読書メーター KADOKAWA Group

2024年6月の読書メーターまとめ

mymtskd
読んだ本
3
読んだページ
847ページ
感想・レビュー
3
ナイス
43ナイス

2024年6月に読んだ本
3

2024年6月にナイスが最も多かった感想・レビュー

mymtskd
台湾がかつて50年間も日本だったというのは、今ではほとんどの日本人には実感がないが、台湾へ行くと実際に日本の痕跡があちこちに残っているのに気づく。その痕跡が建物でもインフラでも日本国内のものより立派だったりしてそのことに驚いたりする。台北の博物園区の庭に何気なく展示されているSLが日本最古の貴重なものだとこの本を読むまで知らなかった。しかもその説明文が間違っているなんて!そんなウンチクが満載の楽しい本でした。
 Galilei
2024/07/02 10:22

続いて失礼します。ご近所の親しい御年輩は、中国語に影響される以前の原点である台湾語辞典を近年発行されました。現在では衰えた原語ですが、地元古老をはじめ資料を何度も渡航し長い年月をかけて出版に至ったとのです。お勤めは米国企業で海外出張も多い傍ら、生誕した日本統治時代の台湾は穏やかで人情味があり、誰も家に鍵を架けなかったほど治安が良かったそうです。しかし戦後やって来た国民党が次々と家々を荒らし回ってから、平和な台湾は一変したと。▽私の父は戦時中台湾駐屯、現地の子供が兵隊にバナナを売りに来たそうです。

mymtskd
2024/07/03 17:49

こちらも素敵なコメントをありがとうございました。台湾は山や温泉、海など日本と似たような風景が続き、懐かしささえ感じますね。この本にも載っていますが、日本語の単語がそのまま残っていたりします。きっと中国語由来でない台湾語も残っているのでしょう。この春、久しぶりに台北を訪れすっかり気に入り、また行きたくなっています(笑)。

が「ナイス!」と言っています。

2024年6月の感想・レビュー一覧
3

mymtskd
「利休にたずねよ」執筆時の綿密な調査や膨大な資料を読んだからこその鋭い洞察が感じられた。千家流のお稽古で畳の目を数えるというのは、ただただ言われるままに行っていたが、それは利休居士の鋭利な感性や美学に基づく「特殊な点前」なのだと気づかされた。視点が変わって目の前がちょっと開けたような気がした。悪趣味とされる秀吉の黄金の茶室も実は利休居士の美学が深くかかわっていたのではという見方も面白く、熱海の美術館でその検証をされたのがとても興味深かった。
 Galilei
2024/07/02 09:27

こんにちは。芥子餅小嶋さんとチンチン電車を挟み向の海の神さん住吉大社の御旅所に、利休の魚々屋など倉庫や海運業・漁船が祈願しました。また信長の蘇鉄の逸話が残る妙国寺(日蓮宗本山)や本願寺別院を始め寺町が広がりました。貿易の一方、傍の三国ヶ丘は摂津、河内、和泉の境で大和時代から各地からあらゆる階層が多数往来し方違神社に方位を祈願。此処から東は中世から菜の花畑(菜種油)が数キロ広がり、南に続く田圃の春は目にも鮮やかな一面のスミレでした。書物にない、こうした成長期の特別な環境が利休の感性に影響したかもしれません。

mymtskd
2024/07/03 17:22

こんにちは。素敵なコメント、ありがとうございます!かつて大阪湾は遣唐使の出発港で、おそらく古墳時代以前からも外国からの玄関口として常に「最先端」に触れてきた歴史がその土地を特別に「豊か」にしてきたような気がします。ほんとに羨ましいです!9月に大阪へ行く機会があり、また堺方面へ足をのばせたらと思っています。

が「ナイス!」と言っています。
mymtskd
台湾がかつて50年間も日本だったというのは、今ではほとんどの日本人には実感がないが、台湾へ行くと実際に日本の痕跡があちこちに残っているのに気づく。その痕跡が建物でもインフラでも日本国内のものより立派だったりしてそのことに驚いたりする。台北の博物園区の庭に何気なく展示されているSLが日本最古の貴重なものだとこの本を読むまで知らなかった。しかもその説明文が間違っているなんて!そんなウンチクが満載の楽しい本でした。
 Galilei
2024/07/02 10:22

続いて失礼します。ご近所の親しい御年輩は、中国語に影響される以前の原点である台湾語辞典を近年発行されました。現在では衰えた原語ですが、地元古老をはじめ資料を何度も渡航し長い年月をかけて出版に至ったとのです。お勤めは米国企業で海外出張も多い傍ら、生誕した日本統治時代の台湾は穏やかで人情味があり、誰も家に鍵を架けなかったほど治安が良かったそうです。しかし戦後やって来た国民党が次々と家々を荒らし回ってから、平和な台湾は一変したと。▽私の父は戦時中台湾駐屯、現地の子供が兵隊にバナナを売りに来たそうです。

mymtskd
2024/07/03 17:49

こちらも素敵なコメントをありがとうございました。台湾は山や温泉、海など日本と似たような風景が続き、懐かしささえ感じますね。この本にも載っていますが、日本語の単語がそのまま残っていたりします。きっと中国語由来でない台湾語も残っているのでしょう。この春、久しぶりに台北を訪れすっかり気に入り、また行きたくなっています(笑)。

が「ナイス!」と言っています。
mymtskd
本書でいう線とは鉄道のことである。鉄道は明治以降のものだが、古来の街道に沿って作られており路線沿いの地域にはたくさんの歴史や史実が残っている。鉄道ファンで「天皇制」がご専門の著者ならではの鉄道による天皇の行幸の足跡を追いながら、その土地の歴史や風土を「線の思考」で浮彫にしている。とくに最終章の聖母マリア信仰と「日本書紀」神功皇后とのつながりがとても興味深かった。
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2015/02/09(3450日経過)
記録初日
2015/02/09(3450日経過)
読んだ本
242冊(1日平均0.07冊)
読んだページ
78928ページ(1日平均22ページ)
感想・レビュー
232件(投稿率95.9%)
本棚
0棚
性別
血液型
B型
現住所
東京都
外部サイト
自己紹介

ジャンルを問わず何でも読むようにしています.
必要に迫られて読んだものでも,よく知れば面白くなると気づきました.
ここでは,自力ではとうてい見つけられない様々な本に触れることができますね.
それらに刺激を受けながら,自分のアンテナが少しでも広がればと思います.

読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう