読書メーターあなたの読書量を記録・管理

7月の読書メーターまとめ

すいか
読んだ本
2
読んだページ
570ページ
感想・レビュー
2
ナイス
25ナイス

7月に読んだ本
2

7月のトップ感想・レビュー!

すいか
ネタバレ途中で大体犯人の目星がついてしまうので、事件の真相に至るまで連綿と続く長い因縁の物語を読ませるのが狙いなのかな。表紙と口絵も若干ネタバレ気味ではあるし。背筋がうすら寒くなるような怖い描写がありつつも、ちょっとホッとできる温かみのある結末は京極氏らしいかな。敦子ちゃん美由紀ちゃんのコンビが絶妙。てか美由紀ちゃんチート過ぎる中学生w敦子ちゃんは男性キャラの主観だといかにもテンプレなボーイッシュ美少女キャラなんだけど、本人の主観になると同性としてすっごく共感できる人物描写になるの、男性の書き手としては上手いなと
が「ナイス!」と言っています。

7月の感想・レビュー一覧
2

すいか
日中関係を二国関係で捉えがちな従来の研究史的立場を脱し、中国を中心とした東アジア内陸アジアの国際関係の中で日本の対中国外交の在り方を事例ごとに丁寧に分析されている。ユーラシア東部における世界宗教としての仏教の存在感が印象深い。結局のところ、日本にとって中国との外交は、歴代の天皇の正統性を裏付けるためのものに過ぎなかったということか。摂関政治、武家政権の確立によって天皇の政治的権威付けが必要なくなると中国との正式な国交が途絶えるのはそのためであると。足利幕府による明との国交樹立の背景も容易に推察されよう。
すいか
2019/07/27 16:17

論証の過程で明らかにされる古代日本の天皇の皇位継承の正統性の在り方、母方からも皇室の血統を引き継いでいることが重要視されたというのが興味深い。称徳天皇が道鏡の即位を望んだのは聖武天皇の血を引く他戸親王までの中継ぎとしてだというのは「女帝の歪んだ寵愛」的な従来の見解よりも納得できる。現に称徳帝亡き後他戸親王は母ともども粛清されることになる。

が「ナイス!」と言っています。
すいか
ネタバレ途中で大体犯人の目星がついてしまうので、事件の真相に至るまで連綿と続く長い因縁の物語を読ませるのが狙いなのかな。表紙と口絵も若干ネタバレ気味ではあるし。背筋がうすら寒くなるような怖い描写がありつつも、ちょっとホッとできる温かみのある結末は京極氏らしいかな。敦子ちゃん美由紀ちゃんのコンビが絶妙。てか美由紀ちゃんチート過ぎる中学生w敦子ちゃんは男性キャラの主観だといかにもテンプレなボーイッシュ美少女キャラなんだけど、本人の主観になると同性としてすっごく共感できる人物描写になるの、男性の書き手としては上手いなと
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2015/05/06(1573日経過)
記録初日
2015/05/02(1577日経過)
読んだ本
48冊(1日平均0.03冊)
読んだページ
16067ページ(1日平均10ページ)
感想・レビュー
39件(投稿率81.3%)
本棚
0棚
外部サイト
読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう