読書メーターあなたの読書量を記録・管理

10月の読書メーターまとめ

まこっちゃん
読んだ本
5
読んだページ
1732ページ
感想・レビュー
4
ナイス
53ナイス

10月に読んだ本
5

10月のトップ感想・レビュー!

まこっちゃん
230頁 戦後、ルーズヴェルトが「日本の新聞の右翼化」という言葉を使ってそれを警戒しすでに奉天会戦の以前の二月六日付の駐伊アメリカ大使のマイヤーに対してそのことを書き送っている。「日本人は戦争に勝てば得意になって威張り、米国やドイツその他の国に反抗するようになるだろう」というものであった。日本の新聞はいつの時代にも外交問題には冷静を欠く刊行物であり、そのことは日本の国民性の濃厚な反射でもあるが、常に一方に偏ることの好きな日本の新聞とその国民性が、その後も日本を常に危機に追い込んだ。
まこっちゃん
2019/10/12 16:17

262頁 ネボガドフ少将の信条によると、生まれながらの兵士というものはありえず、兵士とは訓練によってのみ作られるものだと思っていた。このためにこの航海中、絶えず兵員の訓練をした。彼はその長い艦隊勤務の経験によって兵士には勇怯がなく、あるのは訓練による動作の方の堅弱のみであると信じていたし、(中略)彼らの士気を失わしめるものは兵士の心理に無理解な上官と、一種の軍隊悪ともいうべき諸種の悪習慣であると思っていた。

まこっちゃん
2019/10/12 17:38

318頁 「格別な会議は開かない」真之が明言しているのを聴いた人もある。連合艦隊の次席参謀だった飯田久恒などがそうであった。長官招集の形式張った会議を開いたところでいい工夫が出てくるはずがないというのがその理由であった。ただし意見を持って三笠を訪ねてくる者には真之は喜んであったし、さらには鈴木貫太郎の例でもわかるように、真之自身が出かけていくこともあった。陸軍は正規の手続きを踏まず意見具申をすることは禁じられていたが、海軍の場合手続きすら必要なく、どういう上級職に対しても自由に意見を述べることができた。

が「ナイス!」と言っています。

10月の感想・レビュー一覧
4

まこっちゃん
本作はかなりファンタジー路線でした。自分の気持ちが荒んでいるのかどうも素直に物語を受け入れられないまま読み終えてしまいました。
が「ナイス!」と言っています。
まこっちゃん
KADOKAWAの歴史、ポリシー、スタンスを知る一つの資料として読んでみた。プラットフォームは的を得ていると感じる。発刊の辞の考察も面白い。
が「ナイス!」と言っています。
まこっちゃん
230頁 戦後、ルーズヴェルトが「日本の新聞の右翼化」という言葉を使ってそれを警戒しすでに奉天会戦の以前の二月六日付の駐伊アメリカ大使のマイヤーに対してそのことを書き送っている。「日本人は戦争に勝てば得意になって威張り、米国やドイツその他の国に反抗するようになるだろう」というものであった。日本の新聞はいつの時代にも外交問題には冷静を欠く刊行物であり、そのことは日本の国民性の濃厚な反射でもあるが、常に一方に偏ることの好きな日本の新聞とその国民性が、その後も日本を常に危機に追い込んだ。
まこっちゃん
2019/10/12 16:17

262頁 ネボガドフ少将の信条によると、生まれながらの兵士というものはありえず、兵士とは訓練によってのみ作られるものだと思っていた。このためにこの航海中、絶えず兵員の訓練をした。彼はその長い艦隊勤務の経験によって兵士には勇怯がなく、あるのは訓練による動作の方の堅弱のみであると信じていたし、(中略)彼らの士気を失わしめるものは兵士の心理に無理解な上官と、一種の軍隊悪ともいうべき諸種の悪習慣であると思っていた。

まこっちゃん
2019/10/12 17:38

318頁 「格別な会議は開かない」真之が明言しているのを聴いた人もある。連合艦隊の次席参謀だった飯田久恒などがそうであった。長官招集の形式張った会議を開いたところでいい工夫が出てくるはずがないというのがその理由であった。ただし意見を持って三笠を訪ねてくる者には真之は喜んであったし、さらには鈴木貫太郎の例でもわかるように、真之自身が出かけていくこともあった。陸軍は正規の手続きを踏まず意見具申をすることは禁じられていたが、海軍の場合手続きすら必要なく、どういう上級職に対しても自由に意見を述べることができた。

が「ナイス!」と言っています。
まこっちゃん
17頁 日本人のものの考え方は、大陸内での国家でなかったせいか、物理的な力で防御力を構築してゆくというところに乏しく、その唯一の例は秀吉の大坂城ぐらいのものかもしれない。〜中略〜 その規模の大きさは城内に十万以上の兵士を収容できるもので、それ以前の日本史ではとびぬけたものであった。しかし、結局は大坂夏の陣において家康の野戦軍のために陥ちた。物理的な構造物が存在しても、防御戦というきわめて心理的な諸条件を必要とする至難な戦いをするには民族的な性格がそれに向いていないからであろう。
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2015/01/13(1766日経過)
記録初日
2014/04/13(2041日経過)
読んだ本
338冊(1日平均0.17冊)
読んだページ
129169ページ(1日平均63ページ)
感想・レビュー
290件(投稿率85.8%)
本棚
6棚
性別
年齢
43歳
血液型
A型
外部サイト
読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう