読書メーターあなたの読書量を記録・管理

5月の読書メーターまとめ

unpyou
読んだ本
6
読んだページ
1639ページ
感想・レビュー
6
ナイス
46ナイス

5月に読んだ本
6

5月のトップ感想・レビュー!

unpyou
1943年のイタリア降伏は、日本在住のイタリア人たちに友邦国人から敵国人となるのかどうかの選択を突き付けた。連合に着いたイタリア王国にかわりムッソリーニによるナチ傀儡政権への忠誠を誓うか問われたのだ。後に作家となるダーチャ・マライーニの両親は拒否。「イタリア人は嘘つき、裏切者だ」と罵る特高警察により一家は収容所に収監される。アイヌ研究のため来日した親日家の研究者一家が辿った極めて過酷な運命と、幼女であったダーチャに日本人達が注いだ暖かい眼差しとの対比が印象的。父フォスコの著書「随筆日本」も読みたい。
が「ナイス!」と言っています。

5月の感想・レビュー一覧
6

unpyou
菅官房長官の政界個人史からアルジェリア人質事件をターニングポイントに「名官房長官」になっていく過程を描いた前半は、当事者取材に基づくこともあり持ち上げ記述感強いものの、面白い。中盤の安倍政権の成果について書いたところは何か自民党のパンフ読んでる感じで冗長。最後に梶山静六、野中広務、青木幹雄あたりの歴代官房長官の逸話集に急になるちょっと変な構成。野中が首相になった小渕に今後はあまりブッチホンかけないでと進言したら電話は俺を俺ならしめてるものだと宣言され引いた話は、こう書くと妙だが結構粋な逸話で良かった。
unpyou
こないだ報道ステーションで何か怒鳴ってる人いる!と思って見たら井上達夫教授だった。どうも最近は朝生に出て百田尚樹を怒鳴りつけたりと活躍してるみたいだが、本書はこの怒りの法哲学者が日本の時事からグローバルまで現代における「正義」を巡る課題を語り下ろした書。第一部は日本のリベラルの現状を整理しておりテレビで怒ってる理屈の中身が分かる感じの内容、第二部はリベラリズム思想(サンデルとの交流話なんかもあり)を巡る硬性な話だが「グローバルな正義」ってあり得るのか?というすごく現代的で現実的な課題を扱っており、刺激的。
が「ナイス!」と言っています。
unpyou
土建屋の社長から立候補した最初期の田中角栄の秘書となり角栄を支え続け「淋しき越山会の女王」と呼ばれた佐藤昭による回想録。面白いのは夫と離婚し同郷の角栄の秘書になった出会いの頃から、総裁選辺りまでのエピソードで、同じ柏崎の出身である著者からのいわば越後目線に漂う土着感が、角栄との思い出をビビッドなものにしている。体験に基づく回想録であるぶんロッキードへの反論は主観的で説得性低。田中派の政治家たちによる新党ブームと政界再編が末尾に描かれ、嘆息と共に角栄の歴史的評価はこれからと結ばれるが、正にその通りだろう。
が「ナイス!」と言っています。
unpyou
1943年のイタリア降伏は、日本在住のイタリア人たちに友邦国人から敵国人となるのかどうかの選択を突き付けた。連合に着いたイタリア王国にかわりムッソリーニによるナチ傀儡政権への忠誠を誓うか問われたのだ。後に作家となるダーチャ・マライーニの両親は拒否。「イタリア人は嘘つき、裏切者だ」と罵る特高警察により一家は収容所に収監される。アイヌ研究のため来日した親日家の研究者一家が辿った極めて過酷な運命と、幼女であったダーチャに日本人達が注いだ暖かい眼差しとの対比が印象的。父フォスコの著書「随筆日本」も読みたい。
が「ナイス!」と言っています。
unpyou
戦時中に日本で強制収容所に収容された経験のあるイタリア人作家ダーチャ・マライーニが、日本から帰国後に滞在した母の故郷シチリア島バゲリーアを描いたノンフィクション小説。古代からの土地の歴史と破壊的開発にさらされた現在、貴族であった母一族の肖像、あるいは数々の食べ物の記憶といった点景が次々去来、随想の様に綴られる。映像的な描写の間にも、因習に包まれた田舎で男達の暴力にさらされてきた女性達に寄り添う記述も顔をのぞかせ、ノスタルジーには留まっていない。麗しくもおぞましい記憶を重層的に描出する手腕に引き込まれた。
が「ナイス!」と言っています。
unpyou
朱子学を乗り越える独自の儒学を構想し、新井白石と並び江戸幕政に参画した数少ない儒者である徂徠の思想を解説…という書なのだが、無用な比喩話が多すぎ、もたつくし、思想を分かりやすくするためではなく筆者の文芸的感興を描出する為の比喩なので、こっちはややこしく感じるばかりで興も削がれる。うまければ引き込まれるのかもしれないが、朱子学と対峙した先哲の伊藤仁斎に手紙出したけど返事が来なかった、みたいな話を章題にして「先行機、応答せよ」…ってこれ、うまい?徂徠学の独自性などについては本当に分かりにくい記述で閉口した。
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2010/05/24(2591日経過)
記録初日
2010/01/18(2717日経過)
読んだ本
916冊(1日平均0.34冊)
読んだページ
246407ページ(1日平均90ページ)
感想・レビュー
556件(投稿率60.7%)
本棚
31棚
性別
年齢
41歳
血液型
O型
職業
IT関係
現住所
東京都
外部サイト