読書メーターあなたの読書量を記録・管理

2月の読書メーターまとめ

RENPOUNASU
読んだ本
6
読んだページ
1791ページ
感想・レビュー
6
ナイス
11ナイス

2月に読んだ本
6

2月のトップ感想・レビュー!

RENPOUNASU
キャンパスライトホラーwithスローステップゆるラブストーリー。変わらずの短編構成で各編多少のクオリティ差はあるがどの話も定番の域は出ずとも起承転結含め骨子はしっかりしており、よくもわるくも相変わらず安定感ある大いなるマンネリシリーズ。一方でマンネリながらサザエさん時空ではなく、ほどほどに作中時間も進行のスタンスも個人的には嫌いではない
が「ナイス!」と言っています。

2月の感想・レビュー一覧
6

RENPOUNASU
キャンパスライトホラーwithスローステップゆるラブストーリー。変わらずの短編構成で各編多少のクオリティ差はあるがどの話も定番の域は出ずとも起承転結含め骨子はしっかりしており、よくもわるくも相変わらず安定感ある大いなるマンネリシリーズ。一方でマンネリながらサザエさん時空ではなく、ほどほどに作中時間も進行のスタンスも個人的には嫌いではない
が「ナイス!」と言っています。
RENPOUNASU
頭としっぽのアイディアと核となるキャラ、主人公、リザ、早奈あたりのキャラクターの基礎造形はよい。一方で物語の多くを担うペンダントを巡る攻防関連の面白さがイマイチ。敵役?には面白みを出そうという作り手の意志は見て取れるが正直魅力はなく、ぐだぐだな攻防に尺を取るくらいならもっと主人公とリザのキャラクターの深堀とその関係性を深めていく過程に焦点を絞るべきだったか
が「ナイス!」と言っています。
RENPOUNASU
ネタバレ舞台装置の弱さがやはりこのシリーズの欠点か。これがありがちな魔法学校の座学と実技みたいな現実とかい離した設定ならいいが、現代劇で体育祭舞台で社会的命とかを余裕で懸かる博打をうっちゃてる展開で一般校の中ですらポンコツと思えるモブが大量にいるというと、主人公の俺ツェー感等にどうにも空々しさが… 何はともあれ、主人公はじめようやく各キャラ物語での役割も分かりやすく提示で、ここまでひたすら頼っていた不意打ちも使えなった事で次巻以降、「駆け引き」をどう扱うかにこの作品の真価が問われる予感
が「ナイス!」と言っています。
RENPOUNASU
ネタバレ閑話つれづれ 今後使い勝手のいいキャラを出すための地ならし巻でとりとめのなさがあり、単巻としては読み進めたいと思わせる求心力低。 後は都合のいいギャルゲ的フラグで軽井沢嬢チョロイ感じで。 共犯者的共感による立ち位置自体は嫌いじゃないけど、いきなり脅してきた相手への評価のプラスへの変化が大きすぎるというか、少々都合のよすぎる感というか
が「ナイス!」と言っています。
RENPOUNASU
ネタバレクラス毎に序列化され待遇のある学園で最底辺から下剋上を目指す高二病、闇を背負った俺カッケーストーリー第4巻。ゲーム部分の駆け引きの面白さは程々の中、仮面の下の予想だにしない顔に手を突っ込み、都合よく使い倒す露悪趣味的面白さは出てきた。この方向に舵を切った以上改心やら、さわやか青春ENDではなく、回りの人間が道化になろうが、傷を掘り返されようが最終的な目的を達成することが全ての俺ツェー系主人公として大成してくれることに期待したいところ
が「ナイス!」と言っています。
RENPOUNASU
ネタバレクラス毎に序列化され待遇のある学園で最底辺から下剋上を目指す学園青春ストーリー第3巻。主人公が策士系の俺ツェー分類なのだろうが、対決の土俵となる部分が良くも悪くもB級未満の域を出ないため基本はラノベお約束のフラグ建築士ぶり含めたコンゲームの雰囲気を楽しむ作品。キャラ造形が思春期高二病のぶつかりあいでもあるのでそういった鼻につく部分がダメだと合わないかな。個人的には嫌いではないので今回主人公がゲームの中で動きだす事を宣言した事で次巻以降、大きく物語が動くことに期待
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2010年05月21日(2506日経過)
記録初日
2008年04月13日(3274日経過)
読んだ本
567冊(1日平均0.17冊)
読んだページ
165239ページ(1日平均50ページ)
感想・レビュー
417件(投稿率73.5%)
本棚
16棚
職業
ガテン系
外部サイト
URL/ブログ
http://renpounasu.blog.fc2.com/
自己紹介

元ニート。現在、半ひきこもり。年齢的には曲がり角。

参加コミュニティ1