読書メーターあなたの読書量を記録・管理

8月の読書メーターまとめ

ダミアン4号
読んだ本
10
読んだページ
2606ページ
感想・レビュー
10
ナイス
2058ナイス

8月に読んだ本
10

8月のお気に入り登録
2

  • さちこ
  • ももんが

8月のお気に入られ登録
3

  • まちゃ
  • さちこ
  • ももんが

8月のトップ感想・レビュー!

ダミアン4号
クジラは人間には聞き取れない低い周波数の歌声で会話をしている。太平洋から遠く北極海まで…何千キロも隔てた場所でお互いの存在を知る事が出来るらしい。稀に52ヘルツという高い周波数域の声で歌うクジラが存在する。陽の光の届かない真っ暗な海底で「ボクはここにいるよ」と声を上げているのに…その声は他のクジラに届かない。世界で最も孤独なクジラ。親に愛されずに育った貴瑚(キコ)と親から虐待を受けている少年の愛(いとし)…貴瑚や愛の上げる声は…周波数違いの歌声の様に親の耳には届かない。お母さん!あたしを…ボクを…愛して!
chiru
2020/08/30 18:11

この本、やっと順番がまわってきたので来週あたりに読もうと思っています💕楽しみ💕

ダミアン4号
2020/08/30 21:41

chiruさん!結構ハードな毒親描写に思わずうっ…ですが、それだけで終わらない希望を感じる展開に「ああ読んで良かったなぁ」chiruさんの感想を楽しみにしています(笑)

が「ナイス!」と言っています。

8月のトップつぶやき!

ダミアン4号

別ワンコ?キミはだ〜れ?ちょっと短くしすぎてしまいました。普段はカットしない顔の周囲も刈り込んだら…な〜んかチワワというよりフェレットみたい?(笑)暑い毎日、少しでも涼しく過ごしてもらえればと思います(笑)

別ワンコ?キミはだ〜れ?ちょっと短くしすぎてしまいました。普段はカットしない顔の周囲も刈り込んだら…な〜んかチワワというよりフェレットみたい?(笑)暑い毎日、少しでも涼しく過ごしてもらえればと思います(笑)
めぐ
2020/08/10 23:03

丸刈リータになっても、お耳がでっかいのはそのまんま(≧∇≦) すっきり尻尾が可愛いーーー♡

ダミアン4号
2020/08/11 06:33

めぐさん!おはようございます!シッポの先っぽを筆みたいにして〜アタシはライオンなのよ〜(笑)本人がそんな事を思っているはずもなく…はい、私の勝手な妄想です(笑)

が「ナイス!」と言っています。

8月の感想・レビュー一覧
10

ダミアン4号
暑中お見舞い申し上げます!時期的には残暑?だから残暑お見舞いの方が正しい?わー!んな事はどーだっていい!この気が狂った様な暑さ、なんとかしちくり~(汗)この時期になると実家の父が梨を送ってくれるのですけど…今年、御礼の電話の第一声「クーラーつけてる?勿体無いとかって言ってちゃダメだよ」って…んとにもう…どんな時代になっちゃったんでしょうね…と前置きが長くなり過ぎました。瑛太&上野樹里で映画になった“サマータイムマシン・ブルース”の舞台を貧乏学生の暮らすボロアパートのに変え、目くるめく森見ワールドと悪魔合体
ジキル・ハイド(再)
2020/09/04 20:45

えっ?   大系は未読?見聞録は? まあ、これを単体で読んでも充分大丈夫でしょう。

ダミアン4号
2020/09/05 06:46

ジキル先生!今度、腰を据えてじっくり(笑)

が「ナイス!」と言っています。
ダミアン4号
クジラは人間には聞き取れない低い周波数の歌声で会話をしている。太平洋から遠く北極海まで…何千キロも隔てた場所でお互いの存在を知る事が出来るらしい。稀に52ヘルツという高い周波数域の声で歌うクジラが存在する。陽の光の届かない真っ暗な海底で「ボクはここにいるよ」と声を上げているのに…その声は他のクジラに届かない。世界で最も孤独なクジラ。親に愛されずに育った貴瑚(キコ)と親から虐待を受けている少年の愛(いとし)…貴瑚や愛の上げる声は…周波数違いの歌声の様に親の耳には届かない。お母さん!あたしを…ボクを…愛して!
chiru
2020/08/30 18:11

この本、やっと順番がまわってきたので来週あたりに読もうと思っています💕楽しみ💕

ダミアン4号
2020/08/30 21:41

chiruさん!結構ハードな毒親描写に思わずうっ…ですが、それだけで終わらない希望を感じる展開に「ああ読んで良かったなぁ」chiruさんの感想を楽しみにしています(笑)

が「ナイス!」と言っています。
ダミアン4号
子供の頃、無人島に憧れた。“十五少年漂流記”や“ロビンソン・クルーソー”の物語を夢中になって読んだ。誰にも邪魔されず好きに生きる。他人から指示されてやるのではなく自分の意思で…冒険しながら色んな事を格好良くやり遂げる!憧れると同時に恐怖も感じた「食べ物や飲み物は?電気もガスも無いよ!怪我したり病気になったら?それに…もし猛獣がいたら…」で…やっぱり無理だよなぁ(笑)絶海の孤島を脱出して故郷を目指すか…孤島の暮らしを受入れ島で生きるか…地獄と見るか浄土・極楽と思うかは人それぞれの心の持ちようなのかも知れない
ダミアン4号
2020/08/21 16:59

ボニン・アイランド…ボニンというのは無人→ブニン→ボニンという様に訛って出来た言葉らしい。日本の領海南南東に位置する小笠原諸島。日本の国土となる以前から周辺の島々から移住したり、難破漂着した人々が暮らしていた。物語は江戸後期1840年、五百石船で貨物を運んでいた水夫達の遭難事故から始まる。一月以上漂流してたどり着いた島には自分達と異なる顔立ちをした人々が住んでいた。彼等の助けを借りて帰還を目指すが…それが運命なのか島に留まる決意をする者も…それから180年を経た現代…妻子と別れ孤独な暮らしを続ける恒一郎は

ダミアン4号
2020/08/21 16:59

通りかかったフリーマーケットで祖父の持ち物だった木彫りの置物を見つける。音楽家一家に生まれチェロ奏者として頭角を現し始めた中学生の賢人は交通事故以来チェロの音だけが聞えなくなってしまった。まったく関連のない2組がボニン・アイランドに引き寄せられる。残念ながら小笠原の海は見た事がない。でも同じ南西諸島サイパンの海には一度だけ…どこまでも青く澄んだ海、輝く砂浜、濃い緑に覆われた山…まさに浄土だった。しかし目を凝らすと打ち捨てられた砲台や戦闘機の残骸…戦争の傷跡…戦争は悲劇しかもたらさない…繰り返してはダメだ!

が「ナイス!」と言っています。
ダミアン4号
アオハルの頃を“らしく”過せず中心から少し外れた場所を定席にしてきた芳野荘介。就職してからもそれは変わらず仕事も恋人も“できない”記録を更新中。ある日、勤め先のデザイン事務所に高校生の時に恋した(片思い)秋森から『地元テーマパークのデザインコンペ』参加要請の電話が入る。意気込んで説明会に参加するも何故か会場には超メジャーどころのデザイン事務所!コンペは予想通りの玉砕。周囲が出来レースだからと苦笑いする中、諦め切れない荘介はプロジェクトに地元出身のデザイナーを参加させるという話に飛びつき、超一流クリエイター
ダミアン4号
2020/08/19 12:56

南波の事務所に…南波の右腕でアートディレクターの河合…仕事は一流だが人生の岐路で決断を下せない覚悟の“できない”男。才気溢れるクリエイターなんだけど…キツイ性格が災いし周囲や部下・後輩と付合いが“できない”女の竹内。ここにも様々な“できない”連中が揃ってる。始動したプロジェクトには地元から冷ややかな視線が送られ…せっかく勝ち取った広報誌のデザインにはクレームが付き…紆余曲折、七転八倒!テーマパークは成功し、実力も認められ…やっと“できる男”になるのかと思ったら…ラスト…荘介、お前なぁ…人・間・失・格(怒)

が「ナイス!」と言っています。
ダミアン4号
38篇のショートショート。僅か数頁の物語なのにストーリーがギュッと凝縮されていてとにかく楽しかった。夫婦や家族を描いた物語には「そうそう!こんなだよね~だから私は…」と頷いてしまう物が多数。平穏な毎日を送りたいですから…うちの奥さんの逆鱗に触れない様、そ~っとそ~っと…でも内心じゃ(笑)それ以外がテーマの物語だと…動物園の象さんのひとり語りには爆笑してしまった。象ってアフリカとかインド出身だよね?何故に関西弁?あ~日本生まれ!(笑)動物園に行ったら「え~っと(ネームを確認)○○ちゃんね!キミが一番だよ!」
ダミアン4号
2020/08/18 16:25

なんて話しかけてしまうかも知れません(笑)伯父の形見分けで手にしたR社の高級腕時計。わかるなぁそういうの…高級品を身につけてても所詮は一般庶民ですから…僅かでも修理費が浮くならね(笑)ハードボイルド作家のサイン騒動も面白かった。本人の迷惑顔を余所にいつの間にか偽者が人気を集め…で、オチが(爆)お祖母ちゃんのパソコンのお話は、現実にあるんですよね…こういうの…私もシーズン(年賀状とか)になるとお声がかかり、お手伝いをするんですが不慣れなお年寄りを相手に…決して違法じゃないんですけど…主人公の一言には同感です

が「ナイス!」と言っています。
ダミアン4号
シリーズ第3弾。肝臓がんと推測される症状で急逝した前都議会議員。急激過ぎる病状の進行、挙動不審な甥っ子が多額の遺産を相続という事に事件性を感じ遺体を調査すると…小悪党が起した事件では済まされなかった真相と特権階級がひた隠しにするスキャンダル。お米のカビがワンコを宿主とする寄生虫が…身近にこれほど恐ろしい毒物が存在するとは!これと見込んだ原因が真相ではなく次々現れる疑惑のオンパレード。世間を騒がすパンデミックや人種差別問題といった時事ネタを織り込みながら進むストーリに頁を捲る手を止められず気がつけば一気読み
chiru
2020/08/17 17:47

わたしも好きなシリーズ🧡一気本ですよね!3巻以降もあるのかな?

ダミアン4号
2020/08/17 21:54

Chiruさん!多分、出るんじゃ…いや、きっと出ると信じています(笑)

が「ナイス!」と言っています。
ダミアン4号
しゃばけシリーズ第19弾。さて、今回のお話は…江戸で薬問屋と廻船商を営む長崎屋の主人夫婦は連れ立って遠く九州まで1年間の湯治旅に出る事になる。留守を任された病弱な若旦那の一太郎は「これもお店を継ぐ為の試練!」と心得、大いに頑張る。代替わり後を考えた大番頭の心の隙間に入り込んむ小悪党、貧乏神の金次が手こずった詐欺師、江戸に流行った病は我が力!と吼えあう疫鬼に疫病神、疫病騒ぎで長崎屋を知った西国の大店からは婿選びを任されて…いやいやこれじゃ、寝込んでる暇なんてありゃしない!兄ぃや達の活躍はちょっと少な目かな?
が「ナイス!」と言っています。
ダミアン4号
今まで生きてきた記憶…色んな思い出の中に様々な食べ物があった。美味しかった物、切なくて塩っぱい味、砂を噛む様な気持で味わった料理…食べ物がキーワードになった6つの物語。ラストの末期の病に倒れた友を見舞う男とその娘の物語“大きな鍋の味”がとても良かった。共に料理人を目指し、目標通りの料理人になった主人公と別の道を選んだ友。病に苦しむ親友が主人公に放つ言葉が切ない…彼は昔気質なんだと思う。不器用で言葉足らずで己の感情を外に出すのが気恥ずかしい。だから…悲しい涙を大きな鍋に込めて…それをとても“らしい”と思う…
ダミアン4号
2020/08/17 15:15

忘れていた思い出が食べ物で蘇る。忘れていた…忘れたかった…どちらか判らないけど“それ”を見た瞬間に思い出す。私の場合は手間のかかった料理からそういう感情が沸き起こってくる事は少ない。妙と言えば妙な話。何気ない日常の中で出合った“特別な出来事”であるから…それにまつわる食べ物はシンプルな“普段着の食べ物”という事になるのかな…トースターで焼き過ぎた食パン、肉じゃがの肉だけ食べて叱られた記憶、具合が悪くなると食べさせてもらったイチゴミルク(牛乳&砂糖)古い記憶は上書きされる事も無く…思い出を誰に語るでもなく…

が「ナイス!」と言っています。
ダミアン4号
いい歳した大人が何やってんだい!いや…恋に年齢は関係ないから!多分…という感じの5つの物語。“ボーイ・ミーツ・ガール1&2”市民オーケストラの五十路を迎えた楽員が小学生の頃から一緒に演奏してきた20代の女性に恋をする。傍目から見れば勘違いも甚だしいが…恋する気持ちに年齢は関係ない?でも大人のする事じゃないかも…う~ん逆パターンの“2”だったらアリ?突き詰めると男女の機微は年齢じゃないのか“マドンナのテーブル”性別を超えた友情は有りや無しや?大学時代の友人グループの紅一点メンバーに嫉妬(?)する妻…訝るのは
ダミアン4号
2020/08/17 12:56

仕方が無いと思いますが…旦那さんを信じてあげましょうよ(笑)“六時間四十六分”アメリカのとある駅で足止めされたお母さんが出合ったのは…親心も知らず我が道を歩む娘、自分を不倫旅行の出汁にした友人…憤りに凝り固まった気持ちをほぐしてくれた初老の紳士…どんでん返し的な幕切れがとても良い!80年代ハリウッドのラブコメ映画を髣髴とさせる物語…こういうの大好きです(笑)“夜の森の騎士”認知症を患った母親を看病する娘が出合ったレントゲン技師…彼にも彼女にも決して“そういう意思”は無かったと思うけど…ちょっとミステリアス

が「ナイス!」と言っています。
ダミアン4号
心霊探偵、濱地健三郎と助手を勤める志摩ユリエが出合う“世にも奇妙な事件簿”シリーズ第2弾。生霊、残留思念、よく喋る幽霊、文句を言い続ける霊魂、文字通り幽霊部員になった地縛霊、幽体離脱等など…バラエティー豊かな霊障ラインナップ!髪をオールバックにまとめ紳士然とした風合を醸す年齢不詳(30代とも50代とも)の探偵…脳内ビジュアルでは水谷豊。探偵事務所の電話番号が語呂合わせになっているという事ですが…どんなナンバーなんでしょう?霊に関わる事件専門がだから『0/レイ』が入っている事だけは間違いないと思うんですけど
糸巻
2020/08/07 08:21

ダミアンさん♪ホラー苦手にも優しいホラーですね♪好きなシリーズです。奥様、背筋が冷える体験なさってますね…

ダミアン4号
2020/08/07 08:52

糸巻さん!そ~なんよ!うちの奥さん…なにげ~に…えっ?と言う様な(笑)私も実体験はいくつか…んじゃ~いってみます?稲川順二風に…コワイナコワイナ~(笑)

が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2014/11/24(2135日経過)
記録初日
2014/11/09(2150日経過)
読んだ本
865冊(1日平均0.40冊)
読んだページ
268858ページ(1日平均125ページ)
感想・レビュー
865件(投稿率100.0%)
本棚
2棚
性別
血液型
B型
自己紹介

基本、なんでも読みます(笑)
ミステリー、ファンタジー、SF、ホラー(…は、ちと苦手かな?)
新しい物語との出会いを心より愛する“活字中毒者”です!

参加コミュニティ1

読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう