読書メーターあなたの読書量を記録・管理

11月の読書メーターまとめ

米倉 涼子
読んだ本
5
読んだページ
1758ページ
感想・レビュー
5
ナイス
108ナイス

11月に読んだ本
5

11月のお気に入られ登録
1

  • ちょこりり

11月のトップ感想・レビュー!

米倉 涼子
★★★☆☆100版以上も重版されている名作で、物語自体は色々と考え込まれているし、それでいて軽快にサクサクと進むので読みやすいが、女達の喋り方がオカマみたいだし、ほとんどの名前に「子」が付いて気になる。まあ、雪子と晴美だけ気にしておけばOK。しかし、林刑事の誘導尋問は今の時代では懲戒モノだし、殺人犯は脳腫瘍による殺人の記憶が無い上司って…ビリー・ミリガンの例もあるしそれも有りっちゃ有りか。妹はその上司に妊娠されられちゃうし、いっぱい人は死ぬし何気に不幸な物語だが、赤川節で流れるようにアッサリと終わる(笑)
が「ナイス!」と言っています。

11月の感想・レビュー一覧
5

米倉 涼子
★★☆☆☆『タレーランの事件簿』や『謎解きはディナーのあとで』のような、短編かつワンパターンな小説が苦手になっているため、1巻を読んでその傾向の強さからイヤな予感がしていた。かつてない程に大人買いしてしまっているので読もうとは思うが食指が動くか微妙だ。奥田英朗著『イン・ザ・プール』の王道パターンは面白かったんだけどなあ。なんで受け付けないものがあるのか不思議。①なにかきな臭い案件に淳一が首を突っ込む②真弓が拗ねる③イチャイチャする④淳一「まあ見てろって」ニヤリ⑤さっそうと解決して獲物も失敬。こりゃ飽きる。
米倉 涼子
2020/11/25 08:10

真弓は銃撃ちすぎる。淳一はスーパーマンすぎる。道田は情けなさ過ぎる。そして、毎回昼夜構わずお風呂も入らずに性行をする描写は、はっきり言っていらない。

が「ナイス!」と言っています。
米倉 涼子
★★☆☆☆小学生の頃読んだ気がした。夫は紳士な泥棒で、刑事の妻は夫の生業を知らず円満な家庭を描くほのぼの小説だったような記憶だったが、何かの漫画と勘違いしていたようだ。のっけから『〇〇じゃねえ』等の淳一のべらんめぇ口調に??が沢山浮かび、中々入り込めなかったが、三毛猫シリーズよりは人が死なず、なんだかんだ8編ともハッピーエンド的な終わり方なので、読後感は良い。コンプライアンス的に刑事失格な妻ではあるもののユーモア小説としては楽しめると思う。相変わらず女達のオカマ口調と、ひどい直情的な性格が鼻に付く(笑)
米倉 涼子
2020/11/18 19:12

このシリーズと三毛猫シリーズを、十冊以上大人買いしてしまったが、どうだろう。三毛猫シリーズは読み倒せそうだが、こっちは短編でしかも大綱的には①盗みに入ろうとする②なにかきな臭い案件に淳一が首を突っ込む③真弓がちょっと絡む④イチャイチャする⑤ちょっとしたどんでん返し⑥まあ、あなたってステキ♡というワンパターンで飽きそうだ。

が「ナイス!」と言っています。
米倉 涼子
★★★☆☆昭和終期の作品なので、8ミリビデオやらトラックレコーダーやらが出てきて懐かしい感じが漂うが、前作に劣らず、何人も死んでしまう不幸な物語だ。関係者が死にまくるのに、まったく生徒が途絶えない花嫁修業教室もまた珍妙だが、実際に起きたら速攻でマスコミの餌食となり、即潰れているだろう。さて、今回のホームズは異様に擬人化してきていると感じた。晴美がさらわれた時は、レンタカーにしがみつき、3人の講師が殺されたトリックを次々と見破る。終いには、怪しい人物の面通しを猫にさせるのを承諾する警視庁。⇒コメントへ続く
米倉 涼子
2020/11/15 22:52

そして、所長さんがレズで殺人者なのに逮捕しない片山。面白いし読みやすい作品なんだけど、ハチャメチャ感が否めない。で、問題のミステリー要素では、山室が殺されるシーン。これはすでに上映中に死んでいたんだろうという適当な推理だけは当たって嬉しい。殺害動機も方法もさっぱり解らなかったけどね!あーミステリーって難しいわ!w

が「ナイス!」と言っています。
米倉 涼子
★★★☆☆100版以上も重版されている名作で、物語自体は色々と考え込まれているし、それでいて軽快にサクサクと進むので読みやすいが、女達の喋り方がオカマみたいだし、ほとんどの名前に「子」が付いて気になる。まあ、雪子と晴美だけ気にしておけばOK。しかし、林刑事の誘導尋問は今の時代では懲戒モノだし、殺人犯は脳腫瘍による殺人の記憶が無い上司って…ビリー・ミリガンの例もあるしそれも有りっちゃ有りか。妹はその上司に妊娠されられちゃうし、いっぱい人は死ぬし何気に不幸な物語だが、赤川節で流れるようにアッサリと終わる(笑)
が「ナイス!」と言っています。
米倉 涼子
★★☆☆☆戦い後の療養中の話は、家族愛や友情等をテーマにしていてホッコリする。矢島氏が書くこの手の小説は2冊あるが しあわせの花>片羽の蝶 かな。鬼滅学園は2冊とも巻末にあるが、自分的には蛇足。あと、最終話の冨岡義勇を笑わせるミッションは、漫画から読み取った柱達の性格と、ちょっと離れている気がして違和感があった。まあ、吾峠呼世晴氏が監修しているので、そんな事はないと思うのだが、特に悲鳴嶼さんは本編であまり描かれていないせいもあって読み取れてないのかも。アニメはまだ煉獄さんの所なので、続きが早く見たい。
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2014/11/22(2204日経過)
記録初日
2014/05/10(2400日経過)
読んだ本
415冊(1日平均0.17冊)
読んだページ
166993ページ(1日平均69ページ)
感想・レビュー
415件(投稿率100.0%)
本棚
0棚
性別
血液型
O型
現住所
茨城県
自己紹介

ミステリー、ホラー、ファンタジー、サスペンスが好きです。
ネタバレチックな感想が得意です。

読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう