読書メーターあなたの読書量を記録・管理

2022年4月の読書メーターまとめ

Åκ
読んだ本
13
読んだページ
4913ページ
感想・レビュー
7
ナイス
50ナイス

2022年4月に読んだ本
13

2022年4月にナイスが最も多かった感想・レビュー

Åκ
第一作目で登場したシリアルキラーが、まさかの再登場。警察の隙きを縫っての逃亡と、残虐すぎる行動に。警察もヘマしすぎだろと、ツッコミたくなる場面が多いですが、それでも読ませる面白さ。単純でありながら、サクサク読める当たりシリーズです。
が「ナイス!」と言っています。

2022年4月にナイスが最も多かったつぶやき

Åκ

【読書メーターのキャンペーンに応募しました】今村翔吾、直木賞受賞第一作『幸村を討て』を著者サイン入りで10名様にプレゼント! 応募締切は4月7日(木)正午。詳細はこちら→ https://bookmeter.com/giftbooks/451?track=share

が「ナイス!」と言っています。

2022年4月の感想・レビュー一覧
7

Åκ
本作も最凶の殺人者が登場。警察の杜撰な捜査も見られたし、殺人犯がまさかの彼らたち。とはいえ、毎回登場人物たちに降りかかるトラブルをしっかり回収しての着地は読み応え充分でした。
が「ナイス!」と言っています。
Åκ
★4
が「ナイス!」と言っています。
Åκ
★4
が「ナイス!」と言っています。
Åκ
今野敏さんの任侠シリーズ。阿岐本組長ほか、今どき珍しい義理と人情、渡世、面子を何よりも大事にする登場人物達。倒産寸前の書房の社長として立て直す。痛快な清々しさを読後に味わえる一冊でした。
が「ナイス!」と言っています。
Åκ
第一作目で登場したシリアルキラーが、まさかの再登場。警察の隙きを縫っての逃亡と、残虐すぎる行動に。警察もヘマしすぎだろと、ツッコミたくなる場面が多いですが、それでも読ませる面白さ。単純でありながら、サクサク読める当たりシリーズです。
が「ナイス!」と言っています。
Åκ
前作に続き、大量殺人を繰り返すシリアルキラーを追う物語。今回は病院で発生する謎の死を追いかける。宗教も絡めて退屈させないストーリーで、あっという間によみ終わりました。
が「ナイス!」と言っています。
Åκ
初読み作家。警視庁に新設された広域捜査専任特別調査室、通称「SRO」が未解決事件を追い、集められたエリート達が繰り広げるシリーズ物。登場するのは、いずれも訳ありのキャリア。今野敏さんのSTシリーズのような特殊能力を持っているわけではありませんが、全員が個性的で、キャラが立っている。次作も期待!
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2015/02/07(2656日経過)
記録初日
2014/09/01(2815日経過)
読んだ本
746冊(1日平均0.27冊)
読んだページ
267446ページ(1日平均95ページ)
感想・レビュー
483件(投稿率64.7%)
本棚
19棚
自己紹介

以前はミステリー物を多く読んでいましたが、多くの皆さんの感想に触発されて、自分では選ばない本に沢山出会っています。皆さんとの出会いに感謝いたします。

いわゆるスピ系を沢山読み、自分の生きるヒントにしています。
刑事物、よく読みます。
時代物、今村さんが好きです。
政治物、たまに読みますが、外ればかりかな?
感想は気が向けば書く程度です。素敵なレビューをかかれてる方は、お気に入り登録をしてしまいます。登録・解除は無理なくしてくださいね。
 
いいね!返しは負担にならない程度にしています。





読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう