読書メーターあなたの読書量を記録・管理

2月の読書メーターまとめ

Lulo
読んだ本
4
読んだページ
1531ページ
感想・レビュー
4
ナイス
33ナイス

2月に読んだ本
4

2月のお気に入られ登録
1

  • あいお

2月のトップ感想・レビュー!

Lulo
秀逸の一言に尽きる。森絵都さんはいつまでも唯一無二だ。その感情、よくわかるなぁ、というものから、なんだか摩訶不思議でよくわからないけど心地よい物語まで。ここのところ、仕事の昼休みに読める程度の長さの短編が日々を彩ってくれた感じがする。中でも、むすびめとサラダの話は大好き。またこの人の本を読もう。
が「ナイス!」と言っています。

2月の感想・レビュー一覧
4

Lulo
初めの方は、一気にいろんな立場の人が出てきて、やや整理がつかず、設定を読み込みにくかった。 ただ、やはり日明さんならではの、読むのが止められない心臓バクバクシーンというのはあったし、 読み進めるにつれ、だんだん登場人物の個性がわかって愛おしくなった。 映像化されていたらそれも見たいのにな、と思う。
が「ナイス!」と言っています。
Lulo
秀逸の一言に尽きる。森絵都さんはいつまでも唯一無二だ。その感情、よくわかるなぁ、というものから、なんだか摩訶不思議でよくわからないけど心地よい物語まで。ここのところ、仕事の昼休みに読める程度の長さの短編が日々を彩ってくれた感じがする。中でも、むすびめとサラダの話は大好き。またこの人の本を読もう。
が「ナイス!」と言っています。
Lulo
小中学制の頃から、図書館にあるのがなんとなく気になっていたけど縁がなくて読まなかった本。軽めのミステリーで、毎回食卓を囲んでいて、非常に読みやすくて良かった。出てくる酒や料理は思わず食べたくなってしまって、自分の食卓にまで影響した。ただ、熊井さんの性別をずーーーっと勘違いしながら読み進めてしまった…… 社会人になると、こういう軽さの本をちょこちょこ挟みたくなる。
Lulo
2021/02/12 18:29

学制→学生

が「ナイス!」と言っています。
Lulo
結構長くて少し読むのが大変だった。 刑務所で受刑者たちを対象に行われた読書会の記録。 受刑者も人なんだなぁと感じさせられ、良い名言も複数登場していた。 著者と読書会の発起人の方は本当にアクティブで、ただただ脱帽。 紹介される本は、事件や戦争を題材にしたものが多く、少し重苦しいような気がした。対象を考えると偏ってしまうのかもしれないが、少し飽きてしまうところがあった。 1冊くらいは、この本で知った新しい本を読んでみたい。
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2015/12/09(1910日経過)
記録初日
2014/04/05(2523日経過)
読んだ本
255冊(1日平均0.10冊)
読んだページ
72905ページ(1日平均28ページ)
感想・レビュー
250件(投稿率98.0%)
本棚
0棚
性別
年齢
25歳
自己紹介

1995生まれです。大学生になってからの記録です。

できるだけ広く読みたいなと思って、小説、教育、福祉、社会学、心理学、言語、生物、民俗、産業、芸術、そのほかエッセイなどを読みます。読書は数ある趣味の一つなので、ノルマのようなものは設けず、ただただ癒やしとして活字を追っていきたいなと思います。

読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう