読書メーターあなたの読書量を記録・管理

7月の読書メーターまとめ

しん
読んだ本
12
読んだページ
2881ページ
感想・レビュー
12
ナイス
297ナイス

7月に読んだ本
12

7月のお気に入り登録
1

  • yohsoba

7月のお気に入られ登録
1

  • yohsoba

7月のトップ感想・レビュー!

しん
ブロガーやインスタグラマー、ユーチューバーとして節約生活に関して発信されている7人の方の節約生活を紹介した本です。それぞれ理由は違いますが、何らかのきっかけで節約生活を始めて、それを自然に継続されている方々です。少ないお金で生活して、必要な分だけ稼ぐために働いて、自由な時間を確保する考え方には、なるほどと思いました。贅沢な暮らしが幸福かと言うと、それも違う気がします。そういう意味で、暮らしというものを考え直すヒントになる本だったのではないかと思います。
ショースケ
2021/07/02 18:48

それはそれで憧れますね。

が「ナイス!」と言っています。

7月の感想・レビュー一覧
12

しん
ロジックツリーの書き方やプレゼン資料の作り方がとても参考になりました。でも、新書版でモノクロなので、図が小さくてわかりにくかったです。この本の単行本でカラーが有れば買い直したいくらいです。考え方はよく分かりました。
が「ナイス!」と言っています。
しん
やっと今朝読み終えました。1日1話読むと1年かかる本ですが、1年読み続け自信が無かったので、1日6話くらい読んでいました。その方が楽だと思います。1日1話ずつ読むような読み応えのある本だったと思います。
が「ナイス!」と言っています。
しん
とても面白かったというのが、この本の感想です。木皿泉さんの作品は小説を読んだことがありますが、エッセイは初めてのことですしかも変わっているのは、対話形式だということでした。対話形式の文章を読むのは苦手、つまり台本みたいなのはにがてという先入観があったのですが、見事に打ち砕かれました。さすが脚本家と思いました。良い本に出会いました。
が「ナイス!」と言っています。
しん
時々やってしまうのですが、本の中身を確認しないで、キーワードだけで買ってしまうのです。「メモ」というキーワードで買ったのですが、「メモの取り方」を期待していました。「メモの整理」の本でした。写真も含めてメモしたものを後で取り出せるようにしておくことは、とても重要なことだと思います。そう言う意味では、これまで疎かにしていた部分だと思います。メモをアーカイブして、いつでも素早く簡単に取り出せる方法について、参考になる本でした。
が「ナイス!」と言っています。
しん
確かにサクッとわかる本だと思います。文章は少なく、図がメインの本ですが、地政学と世界の動向が簡潔にまとめられていると思います。今もなお紛争が続く地域はどうしてそうなのか、中国が何を狙っているか、歴史的な観点も含め、地政学による解釈が行われます。何となく世界情勢がわかった気になってくる本でした。
が「ナイス!」と言っています。
しん
インプットの基本、つまり量より質だとか、目標設定の大切さ、アウトプット前提のインプットなどがこの本の始まりの第1章です。第2章から第6章までは、それぞれ読む、聴く、観る、インターネット、学ぶというインプットについて効率良く学ぶ方法が書かれています。学ぶには、旅することや食べたり飲んだりすることも含まれています。最後の第7章は、インプット力を飛躍させる方法です。記憶術や曼荼羅チャート、3つの気付き、寝る前15分の活用、運動で記憶力がアップすることなどが書かれています。まさにインプットに関する大全です。
が「ナイス!」と言っています。
しん
余計な一言と好かれる一言を対比しながら、解説している本。141の言い換えについて書かれています。使ったことがある余計な一言が多々あって、ドキッとしてしまいます。読んでみて、相手の側に立って考えた言葉を使うべきと実感しました。
が「ナイス!」と言っています。
しん
シャッタースピードや絞りをどのように調整すれば格好良い写真が撮れるか、写真の本にはそういう本が多いみたいです。実際にこれまで読んだ写真の本は、だいたいそんな本でした。この本は、写真とは何か、どうあるべきか、良い写真とは何か、みたいな「写真の話」が書かれている本です。著者の撮影された写真もたっぷり掲載されています。写真を見ながら文章を読んで行くと、著者の写真に対する考え方を理解することができます。とても共感できる内容でした。写真を撮る時はこの本のことを思い出しながら撮りたいと思います。
が「ナイス!」と言っています。
しん
マインドフルネス(瞑想)の効能ややり方などについて書かれている本です。各章に散りばめられている10のエクササイズを実行すると、マインドフルネスを理解し、実行できるような造りになっています。翻訳本のせいか、少々読みにくさを感じる本で、読むのに結構時間がかかりました。一番印象に残ったのは、マインドフルネスとは、自分が今ここにあることを意識することという点です。心がざわつくのは、多分今この一瞬に集中できていないからなのです。
が「ナイス!」と言っています。
しん
漫画中心だから、読むのに時間がかからず、7つの習慣の概要と家族による実践例を学べる本です。手軽に読めるところが利点だと思います。ざっくりと7つの習慣の概要を知るには良い本かなと思います。私の場合は、目的からすると、手帳本を読んだ方が良かったかなと思いました。またそのうち手帳本を読んでみたいと思います。
が「ナイス!」と言っています。
しん
ビジネス書35冊と2冊(おまけ)のサマリー版。1冊当たり6ページに圧縮されているので、はっきり言って読んだことの無いビジネス書の内容はわかった気にはなれません。この本を読んで(眺めて)みて、読んでみたいと思ったのは、『プロフェッショナルマネジャー』という本くらいでした。
が「ナイス!」と言っています。
しん
ブロガーやインスタグラマー、ユーチューバーとして節約生活に関して発信されている7人の方の節約生活を紹介した本です。それぞれ理由は違いますが、何らかのきっかけで節約生活を始めて、それを自然に継続されている方々です。少ないお金で生活して、必要な分だけ稼ぐために働いて、自由な時間を確保する考え方には、なるほどと思いました。贅沢な暮らしが幸福かと言うと、それも違う気がします。そういう意味で、暮らしというものを考え直すヒントになる本だったのではないかと思います。
ショースケ
2021/07/02 18:48

それはそれで憧れますね。

が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2010/05/23(4091日経過)
記録初日
2008/02/13(4921日経過)
読んだ本
1621冊(1日平均0.33冊)
読んだページ
412010ページ(1日平均83ページ)
感想・レビュー
1231件(投稿率75.9%)
本棚
21棚
性別
現住所
神奈川県
外部サイト
URL/ブログ
https://daysnote.jp
自己紹介

Macと文房具好きの夢追い人。いつも大雑把だけど、たまに細かい整理マニア。 好きな本を読んだり、文章を書いたり、写真を撮ったり、小さな旅をしたり、そんな気侭な生活をすることが夢です。

読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう