩で育ち新本格時代到来で復活。読書幅を広げるため、歴史や地理、理科学系等教養や見識を深める努力中。世間の評価が高いチャレンジ本で、自分には合わない場合は辛辣な感想も書きますが、ご容赦ください。

読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう