読書メーターあなたの読書量を記録・管理

2月の読書メーターまとめ

しん
読んだ本
5
読んだページ
1219ページ
感想・レビュー
5
ナイス
247ナイス

2月に読んだ本
5

2月のお気に入り登録
1

  • りえこ

2月のお気に入られ登録
2

  • りえこ
  • はっせー

2月のトップ感想・レビュー!

しん
○○如来、○○菩薩、○○明王、○○天、さらに羅漢・高僧という仏像のヒエラルキーに従って、それぞれの仏様の役割と、身に付けたり、持っている物など実際の姿の解説本。また、その代表的な仏像がどこのお寺にあるかということまで書かれている。ほとんどが京都や奈良が多く、平安時代以前の仏像が多い。読んでみて、とても面白かった。知らないことを知る喜びもあったり、実際に見に行ってみたいと思った。「そうだ、京都へ行こう!」みたいな気持ちです。
が「ナイス!」と言っています。

2月のトップつぶやき!

しん

特に先週は、仕事が忙しく、読書をする心の余裕が無くなっていた気がします。 そんなわけで、今月読了した本はまだ2冊です。これからペースを上げたいと思っています。 あとは、読書ノートを書こうと思っています。どんなノートに書くのか、試行錯誤してみようかなと思っています。

が「ナイス!」と言っています。

2月の感想・レビュー一覧
5

しん
週間レフトダイアリーに、スケジュールを書き込み、その空き時間に付箋紙に書いたタスクを割り当てる。乱暴に言うと、そういう時間術の本。 確かに納得できるシンプルな時間管理術だと思う。シンプルなだけに、簡単にできそうに思える。 個人的に唯一の懸念は、付箋紙が貼りついた手帳を好きになれそうにないことと、付箋紙を剥がすと、空白だけが残ること。さて、やってみたいが、アレンジは必要そうだ。
が「ナイス!」と言っています。
しん
○○如来、○○菩薩、○○明王、○○天、さらに羅漢・高僧という仏像のヒエラルキーに従って、それぞれの仏様の役割と、身に付けたり、持っている物など実際の姿の解説本。また、その代表的な仏像がどこのお寺にあるかということまで書かれている。ほとんどが京都や奈良が多く、平安時代以前の仏像が多い。読んでみて、とても面白かった。知らないことを知る喜びもあったり、実際に見に行ってみたいと思った。「そうだ、京都へ行こう!」みたいな気持ちです。
が「ナイス!」と言っています。
しん
生産国別のワイン造りに関する歴史や代表的な高級ワインの紹介が中心の本。半分弱のページを割いているのが、フランスワインのこと。イタリアのワインやヨーロッパのワインなどもワイン醸造の歴史を含め、フランスワインとの違いがわかって、とても面白い。アメリカやチリ、オーストラリアなどの新興国のワインについても、解説されている。
が「ナイス!」と言っています。
しん
グーグルで仕事をしていた著者がグーグルで学んだ仕事術を紹介している本。成果を10倍にするような仕事は、ただがんばるだけでは実現できず、「しないこと」をリストアップしたり、インパクトが大きく学びも多い仕事を優先したりすることが必要だ、みたいな主張である。確かに、成果のことを考えずに、与えられた仕事を黙々とやっている場合があるのが、真面目な日本人の働き方だと思う。そうでなくて、やらなくても良いことを切り捨てたり、することによって、より効果のある仕事に集中することが、大きな成果を生み出すのだろう。
が「ナイス!」と言っています。
しん
読書を起点とした「自分を動かす仕組み」の作り方について書かれている本。すべてのページを満遍なく読もうとするのではなく、自分自身の行動に結びつくようなヒントが得られたら、すぐに本に書き込みをするなどして、実践してみる。そのことによって、知識が経験となり、読んだ本の価値もぐっと上がる。乱読的に読書をしている僕として、いつもこれだけ読んだら実践することだと思っていて、著者の主張には素直に頷くことができます。
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2010/05/23(3227日経過)
記録初日
2010/01/01(3369日経過)
読んだ本
1098冊(1日平均0.33冊)
読んだページ
289575ページ(1日平均85ページ)
感想・レビュー
1021件(投稿率93.0%)
本棚
21棚
性別
現住所
神奈川県
外部サイト
URL/ブログ
https://daysnote.jp
自己紹介

Macと文房具好きの夢追い人。いつも大雑把だけど、たまに細かい整理マニア。 好きな本を読んだり、文章を書いたり、写真を撮ったり、小さな旅をしたり、そんな気侭な生活をすることが夢。

読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう