読書メーターあなたの読書量を記録・管理

8月の読書メーターまとめ

shonborism
読んだ本
9
読んだページ
2804ページ
感想・レビュー
9
ナイス
86ナイス

8月に読んだ本
9

8月のトップ感想・レビュー!

shonborism
宝暦の大火で江戸が灰塵に帰す。ここに来てまた苦難が、と心配になるも、幸たちの機転と努力が実を結ぶ。今回は太物仲間との共同作戦が成功する。まっとうに商売をしていくことがいかに尊いことか、めちゃくちゃ心を洗われた巻になった。
が「ナイス!」と言っています。

8月の感想・レビュー一覧
9

shonborism
中短編、硬軟織り交ぜての収録が楽しい。越前敏弥氏の解説も濃厚で勉強になる。
が「ナイス!」と言っています。
shonborism
バーミリオン会戦。両者がっぷり四つの死闘中の死闘。ミルフィーユみたいな布陣はこういう風に描写されるのか。この辺からは国力の差が深刻になっていくがフジリュー版ではどんな展開になるんだろう。
が「ナイス!」と言っています。
shonborism
前の2作と異なり舞台は普通の街だが、謎の囁きと黄昏時の情景が随時繰り返されて雰囲気に飲み込まれる。今回は登場人物も少ないので犯人も絞られてくるが、そんな真相だったとは。
が「ナイス!」と言っています。
shonborism
宝暦の大火で江戸が灰塵に帰す。ここに来てまた苦難が、と心配になるも、幸たちの機転と努力が実を結ぶ。今回は太物仲間との共同作戦が成功する。まっとうに商売をしていくことがいかに尊いことか、めちゃくちゃ心を洗われた巻になった。
が「ナイス!」と言っています。
shonborism
小笠原貞時の強さとキモさは前巻より増し、まだまだ時行一行の前に立ち塞がりそう。足利尊氏にたどり着くのにどれくらいかかるんだろう?
が「ナイス!」と言っています。
shonborism
どの作品もがっつり読ませるので「どんでん返し」の宣伝文句をうっかり忘れそうになる。一番ほろっと来たのは「見返り谷から呼ぶ声」、一番ゾッとしたのは「千年図書館」。
が「ナイス!」と言っています。
shonborism
舞台が結構古いなあと思ったらなんと60年前の作品。でもほとんど違和感なく読める。変わった殺し屋が次々と出てくるさまは凄い。
が「ナイス!」と言っています。
shonborism
シリーズ第5作かな?今回もある特徴を持つ人物が登場。何となく犯人は分かったものの、途中の断章で上手い感じに混乱させられる。
が「ナイス!」と言っています。
shonborism
えっ、この後どうなるの?
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2008/08/29(4769日経過)
記録初日
2009/10/01(4371日経過)
読んだ本
3068冊(1日平均0.70冊)
読んだページ
693173ページ(1日平均158ページ)
感想・レビュー
1881件(投稿率61.3%)
本棚
0棚
性別
外部サイト
自己紹介

登録したまま放置してた

ということで再出発

Since 2009.9.28

読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう