読書メーターあなたの読書量を記録・管理

9月の読書メーターまとめ

Masa.H
読んだ本
7
読んだページ
2006ページ
感想・レビュー
7
ナイス
86ナイス

9月に読んだ本
7

9月のお気に入り登録
1

  • まる。

9月のお気に入られ登録
2

  • まる。
  • せるぴこ

9月のトップ感想・レビュー!

Masa.H
前作同様に抱腹絶倒というか、ついつい吹き出してしまうところ満載なエッセイ集。しかも最後は肛門締め。 前作と比べると、狙いすぎて力が入りすぎている感が若干あるんだよな。連載されていたのが「日本経済新聞 プロムナード」という堅い場であったせいもあるのかな? 面白さには保証付けても良いんだけど、宮下奈都さんや北杜夫様のエッセイのように何度も読み返したいという作品ではない。
Masa.H
2017/09/18 14:35

世界を「トイレのある場所」と「トイレのない場所」にわける考え方にはいたく賛同する。朝井リョウは良いやつだ。

が「ナイス!」と言っています。

9月の感想・レビュー一覧
7

Masa.H
原作本編未読。TVアニメ視聴済み。 番外編として楽しめる作品ではあるけど、文章が読みづらくて世界観に入り込みにくかった。活字の関西弁はシンドイ。 まぁでも文化祭の話と最後のクリスマスプレゼントの話、青春すぎてたまりません。リア充め。
が「ナイス!」と言っています。
Masa.H
クリスマスイブを巡る「探し物」の物語。各人の一途な思いが痛く刺さる。皆がそれぞれの基準(考え)で動いているんだけど上手くいかないその様が何とも哀しい。 最後に一気に締めてしまう七草が格好良すぎる。
が「ナイス!」と言っています。
Masa.H
文章の格好良さというか、緩いようでいて隙の無さそうな感じが好き。主人公の行動原理が一貫していて、後半その理由に気づかされたときには、ちょっと心打たれる。 階段島の有り様が判明して、そして主人公の求める結果が得られなかったところで終わり。続きが気になる。
が「ナイス!」と言っています。
Masa.H
まもなく和菓子屋に嫁ぐさくらさんの所に現れた「正体不明の年下のお兄さん」が爪弾く物語。そんじょそこらの推理小説以上にネタバレ厳禁な話。 瀬尾さんらしい優しいお話でした。 人生、一度くらい挫折したって何とかなる。 「静かな雨」とセットでお勧めしたい。
が「ナイス!」と言っています。
Masa.H
休暇中の寮に残る男子高校生4人、それぞれ自身の抱える問題…過去のしがらみが語られる。問題に向き合ったりいなしたりして友情が深まったり深まらなかったりする様を、恩田陸ならではの雰囲気で読ませる作品。 漠然とした不安やもやもや感が解消されないのだけど、それも含めて雰囲気を味わえば良いのだろうとおもう。 個人的にはあまり好みではないかな。
が「ナイス!」と言っています。
Masa.H
前作同様に抱腹絶倒というか、ついつい吹き出してしまうところ満載なエッセイ集。しかも最後は肛門締め。 前作と比べると、狙いすぎて力が入りすぎている感が若干あるんだよな。連載されていたのが「日本経済新聞 プロムナード」という堅い場であったせいもあるのかな? 面白さには保証付けても良いんだけど、宮下奈都さんや北杜夫様のエッセイのように何度も読み返したいという作品ではない。
Masa.H
2017/09/18 14:35

世界を「トイレのある場所」と「トイレのない場所」にわける考え方にはいたく賛同する。朝井リョウは良いやつだ。

が「ナイス!」と言っています。
Masa.H
キャラの魅力と会話劇の上手さで読ませるちょっと小難しい設定が売りのミステリ。本書は前二作を補完するような短編集なので、「消失~」と「夏服~」を読んだあとに手に取られた方がよろしいかと思う。  創作物としてのキャラクタは魅力だけど、もし身近に実在していたら気持ち悪い、避けたいタイプばかりだよなぁ。
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2010/05/04(2730日経過)
記録初日
2010/04/01(2763日経過)
読んだ本
608冊(1日平均0.22冊)
読んだページ
177426ページ(1日平均64ページ)
感想・レビュー
595件(投稿率97.9%)
本棚
15棚
性別
血液型
B型
職業
技術系
外部サイト
URL/ブログ
http://trials-b.seesaa.net/
自己紹介

転勤が続いてからは、本が増えるのが嫌で図書館派になりました。
住んでいる町とそのとなり町、それに勤務先の町の図書館3軒体制です。
返却期限までに読み終われば俺の勝ち。

田舎の町の図書館は人気の本でも予約をすれば一ヶ月以内には回ってくる感じなので非常に便利です。
リクエストにもよく応えてくれるので書架が少しずつ俺色に染まってきています。