読書メーターあなたの読書量を記録・管理

2021年10月の読書メーターまとめ

あきひと
読んだ本
15
読んだページ
4657ページ
感想・レビュー
15
ナイス
124ナイス

2021年10月に読んだ本
15

2021年10月にナイスが最も多かった感想・レビュー

あきひと
今登録してて、すごく多くの方に読まれてる作品と分かり納得です。伸さん、ひとみさんとも素敵なキャラで、とても微笑ましく一気に読めてしまう。またこの作品のテーマについて、パラリンピックの時に3割くらいの人が何らかのハンディキャップを持っていると聞いた記憶があるが、自分は何も知らないことに今さらながら気づかされる。
が「ナイス!」と言っています。

2021年10月の感想・レビュー一覧
15

あきひと
日常を引き摺って山に登るのだろうか。こんな疑問が単独行の多い自分に湧く。グループ登山は家族や同年代の気の置けない仲間と上るに限るし、そんなときも山のことばっかり話してる。でもそれじゃあ小説にならんなと思い当たる。TVでは工藤夕貴演じる立花柚月の回しか見てないけど、これからどんな展開になるのか楽しみにしておこう。本作では、前半こんな奴らと山に行きたくないなという作品が続いたが、最後に来てトンガリロが良かった。TVと繋がった。
が「ナイス!」と言っています。
あきひと
幻想的だったり、得体が知れなかったりの短編集。発想をかなり飛ばしているものが多く、しっかりとまとめていてどれも素晴らしい作品になってると思ったが、破滅的な状況のはずなのにのんびりとした雰囲気と一瞬の緊張が走った『橋』は、他と違ってという意味で印象に残る。表題作は、どこかの博物館だか、万博だったかで見たような風景を思い出させてくれた。
が「ナイス!」と言っています。
あきひと
2012年に翻訳されたデンマーク人作家の警察もの。はみだし警部補のマークは過去の事件捜査で部下1人を失い、もう一人は半身不随で入院中。特捜部Qの使命は過去の未解決事件の再捜査で、アサドというアシスタントが一人つく格好で物語が始まる。先に2作目のキジ殺しを読み、マークが抱える過去や彼を支える脇役のキャラの濃さが良く分かった。檻の中の女の捜査は、なかなか全貌が見えなかったが、ドンドン盛り上がって最後は生きていて良かったと思える内容だった。
が「ナイス!」と言っています。
あきひと
初朝井さん作品。いろんな所に寄稿していたのね。どれも面白かったです。家に送られてくる雑誌の中の短編小説やエッセイってほとんど読まずに捨てていたが、これからは読むようにしよう。
が「ナイス!」と言っています。
あきひと
泣かせる話8篇。そのうち4つか5つは、人生のつまづきから再び前に進み出す話で、そのきっかけが石田さんならでは、なのかな。引きこもりのバカ息子の我儘と会社の肩たたきに耐えて頑張る父親の「青いエグジット」が良かった。
tetsubun1000mg
2021/10/22 12:02

この作品は「蜜蜂と遠雷」のように好みの雰囲気あり。 探してみようっと!

が「ナイス!」と言っています。
あきひと
世にも奇妙な物語っていうTVがあるが、まさにそんな雰囲気の短編5作品。塚崎多門という音楽業界に勤める20代後半の男性が、それぞれの作品でちょっと不思議な体験をするのだが、最後5作目の、表紙の絵になっている『夜明けのガスパール』で、全く予想外の経験をする。最初の4作は、5作目に向けての前奏だったのかと思うと同時に、本作も恩田ワールドだったのだと独り納得した。
が「ナイス!」と言っています。
あきひと
群さんが普段使っている生活小物って、結構こだわりを持って選んでいるんだなあ、と感心。やはりプラスチックとか環境汚染物質はなるべく使わないようにしたいと思いますが、でもプラスチック消しゴムが登場する前に使ってたゴム消しには戻れないなあ、とも思う。ともあれ、持ってるものを減らしていこうと思う。
tetsubun1000mg
2021/10/20 07:39

先に高齢者の仲間入りした群さんの感覚は、参考にしたいと思った。

が「ナイス!」と言っています。
あきひと
刑事もので作者オールスンも物語の舞台もデンマーク。北欧の人の名前って頭に入りにくいし、大作で長いし、20年前の事件捜査で現在と過去と行ったり来たりするし、最初は読むのに苦労したが、前半で全体像が分かり、二人のユニークな部下の働きでどんどん核心に迫っていくスピード感もあって面白かった。シリーズ2作目を最初に読んでしまったので元同僚のハーディや別居中の妻ヴィガが気になるし、解説を書いているのが恩田陸というのも気になる。作者の写真を見ると映画の悪役顔だし(笑)、とても気になるシリーズもの、という感想。
が「ナイス!」と言っています。
あきひと
孤立した高校生男女の青春小説。ひねくれもの女の子、おたく男の子、背中を蹴る、面白い設定でした。
が「ナイス!」と言っています。
あきひと
下北沢に住み、自転車で千駄ヶ谷の職場に通うと共に都内を探索し、鎌倉や京都旅行を楽しむ若いイタリア女性の日記的な内容。日本に来てしばらくは不健康で、またいろいろ悩まれたようですが、今は日本での生活を満喫できているようなので良かった。 山歩きを嫌いにならなくて安心しました!
が「ナイス!」と言っています。
あきひと
今登録してて、すごく多くの方に読まれてる作品と分かり納得です。伸さん、ひとみさんとも素敵なキャラで、とても微笑ましく一気に読めてしまう。またこの作品のテーマについて、パラリンピックの時に3割くらいの人が何らかのハンディキャップを持っていると聞いた記憶があるが、自分は何も知らないことに今さらながら気づかされる。
が「ナイス!」と言っています。
あきひと
初柳美里さん。 タイトルから中身は想像できたが、めちゃくちゃ不幸の連続のあとでのホームレスで、気が滅入った。とても気楽でホームレスを一度やったら止められない、っていう人もいるし、ホームレスっていうよりも、東北、福島、相馬と上野駅のほうのメッセージが強いですかね。
tetsubun1000mg
2021/10/09 17:41

柳美里さんは、昔に読んで相性が悪かった記憶があり手に取らなかったけど。今は変わったかな?

あきひと
2021/10/11 11:07

他の作品のレビューをざっと見て、暗い感じのする作品が多いかと思ったけど、どうなんだろ。

が「ナイス!」と言っています。
あきひと
『蜜蜂と遠雷』の前後のトピック的内容で、あまり間を空けずに読めて良かった。マサル、風間塵、亜夜に加えて、ナサニエル&三枝子と奏のトピックも登場。蜜蜂と遠雷の余韻を引きづりつつ楽しめる。
tetsubun1000mg
2021/10/07 12:05

「蜜蜂と遠雷」の余韻が残っているうちに読んでみよっと。

が「ナイス!」と言っています。
あきひと
ヴェルーヴェン三部作は、その女アレックス、悲しみのイレーヌ、本作の順番だったが、是非、本作前に悲しみのイレーヌを読んでおくことをお薦めします。 本書は事件発生の1日目、2日目、3日目の三部構成となっていて、初日、2日目とカミーユの彼女が巻き込まれた事件の捜査を進め、想定した犯人を追い詰めていくうちに、3日目に意外な彼女の謎が見えてくると、犯人は誰なのかが新たな謎となり、終盤想定外の展開に止まらなくなる。 このミステリーは面白かった。
tetsubun1000mg
2021/10/06 17:24

「その女アレックス」だけ既読です。「悲しみのイレーヌ」を探してみよう。

が「ナイス!」と言っています。
あきひと
『最も顧客中心主義のインターネット企業という意味で、私たちはアマゾンを凌駕します。』 創業4年で売り上げ数十億円規模のころトニーCEOが社員に向けたメッセージの中の一節ですが、この会社の企業価値を象徴しています。  これをその後大企業になっていくザッポスに企業文化として根付かせたか、社員の回想文も交え良く分かるように書かれている。  こんな人は稀と思いますが、9歳でミミズの養殖ビジネスをやろうとした企業家精神たっぷりの人だからですかね。素晴らしい経営者と思いました。続編2.0もあるので、探してみます。
tetsubun1000mg
2021/10/04 20:43

トニー・シェイ氏は昨年11月に亡くなったんだって。今まで知らなかった。

あきひと
2021/10/06 08:48

えー、46歳だったんだね。知りませんでした。 細く長くってのは一般的に言われるけど、太いと短くなっちまうのかね。

が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2014/08/30(2649日経過)
記録初日
2013/06/23(3082日経過)
読んだ本
529冊(1日平均0.17冊)
読んだページ
166963ページ(1日平均54ページ)
感想・レビュー
478件(投稿率90.4%)
本棚
3棚
自己紹介

車通勤になってから読書習慣がなくなっていましたが、コロナ禍などもあって、読書をする時間が取れるようになり、久しぶりに読書メータに戻ってきました。

読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう