読書メーターあなたの読書量を記録・管理

6月の読書メーターまとめ

Juni
読んだ本
301
読んだページ
84720ページ
感想・レビュー
27
ナイス
1555ナイス

6月に読んだ本
301

6月のお気に入り登録
29

  • BOOKねこ@Library
  • ふははは
  • higurashi_jp
  • 自由人
  • ヨックムド
  • Theopotamos
  • J・L・B
  • getsuki
  • 銀太@主旋律から外れた休符@伴奏弾語り
  • sacco
  • たぬたぬ
  • たにやん
  • Hideo Ono
  • シュロッキアン
  • ipusiron
  • くるみ
  • Luck life♪
  • スプーン
  • みあ
  • 禿童子
  • イチゴタルト
  • kunikuni80
  • 佳蓮★道央民
  • りぃ
  • えるたそ
  • フウ(風)
  • ぷるっちょ
  • いのうえ
  • ゆうすけ

6月のお気に入られ登録
20

  • ふははは
  • higurashi_jp
  • 自由人
  • ヨックムド
  • Theopotamos
  • たぬたぬ
  • たにやん
  • Hideo Ono
  • シュロッキアン
  • ipusiron
  • くるみ
  • みあ
  • 禿童子
  • イチゴタルト
  • kunikuni80
  • えるたそ
  • フウ(風)
  • ぷるっちょ
  • いのうえ
  • ゆうすけ

6月のトップ感想・レビュー!

Juni
これは大人が読む青春小説だ。社会批判教育批判教師批判がいっぱい展開されるシーンが幾度もあるが、主人公秀美の祖父や母が常識を飛び越えたコメントをしてくれる。実に愛すべきキャラなのだ。こういう本は時に応じて読み返したい。なによりも秀美の生きっぷりはかっこよく爽やかだ。
が「ナイス!」と言っています。

6月のトップつぶやき!

Juni

机の上がカオスになりそうだ...

机の上がカオスになりそうだ...
LaLaLu(ララルー)
2017/06/27 21:50

古典がいっぱい(≧▽≦)

が「ナイス!」と言っています。

6月の感想・レビュー一覧
27

Juni
これは大人が読む青春小説だ。社会批判教育批判教師批判がいっぱい展開されるシーンが幾度もあるが、主人公秀美の祖父や母が常識を飛び越えたコメントをしてくれる。実に愛すべきキャラなのだ。こういう本は時に応じて読み返したい。なによりも秀美の生きっぷりはかっこよく爽やかだ。
が「ナイス!」と言っています。
Juni
シュタイナーがニーチェの思想に興味を持っていたというのは意外な気がしたが、この著作がニーチェ論の先駆的書物だったことはさらに驚き。
が「ナイス!」と言っています。
Juni
佐藤優さんのコワイ顔が眼に浮かぶような凄みがある内容。再読してみて、あまりピンと来なかった。
が「ナイス!」と言っています。
Juni
胡散臭くない。自分自身が今生きている価値=存在給は自分自身が決めるもの。私も最近自分の存在給は10億円でも足らないと思っているんだよね。誰だって生きているだけでモノスゴイ価値を持っていることに気づけるかどうか。要は自分てスゴイ!ってこと。
が「ナイス!」と言っています。
Juni
再読。今の自分がスゴイ!と肯定して好きなことをやることが知らないうちに成長するんだよ。 ルー・タイスのコーチング理論とも合致しているし、自然と納得できる内容。エフィカシーの高さが大切ということだ。
が「ナイス!」と言っています。
Juni
解説がアツい。内容を深く理解するには各著書に当たって行くしかないが、この本がその道しるべになってくれるようで心強い。
が「ナイス!」と言っています。
Juni
本を読むことが多面的に書かれた良書。全て実践することはないが、私自身はかなりこの本の考え方、方法を参考にしている。 私も近いうちにメルマガ出すかも。
が「ナイス!」と言っています。
Juni
考現学の創始者による古典的名著。著者の詳細な図説が素晴らしい。後年赤瀬川原平らによる路上観察学、超芸術トマソンの観察の出発点がここか、と合点がいく内容。とにかく面白い。
禿童子
2017/06/28 09:13

面白そうですね。古典コミュの課題本にどうですか?読んだことがないのですが、レビューでそそられました(笑)

Juni
2017/06/28 09:30

個人的に考現学や路上観察学は好きなので、ついノッて書いてしまいました。 古典本読書会の件は検討をしてみます。

が「ナイス!」と言っています。
Juni
古文は高校生の頃、割りと得意だったが、この本を読んで自分の無知さを知る。また、あらためて古典の読む術を知ることができた。オススメです。
が「ナイス!」と言っています。
Juni
たまには毛色の変わった本を、と思い読んだ...女性作家が書いた官能小説ではないか。女性の感覚観点もわかり、良かった...のだろうか?
が「ナイス!」と言っています。
Juni
確かに面白い。面白いのは言葉遣いとぶっ飛んだ設定。ただ続編は読まないかな。ペンギンハイウェイを今度は読もうか。
が「ナイス!」と言っています。
Juni
無国籍であった著者が綴る、無国籍者というもの。日本にも世界にも無国籍の人は少なからずおり、それによって様々な制約や苦痛を強いられる。在日外国人も差別体験を経ない人はいないくらいなのだから無国籍というのはそれ以上にハンディを伴う。国境、国家とは何なのか。つくづく考えさせられる一冊。
が「ナイス!」と言っています。
Juni
何度か読んでみると内村自身の思想をもっと知りたくなった。
が「ナイス!」と言っています。
Juni
ファクトに基づく報道を常に気を付ける。印象操作や勝手なオピニオンにも警鐘。超オススメです。
が「ナイス!」と言っています。
Juni
表題とはかけ離れた内容だった。
が「ナイス!」と言っています。
Juni
学生時代多大なる影響を受けた相原コージ画の哲学本なら読まねばなるまい。可笑しすぎて腹が痛い。
が「ナイス!」と言っています。
Juni
常識的な内容で私には不要でした。
が「ナイス!」と言っています。
Juni
人は無意識に損しないように生きるのが大切かに思っているが、実は積極的に損することを受け入れてみると案外楽だよという話。成功とは自由になること。など、本当に同感することしきりでした。
YuriL
2017/06/21 19:49

よくよく考えてみると、普段からあまり損得勘定していないというか完全度外視かもしれません。得か損かという計算より、自分にとって正しいことか、しっくり来るか、というフィーリング派なのかもしれませんね。「ああ、この人は私を騙そうとしてるんだなきっと…でもま、それでもいっか」みたいなことは結構あります。

シュロッキアン
2017/06/21 20:45

他のトピで,「自分が本当にしたいことは何か,と自分に問う」という話があって,感銘をうけましたが,そういう姿勢と関係しそうですね.私は,本当に「得」をしたいのか.本当は,もっと別のことをしたいのではないか,と.

が「ナイス!」と言っています。
Juni
まあ、。参考程度に
が「ナイス!」と言っています。
Juni
ホリエモンの意見に同意。
が「ナイス!」と言っています。
Juni
悲哀に満ちた物語を非常に落ち着いた表現描写で読ませてくれた。さすがとしか言いようがない。
が「ナイス!」と言っています。
Juni
少しずつ自由な自分を取り戻す。
が「ナイス!」と言っています。
Juni
こういう世の中のカラクリを示す本は重要
が「ナイス!」と言っています。
Juni
笑わせて読ませてもらった。いいねえ。こういう風に自由に読んで語るっていうのが。ちょっと下品だけど(笑)
が「ナイス!」と言っています。
Juni
今読むととても納得できることが多い。以前の自分だったらマイナス思考に囚われていたと思うのでいいタイミングで読めた。
が「ナイス!」と言っています。
Juni
著者目当てで読んだ。驚くことに今自分が実践していることが多かった。注釈を先に読むという発想はすごくいいと思うので採り入れる。
ごへいもち
2017/06/16 17:58

「注釈を先に読む」なるほどです♪

が「ナイス!」と言っています。
Juni
戦争文学の代表的作品。読むには精神的に付加がかかったがやはり読んでよかったと思える。
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2015/06/14(769日経過)
記録初日
2015/06/13(770日経過)
読んだ本
1190冊(1日平均1.55冊)
読んだページ
324914ページ(1日平均421ページ)
感想・レビュー
647件(投稿率54.4%)
本棚
2棚
性別
職業
事務系
現住所
愛知県
外部サイト
URL/ブログ
http://jsbgm1860.hatenablog.jp/
自己紹介

中学高校時代は井上ひさしをよく読んでました。
合唱をやっていたこともあり、詩も読んでました。谷川俊太郎、吉原幸子、西脇順三郎、草野心平など。
20台後半から30代は自己啓発本にハマっていました。
今は古典的な名著を中心に読んでいます。
ジャンルは文学・哲学・歴史を中心に、自然科学の方面も徐々に広げていけたらと思っています。
2015年に読書メーターに登録してからというもの、古典的名作というものをほとんど読んでいないということを気づきました。
2016年に入ってからようやく海外文学にも手を伸ばし始めました。
2017年からひと月100冊以上の多読に挑戦しています。
2017年2月100冊達成したので、今度はひと月300冊に挑戦中。多読による人格の形成を試みています。