読書メーターあなたの読書量を記録・管理

5月の読書メーターまとめ

りつか
読んだ本
16
読んだページ
3464ページ
感想・レビュー
16
ナイス
161ナイス

5月に読んだ本
16

5月のお気に入り登録
1

  • 白熊(2代目)

5月のお気に入られ登録
2

  • 白熊(2代目)
  • 白熊(Tristan)【漫画】

5月のトップ感想・レビュー!

りつか
ネタバレ映画版は観たんだけど、原作未読だったので。2年ごとの代替わりを経て1,000年受け継がれてきたと言われる「ホルモー」、その500代目として京都大学青竜会に主人公の俺、こと安倍が勧誘されたところから物語が始まる。後半、徐々にホルモーの真実が見えてくるあたりから、ぐいぐい読み進んでしまった。軍師・楠木さんの鮮やかな手並みにはやっぱり惚れ惚れしてしまうな…。
が「ナイス!」と言っています。

5月のトップつぶやき!

りつか

【献本プレゼント】読書メーターで大人気シリーズの続編「図書館の魔女 烏の伝言 上下巻セット」の献本に応募しました!応募締め切りは5月22日!応募はこちら→ https://bookmeter.com/giftbooks/186

が「ナイス!」と言っています。

5月の感想・レビュー一覧
16

りつか
ネタバレ今回は牢内殺人だったり、姿の見えない「影法師」だったりと、薄気味悪さのある話が多めだった感じ。「片割れ」も薄気味悪さはあったけれども、無事に一件落着していたのと、オチがよかった。1,2巻より影は薄いけど、相変わらず新谷弥助も出ていてちょっと安心。
が「ナイス!」と言っています。
りつか
ネタバレ巻頭の地図のおかげで、なんとなく登の行動範囲を現代の地図と照らし合わせることができた。なるほどなるほど。今回は、一冊を通じて登の朋輩、新谷弥助の行方を追いつつ、牢内の人々のあれこれに関わっていくような感じ。一巻はおちえ編で今回は弥助編で…連載時に単行本化を計算して組み立ててたのかなぁ。すごい。おちえはその後も出てきてるけど、弥助はドラマの感じだともう出てこなくなるんだろうか…。今回も後味の悪いお話と、ほんのり希望が持てるお話の両方があったけれども、やっぱり後者の方が好きだな。
が「ナイス!」と言っています。
りつか
ネタバレ春からNHKで放送が始まったらしいときいて、そういえば母から借りていたぞ…と思い出したので。田舎から江戸に出てきて、叔父の家に下宿しつつ牢医として勤務する立花登の物語。牢医とは言いつつも、彼らの頼みを引き受けたりトラブルが舞い込んできたりして、親しい岡っ引きたちとも協力しあって解決に導いていくのが各話の基本的な流れ。柔術の道場に通っているという設定なので、捕り物の過程でやわらを使うシーンも毎話のようにあり、動きを感じられる描写がよかった。4巻まで借りてるので、どんどん読むぞー。
が「ナイス!」と言っています。
りつか
ネタバレ棋士・渡辺明の日常などなどを奥様が漫画化。巻末の鼎談読んでて思ったけど、ほんっとぶれないぬいさん(ぬいぐるみ)好きなんだなぁ、と。私ももう少し愛を持って接したい。それはさておき、奥様の「勝っても負けてもいつも同じように」ってなんか別の人の奥様の話でもきいたような…と思ってたけど、ひふみんの番組(NHK「ノーナレ」)のときかな。将棋に限らず、勝負事を生業にしている人のご家族って、みんなそうなのかもなぁ。
が「ナイス!」と言っています。
りつか
ネタバレ渡辺竜王、とにかく竜王戦でとても強くてあと競馬がお好き、くらいのイメージしかなかったので、副賞でネコバスもらうほどにぬいぐるみがお好きとは知らず…棋士の人の生活やなんかを身近な棋士でない家族から見るとどうなんだろう? と思って買ってみて、実際そちらの興味も満たされたんだけど、それ以上に癒された感が強い。
が「ナイス!」と言っています。
りつか
ネタバレ日常に戻った第7研のメンバー。今更だけど、モトコも完全に一員になってるな…。タイミングといいヘリウムガスっぽさといい、やっぱりDr.ロロの正体って…という気分なんだけど、モトコとばあやは何も知らない様子ということは、家とは関係なく、彼だけが関わってるのかしら。まぁ、そのうち明かされるか。
が「ナイス!」と言っています。
りつか
ネタバレ研究室の視察に訪れた教授陣のなか、唯一第7研究室を擁護してくれた佐流田教授。待ち合わせに向かう途中、襲われた天馬たちは佐流田教授の娘・月江に助けられる。月江さんの操るラビィが可愛くていいなぁ、と銃撃戦シーンなのに癒されたりなど。マルス量産型はバルトという名前なのか。なんか読めば読むほどDr.ロロの正体はモリヤなのでは、と思ってしまうのだが…ロボレスのときのDr.ロロは立ってるけど…普段の車椅子がカモフラージュなのではないかという気がしてしまって仕方がない。
が「ナイス!」と言っています。
りつか
ネタバレロボレス後、Dr.ロロの謎を追う天馬たち。物流経路を追って向かった島で、量産型マルスに遭遇する。マルスはパトレイバーのグリフォンみたいな雰囲気だなと思ってたんだけど、モデルは「ジェッターマルス」だったのか。知らない作品だったので、まったく思い至らなかった…。そしてPLUTO読んでたはずなのにノース2号の造形がまったく思い出せないのだけど、ノースはなぜかガンダムのキュベレイあたりを連想してしまうのであった。
が「ナイス!」と言っています。
りつか
ネタバレアニメ始まったのに積みっぱなしだったので(結局録画も積んでますが…げふんげふん)。練馬大学大学院生の天馬くんとお茶の水くんが発明したA106(エーテンシックス)をめぐる物語。お茶の水妹のランちゃんが連れてるF14、可愛すぎでしょう…。そこかしこにアトム以外の手塚治虫オマージュも散りばめられてるのがなんとも言えない。そしてロボレスのシーンでエンジェリックレイヤーをまた読み返したくなった…。
が「ナイス!」と言っています。
りつか
ネタバレドラマは延々と見てるのに原作の積ん読を全く崩してなかったな、というのに今頃気づいて(たぶん買ってから数年以上経ってる)読んだ。ひたすら井ノ頭五郎氏が食べる話。ドラマは実在のお店をそのまま出してるけど、原作は店名をちょこちょこ変えて出してたんだな。あと、車と煙草のイメージが、なんだか昭和〜平成初期だなーと思ったら、元々の連載時期が平成6〜8年だったのね、なるほど。
が「ナイス!」と言っています。
りつか
ネタバレ単行本も読んでたけど、せっかくなので再読。巻末対談を読んで一番驚いたのは、戸塚の踊り猫の碑の話。物語の中だけのお話だと思い込んでたけど、実際に伝承として、駅名(横浜市営地下鉄ブルーラインの踊場駅)にも残ってるんだ…。駅も面白そうなので、今度行ってみたいなぁと思ったりなど。
が「ナイス!」と言っています。
りつか
ネタバレ映画版は観たんだけど、原作未読だったので。2年ごとの代替わりを経て1,000年受け継がれてきたと言われる「ホルモー」、その500代目として京都大学青竜会に主人公の俺、こと安倍が勧誘されたところから物語が始まる。後半、徐々にホルモーの真実が見えてくるあたりから、ぐいぐい読み進んでしまった。軍師・楠木さんの鮮やかな手並みにはやっぱり惚れ惚れしてしまうな…。
が「ナイス!」と言っています。
りつか
どのお店もとても美味しそうでひたすらヨダレが出まくる一冊。そして元々定食系が好きなのもあり、さらにひたすら悶えてしまうという。大阪は行ったことがないしなかなか行く機会もなさそうなので、行けるかどうかわからないなーと思いつつも、何店舗かブクマに突っ込んだ。
が「ナイス!」と言っています。
りつか
ネタバレアニメ化記念でニコニコ静画で22話まで無料公開になってたので(なので描きおろし部分は未読)。この漫画、ノンアルカクテルも登場するのかー!しばらく禁酒だし、特製バナナカクテル、作ってみたいなー。飲めるようになったら寒い時期にホットワイン飲みたいなー…これは毎年言ってて未だに実現してないことだったりするけど…。
が「ナイス!」と言っています。
りつか
ネタバレアニメ化記念でニコニコ静画で22話まで無料公開になってたので(なので描きおろし部分は未読)。我が家は残念(?)ながら可愛く酔ったりとかはしない一家だけど、家でカクテル作って飲むのも楽しそうだなぁ…。特にカツ丼とレッドアイの組み合わせは試してみたくなった。
が「ナイス!」と言っています。
りつか
ネタバレ前巻から少し時間が経過して、信長こと朽木が現世の権力、メディアを掌握し、夜叉衆は指名手配犯として追われ、戦いは激化の一途をたどる。あとがきによるも残すところ昭和編もあと2冊とのことで、このあれこれが本編のあれこれに繋がるのかと思うとなんだかこう…むずむずしてくるというか本編読み返したくなってきて堪らない…。直江がどんどん拗らせてってる感じがあるのも相まってこう…手がわきわきしてしまう…。
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2008/08/12(3242日経過)
記録初日
2008/08/12(3242日経過)
読んだ本
3187冊(1日平均0.98冊)
読んだページ
651956ページ(1日平均201ページ)
感想・レビュー
2672件(投稿率83.8%)
本棚
32棚
URL/ブログ
http://bit.ly/U3VXkd
自己紹介

まとめ読みした漫画の感想と,読書メーターのまとめはブログに書いています。ラノベ・漫画が中心でBLもそこそこ読むので,苦手な方はご注意ください。

2014年4月以降,文学に分類されるもの(図書館の9類)・漫画・ラノベ・児童向け(絵本含む)の記録中心。