読書メーターあなたの読書量を記録・管理

9月の読書メーターまとめ

しん
読んだ本
7
読んだページ
2060ページ
感想・レビュー
7
ナイス
477ナイス

9月に読んだ本
7

9月のトップ感想・レビュー!

しん
宮沢賢治の生涯を父親目線で描いた作品。父でありすぎる父親の気持ちの動きが描かれていて、とても面白い作品だった。「雨ニモマケズ」の詩は、もちろん知っていたけれど、道徳的或いは倫理観が垣間見える意味の詩のように思っていた。ひらがなではなくてカタカナなのは、そういう時代だったのかと思っていた。この本を通して、そして本の最後にこの詩を読むと、何と切ない詩なんだろうと感じた。心に何とも言えない余韻を残した本だったと思う。
が「ナイス!」と言っています。

9月のトップつぶやき!

しん

ダンデライオン >> そう言えば、中田永一さんの『くちびるに歌を』を読んでから、ずいぶん新刊を見かけたことがなかった。もう7年も経っていたのですね。

が「ナイス!」と言っています。

9月の感想・レビュー一覧
7

しん
こんなに短くて、インパクトがあって、面白い日記を、僕も書けるようになりたいと思った。『にょっ記』を読んだら、この『にょにょっ記』を読みたくなり、当然『にょにょにょっ記』を読まざるを得なくなるような、媚薬のような日記は、とても面白い。解説の代わりの西加奈子さんの『偽ょ偽ょっ記』も面白いから、次を読みたくなる。
が「ナイス!」と言っています。
しん
小川糸さんの小説『ツバキ文具店』で登場する鎌倉の社寺やレストラン、お店、お菓子などの紹介。全部で45項目あるが、そのうち行ったことがあり、レストランなら実際に食べたことがあるところが、25項目だった。残り20項目について、実際に鎌倉を歩いて体験して来ようと思った。文庫本だけど、永久保存版です。
が「ナイス!」と言っています。
しん
荻原浩さんの作品には、広告社を舞台としたシリーズ物があったりする。いろいろな抽斗を持っている作家さんだ。恐怖を感じ得ない主人公は、脳の働きを変えるための治療プログラムを受けることになるが、そこには裏があった。ミステリアスで、アクションあり、愛ありの作品。『さよならバースディ』や『砂の王国』と同系統の物語だった気がします。
が「ナイス!」と言っています。
しん
宮沢賢治の生涯を父親目線で描いた作品。父でありすぎる父親の気持ちの動きが描かれていて、とても面白い作品だった。「雨ニモマケズ」の詩は、もちろん知っていたけれど、道徳的或いは倫理観が垣間見える意味の詩のように思っていた。ひらがなではなくてカタカナなのは、そういう時代だったのかと思っていた。この本を通して、そして本の最後にこの詩を読むと、何と切ない詩なんだろうと感じた。心に何とも言えない余韻を残した本だったと思う。
が「ナイス!」と言っています。
しん
変わった設定だ。幼くして母親を失った主人公優子は、猛一人の母親と三人の父親によって育てられる。義理の父、継母なのだけど、これがちっとも不幸な話ではない。何故か血のつながっていない父親との二人ぐらしだったりする。現在と過去を織り交ぜながら、物語が進んで行く。瀬尾さんの小説は嫌な小説が無い。登場人物も良い人ばかりだ。そして重苦しくないけど、ちょっとだけ涙が頬を伝わるくらいの感動がある。
が「ナイス!」と言っています。
しん
Googleで仕事して、独立してクラウド経理システムの会社を立ち上げた著者の時間術の本。この本を読みたいと思ったのは、3か月と言うスパンで、何かまとまったことが出来そうと言う感覚が合っていると思ったから。読んでみると、少しイメージは違っていた。Googleと起業を通じて著者が学んだ仕事術全般の本だと思う。
が「ナイス!」と言っています。
しん
新しい年2019年用の手帳が発売され始めて、この本を再読したくなった。毎年恒例のことになりそう。具体的な使い方についても書かれているが、手帳の写真が掲載されているわけではなく、文章で読み取らないといけない。そういう本なのだけど、何だか毎年読んでしまいそうな本なのである。今年は気になる言葉を、能率手帳にメモすることにしたい。
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2010/05/23(3070日経過)
記録初日
2010/01/01(3212日経過)
読んだ本
1056冊(1日平均0.33冊)
読んだページ
280282ページ(1日平均87ページ)
感想・レビュー
979件(投稿率92.7%)
本棚
21棚
性別
現住所
神奈川県
外部サイト
URL/ブログ
http://sore-kara.com/
自己紹介

Macと文房具好きの夢追い人。いつも大雑把だけど、たまに細かい整理マニア。 好きな本を読んだり、文章を書いたり、写真を撮ったり、小さな旅をしたり、そんな気侭な生活をすることが夢。

読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう