読書メーターあなたの読書量を記録・管理

さんのお気に入り
6

  • マエダ
    • A型
    • 神奈川県

    本はジャンル問わず幅広く読んでいますが、ノンフィクションは特に好きです。
    どうぞよろしくお願いします。
    またsimple読書会を定期的に開催していますので興味のある方は是非参加してみてください!!

  • GO-FEET
    • 1956年
    • AB型
    • 大阪府

    2012年から、本は図書館で借りる派に転向(ただし、相変わらず映画は映画館で観る派)。なるたけ短い言葉で感動を伝えられたらと日々苦戦中!

    お気に入りの翻訳家
    土屋政雄、田口俊樹、小川高義、黒原敏行、岸本佐知子

    相性のいい版元
    新潮社、早川書房、河出書房

    新社

    相性のよくない版元
    KADOKAWA、東京創元社、幻冬舎

    2009年以降の要再読本
    「リリアンと燃える双子の終わらない夏」ケヴィン・ウィルソン
    「すべての月、すべての年」ルシア・ベルリン
    「〈ショーン・ダフィ〉シリーズ」エイドリアン・マッキンティ
    「気狂いピエロ」ライオネル・ホワイト
    「〈サイラス&イーヴィ〉シリーズ」マイケル・ロボサム
    「異常 アノマリー」エルヴェ・ル・テリエ
    「マザリング・サンデー」グレアム・スウィフト
    「ばにらさま」山本文緒
    「クイーンズ・ギャンビット」ウォルター・テヴィス
    「仕事の喜びと哀しみ」チャン・リュジン
    「大阪」岸政彦・柴崎友香
    「断絶」リン・マー
    「丸い地球のどこかの曲がり角で」ローレン・グロフ
    「まるで天使のような」マーガレット・ミラー(訳・黒原敏行)
    「ホテル・ネヴァーシンク」アダム・オファロン・プライス
    「赤いモレスキンの女」アントワーヌ・ローラン
    「オリーヴ・キタリッジ、ふたたび」エリザベス・ストラウト
    「ミラクル・クリーク」アンジー・キム
    「レモン」クォン・ヨソン
    「〈マンチェスター市警エイダン・ウェイツ〉シリーズ」ジョセフ・ノックス
    「石を放つとき」ローレンス・ブロック
    「ブロークン・ブリテンに聞け」ブレイディみかこ
    「ラスト・ストーリーズ」ウィリアム・トレヴァー
    「海と山のオムレツ」カルミネ・アバーテ
    「自転しながら公転する」山本文緒
    「蜜のように甘く」イーディス・パールマン
    「誰にでも親切な教会のお兄さんカン・ミノ」イ・ギホ
    「シャルロッテ」ダヴィド・フェンキノス
    「おれの眼を撃った男は死んだ」シャネル・ベンツ
    「アコーデオン弾きの息子」ベルナルド・アチャガ
    「御社のチャラ男」絲山秋子
    「裏切りの大統領マクロンへ」フランソワ・リュファン
    「わたしに無害なひと」チェ・ウニョン
    「夕陽の道を北へゆけ」ジャニーン・カミンズ
    「春の宵」クォン・ヨソン
    「父が娘に語る 美しく、深く、壮大で、とんでもなくわかりやすい経済の話。」ヤニス・バルファキス
    「キッドの運命」中島京子
    「11月に去りし者」ルー・バーニー
    「掃除婦のための手引き書」ルシア・ベルリン
    「ショウコの微笑」チェ・ウニョン
    「フィフティ・ピープル」チョン・セラン
    「わたしのいるところ」ジュンパ・ラヒリ
    「マンハッタン・ビーチ」ジェニファー・イーガン
    「夢見る帝国図書館」中島京子
    「小さくても偉大なこと」ジョディ・ピコー
    「三つ編み」レティシア・コロンバニ
    「ピュリティ」ジョナサン・フランゼン
    「渦」大島真寿美
    「トリック」エマヌエル・ベルクマン
    「拳銃使いの娘」ジョーダン・ハーパー
    「ミッテランの帽子」アントワーヌ・ローラン
    「何があってもおかしくない」エリザベス・ストラウト
    「アメリカ死にかけ物語」リン・ディン
    「ヨーゼフ・メンゲレの逃亡」オリヴィエ・ゲーズ
    「最初の悪い男」ミランダ・ジュライ
    「変わったタイプ」トム・ハンクス
    「贋作」ドミニク・スミス
    「戦時の音楽」レベッカ・マカーイ
    「さらば、シェヘラザード」ドナルド・E・ウェストレイク
    「八月の光」ウィリアム・フォークナー(訳・黒原敏行)
    「ポップ1280」ジム・トンプスン
    「犬物語」ジャック・ロンドン
    「天国の南」ジム・トンプスン
    「ヤングスキンズ」コリン・バレット
    「ふたつの人生」ウィリアム・トレヴァー
    「運命と復讐」ローレン・グロフ
    「東の果て、夜へ」ビル・ビバリー
    「渇きと偽り」ジェイン・ハーパー
    「あしながおじさん」ジーン・ウェブスター(訳・岩本正恵)
    「燃焼のための習作」堀江敏幸
    「五月の雪」クセニヤ・メルニク
    「コーパスへの道」デニス・ルヘイン
    「不機嫌な女たち」キャサリン・マンスフィールド
    「私の名前はルーシー・バートン」エリザベス・ストラウト
    「雪沼とその周辺」堀江敏幸
    「いつか王子駅で」堀江敏幸
    「人生の段階」ジュリアン・バーンズ
    「幸せなひとりぼっち」フレドリック・バックマン
    「ふたつの海のあいだで」カルミネ・アバーテ
    「10:04」ベン・ラーナー
    「ビリー・リンの永遠の一日」ベン・ファウンテン
    「プレイバック」レイモンド・チャンドラー(訳・村上春樹)
    「帰郷」浅田次郎
    「満ちみてる生」ジョン・ファンテ
    「トランペット」ジャッキー・ケイ
    「その雪と血を」ジョー・ネスボ
    「ブラインド・マッサージ」畢飛宇
    「すべての見えない光」アンソニー・ドーア
    「さすらう者たち」イーユン・リー
    「飛行士たちの話」ロアルド・ダール(訳・田口俊樹)
    「あたらしい名前」ノヴァイオレット・ブラワヨ
    「独りでいるより優しくて」イーユン・リー
    「夜中に犬に起こった奇妙な事件」マーク・ハッドン
    「イエスの幼子時代」J・M・クッツェー
    「ポーランドのボクサー」エドゥアルド・ハルフォン
    「千年の祈り」イーユン・リー
    「あの素晴らしき七年」エトガル・ケレット
    「屋根裏の仏さま」ジュリー・オオツカ
    「異国の出来事」ウィリアム・トレヴァー
    「軋む心」ドナル・ライアン
    「黄金の少年、エメラルドの少女」イーユン・リー
    「陽気なお葬式」リュドミラ・ウリツカヤ
    「冬の物語」イサク・ディネセン
    「天国でまた会おう」ピエール・ルメートル
    「未成年」イアン・マキューアン
    「出島の千の秋」デイヴィッド・ミッチェル
    「美しき廃墟」ジェス・ウォルター
    「あなたを選んでくれるもの」ミランダ・ジュライ
    「ブリキの馬」ジャニス・スタインバーグ
    「一時帰還」フィル・クレイ
    「恋と夏」ウィリアム・トレヴァー
    「歩道橋の魔術師」呉明益
    「長いお別れ」中島京子
    「パールストリートのクレイジー女たち」トレヴェニアン
    「〈ベルリン〉三部作」クラウス・コンドル
    「北斎と応為」キャサリン・ゴヴィエ
    「ストーナー」ジョン・ウィリアムズ
    「海を照らす光」M・L・ステッドマン
    「風の丘」カルミネ・アバーテ
    「ブルックリン」コルム・トビーン
    「怒りの葡萄」ジョン・スタインベック(訳・黒原敏行)
    「密林の夢」アン・パチェット
    「血と暴力の国」コーマック・マッカーシー
    「わたしがいなかった街で」柴崎友香
    「その名にちなんで」ジュンパ・ラヒリ
    「離陸」絲山秋子
    「低地」ジュンパ・ラヒリ
    「かたづの!」中島京子
    「11日間」リー・カーペンター
    「コールド・スナップ」トム・ジョーンズ
    「〈犯罪心理捜査官セバスチャン〉シリーズ」M・ヨート&H・ローセンフェルト
    「コレクションズ」ジョナサン・フランゼン
    「世界を回せ」コラム・マッキャン
    「最後の紙面」トム・ラックマン
    「バージェス家の出来事」エリザベス・ストラウト
    「地図と領土」ミシェル・ウエルベック
    「東京自叙伝」奥泉光
    「フランス紀行」ブノワ・デュトゥルトル
    「パインズ」ブレイク・クラウチ
    「血の探求」エレン・ウルマン
    「そこに僕らは居合わせた」グードルン・パウゼヴァング
    「あるときの物語」ルース・オゼキ
    「帰ってきたヒトラー」ティムール・ヴェルメシュ
    「昨夜のカレー、明日のパン」木皿泉
    「フリーダム」ジョナサン・フランゼン
    「問のない答え」長嶋有
    「地上最後の刑事」ベン・H・ウィンタース
    「守備の極意」チャド・ハーバック
    「妻が椎茸だったころ」中島京子
    「イエロー・バード」ケヴィン・パワーズ
    「ステイ・クロース」ハーラン・コーベン
    「なぎさ」山本文緒
    「彼方なる歌に耳を澄ませよ」アリステア・マクラウド
    「冬の犬」アリステア・マクラウド
    「灰色の輝ける贈り物」アリステア・マクラウド
    「停電の夜に」ジュンパ・ラヒリ
    「妻の超然」絲山秋子
    「拳闘士の休息」トム・ジョーンズ
    「イースタリーのエレジー」ベティナ・ガッパ
    「チャイルド・オブ・ゴッド」コーマック・マッカーシー
    「シスターズ・ブラザーズ」パトリック・デウィット
    「アンネ・フランクについて語るときに僕たちの語ること」ネイサン・イングランダー
    「〈フロスト警部〉シリーズ」R.D.ウィングフィールド
    「黄色い雨」フリオ・リャマサーレス
    「終わりの感覚」ジュリアン・バーンズ
    「イトウの恋」中島京子
    「FUTON」中島京子
    「祖母の手帖」ミレーナ・アグス
    「見知らぬ場所」ジュンパ・ラヒリ
    「エデンの東」ジョン・スタインベック(訳・土屋政雄)
    「ならずものがやってくる」ジェニファー・イーガン
    「オリーブ・キタリッジの生活」エリザベス・ストラウト
    「ブルックリン・フォリーズ」ポール・オースター
    「〈マット・スカダー〉シリーズ」ローレンス・ブロック
    「〈ミレニアム〉シリーズ」スティーグ・ラーソン
    「アイアン・ハウス」ジョン・ハート
    「〈殺し屋ケラー〉シリーズ」ローレンス・ブロック
    「大江戸釣客伝」夢枕獏
    「末裔」絲山秋子
    「二流小説家」デイヴィッド・ゴードン
    「平原の町」コーマック・マッカーシー
    「アカペラ」山本文緒
    「ラスト・チャイルド」ジョン・ハート
    「すべての美しい馬」コーマック・マッカーシー
    「ブラッド・メリディアン」コーマック・マッカーシー
    「タタド」小池昌代
    「越境」コーマック・マッカーシー
    「中二階」ニコルソン・ベイカー
    「やんごとなき読者」アラン・ベネット
    「輝く日の宮」丸谷才一
    「夜想曲集」カズオ・イシグロ
    「朗読者」ベルンハルト・シュリンク
    「わたしを離さないで」カズオ・イシグロ
    「その街の今は」柴崎友香
    「充たされざる者」カズオ・イシグロ
    「日の名残り」カズオ・イシグロ
    「遠い山なみの光」カズオ・イシグロ
    「浮世の画家」カズオ・イシグロ
    「明烏―落語小説傑作集」小松左京

  • 鹿乃

    ナボコフが大好き!

  • nightowl
    • A型

    当初はクラシックミステリを中心に読んでいましたが、最近戯曲にはまり始めてごたまぜ状態になっています。2020年の混乱を経て、また元に戻りつつある…?

  • 北条ひかり

      2017年2月8日をもって、読書メーターの更新をやめています。

    • 吹雪
      • IT関係

      海外文学や本格ミステリーを好んでいますが、最近は新書を読むことが多いです。

      好きな日本人作家は有栖川有栖、綾辻行人、森村誠一、西村京太郎、三島由紀夫、夏目漱石。
      外国人作家はドストエフスキー、トゥルニエ、ツヴァイク、クイーン、クリスティーが好きです。

    • 全6件を表示

    ユーザーデータ

    読書データ

    プロフィール

    登録日
    2014/10/31(2843日経過)
    記録初日
    2014/11/01(2842日経過)
    読んだ本
    168冊(1日平均0.06冊)
    読んだページ
    57929ページ(1日平均20ページ)
    本棚
    1棚
    血液型
    O型
    職業
    その他

    参加コミュニティ1

    読書メーターの
    読書管理アプリ
    日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
    新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
    App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう